FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組元幹部、3たび無罪主張 大阪地裁、警護役の拳銃所持事件差し戻し審

>>関連記事
 警護役の組員に拳銃を持たせたとして、銃刀法違反(共同所持)の罪に問われた指定暴力団山口組元最高幹部で「芳菱会」(現國領屋一家)会長、滝沢孝被告(78)=浜松市=の3度目となる初公判が14日、大阪地裁(芦高源裁判長)で開かれ、被告は改めて無罪を主張した。これまで大阪地、高裁で計3度の無罪判決を受けたが、いずれも上級審で破棄、差し戻しとなる異例の経過をたどっている。

 組員の拳銃所持を明確に認識していたかが争点。被告は公判で「全く知らなかった。無罪なのになぜ何度も裁判を受けなければならないのか。繰り返しの審理から救ってほしい」と主張。弁護側は「暴力団関係者だからといって共謀性を安易に認めるのは危険だ」と指摘した。

 被告は平成9年9月、大阪市北区のホテル付近で配下の組員2人と共謀し、拳銃1丁と実弾10発を所持したとして13年に起訴された。当初の1、2審はいずれも共謀を認めず無罪と判断。最高裁が21年に「襲撃に備えて所持を受け入れていたと推認できる」と破棄し、差し戻した。

 差し戻し審では地裁が23年に「組員の拳銃所持を認識したとするには疑いが残る」として再び無罪にしたが、高裁が破棄、差し戻しとし、この判断を最高裁も支持した。

  

空き家で発見の手りゅう弾は「実物」/宮城

>>関連記事
 宮城県警は13日、仙台市青葉区国見ケ丘5丁目の空き家で2月に見つかった手りゅう弾や拳銃、実弾のような物がいずれも実物だったと発表した。県警は銃刀法違反などの容疑で捜査を続けている。

 県警科学捜査研究所による鑑定の結果、手りゅう弾は爆発の危険性が残っていたほか、拳銃も殺傷力があった。実弾はこの拳銃と口径が一致し、実際に装弾・発砲できるという。
.
 捜査関係者によると、見つかったのは手りゅう弾1個と拳銃2丁、実弾100発超。暴力団関係者とみられる男が空き家に出入りしていたことも、これまでの取材で分かっている。
.
 リフォーム工事を担当していた会社員が2月25日、空き家で手りゅう弾などを発見し、警察に通報。周辺住民が一時、避難する騒ぎになった。

  

稲川会系山川一家幹部逮捕 金の密輸失敗で1億円の恐喝未遂容疑

>>関連記事
 金の密輸に失敗した腹いせに、ジェット機をチャーターした会社の社長から1億円を脅し取ろうとした疑いで、稲川会系暴力団幹部が逮捕された。

 恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団稲川会山川一家幹部の松田登志幸容疑者ら4人。

 松田容疑者らは、2015年12月、マカオからプライベートジェット機で、4億8,000万円相当の金112kgの密輸を企て、失敗した腹いせに、共犯のジェット機チャーター会社社長・長野順一被告(65)に「金を税関にとられ、組への上納金を払えない。1億円用意しろ。生きて帰れると思うなよ」などと言って、金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。松田容疑者は、長野被告に、密輸のため、ジェット機の手配を依頼していた。

 調べに対し、松田容疑者は、容疑を否認しているが、警視庁は、暴力団の活動資金を得るための犯行とみて、くわしく調べている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR