FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「弘道会」会長らの逮捕受け 別の山口組2次団体会長に逮捕状

>>関連記事
 名古屋市内の飲食店からあいさつ料を受け取ったとして、愛知県暴力団排除条例違反の疑いで指定暴力団・山口組弘道会の会長、竹内照明容疑者(57)ら6人が逮捕された事件で、愛知県警が同条例違反容疑で弘道会とは別の山口組2次団体の会長(59)の逮捕状を取ったことが12日分かった。

 捜査関係者によると、2次団体は名古屋市内に拠点を置き、幹部2人が同条例違反容疑で逮捕されている。県警は、弘道会が2次団体のあいさつ料徴収を容認し一部を上納させていたとみており、2次団体会長の行方を追っている。

 県警は11日、昨年12月~今年4月、共謀して市内の風俗店の実質経営者らから、あいさつ料計58万円を受け取ったとして、竹内容疑者ら6人を逮捕していた。

  

福岡発砲 殺人未遂容疑で6人目逮捕

>>関連記事
 福岡市博多区の繁華街で7月にあった発砲事件で、福岡県警は12日、殺人未遂などの疑いで暴力団組幹部、安田隆司容疑者(52)=福岡県糸島市前原東=を新たに逮捕した。

 事件では指定暴力団・道仁会系「松永組」幹部、阿比留将臣容疑者(55)=同市博多区=ら5人が11日に逮捕されている。県警は他に暴力団関係者2人が関与したとみて捜査している。

 逮捕容疑は7月27日午後11時25分ごろ、博多区上川端町の路上で任侠山口組系「二代目植木会」幹部(41)に拳銃を2発発射し、殺害しようとしたとしている。うち1発が男性の上着を貫通したが、けがはなかった。

  

「山口組」組長が「住吉会」総裁の弔問のため上京

>>関連記事
 12日未明に、指定暴力団・六代目山口組に次ぐ全国2番目の規模の指定暴力団・住吉会西口茂男総裁(88)が病死したことを受け、12日午後、抗争状態が続く六代目山口組司忍こと、篠田建市組長は新幹線でJR品川駅に到着した。西口総裁の弔問に訪れたものとみられている。

 篠田組長が上京するのは、1年3カ月ぶりで、山口組が3団体に分裂してからは、初めてとなる。

  

暴力団組員隠して建築許可取得 神戸山口組系暴力団幹部を逮捕

 警視庁は、暴力団組員であることを隠して東京都から許可を得て建設会社を経営したとして神戸山口組系暴力団幹部の男ら4人を逮捕した。

 建設業法違反の疑いで逮捕されたのは、神戸山口組系幹部・関口兼昭容疑者(59)ら4人。

 4人は今年3月、関口容疑者が東京・練馬区の建設会社「ミカド建設」の実質的経営者であるにもかかわらず、暴力団組員であることを隠して、東京都から建築工事業の許可を得たなどの疑いが持たれている。

 警視庁は、関口容疑者らが一昨年からおよそ2年にわたり、少なくとも2億円以上を売り上げていたとみて捜査している。

  

覚醒剤100キロ密輸 山健組傘下会長ら2人に25年~30年求刑

>>関連記事
 去年、鹿児島沖の海上で、覚醒剤およそ100キロを密輸した罪などに問われている裁判で、検察側は暴力団組織の資金源となる重大な犯罪だとして、現場の統括役だった指定暴力団・神戸山口組山健組傘下、與組幹部で「誠心会」会長、、藤村誠也被告(69)に懲役25年、犯行を指示した無職の魚山恭嗣被告(70)に懲役30年などを求刑した。

 起訴状などによると、2人は去年2月、他の男らと共謀して、鹿児島沖の東シナ海で国籍不明の船から覚醒剤およそ100キロを受け取り徳之島町の漁港に陸揚げしたとされている。2人の弁護側は積極的な関与はなかったとして情状酌量を求めた。

  

「任侠山口組」代表の自宅近くで銃撃され1人死亡

 12日午前10時すぎ、神戸市長田区五番町の路上で「発砲音がした」と110番があり、「任侠山口組」の楠本勇浩組員(44)が死亡した。発砲した40~50代の男は現場から逃走しており、兵庫県警は男の行方を追っている。

 警察によると、現場のすぐ近くには、指定暴力団・神戸山口組から分裂した、「任侠山口組」の織田絆誠こと金禎紀代表の自宅があることから、神戸山口組の関係者が織田代表を狙ったとみられる。織田代表のボディーガードとみられる楠本組員の頭に銃弾が当たり、男性は病院で死亡した。

 県警によると、同組の織田代表の自宅から出てきた車に別の車が近づき、口論の末に発砲したとみられる。発砲があった現場では、ビニールシートがかけられ、多くの救急隊員や警察官が駆けつけていて、ものものしい雰囲気になっていた。目撃した人は「拳銃のような音がした。バンバンと。(車を)降りてから、撃たれたみたい」と話した。

 警察は緊急会議を開いて、今後の対策を検討している。

  

「住吉会」 西口茂男総裁が死亡

 指定暴力団「住吉会」の西口茂男総裁(88)が12日未明、都内の病院で死亡したことが分かった。死因は多臓器不全とみられる。

 西口総裁は2012年9月、米財務省から経済制裁の対象に指定された。

 昨年6月には、組員らによる特殊詐欺をめぐり、被害者らからトップの使用者責任を問う初の民事訴訟を起こされている。

 警察庁によると、住吉会は平成28年末時点で、構成員約3100人、準構成員は3500人。指定暴力団「六代目山口組」に次ぐ勢力を持つとされる。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事