FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組直系「章友会」会長を逮捕 キャッシュカード詐取

 大阪府警捜査4課は4日、暴力団員であることを隠して銀行からキャッシュカードをだまし取ったとして、詐欺の疑いで指定暴力団山口組の直系団体「二代目章友会」会長、新井錠士こと松岡錠司容疑者(49)を逮捕した。

 このキャッシュカードを保管したとして、盗品等保管容疑で章友会の傘下組織幹部ら4人も逮捕した。

 松岡容疑者の逮捕容疑は平成24年8月上旬、インターネット銀行で口座を開設し、キャッシュカード1枚などを詐取したとしている。

 同課によると、口座は開設後の約4年間で、競馬の馬券購入代や配当などで計約10億円の出入金があったという。

  

死刑確定の元住吉会系組長再逮捕 96年失踪の男性殺害容疑

>>関連記事
 神奈川県伊勢原市の山中で不動産業津川静夫さん=当時(60)、同市=の遺体が発見された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は4日、殺人容疑で、前橋スナック銃乱射事件などで死刑が確定した元指定暴力団・住吉会幸平一家傘下、矢野睦会会長、矢野治容疑者(68)=別の殺人罪で起訴=を再逮捕した。
 
 捜査関係者によると、矢野容疑者は他の暴力団関係者らと共謀の上、1996年8月10日ごろ、津川さんを殺害した疑いが持たれている。

 矢野容疑者は96年に失踪した津川さんについて、暴力団関係者(故人)から依頼され、別の暴力団関係者(同)に殺害を指示したとする文書を警視庁に提出していた。同課は暴力団関係者らを容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検する方針。 

  

女性をビルから落とした山健組傘下組員「惚れあっていた、絶対していません」

>>関連記事
 2015年9月、兵庫県加古川市で知り合いの女性をビルの5階から落として殺害した罪などに問われた暴力団組員の男の初公判が開かれ、男は「絶対していません」と起訴内容を否認した。

 起訴状などによると、兵庫県稲美町の無職で神戸山口組山健組傘下組員・大道竜二被告(52)はおととし2015年9月、加古川市内のビルの5階通路から知人でスナック経営の塚本真衣さん(当時32)を落下させ殺害した罪などに問われている。

 4日、神戸地裁姫路支部で開かれた初公判で大道被告は「殺そうとするようなことは絶対していません。2人は惚れあっていた」などと起訴内容を全面否認した。

 一方、検察側は冒頭陳述で「事件前後の状況などから塚本さんが転落したのは自殺ではなく、大道被告による殺人である」と主張した。

  

銀行強盗未遂容疑で道仁会系組幹部を逮捕

 福岡県久留米市の筑邦銀行支店で平成27年7月、男が拳銃を発砲し現金を奪おうとした事件で、福岡県警は4日、強盗未遂などの容疑で指定暴力団道仁会系「福田組」幹部、下川大容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は、27年7月24日午後3時ごろ、筑邦銀行東合川支店で行員に現金を要求してリュックサックを手渡し、拳銃を天井に向けて3回発砲、現金を奪おうとしたとしている。

 県警によると、行員は要求を拒否し、下川容疑者は何も取らずにミニバイクで逃走した。数時間後に支店から約3キロ離れた下川容疑者が使用していた久留米市内の木造倉庫で火災があり、焼け跡から拳銃とミニバイクが見つかり、支店に残っていた銃弾の線条痕が一致した。

  

カード詐欺被害者が有罪に 不正譲渡認定、専門家も疑問

 詐欺の被害にあった滋賀県の男性が、一転して犯罪者として取り調べられ、このほど有罪判決を受けた。だまし取られたキャッシュカードが特殊詐欺に使われた結果、銀行口座を不正に譲り渡すことなどを禁じた犯罪収益移転防止法に違反したとされたためだ。専門家は、同様のケースは他にもあるとみており、詐欺グループに利用されただけの被害者を処罰することに疑問を投げかけている。

 昨年2月、家族の病気などで生活費に困っていた50代男性のスマートフォンに、融資の宣伝メールが届いた。男性が記載された連絡先に電話すると、電話口の女は「10万円融資できる」と持ち掛けた。

 女は、融資も返済も男性の銀行口座で行うので、返済金を引き出すために男性のキャッシュカードを送るよう求めた。男性は「この方法なら振込手数料がかからず、客の負担が少ないとの話には説得力があった」と振り返る。

続きを読む »

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事