FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

プロ野球賭博 山口組系組員2人を逮捕/石川

 プロ野球の試合で賭博を開いたとして、石川県警は6日までに、賭博開帳図利の疑いで、金沢市新神田、指定暴力団六代目山口組系「三代目一会」幹部英貴秀容疑者(47)を逮捕した。また賭博開帳図利ほう助の疑いで、同市古府、同組傘下組員梶田敬太朗容疑者(47)を逮捕した。

 県警によると英容疑者は「賭博を開いた覚えはない」と容疑を否認、梶田容疑者は黙秘している。客数人については単純賭博容疑で捜査している。

 英容疑者の逮捕容疑は昨年5月10、11日に開催されたプロ野球の試合で、勝敗を予想させる賭博を1口1万円で実施し、客1人から約131万円の利益を得た疑い。梶田容疑者は昨年2月、賭博に使われると知りつつ自分名義の携帯電話1台を英容疑者に渡した疑い。

  

道仁会系組長ら6人 高校野球賭博容疑で新たに逮捕

>>関連記事
 選抜高校野球大会で賭博をしたとして指定暴力団道仁会系組長らが逮捕された事件で、福岡、佐賀両県警は6日、組織犯罪処罰法違反(組織的賭博開帳図利)の疑いで、道仁会系組長、水上悟容疑者(43)=福岡市東区松田=ら6人を新たに逮捕した。指名手配中だった3人が同日、福岡県警に出頭した。

 逮捕容疑は、平成27年2月ごろから3月ごろまでの間、福岡市またはその周辺で、賭客を集め、第87回選抜高校野球大会の優勝校、準優勝校を予想させる、「野球トトカルチョ」と称する賭博を1口千円でさせ、客から合計188万円あまりの申し込みを受け、組織的に「寺銭」と称する手数料を約80万円の利益を得たとしている。

 指名手配中の組員数人の行方を追う他、客数十人を賭博の疑いで書類送検する方針。

 事件では既に組員7人が刑法の賭博開帳図利罪で起訴。組織犯罪処罰法違反容疑で昨年12月に逮捕した別の道仁会系組長(46)は処分保留で釈放されたが、両県警は捜査を継続するとしている。

  

裁判員声掛け「制度揺るがす」元工藤会系組員らに有罪判決

>>関連記事
 指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部の裁判員裁判をめぐり、裁判員に声をかけて脅したとして、裁判員法違反(威迫・請託)罪に問われた男2人の判決が6日午後、福岡地裁であった。

 中田幹人裁判長は「裁判員制度の根幹を揺るがしかねない」として、会社員中村公一被告(41)に懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)、元工藤会系組員の楠本利美被告(41)に懲役9カ月執行猶予3年(求刑懲役1年)をそれぞれ言い渡した。

 2009年に裁判員制度が始まってから、裁判員法違反罪での有罪判決は初めて。

続きを読む »

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事