FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

産廃違法投棄容疑で暴力団組長ら逮捕 茨城や埼玉にダンプ270台以上か 警視庁

>>関連記事
 産業廃棄物を空き地に捨てたなどとして、警視庁生活環境課は廃棄物処理法違反容疑で、指定暴力団山口組國粹会傘下、古河生井一家幹部で「関口総業」組長、関口正信容疑者(56)=茨城県古河市本町=と、指定暴力団稲川会系組幹部、下田春男容疑者(61)=埼玉県嵐山町先手堂=ら男5人を逮捕した。同課によると関口容疑者は容疑を否認、下田容疑者は「弁護士が来てから話す」としている。

 同課によると関口容疑者は、廃棄物処理業「富士見商事」(埼玉県)=同法違反容疑で起訴=に、産廃の投棄現場として古河市の空き地を紹介。下田容疑者は埼玉県深谷市の土地などを紹介していた。富士見商事は両容疑者のあっせんなどで、10トンダンプ270台分以上の産廃を違法に投棄したとみられる。

 両容疑者らは同社から、1台分の投棄につき3万5千円を受け取っていた。

 2人の逮捕容疑は4月と7月、産廃の処分を受託し、古河市や深谷市に投棄したとしている。

  

京田辺市議、浪川会傘下会長らと知人暴行 傷害容疑でを逮捕

 知人男性に暴行し重傷を負わせたとして、大阪府警捜査4課は27日、傷害容疑で京都府京田辺市議、奥村良太(40)=同市三山木=、指定暴力団浪川会一粋会会長、中畑諭信(47)=同府井手町井手=両容疑者ら5人を逮捕した。

 奥村容疑者は「思い出せません」と容疑を否認し、中畑容疑者は認めているという。

 大阪府警によると、奥村、中畑両容疑者は数年来の知人で、地元の花火大会で一緒に歩く姿が目撃されるなどしていた。

 逮捕容疑は昨年2月15日午前3時ごろ、京都市東山区のバーで知人の40代男性に因縁を付け、顔面を複数回殴るなどして1カ月の重傷を負わせた疑い。

  

「出禁」性風俗店に利用断られ暴行 弘道会系幹部ら3人逮捕

 性風俗店への入店を断られたことに立腹し、男性従業員に暴行したとして、大阪府警捜査4課などは27日、傷害と暴力行為処罰法違反の疑いで、指定暴力団山口組弘道会傘下幹部、船場哲也容疑者(50)=山口県下関市川中豊町=ら3人を逮捕した。船場容疑者は「今の立場上、ものは言えない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は10月9日夜、大阪市天王寺区内の性風俗店に押しかけ、20~40代の男性従業員3人の顔や腹を殴ったり蹴ったりし、うち1人に顔面打撲などの軽傷を負わせたとしている。

 府警によると、船場容疑者は過去に同店でトラブルを起こして「出入り禁止」になっていたのに、電話予約をしようとして断られたことに立腹。仲間の組員を呼び寄せ、「なめとったらあかんぞ」などと怒鳴り声を上げて店に押し入ったという。

  

「紀州連合会」会長の暴行死事件 「倉本組」幹部ら7人逮捕

>>関連記事
 指定暴力団神戸山口組山健組傘下「紀州連合会」の会長が殴り殺された事件で、和歌山県警組織犯罪対策課などは27日、傷害致死容疑で、指定暴力団・六代目山口組系「倉本組」の事務局長、鈴木義大こと鈴木充容疑者(54)=和歌山市元寺町西ノ丁=ら組員7人を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

紀州連合会会長撲殺

 ほかに逮捕されたのは「倉本組」若頭補佐で「七代目吉本組」組長の坂上浩二(49)=和歌山県和歌山市=、同じく若頭補佐、「高島正憲こと高正憲(50)=大阪市生野区=、同じく若頭補佐で傘下「力志会」会長の杉原聡志(53)=和歌山県橋本市=、倉本組組員の末村裕(43)=大阪阪府寝屋川市=、竹原光徳(40)=和歌山県和歌山市=、粟田健司(48)=和歌山県和歌山市=の計7人。

 逮捕容疑は9日午前0時50分~午前1時5分ごろ、和歌山市北ノ新地の飲食店で紀州連合会松下功会長(50)と口論になり、店外の路上で顔を足蹴りするなどして頭部外傷で死亡させた疑い。

  

松葉会関根組系組員 モデルガンで寸劇 代金引換商品を恐喝未遂

 寸劇を演じて金品を脅し取ろうとしたとして、警視庁荒川署は27日、恐喝未遂容疑で、いずれも指定暴力団松葉会関根組系組員の派遣社員、古玉雄介容疑者(32)=東京都荒川区町屋=と大場一利容疑者(35)=愛知県半田市雁宿町=を逮捕した。大場容疑者は容疑を認め、古玉容疑者は「大場がやった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は6月13日午後1時20分ごろ、荒川区町屋の同組系事務所で、代金引換商品として高級腕時計1個(約85万円相当)を宅配させた際、配達員の男性2人に対し、大場容疑者がモデルガンを使って古玉容疑者を撃とうとする芝居を打ち、「こんな状況では帰れ」と時計を置いていくよう脅したとしている。 

 配達員2人がとっさに時計が入った箱とモデルガンを持ち帰り、同署に110番通報したことで事件が発覚した。

  

知人に暴行した疑い、神戸山口組系池田組傘下幹部ら逮捕

 東京・池袋駅近くのキャバクラ店で知人の男性から現金を脅し取ろうとして暴行し、けがをさせたとして、神戸山口組系暴力団の幹部らが警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは、神戸山口組池田組傘下「二代目孝昇会」幹部 の塚田修容疑者(43)と、自称・塗装業の戸高純平容疑者(29)ら3人。取り調べに対し塚田容疑者らは黙秘している。

 塚田容疑者らは今年5月、池袋駅近くのキャバクラ店で客の男性(40代)に対し、「金払え、こじきヤロー、さらうから表出ろ」などと言って、現金を脅し取ろうとしたうえ、背中や脇腹を殴り、けがをさせた疑いが持たれている。

 被害者の男性と容疑者の1人が、金銭トラブルを抱えていて、これまでもたびたび、男性に接触していたということで、警視庁は、塚田容疑者らが、男性から金を回収しようと犯行に及んだとみて調べを進めている。

  

みかじめ料恐喝容疑、工藤会系組長ら3人逮捕/福岡

 飲食店経営者からみかじめ料72万円を脅し取ったとして、福岡県警は27日、指定暴力団工藤会系「影浦組」組長の影浦壱治こと影浦一治容疑者(48)=北九州市小倉北区大田町=ら同じ組の3人を恐喝などの疑いで逮捕し、発表した。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 他に逮捕されたのは、幹部の伊藤明雄(43)=北九州市八幡西区香月西3丁目=と、組員の田中渉(34)=小倉北区大田町=両容疑者。

 発表によると、3人は2015年4月、市内の飲食店経営者の男性に電話して「影浦組の者やけど、オヤジから聞いとるよね」「月3万ね」などとみかじめ料を要求。15年5月から今年7月ごろまで十数回にわたって計72万円を脅し取った疑いがある。影浦、伊藤両容疑者は3月と7月にも別の飲食店経営者からみかじめ料などを脅し取った疑いで逮捕、起訴されている。

  

山口組と神戸山口組幹部ら6人逮捕 男性脅迫容疑

 宮城県警暴力団対策課などは26日までに、暴力行為法違反の疑いで、宮城県名取市那智が丘4丁目、指定暴力団山口組弘道会傘下「東海興業」若頭の川崎三将こと川崎光正容疑者(46)ら男6人を逮捕した。

 ほかの逮捕者は神戸市、指定暴力団神戸山口組山健組傘下「邦将會」組長の山名克栄(51)、名取市愛島笠島、会社役員川村真吾(47)、仙台市宮城野区田子3丁目、会社社長鈴木善晴(35)、太白区山田本町、無職大町勝則(52)、塩釜市清水沢2丁目、会社役員全幸司(54)の5容疑者。

 6人の逮捕容疑は、4月26日午後3時ごろ、鈴木容疑者が経営する多賀城市の土建会社事務所で、太白区の建築業の男性(34)に対し、約10人で「山口組だぞ。顔面ぐちゃぐちゃにしてやろうか」などと脅した疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 暴力団対策課は男性の引き抜きに関わるトラブルが原因とみており、対立する山口組神戸山口組の系列組員が居合わせた背景などを調べている。

  

自宅に拳銃 福博会系の元組長に懲役5年の判決

>>関連記事
 福岡市の自宅に拳銃2丁と大量の実弾を隠し持っていた元・暴力団組長の男に対し、福岡地裁は、懲役5年の判決を言い渡した。

 判決によると、指定暴力団・福博会系の元組長・板谷仁被告(58)は、今年8月、福岡市西区の自宅に回転式の拳銃2丁と実弾72発を所持していた。福岡地裁の田口直樹裁判長は、「拳銃2丁は、いずれも38口径の弾丸を使用する殺傷能力が高いもので、実弾の数も多い」と指摘した。

 その上で、「売却先を探したが処分できずに保管していたという理由は、格別酌むべき事情とは言えず、刑事責任は重い」として、懲役5年の判決を言い渡すとともに、拳銃2丁と実弾は没収するとした。

  

「神戸山口組」組長の「ボディーガード」山健組傘下組員逮捕

 指定暴力団・神戸山口組組長のボディーガードが逮捕された。

 逮捕されたのは、神戸山口組山健組傘下「誠竜会」組員・齋藤将太容疑者(40)で、兵庫県警が26日朝、自宅の捜索を行った。

 齋藤容疑者は去年5月、神戸市内のレンタカー会社で暴力団組員であることを隠して、普通乗用車のレンタカー契約をした詐欺の疑いがもたれている。

 齋藤容疑者は、神戸山口組・井上邦雄組長のボディガードだったということで、警察の調べに対しては容疑を認めている。

 

野球賭博は呉越同舟?山口組系、神戸山口組系の組員ら3人逮捕

 プロ野球の勝敗を予想する野球賭博をしたとして、兵庫県警は25日、常習賭博の疑いで、指定暴力団山口組直系「竹中組」幹部、内田大志容疑者(49)=鳥取市面影=と指定暴力団神戸山口組直系「池田組」幹部、根木安光容疑者(68)=兵庫県姫路市香寺町=ら男3人を逮捕した。

 内田容疑者は「今は何も言えない」と認否を留保し、根木容疑者は容疑を認めているという。

 3人の逮捕容疑は9月26~28日、山口組系組員、上田譲容疑者(66)=賭博開帳図利の疑いで再逮捕=がプロ野球公式戦の勝敗を予想する賭博場を開いた際、客としてそれぞれ参加。携帯電話を使い、1口1万円で計70万円を賭けたとしている。

 県警は9月、胴元の上田容疑者宅を捜索し、押収しようとした携帯電話を壊したとする公務執行妨害の疑いで上田容疑者を現行犯逮捕。今月9日に再逮捕し、客の捜査を続けていた。上田容疑者は集めた金の1割を受け取っており、県警は賭博で得た利益が暴力団の資金源になった可能性もあるとみて調べている。

 

殺人罪で神戸山口組系組幹部を起訴 宮崎地検

>>関連記事
 宮崎市の路上で8月、元暴力団組員の男性が殺害された事件で、宮崎地検は25日、指定暴力団神戸山口組の四次団体で、池田組志龍会傘下「健成会」幹部、藤野悟容疑者(35)=同市田代町=を殺人罪で起訴し発表した。認否は明らかにしていない。

 起訴状によると、藤野容疑者は志龍会傘下「龍克会」会長の田中克明容疑者(38)=殺人容疑で逮捕=らと共謀。8月19日午前0時50分~午前1時ごろ、宮崎市内の駐車場などで、指定暴力団山口組系暴力団の元組員でとび土工解体業、本田真一さん(43)=宮城県岩沼市桑原3丁目=の右腹を刃物のような物で1回刺して殺害したとされる。

 地検は25日、藤野容疑者とともに殺人容疑で逮捕された「健成会」会長、谷口健容疑者(44)=傷害罪で起訴=を処分保留とした。

 

火災保険金詐欺未遂 時効3カ月前「親和会」傘下元組長を逮捕

 香川県警は25日、所有する建物に放火し保険金をだまし取ろうとしたとして、非現住建造物等放火と詐欺未遂の疑いで住所不詳、指定暴力団親和会傘下組織の元組長、溝渕美寿容疑者(53)を逮捕した。詐欺未遂の公訴時効(7年)が約3カ月後に迫っていた。「ちょっと違う」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は男3人と共謀し、平成21年12月20日午後11時20分ごろ、競売で落札した香川県小豆島町の旧旅館に放火して全焼させ、約3カ月前に契約した火災保険金の支払いを翌22年1月18日に保険会社に請求し、約1億7千万円をだまし取ろうとしたとしている。

 県警によると、溝渕容疑者は当時高松市在住で、23年3月に所在不明となり同4月に全国に指名手配。25日午前、東京都内で警視庁の警察官が発見した。

 

山口組顧問「章友会」会長が死去 神戸で通夜、司忍組長参列か

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の「顧問」で、直系団体「章友会」(大阪市北区)の石田章六会長が病死したことが分かった。25日夕に神戸市北区の葬儀場で通夜が予定され、篠田建市(通称・司忍)組長(74)らの参加が見込まれることから、兵庫県警は厳重な警戒に当たっている。

 捜査関係者らによると、石田会長は23日に83歳で死亡した。1969年に山口組直系組長となり、現体制の中では最高齢となっていた。顧問は最高幹部ポストの一つという。

 山口組の直系組長は分裂前に73人いたが減少し、石田会長の死去で53人となった。一方、対立する指定暴力団神戸山口組(本拠地・淡路市)は離脱当初の13人から24人に増えている。

 

「ショバ代」総額“1億円” 建設会社恐喝か 組員逮捕

 東京・新宿区で日雇い労働者を勧誘する建設会社から1億円近くを脅し取っていたとみられる暴力団組員が、警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは、指定暴力団「極東会」系組員・佐藤善太容疑者(47)で、先月、新宿区の公園脇の路上で日雇い労働者を勧誘する建設会社の役員の男性(69)に対し、「ここで人集めをするなら金を払え。ショバ代だ」などと言って現金8万円を脅し取った疑いが持たれている。

 佐藤容疑者は「労働者を紹介した報酬として金を受け取っただけだ」と容疑を否認している。

 警視庁は佐藤容疑者がおよそ10年間で20社以上の建設会社から総額1億円近くを脅し取っていたとみて裏付けを進めている。

 

神戸山口組直系「英組」組長を逮捕、傷害・監禁などの疑い 兵庫県警

 男性に暴行を加えてけがをさせた後、車で連れ回したとして、兵庫県警暴力団対策課などは25日、傷害や監禁などの疑いで、指定暴力団神戸山口組直系「二代目英組」組長、藤田恭右容疑者(44)=大阪市西淀川区出来島=を逮捕した。現場にいた組員ら3人についても逮捕状を取り、行方を追っている。

 逮捕容疑は9月16日午後9時50分ごろ、兵庫県尼崎市神田北通の路上で、男性(44)を殴って顔に軽傷を負わせた上、乗用車に押し込み、約20分後に約500メートル離れた同市東難波町付近で解放するまで監禁したとしている。

 同課によると、男性は酒に酔って友人と10人前後で路上を歩いていた際、向かいから歩いてきた藤田容疑者らに暴言を吐くなどした。「けんかをしている」と110番した目撃者が藤田容疑者の顔を知っていたため、事件が発覚した。

 

組事務所「シェア」増加 資金源減り苦肉の策

 複数の暴力団組織が組事務所を共同で使うケースが増えている。捜査関係者によると、全国で施行された暴力団排除条例などの影響で資金獲得活動(シノギ)が難しくなってきており、経費削減が主な理由とみられる。資金源や組員が減っていく中、組織維持のための苦肉の策と言えそうだ。

 大阪府警と兵庫県警によると、大阪府内には複数の組織が一つの事務所を共同利用している場所が計13カ所ある。指定暴力団の山口組神戸山口組の本拠地がある兵庫県にも少なくとも計3カ所ある。

 昨年8月に山口組が分裂した後、神戸山口組に直系組織として加わった団体が大阪市港区のビルに入った。ただ、このビルは別の直系組織傘下の3次団体の組事務所のため、系列の違う組織が共同で使うことになった。新しく入居したこの直系団体は、元々同じ港区内に事務所を構えていたが、2012年に山口組から除籍処分を受けて解散。再結成時には以前の事務所を手放していた。

続きを読む »

電気メーター細工の疑い 大麻栽培の暴力団員追送検

 大麻草を栽培していた部屋の使用電力量が少なく表示されるよう不正に電気メーターを細工したとして、埼玉県警は24日、偽計業務妨害容疑で指定暴力団住吉会系組員、小松龍一容疑者(38=大麻取締法違反罪で起訴)を追送検した。県警によると「電気料金を浮かすためだった。暴力団員なら当たり前の手法だ」などと供述している。

 小松容疑者はマンション室内に水銀灯をつるし、大麻草に照射して栽培していた。本来は推計で月約10万円かかる電気料金を、約1万円に抑えていたという。

 追送検容疑は、4月26日、埼玉県草加市のマンションに設置されていた電気メーターの使用電力量が少なく表示されるよう工作し、料金の計算集金業務を妨害した疑い。

 県警は5月、草加市のマンションにいた小松容疑者を大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕。栽培や乾燥中の大麻草計約380本や水銀灯11個などを押収した。

 

大阪市西成区の路上で男性刺される…61歳男を殺人未遂容疑で逮捕

 23日午後10時50分ごろ、大阪市西成区山王3丁目の路上で、男性が男から刃物で刺されたと通行人から110番があった。西成署によると、50代の男性が腹部などを刺され病院に搬送された。けがの程度は不明で、搬送時に意識はあったという。

 同署は24日、殺人未遂容疑で近くに住む無職関東昌容疑者(61)を逮捕した。逮捕容疑は西成区内の路上で、包丁で男性を複数回刺して殺そうとした疑い。「殺そうとするつもりはなかった」と容疑を否認している。

 関東容疑者は、2人は指定暴力団神戸山口組山健組傘下組織の組員だと説明。「現場近くの店で男性と飲酒していた際に口論になった」と供述しており、同署が詳しい経緯を調べている。

 

携帯電話店で暴れた松葉会系組員、逮捕後に死亡/群馬

 群馬県警高崎署は19日、公務執行妨害の疑いで、住所不詳、指定暴力団松葉会系組員の小見慎吾容疑者(33)を逮捕した。小見容疑者は、警察官に取り押さえられる際に意識を失い、搬送先の病院で死亡が確認された。簡易検査で覚せい剤の陽性反応が出たという。

 逮捕容疑は同日午後8時ごろ、同県高崎市上豊岡町の携帯電話の販売店で、駆けつけた同署員にかみつくなどの暴行を加え、公務を妨害したとしている。

 同署によると、小見容疑者は同日午後7時半ごろ、同店でトラブルになり、「保険証がなくなった」と110番通報した。その後、駆けつけた警察官の制止を振り切って道路上に飛び出すなどしたため、7人の警察官で取り押さえたという。その後、小見容疑者が意識を失ったため、同署員が119番通報し、病院へ搬送された。

 同署は司法解剖して、死因解明を急いでいる。

 

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事