FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

殺人未遂:稲川会系幹部ら逮捕 男性2人に重傷負わせた疑い

 神奈川・横浜市で2016年10月、男性2人を刃物で刺し、重傷を負わせた疑いで、暴力団幹部の男らが逮捕された。

 殺人未遂の疑いで逮捕された指定暴力団稲川会系幹部・畠山大志容疑者(31)と、飲食店経営者・斉藤潤平容疑者(34)は、2016年10月、横浜市中区の路上で、男性ら4人とトラブルになり、腹や背中などを刃物で刺して重傷を負わせた疑いが持たれている。

 畠山容疑者らは、すでにほかの2人に軽傷を負わせた容疑で逮捕されているが、畠山容疑者はいずれも殺意については否認していて、斉藤容疑者は容疑を全面否認している。

  

京都の老舗「会津小鉄会」お家騒動 「山口組」分裂めぐる代理抗争か

>>関連記事
 源流をたどれば幕末まで行き着く古都・京都の指定暴力団「会津小鉄会」で、トップの引退と撤回が飛び交うお家騒動が勃発した。背後には国内最大の指定暴力団「山口組」(構成員約6千人)と、分裂した指定暴力団「神戸山口組」(同約2800人)のどちらにつくかの路線対立があるとされる。11日には両組の数十名超が京都に押しかける“騒動”もあり、「代理抗争」が起きる可能性も出始めた。既に分裂したとの情報もあることから、警察当局も警戒を強めている。

 ■ファクスで起きた「クーデター騒動」

 会津小鉄会は、幕末に京都守護職として京都の取り締まりにあたった会津藩に縁があったとされる老舗組織だ。一時、跡目が途絶えたが、戦後、京都府内で一大勢力を率いた図越利一元会長が三代目を継承して名跡を復活した。

続きを読む »

「旭導会」本部に家宅捜索 風俗店から"みかじめ料"230万円/北海道

 2016年、旭導会幹部で「川合興業」組長、川合彰典容疑者(50)ら2人が、旭川市の風俗店経営者から、みかじめ料として230万円ほどを受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕された事件で、警察は1月13日、北海道旭川市の旭導会本部に家宅捜索に入った。
 
 13日、午前10時から約40人体制で、旭導会本部に家宅捜索に入り、現金が上部組織に納められた疑いがあるとみて調べる方針。

 警察の調べに川合容疑者らは、「知らない」などと、容疑を否認している。

  

正木組銃撃の経緯説明 中西組傘下組員「行くんなら自分が」

>>関連記事
 指定暴力団神戸山口組系「正木組」の事務所などに昨年2月、銃弾が撃ち込まれた事件で、銃刀法違反(発射、加重所持)の罪に問われた大阪市、指定暴力団山口組中西組の傘下組員、山本敏行被告(39)の初公判が12日、福井地裁(入子光臣裁判長)で開かれた。

 正木組銃撃事件の公判では検察側が、山本敏行被告と、上役に当たる中西組若頭、野坂利文被告とのやりとりを説明。銃撃に至るまでの状況が、関係者の供述調書の内容を基に生々しく明かされた。

続きを読む »

山口組系「大石組」組長ら逮捕 神戸系組幹部殺人予備容疑

 指定暴力団・神戸山口組系の組幹部の殺害を計画していたとして、対立する指定暴力団・山口組系で岡山市に本拠を置く「大石組」の井上茂樹組長(60)ら5人を岡山県警が殺人予備容疑で逮捕していたことが分かった。県警は、分裂に伴う抗争が背景にあるとみて調べを進めている。

 捜査関係者によると、大石組山口組の2次団体。他の逮捕者には大阪府内の組関係者らが含まれ、11日に逮捕されたという。井上組長らは共謀し、同県玉野市に拠点を置く神戸山口組系の組幹部の殺害を準備していた疑いが持たれている。

 岡山市内では昨年5月、神戸山口組系の組幹部が山口組系の組員に射殺される事件が起きている。

  

取り逃がした元松葉会系組員を逮捕 土浦市

>>関連記事
 先月、茨城県警が逮捕しようとして取り逃がし、全国に指名手配されていた男が11日、茨城・土浦市内で見つかり逮捕された。

 逮捕されたのは覚せい剤取締法違反の疑いで指名手配されていた元指定暴力団松葉会系組員の湯原良幸容疑者(41)。湯原容疑者は先月16日、茨城県内の病院で警察が逮捕しようとした際に逃走し、全国に指名手配されていた。警察は情報に基づき、土浦市内のアパートで11日午前、湯原容疑者を見つけ逮捕した。

 またこのアパートに住んでいた無職・鈴木茂人容疑者(41)が大麻取締法違反などの疑いで、湯原容疑者の逃走を手助けしたとして松葉会系組員の那須野勝之容疑者(38)も犯人隠避の疑いで逮捕された。

 警察は他にも湯浅容疑者の逃走に関わったものがいるとみて慎重に調べを進めている。

  

飲食店で乱闘、組幹部ら逮捕 高崎/群馬

 県警組織犯罪対策2課は11日、威力業務妨害と器物損壊の疑いで、高崎市浜尻町の自称建築業で指定暴力団松葉会系組幹部、茂木慶吾容疑者(43)ら松葉会関係者4人と伊勢崎市戸谷塚町の同稲川会系組幹部、荒井謙容疑者(35)ら同系組関係者ら5人を逮捕した。調べに対しおおむね容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年9月29日6時55分ごろ、高崎市内の喫茶店内で、椅子を投げ合うなど暴れ、店の備品を損壊し、営業を妨害したとしている。同課は余罪があるとみて調べている。

  

会津小鉄会「クーデター」騒動

>>関連記事
 11日朝、京都市の指定暴力団「会津小鉄会」の本部事務所前、 建物の中には別の暴力団の組員がいて、会津小鉄会の組員はなぜか、締め出された格好になっていた。

【電話する組員】
「いきなりお前、50人くらい入って来よってな。ボコボコにいかれたんや」

 組員を事務所内に入れないように封鎖する警察官と、色めき立つ組員たち。騒動の発端は10日、会津小鉄会の関係先に送られた文書だった。

続きを読む »

会津小鉄会めぐっても六代目と神戸山口が対立

 京都の指定暴力団・会津小鉄会の本部に11日、六代目山口組神戸山口組の組員らが集まり一時騒然となった。警察は山口組分裂の余波とみて警戒を強めている。

 京都市下京区にある会津小鉄会の本部に集まる組員ら。100人以上の機動隊員が警戒に当たります。本部の中には会津小鉄会馬場美次会長のほか神戸山口組の幹部らが陣取り、その外側を六代目山口組系の組員らが取り囲んでいる。

 会津小鉄会はもともと六代目山口組と親密だったが、分裂後神戸山口組との関係を強化したため、2つの組織の間で綱引きが起きているという。

 馬場会長は先月、詐欺の罪で実刑判決を受け去就が注目されていたが、10日、馬場会長が引退するという内容の文書が出回ったため緊張が高まったとみられている。

 警察は他の団体を巻き込んだ抗争に発展しかねないとして、警戒を強めている。

  

巨人の野球賭博事件、開帳容疑で山口組関係者を逮捕

>>関連記事
 プロ野球巨人の野球賭博事件で、警視庁組織犯罪対策4課は11日、名古屋市に住んでいた大学院生(27)を客に野球賭博を開いて手数料を得たとして、賭博開帳図利の疑いで指定暴力団山口組系組関係者の無職、三輪正行容疑者(35)を逮捕した。

 捜査関係者によると、三輪容疑者は笠原将生(26)、福田聡志(33)の両元選手ら末端の客を相手にする「小胴元」から賭け金を集める「中胴元」という。同課は、賭け金が組の資金源になったとみて調べている。

 一連の事件で組対4課は、大学院生らを小胴元とするルートと、笠原元選手らを客に賭博を開いていた元飲食店経営者(38)=同罪で有罪確定=を小胴元とする2ルートで捜査。元飲食店経営者のルートでは昨年9月、中胴元だった別の山口組系組幹部(43)ら3人を逮捕しており、いずれのルートでも暴力団の関与が明確になった。

続きを読む »

ATM18億円引き出し事件 工藤会系組員2人を再逮捕

 全国の現金自動出入機(ATM)で計約18億円が不正に引き出された事件で、福岡県警は10日、いずれも大分県日田市の指定暴力団工藤会系組員、松本弘徳(22)と徳重夏生(24)の両容疑者を窃盗などの容疑で再逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 組織犯罪対策課によると、2人は昨年5月15日早朝、福岡市中央区のコンビニエンスストア2店のATMで、偽造されたカードを使ってそれぞれ現金100万円を引き出した疑いがある。2人は別のコンビニATMでも不正に現金を引き出したとして起訴されている。

  

ひき逃げ 酒気帯び 無免許 「山梨一家」幹部逮捕 

 山梨県警南甲府署は10日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道路交通法違反(酒気帯び、ひき逃げ)の容疑で、甲府市湯田、無職で指定暴力団稲川会系「四代目山梨一家」幹部、太田猛彦容疑者(55)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

 県警組織犯罪対策課によると、太田容疑者は昨年12月19日午後8時ごろ、甲府市住吉の市道交差点で、信号待ちの乗用車2台に二重追突し、そのまま逃走。甲府市内のアルバイト男性(18)と同市内の会社員女性(54)にそれぞれ、頸椎(けいつい)捻挫の軽傷を負わせた。

 車は現場近くでブロック塀に衝突して停止。110番通報で駆けつけた警察官が検知し、太田容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。無免許も判明した。

 県警は同日、正当な理由なく刃渡り約13センチの包丁を所持していたとして、銃刀法違反容疑で太田容疑者を現行犯逮捕し、甲府地検が6日、同罪で甲府地裁に起訴した。

  

民家強盗 襲撃の1人は暴力団関係者か/宮城

 6日夕方、仙台市宮城野区田子3丁目の民家で起きた強盗傷害事件で、住人の夫婦を襲った男3人組のうちの1人が、暴力団関係者の可能性が高いことが分かった。夫の知人とみられ、県警は男3人の行方を追っている。

 仙台東署によると、6日午後5時15分ごろ、玄関先で夫(67)が知人とみられる男に応対中、目出し帽をかぶった男2人が突然、押し入ってきた。男3人は夫と、物音で駆け付けた妻(43)を玄関にあった金属バットで殴り付け、「金を出せ」と脅して夫婦の財布から現金計約30万円を奪い逃走した。

 夫は鼻や肩などの骨を折る重傷、妻は頭などにけがを負ったが、ともに命に別条はないという。

 3人組はいずれも30代ぐらいで、いずれも身長約170センチの中肉中背。黒っぽい服装で、2人は目出し帽をかぶっていた。目出し帽をかぶっていなかった男が夫の知人とみられる。

 近くに住む女性(52)は「頭から血を流した夫が『強盗に遭った。通報して』と駆け込んできた」と心配そうに話した。

 現場は田子小から約550メートル北の住宅地。

  

プロ野球賭博 山口組系組員2人を逮捕/石川

 プロ野球の試合で賭博を開いたとして、石川県警は6日までに、賭博開帳図利の疑いで、金沢市新神田、指定暴力団六代目山口組系「三代目一会」幹部英貴秀容疑者(47)を逮捕した。また賭博開帳図利ほう助の疑いで、同市古府、同組傘下組員梶田敬太朗容疑者(47)を逮捕した。

 県警によると英容疑者は「賭博を開いた覚えはない」と容疑を否認、梶田容疑者は黙秘している。客数人については単純賭博容疑で捜査している。

 英容疑者の逮捕容疑は昨年5月10、11日に開催されたプロ野球の試合で、勝敗を予想させる賭博を1口1万円で実施し、客1人から約131万円の利益を得た疑い。梶田容疑者は昨年2月、賭博に使われると知りつつ自分名義の携帯電話1台を英容疑者に渡した疑い。

  

道仁会系組長ら6人 高校野球賭博容疑で新たに逮捕

>>関連記事
 選抜高校野球大会で賭博をしたとして指定暴力団道仁会系組長らが逮捕された事件で、福岡、佐賀両県警は6日、組織犯罪処罰法違反(組織的賭博開帳図利)の疑いで、道仁会系組長、水上悟容疑者(43)=福岡市東区松田=ら6人を新たに逮捕した。指名手配中だった3人が同日、福岡県警に出頭した。

 逮捕容疑は、平成27年2月ごろから3月ごろまでの間、福岡市またはその周辺で、賭客を集め、第87回選抜高校野球大会の優勝校、準優勝校を予想させる、「野球トトカルチョ」と称する賭博を1口千円でさせ、客から合計188万円あまりの申し込みを受け、組織的に「寺銭」と称する手数料を約80万円の利益を得たとしている。

 指名手配中の組員数人の行方を追う他、客数十人を賭博の疑いで書類送検する方針。

 事件では既に組員7人が刑法の賭博開帳図利罪で起訴。組織犯罪処罰法違反容疑で昨年12月に逮捕した別の道仁会系組長(46)は処分保留で釈放されたが、両県警は捜査を継続するとしている。

  

裁判員声掛け「制度揺るがす」元工藤会系組員らに有罪判決

>>関連記事
 指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部の裁判員裁判をめぐり、裁判員に声をかけて脅したとして、裁判員法違反(威迫・請託)罪に問われた男2人の判決が6日午後、福岡地裁であった。

 中田幹人裁判長は「裁判員制度の根幹を揺るがしかねない」として、会社員中村公一被告(41)に懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)、元工藤会系組員の楠本利美被告(41)に懲役9カ月執行猶予3年(求刑懲役1年)をそれぞれ言い渡した。

 2009年に裁判員制度が始まってから、裁判員法違反罪での有罪判決は初めて。

続きを読む »

神戸山口組系組員 ウソの住所で免許証更新 免状不実記載で逮捕

 ウソの住所を申告して運転免許証を更新したとして、神戸山口組系の組員の男が逮捕された。

 逮捕された神戸山口組系の三次団体の組員・宮里寿容疑者(47)は、2015年12月、埼玉県の運転免許センターで運転免許証を更新する際、実際には住んでいないウソの住所を申告した免状不実記載の疑いが持たれている。

 警視庁の調べに対し、宮里容疑者は「私はヤクザとして活動していたので自分の居場所を知られないようにするためやった」などと容疑を認めているという。

  

山健組本部へ家宅捜索の大阪府警、山健組組員を殴る蹴る 刑事告訴も

 建物の前にたむろするダークスーツに身を固めた男たち。その中の一人が窓ガラスにバールを何度も叩きつけ、白いヒビがどんどん拡がっていく。やがて建物の入り口から一人の男が路上に引きずり出され、ダークスーツの集団は執拗に足蹴を加え始めた。トドメは体格の良い一人が馬乗りになって首絞め。ぐったりと横たわる男はどうやら意識を失ったようだ──。

 このバイオレンス映画さながらの映像は、昨年12月16日に神戸山口組の中核団体・山健組の本部(神戸市)の防犯カメラに記録され、インターネット上に出回ったものである。

 山口組は2015年8月に六代目山口組神戸山口組に分裂して以来、各地で抗争を繰り広げてきた。しかし冒頭の場面は両団体による争いではない。

続きを読む »

顔に唾吐きかける 稲川会系組幹部を逮捕/埼玉

 埼玉県の深谷署は4日までに、暴行容疑で、深谷市上野台、指定暴力団稲川会系組幹部の男(48)を逮捕、さいたま地検熊谷支部に送検したと発表した。

 逮捕、送検容疑は2日午後10時40分ごろ、深谷市上柴町東3丁目のパチンコ店敷地内で、30代男性に「邪魔だ」と因縁をつけ、男性の顔に唾を吐きかけた疑い。

 同署によると、4人のグループで来店していた男性が店舗入り口付近で立ち話をしていたところ、パチンコを終えた男と口論になったという。男は「故意にかけてはない」と供述しているという。

  

神戸山口組関係者の車ガラス割られる/大阪

 大阪府警守口署は4日、大阪府守口市の駐車場で1日未明、乗用車のガラス3カ所が割られているのが見つかったと発表した。

 車の所有者は指定暴力団神戸山口組系元組員で、昨年3月に同府門真市の山口組系組事務所にトラックが突っ込んだ事件にも関係していたという。同署は山口組分裂に伴う対立抗争が絡んでいるとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 同署によると、1日午前4時半ごろ、守口市内のマンション駐車場で、止めてあった車のフロントガラスやリアガラスが割られているのを元組員が見つけた。車内を物色した形跡はなかった。

  

山口組、総本部近くの神社へ初詣

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の篠田建市(通称・司忍)組長(74)らが1日午前0時すぎ、総本部近くの兵庫県神戸護国神社を参拝した。県警は突発的なトラブルに備えて神社周辺で警戒したが、大きな混乱はなかった。

 捜査関係者らによると、篠田組長らは本殿近くまで乗用車で訪れて参拝。山口組最高幹部らに囲まれながら、数分で神社を後にした。

 山口組は、15年に中止したハロウィーン行事や餅つき大会を16年には復活しており、初詣も組織の安定や組長の存在感を誇示する狙いとみられる。

 一方、神戸山口組の直系組長らは16年12月31日夜、神戸市中央区花隈町にある中核団体「山健組」の関連施設に集まったため、県警が警戒した。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ