FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組顧問「章友会」会長が死去 神戸で通夜、司忍組長参列か

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の「顧問」で、直系団体「章友会」(大阪市北区)の石田章六会長が病死したことが分かった。25日夕に神戸市北区の葬儀場で通夜が予定され、篠田建市(通称・司忍)組長(74)らの参加が見込まれることから、兵庫県警は厳重な警戒に当たっている。

 捜査関係者らによると、石田会長は23日に83歳で死亡した。1969年に山口組直系組長となり、現体制の中では最高齢となっていた。顧問は最高幹部ポストの一つという。

 山口組の直系組長は分裂前に73人いたが減少し、石田会長の死去で53人となった。一方、対立する指定暴力団神戸山口組(本拠地・淡路市)は離脱当初の13人から24人に増えている。

 

「ショバ代」総額“1億円” 建設会社恐喝か 組員逮捕

 東京・新宿区で日雇い労働者を勧誘する建設会社から1億円近くを脅し取っていたとみられる暴力団組員が、警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは、指定暴力団「極東会」系組員・佐藤善太容疑者(47)で、先月、新宿区の公園脇の路上で日雇い労働者を勧誘する建設会社の役員の男性(69)に対し、「ここで人集めをするなら金を払え。ショバ代だ」などと言って現金8万円を脅し取った疑いが持たれている。

 佐藤容疑者は「労働者を紹介した報酬として金を受け取っただけだ」と容疑を否認している。

 警視庁は佐藤容疑者がおよそ10年間で20社以上の建設会社から総額1億円近くを脅し取っていたとみて裏付けを進めている。

 

神戸山口組直系「英組」組長を逮捕、傷害・監禁などの疑い 兵庫県警

 男性に暴行を加えてけがをさせた後、車で連れ回したとして、兵庫県警暴力団対策課などは25日、傷害や監禁などの疑いで、指定暴力団神戸山口組直系「二代目英組」組長、藤田恭右容疑者(44)=大阪市西淀川区出来島=を逮捕した。現場にいた組員ら3人についても逮捕状を取り、行方を追っている。

 逮捕容疑は9月16日午後9時50分ごろ、兵庫県尼崎市神田北通の路上で、男性(44)を殴って顔に軽傷を負わせた上、乗用車に押し込み、約20分後に約500メートル離れた同市東難波町付近で解放するまで監禁したとしている。

 同課によると、男性は酒に酔って友人と10人前後で路上を歩いていた際、向かいから歩いてきた藤田容疑者らに暴言を吐くなどした。「けんかをしている」と110番した目撃者が藤田容疑者の顔を知っていたため、事件が発覚した。

 

組事務所「シェア」増加 資金源減り苦肉の策

 複数の暴力団組織が組事務所を共同で使うケースが増えている。捜査関係者によると、全国で施行された暴力団排除条例などの影響で資金獲得活動(シノギ)が難しくなってきており、経費削減が主な理由とみられる。資金源や組員が減っていく中、組織維持のための苦肉の策と言えそうだ。

 大阪府警と兵庫県警によると、大阪府内には複数の組織が一つの事務所を共同利用している場所が計13カ所ある。指定暴力団の山口組神戸山口組の本拠地がある兵庫県にも少なくとも計3カ所ある。

 昨年8月に山口組が分裂した後、神戸山口組に直系組織として加わった団体が大阪市港区のビルに入った。ただ、このビルは別の直系組織傘下の3次団体の組事務所のため、系列の違う組織が共同で使うことになった。新しく入居したこの直系団体は、元々同じ港区内に事務所を構えていたが、2012年に山口組から除籍処分を受けて解散。再結成時には以前の事務所を手放していた。

続きを読む »

電気メーター細工の疑い 大麻栽培の暴力団員追送検

 大麻草を栽培していた部屋の使用電力量が少なく表示されるよう不正に電気メーターを細工したとして、埼玉県警は24日、偽計業務妨害容疑で指定暴力団住吉会系組員、小松龍一容疑者(38=大麻取締法違反罪で起訴)を追送検した。県警によると「電気料金を浮かすためだった。暴力団員なら当たり前の手法だ」などと供述している。

 小松容疑者はマンション室内に水銀灯をつるし、大麻草に照射して栽培していた。本来は推計で月約10万円かかる電気料金を、約1万円に抑えていたという。

 追送検容疑は、4月26日、埼玉県草加市のマンションに設置されていた電気メーターの使用電力量が少なく表示されるよう工作し、料金の計算集金業務を妨害した疑い。

 県警は5月、草加市のマンションにいた小松容疑者を大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕。栽培や乾燥中の大麻草計約380本や水銀灯11個などを押収した。

 

大阪市西成区の路上で男性刺される…61歳男を殺人未遂容疑で逮捕

 23日午後10時50分ごろ、大阪市西成区山王3丁目の路上で、男性が男から刃物で刺されたと通行人から110番があった。西成署によると、50代の男性が腹部などを刺され病院に搬送された。けがの程度は不明で、搬送時に意識はあったという。

 同署は24日、殺人未遂容疑で近くに住む無職関東昌容疑者(61)を逮捕した。逮捕容疑は西成区内の路上で、包丁で男性を複数回刺して殺そうとした疑い。「殺そうとするつもりはなかった」と容疑を否認している。

 関東容疑者は、2人は指定暴力団神戸山口組山健組傘下組織の組員だと説明。「現場近くの店で男性と飲酒していた際に口論になった」と供述しており、同署が詳しい経緯を調べている。

 

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事