FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

脱退妨害行為中止命令違反 住吉会傘下組長を逮捕

 暴力団から抜けようとした男性を脅し、警察の中止命令にも従わなかったとして、長野県千曲市の暴力団組長の男が逮捕された。

 暴力団対策法の脱退妨害行為に対する中止命令違反の疑いで逮捕されたのは、千曲市上山田温泉の指定暴力団住吉会傘下組織の組長・岡田浩一容疑者50歳。

 警察の調べによると岡田容疑者は先月10日、組織から抜けようとした49歳の男性を脅したとして脱退妨害行為の中止命令を受けた。しかし先月30日にも同じ男性を「そんなの通ると思ってんのか」などと脅し、警察は中止命令に従わなかったとしておととい逮捕した。岡田容疑者は容疑を認めているという。

 警察によると1992年に暴力団対策法が施行されて以来、県内で検挙されるのは初めて。

  

車に拳銃と実弾、「宅見組」系組員ら逮捕

 車に拳銃と実弾を隠し持っていたとして、大阪府警捜査4課は21日、銃刀法違反(加重所持)の疑いで、指定暴力団神戸山口組直系「宅見組」系組員、徳田龍詞容疑者(38)=大阪市生野区桃谷=ら男4人を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。
 
 逮捕容疑は、6月24日午後3時ごろ、大阪府吹田市広芝町の路上に駐車した乗用車内に、回転式拳銃1丁と実弾9発を隠し持っていたとしている。6発が拳銃に装填され、発砲できる状態だったといい、山口組分裂に伴う抗争に備えていた可能性もあるとみている。

府警によると、同市江坂町の路上で、パトカーで警戒中の吹田署員が4人が乗った乗用車を発見し職務質問。後部座席の足下にケースに入った拳銃と実弾があるのを見つけ、運転していた組員の男(26)を同法違反容疑で逮捕=処分保留で釈放=したが、徳田容疑者ら3人が逃走したため行方を追っていた。

  

覚醒剤の密売人を監禁・暴行、住吉会系組員ら逮捕

 警視庁は、覚醒剤の密売人を鎖で縛った上、拉致しようとした疑いで指定暴力団住吉会系組幹部、金井博容疑者と同組員、大矢修一容疑者ら男女5人を逮捕した。

 逮捕容疑は、5人は去年、被害者の覚醒剤の密売人の40代の男を港区のマンションで監禁した上、暴力団事務所まで拉致しようと鎖などで縛って監禁したうえ、スタンガンなどで暴行を加え、全治2週間のけがをさせた疑い。

 被害者の男性は覚醒剤の密売人で、警視庁は覚醒剤の売買をめぐり金銭上のトラブルになったとみて調べている。

  

「妻と不適切な関係」元組員が警官に賠償求める

 京都府警山科署の男性巡査部長が、詐欺事件の容疑者だった元暴力団組員(51)の妻(30歳代)と不適切な関係を持ったとして、府警から2月に本部長訓戒の処分を受けていたことがわかった。

 元組員は20日、京都市内で記者会見し、精神的苦痛を受けたとして巡査部長を相手に800万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴したことを明らかにした。

 提訴は今月12日付。訴状などによると、同署刑事課の40歳代の巡査部長は2014年、詐欺事件の捜査で元組員を取り調べた際、妻の連絡先を把握。元組員が詐欺罪で有罪判決を受けた後、この妻から相談を受けるようになり、昨年夏以降、不適切な関係を複数回持ったという。

 元組員は会見で、「(巡査部長は)立場を利用して妻をホテルに連れ込んだ」と主張。府警監察官室は「私的なことなので、コメントできない」としている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事