FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山健組傘下事務所に発砲 山口組系「一心会」会長ら5人逮捕

>>関連記事

 京都市山科区の指定暴力団神戸山口組系事務所で今年3月、銃撃の痕が見つかった事件で、京都、滋賀、香川3府県警の合同捜査班が9日、指定暴力団山口組の2次団体「一心会」(大阪市中央区)の会長、能塚恵容疑者(56)ら5人を銃刀法違反(発射)や組織犯罪処罰法違反などの疑いで逮捕したことが分かった。

 5人の逮捕容疑は、共謀し、3月29日未明、山科区大塚中溝で、神戸山口組山健組傘下「邦侠会」の組事務所に計4発の銃弾を発射し、玄関ドアや窓ガラスを破損させた疑い。

 府警は、現場から薬きょうや銃弾を押収。10月中旬には、一心会事務所や車両など関係先を家宅捜索し、山口組神戸山口組の対立抗争が背景にあるとみて捜査を進めていた。銃撃された組の構成員は約10人。当時、事務所は無人でけが人はいなかった。

 一心会の組織的関与があったとみて、より刑罰が重い組織犯罪処罰法を適用。能塚容疑者ら3人については別の恐喝容疑で合同捜査班が11月に逮捕している。

  

小学校近くに神戸山口組系組事務所開設、組長に罰金50万円 京都簡裁

>>関連記事
 小学校の近くで暴力団事務所を開設したとされる事件で、京都区検は8日、京都府暴力団排除条例違反の罪で、指定暴力団神戸山口組山健組傘下「二代目畑中組」組長の足立正樹(51)=京都市右京区=を略式起訴した。京都簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。

 起訴状などによると、足立組長は5月上旬、右京区の西院小から北東約150メートルの住宅地で、神戸山口組3次団体「二代目畑中組」の事務所を開設し、運営したとしている。同条例では、小学校などの周囲200メートル以内で事務所を開設することを禁止している。

  

松葉会傘下組幹部を覚醒剤使用容疑で逮捕/群馬

 覚醒剤を使用したとして、高崎署は8日、覚せい剤取締法違反の疑いで、住所不定、指定暴力団松葉会大久保一家傘下「荻野連合」幹部で無職、高橋光治容疑者(46)を逮捕した。調べに対し「今は何も言えません」と黙秘している。また同署は同日、覚醒剤を所持しているとみて、高橋容疑者が関係する高崎市内の暴力団組事務所を家宅捜索した。

 逮捕容疑は11月下旬から12月3日にかけ、県内又は近隣いずれかの場所で覚醒剤を使用したとしている。

 高橋容疑者は今月3日に高崎市内で飲食店を経営する知人女性を暴行、脅迫したとして、暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されていた。同署によると、高橋容疑者の尿から覚醒剤使用の陽性反応が検出され、発覚したという。

  

大阪府警:酒梅組本部を家宅捜索 「10日で2割」ヤミ金事件関連先

 無登録の貸金業を営んだとする貸金業法違反容疑で指定暴力団「酒梅組」系幹部が逮捕された事件に絡み、大阪府警捜査4課と西成署は8日、大阪市西成区の「酒梅組」本部を家宅捜索した。「ヤミ金」で得られた収益が組の資金源になっていた可能性もあるとみて捜査している。

 府警は7日、同容疑で酒梅組系幹部、伊敷正親容疑者(44)=大阪市住之江区御崎=を逮捕。昨年12月下旬~今年6月中旬、府の登録を受けず、男女2人に現金計50万円を貸し付け、違法に貸金業を営んだ疑いがもたれており、伊敷容疑者は容疑を認めている。

 府警によると、「10日で2割」の高金利で2人に融資したうえで、返済を何度もメールで督促したり、自転車に貼り紙をしたりするなど厳しい取り立てを繰り返していたという。今年4月以降、複数の債務者から「容疑者から借金の返済を迫られて困っている」などとの相談が府警に寄せられていた。

  

「弘道会」傘下組員、起訴内容認める=「池田組」若頭射殺-岡山地裁

>>関連記事
 岡山市南区のマンション駐車場で5月、指定暴力団神戸山口組池田組若頭が射殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた指定暴力団山口組弘道会高山組傘下「山本興業」組員、山本英之被告(32)の初公判が8日、岡山地裁(松田道別裁判長)であった。罪状認否で山本被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 事件では検察、弁護側双方が裁判員裁判の対象から除外するよう請求。地裁は裁判員に危害が加えられる恐れがあると認め、裁判官だけで審理した。

 起訴状によると、山本被告は5月31日午前9時50分ごろ、南区のマンション駐車場などで拳銃4発を発射し、うち3発を池田組高木昇こと高木忠若頭(55)の左脇腹などに命中させ、殺害したとされる。

  

違法貸金容疑で「英組」組長 再逮捕-警視庁

>>関連記事
 高金利でヤミ金を営んだとして、警視庁組織犯罪対策4課は7日、貸金業法違反と出資法違反の疑いで、指定暴力団神戸山口組の直系「英組」組長、藤田恭右容疑者(44)=大阪市西淀川区出来島、犯罪収益移転防止法違反罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、黙秘しているという。

 同課によると、藤田容疑者は2010年ごろから、知人ら約300人に少なくとも計約1億4000万円を貸し付けていたとみられる。同容疑者が管理する十数口の他人名義の口座には、計約3億3000万円が入金されていた。

 逮捕容疑は12年2月~16年10月、貸金業の登録を受けずに男性(53)ら4人に計約1500万円を貸し付け、うち3人から法定利息を超える計約800万円を受け取った疑い。

  

歌舞伎町で一般男性に因縁つけ暴行、重傷負わせた疑い 3人逮捕

 東京・歌舞伎町で、一般人の男性に因縁をつけて暴行し、重傷を負わせた疑いで、男らが逮捕された。

 涌井 敬容疑者(32)と蒔田 航容疑者(34)ら3人は、2016年5月、新宿・歌舞伎町の路上で、会社役員の男性(46)に「お前、どこの組の者だ」と因縁をつけ、男性が「暴力団員ではない」と否定したにもかかわらず、数十発殴るなどして、顔の骨を折る重傷を負わせた疑いが持たれている。

 警視庁によると、涌井容疑者と蒔田容疑者は、暴力団事務所に出入りしていて、調べに対し、黙秘している。.

  

GPS捜査「違法ではない」=覚せい剤密売、男に懲役6年-福井地裁

>>関連記事
 福井県警が裁判所の令状を取らずに全地球測位システム(GPS)端末を車両に取り付けた捜査の違法性が争われた覚せい剤密売事件の裁判員裁判の判決が6日、福井地裁であった。入子光臣裁判長はGPS捜査について、「重大な違法があったとは言えない」と述べ、麻薬特例法違反罪などに問われた暴力団組員、田端幸夫被告(50)に懲役6年、罰金100万円(求刑懲役7年、罰金100万円)を言い渡した。

 GPS捜査の違法性をめぐっては各地の地・高裁で判断が分かれおり、最高裁は年度内にも出す判決で統一的な判断を初めて示す見通し。

 入子裁判長は県警のGPS捜査を「財産権やプライバシーを大きく制約するものではなかった」と判断。一方、連続的な位置情報の取得、蓄積で個人の移動経路を詳細に把握できるとし、令状が必要なケースがあり得ることは否定できないと言及した。

  

道仁会系組長ら7人逮捕 福岡、佐賀両県警

 福岡、佐賀両県警は5日、昨春の選抜高校野球大会で野球賭博をしたとして組織犯罪処罰法違反(組織的賭博開張図利)容疑で、指定暴力団「道仁会」(福岡県久留米市)系の組長、水上強容疑者(46)ら関係者7人を逮捕したと発表した。別に、組員ら数人を同容疑で指名手配し、客の1人を賭博容疑で逮捕した。残りの数十人の客についても同容疑で立件する方針。

 逮捕容疑は昨年2~3月、組織の活動として、昨春の選抜高校野球大会の優勝、準優勝校を予想させる賭博を開き、客から賭け金計約188万円を集めたとしている。認否は明らかにしていない。

 県警によると、賭け金のうち約83万円が組の利益になったとみられる。両県警は5日、道仁会トップの自宅兼事務所を家宅捜索し、資金の流れなどの解明を進めている。

  

事務所近くで集団乱闘の容疑、新たに組長ら3人逮捕 大阪府警

 大阪市浪速区の指定暴力団山口組直系「秋良連合会」事務所近くで集団乱闘したとして組長ら9人が逮捕された事件で、大阪府警捜査4課は5日、暴力行為処罰法違反(集団的暴行)の疑いで、新たに同神戸山口組直系「山健組」系組長、小笹仁容疑者(48)=大阪市北区同心=ら組幹部3人を逮捕したと発表した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月17日午後5時半ごろ、秋良連合会事務所近くの路上で集団で殴り合うなど乱闘したとしている。

  

組を抜けて8年、口座開けぬ「山口組」傘下元組員 家裁が改名認める/兵庫

 指定暴力団「山口組」傘下の組織を8年前に脱退した40代男性が、地元・兵庫県内の家庭裁判所に、改名を認められたことがわかった。以前断られた信用金庫とは別の金融機関に口座の開設を申し込み、車の免許証の名前も変える予定だという。

 6月下旬、経営する会社の給与振り込みに使う口座の開設を申し込んだところ、地元の信用金庫が拒否。男性は、暴力団員などを登録する信金のデータベース(DB)に名前が残っているためだとし、社会生活への支障を訴えていた。

 許可は10月19日付。改名手続きに詳しい弁護士によると、暴力団排除に使われるDBに絡んで改名が認められるのは珍しいという。

 家裁への申立書などによると、男性が組を脱退したのは2008年4月。ある事件で逮捕され、不起訴処分後に破門された。長らく資金源としていた建設工事の仲介の仕事が不景気続きで細り、年間1千万円の上納金、月7万円の会費負担が難しくなっていた。

 今年6月、応対した信金の男性支店長に「当金庫の規定では契約できません」と告げられた。8年経っても、まだデータベースに登録が残っているのか。「理由を教える義務はあるでしょ」。男性は食い下がったが、「お答えできない」と繰り返された。

 全国銀行協会や全国信用金庫協会に加盟する銀行や信金は各自の排除条項により、現役の組員▽組の威力を利用して不法行為をしたり、組に資金提供したりする準構成員▽脱退して5年未満の元組員――には、口座を開かせないと決めている。該当するかどうかは、事件報道や警察が捜査で行う口座照会などで得られた個人名を入力した、自前のDBで調査。登録や削除に法的な取り決めはなく、内容も各社の判断に委ねられている。

  

山口組系組幹部ら4人を逮捕 民家で1億2千万円強盗/大阪

 民家に押し入り現金や貴金属など計約1億2千万円相当を奪ったとして、大阪府警刑事特別捜査隊は2日、強盗容疑で、指定暴力団山口組系組幹部、前田大輔(43)=大阪市港区波除=と同組員、横田寿生(ひさお)(38)=同市西成区旭=の両容疑者ら男4人を逮捕したと発表した。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、4月2日午前3時45分~4時15分、大阪市西淀川区花川の不動産業経営の50代男性の自宅駐車場で、帰宅した40代の妻に棒のようなものを突きつけ「宝石や貴金属、ブランド物があるでしょ。大声を出さないでください」などと脅して自宅内に入り、現金約540万円のほか、宝石や時計、バッグなど約90点(計約1億2千万円相当)を奪ったとしている。

 府警によると、前田容疑者らが使ったとみられる盗難車が事件当日、兵庫県尼崎市で見つかったほか、被害品の一部が前田容疑者らの関係者によって大阪府内の質屋に売却されていた。府警は計画的な犯行とみて詳しい経緯を調べている。

  

神戸系組員の男3人逮捕…知人夫婦脅す/大阪

 大阪府警曽根崎署は1日、知人夫婦から現金を脅し取ろうとしたなどとして、恐喝未遂と強要の疑いで、指定暴力団神戸山口組系幹部、中村啓介容疑者(41)=兵庫県姫路市=ら組員3人を逮捕した。

 曽根崎署によると、知人夫婦は平成25年、車の売買を通じて中村容疑者と知り合い、今年3月から姫路市の組事務所の電話番や運転手をさせられていた。

 逮捕容疑は4月中旬、組事務所から逃げ出した知人夫婦を埼玉県内から連れ戻し、計1200万円分の借用書に署名させて現金を脅し取ろうとしたり、離婚届に署名させたりしたとしている。

 知人夫婦は4月下旬に再び逃げ出し、自ら府警に「助けてほしい」と通報した。

  

住吉会系組員と109店員「アディ男」ら監禁暴行で逮捕 

 知人の男性(24)を監禁して山中に連れ去り、暴行を加えて現金を奪ったとして、警視庁渋谷署は1日までに、逮捕監禁容疑などで指定暴力団住吉会系組員の滝川雅弘容疑者(22)=東京都杉並区、住所不定の店員福島勇気容疑者(26)ら男3人を逮捕した。

 福島容疑者は東京・渋谷のファッションビル「SHIBUYA109」に入るショップの店員で、スポーツブランド「アディダス」の服を着ていたため「アディ男」と呼ばれ、テレビにも出演していた。

 他に逮捕されたのは板橋区の無職大西優樹容疑者(22)。福島容疑者は容疑を認め、滝川容疑者は否認、大西容疑者は黙秘している。

 3人の逮捕容疑は昨年10月25日未明、渋谷区の路上で男性を車に乗せて連れ去り監禁。滝川、大西両容疑者はさらに、連れ去った静岡県内の山中で「死ぬ準備はできたか」などと脅し、金属の棒で頭を複数回殴って現金約6万円を奪った疑い。男性は3週間のけが。

 渋谷署によると、男性は福島容疑者と知人で、事件後に同署に被害を届け出た。

  

稲川会系組員の身分隠し生活保護費を詐取/千葉

 暴力団員であることを隠して生活保護費を不正に受給したとして、千葉西署は30日までに、詐欺の疑いで市川市広尾2、自称土木作業員で指定暴力団稲川会系傘下組織組員、南田進容疑者(46)を逮捕し、千葉地検に送検した。

 逮捕・送検容疑は6月、同組織組員の身分を隠して千葉市に生活保護を申請し、6~7月、生活保護費や家賃として計23万5440円を自分の口座に振り込ませてだまし取った疑い。「生活費が欲しかった」と容疑を認めている。

 同署によると、南田容疑者の住民登録地が同市稲毛区だったため、生活保護費は同市が支給していた。同市内の暴力団事務所に出入りする南田容疑者を同署員が発見し、発覚した。

  

工藤会傘下組織を家宅捜索 ニセ電話詐欺事件に関与か

 ニセ電話詐欺事件に関与したなどとして、福岡県警は1日午前、北九州市小倉北区のマンションにある指定暴力団工藤会の傘下組織の事務所を詐欺と窃盗の疑いで家宅捜索した。

 県警によると、工藤会傘下組織組員の満潮(みつしお)隆嗣容疑者(31)=同容疑で逮捕=らは2月、広島市の男性(71)に「あなたの個人情報が漏れている」などとうその電話をかけてキャッシュカードをだまし取り、ATM(現金自動出入機)から現金200万円を引き出した疑いがある。県警は満潮容疑者が実行役の男と指示役を仲介する役割を果たしていたとみている。

 ニセ電話詐欺事件で、工藤会が主導的な立場で関与したことが明らかになるのは初めて。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ