FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

わいせつDVD販売で15億8000万円売り上げ

 無修正のわいせつDVDを販売したなどとして、警視庁と熊本県警は8日までに、わいせつ電磁的記録媒体頒布などの疑いで東京都清瀬市松山の無職、江川好和容疑者(45)ら男6人を逮捕した。全国に約1万6000人の会員を持ち、2012年1月以降に約15億8000万円を売り上げていたとみられる。逮捕は6日。

 警視庁によると、江川容疑者らは「ポイント通販」の名称で活動していたわいせつDVDの販売グループ。会員に商品カタログを郵送し、電話やファクスで注文を受け付けていた。売上金は暴力団の資金源になっていたとみて、金の流れを調べている。

 警視庁などは、江川容疑者らが事務所に使っていた埼玉県所沢市のマンションの一室やDVDを製造していた東京都練馬区のアパートなど、関係先13カ所から無修正のわいせつDVD約2万7500枚を押収している。

 逮捕容疑は6月30日、秋田県に住む60代の男性宛てに、さいたま市の郵便局からDVD50枚を発送し、1万1000円で販売したなどの疑い。警視庁によると、6人はいずれも容疑を認めているという。

  

清水建設社員銃撃 工藤会系組幹部ら逮捕

>>関連記事
 北九州市小倉北区で2011年2月、大手ゼネコン「清水建設」の現場事務所に押し入った男が男性社員(当時50歳)を銃撃し軽傷を負わせた事件で、福岡県警は8日、特定危険指定暴力団・「工藤会」理事長補佐で「瓜田組」組長、瓜田太被告(54)=殺人罪などで起訴=ら数人を殺人未遂容疑などで逮捕した。

 県警は暴力団の不当要求に応じない姿勢を示していた清水建設に対し、工藤会が報復のために銃撃した可能性もあるとみて全容解明を進める。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は11年2月9日午後7時過ぎ、北九州市小倉北区大手町で清水建設が進めていた病院建設工事の現場事務所2階で拳銃を発砲し、男性社員を殺害しようとしたとしている。実行役の男はフルフェースのヘルメットをかぶって事務所に押し入り、拳銃を3発発砲。このうち1発が机に当たって跳ね返り、部屋にいた男性社員の腹部に当たって軽傷を負わせた。襲撃の様子は事務所に設置された防犯カメラに映っており、男は待機していた別の男と一緒にバイクで走り去った。

 県警は、不当要求に従わなかった仕返しとして、組織的に銃撃に及んだ可能性があるとみて追及する。清水建設では06年12月以降、九州支店や子会社、施工したビルが発砲されたり、現場事務所に放火されたりする被害が相次いでいた。

  

三ノ宮駅近くの事務所 神戸山口組に建物提供で勧告へ 

 指定暴力団・神戸山口組が、本部に次ぐ拠点として会合など今春から使い始めた神戸市中央区のJR三ノ宮駅北側にあるビルを巡り、兵庫県公安委員会は8日、直系組長にビルの所有権を期限付きで譲渡した県内の60代男性に、契約を延長しないよう県暴力団排除条例に基づく勧告を出す。勧告に従わない場合、男性の名前を公表する。

 捜査関係者によると、事務所はJR三ノ宮駅の北約600メートルにあり4階建て。今年3月、所有権が男性から神戸山口組の直系組長(68)へ2019年3月を期限として移った。

 組幹部の会合などに使われており、兵庫県警は実態を調べた結果、5月に暴力団事務所と判断した。

 暴力団排除条例では組事務所などに使われると知りながら不動産を譲渡することが禁じられていて、兵庫県公安委員会は譲渡の期限が来る2年後に期限の延長をしないよう勧告する。

 男性は右翼団体の関係者で組幹部と以前から知り合いという。

  

ATM不正引出しの指示役か 弘道会傘下組員2人を逮捕

 17都府県のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)で18億円超が不正に引き出された事件で、千葉県内の店舗で480万円を引き出したとして逮捕・起訴された男に偽造されたクレジットカードを渡し、不正な引き出しを指示したと見られる暴力団員2人を、窃盗などの疑いで逮捕した。
 
 逮捕されたのは、いずれも指定暴力団・山口組の四次団体で弘道会浜長傘下「上久保組」幹部での無職、高木知彦(26)=埼玉県新座市=と、同会系組員の自称会社員、榎本洋之(28)=千葉市中央区=の両容疑者を逮捕した。

 警察の調べによると、2人は、去年5月、千葉市内の5か所のコンビニエンスストアのATMから合わせて480万円を引き出したとして逮捕・起訴された暴力団員らに、偽造されたクレジットカードを渡し現金を引き出させた疑いが持たれてる。

続きを読む »

清水建設の社員銃撃 工藤会系幹部ら逮捕へ

 北九州市小倉北区で2011年2月、大手ゼネコン「清水建設」の現場事務所に押し入った男が男性社員(当時50歳)を銃撃し軽傷を負わせた事件で、福岡県警は近く、特定危険指定暴力団工藤会」系組幹部ら数人を殺人未遂容疑などで逮捕する方針を固めた。 清水建設は暴力団の不当要求に応じないなど反社会的行為の根絶を掲げており、県警は工藤会が報復のために銃撃した可能性もあるとみて事件の全容解明を目指す。

 捜査関係者によると、組幹部らは11年2月9日午後7時過ぎ、同市小倉北区大手町の病院建設工事の現場事務所2階で拳銃を発砲し、男性社員を殺害しようとした疑いが持たれている。実行役の男はフルフェースのヘルメットをかぶって事務所に押し入り、拳銃を3発発砲。このうち1発が机に当たって跳ね返り、部屋にいた男性社員の腹部に当たった。男は外で待機していた別の男とバイクで走り去った。

続きを読む »

暴力団に会合場所提供 前橋の料理店に勧告

 暴力団に会合の場所を提供したとして、県警組織犯罪対策1課などは7日、県暴力団排除条例に基づき、前橋市内の料理店に利益供与を止めるよう勧告した。同店は勧告に従うとしている。同課によると、前橋市を拠点とする暴力団は5月中旬ごろ、この店で会合を開いた。県内の暴力団員50人ほどが参加したという。

 指導に従わない場合は勧告を経て、店名や組の名前が公表される。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事