FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

トランクルームに覚醒剤約850g 暴力団幹部の男逮捕

 横浜市内のトランクルームに大量の覚醒剤を隠し持っていたとして、稲川会系組幹部の男が逮捕された。

 指定暴力団稲川会系組幹部の竹本岳史容疑者(49)は11日、横浜市南区にあるトランクルームに覚醒剤約850グラムを隠し持っていたなどの疑いが持たれている。

 警視庁によると、竹本容疑者は注文を受けてから覚醒剤をトランクルームに取りに行き、郵送で販売していたとみられる。

 竹本容疑者から覚醒剤約0.94グラムを4万円で購入しようとしたとして、会社員の鈴木弘通容疑者(51)も逮捕された。

 竹本容疑者は「人から預かったものだが、送ったことに間違いない」と供述している。

  

米軍属ら4人逮捕 覚せい剤、大麻取締法違反容疑/沖縄

 沖縄県警暴力団対策課は31日、覚せい剤取締法違反(所持・使用・輸入)と麻薬特例法違反(規制薬物物品輸入)、大麻取締法違反(所持)の容疑でそれぞれ、米空軍嘉手納基地内に勤務する米軍属2人を含む4人を逮捕したと発表した。

 覚せい剤取締法違反容疑(所持・使用・輸入)で逮捕されたのは米空軍嘉手納基地内で働く軍属ミルトン・リッチモンド・キングセカンド(51)=沖縄市山里、無職宮城アミナアンサー(31)=沖縄市胡屋=の両容疑者。大麻取締法違反(所持)容疑は米空軍嘉手納基地内で働く軍属ブレボン・ケントレル・キー(23)、飲食店従業員のロバートソン・太陽ジェフ(24)=いずれも沖縄市美里=の両容疑者。

  

山口組直系「早野会」会長を逮捕 妻名義で口座開設容疑/兵庫

 暴力団組長の身分を隠して金融機関の口座を開設し、キャッシュカードをだまし取ったとして、兵庫県警暴力団対策課などは31日、詐欺容疑で指定暴力団山口組直系の早野会会長、鈴川驗二こと鈴川憲司容疑者(47)と妻(49)=いずれも大阪市平野区喜連西=を逮捕した。

 県警によると、鈴川容疑者は山口組の組織運営を担う「直参」と呼ばれる幹部の1人。「今は何も言いたくない」と認否を留保している。妻は「口座は私自身が使うために開設した」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は平成26年12月、組長であることを隠し、インターネットで金融機関に妻名義で口座開設を申し込み、キャッシュカードをだまし取ったとしている。

  

銃撃された神戸山口組系「池田組」若頭が死亡/岡山

>>関連記事
 31日午前10時前、岡山市南区豊成のマンション駐車場で、指定暴力団神戸山口組系「池田組」若頭で「昇伸会」の高木昇こと高木忠会長(55)が何者かに拳銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認された。岡山県警は殺人事件として捜査、指定暴力団山口組との分裂を巡る抗争の可能性もあるとみて背景を調べる。

 県警によると、腹部を数発撃たれていた。周囲で拳銃は見つかっておらず、バイクで逃走する人物の目撃情報もあった。

 現場はJR岡山駅の南約4キロで店舗や住宅が立ち並ぶ一角。午前9時50分ごろ、「男性が倒れている」「発砲音が数発聞こえた」と110番があった。

  

神戸山口組系「池田組」幹部、銃で撃たれ心肺停止/岡山

 岡山県警によると、31日午前9時50分ごろ神戸山口組系「池田組」若頭で「昇伸会」の高木昇こと高木忠会長(55)が岡山市南区のマンション駐車場で倒れているのが見つかった。

 拳銃で撃たれたとみられ、心肺停止状態という。

  

薬物密売人の男逮捕、大麻や覚醒剤など3500万円分を自宅に隠し持つ

 密売目的で計約3500万円相当の覚醒剤や大麻などの規制薬物を隠し持ったとして、近畿厚生局麻薬取締部は30日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)や大麻取締法違反(同)などの疑いで、無職、岡井誠容疑者(35)=大阪市住之江区粉浜=を逮捕し、大阪地検が起訴したと発表した。同取締部は、暴力団などが密売に関与した可能性もあるとみている。

 同取締部によると、岡井被告は自宅で覚醒剤約313グラム▽大麻約2071グラム▽コカイン約72グラム▽合成麻薬MDMAの錠剤99錠-を密売目的で所持したとして起訴された。同取締部が7日に自宅を捜索し現行犯逮捕。押収薬物の末端価格は計約3500万円という。

 同取締部の調べに対し、岡井被告は「密売目的で所持したことに間違いない」と容疑を認めている。

  

拳銃1丁と実弾5発を所持の疑い 稲川会系組長ら3人逮捕/神奈川

 拳銃1丁と実弾5発を所持した疑いで、稲川会系組長ら3人が逮捕された。

 指定暴力団・稲川会林一家傘下、平栗組組長の平栗慎太郎容疑者(50)と、幹部の神林佑樹容疑者(33)、無職の渡辺山容疑者(39)の3人は、2016年2月、神奈川・横浜市内の渡辺容疑者の自宅で、拳銃1丁と実弾5発を所持した疑いが持たれている。

 家宅捜索した際に、下駄箱内のセカンドバッグの中から見つかったという。

  

神戸山口組直系「宅見組」幹部を逮捕 身分隠し車購入/兵庫

 暴力団員の身分を隠して車を購入したとして、兵庫県警生田署は26日、詐欺容疑で指定暴力団神戸山口組の直系団体「宅見組」幹部で「三代目武村組」組長、安達崇(45)=大阪市浪速区=と妻で飲食店経営、由美(43)=津市相生町=の両容疑者を逮捕した。崇容疑者は「やくざであることは隠していない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は共謀し、平成26年1月、暴力団員との契約が禁じられている奈良県内の自動車販売会社から車を購入したとしている。崇容疑者が使用する意図を隠し、由美容疑者が契約していた。

  

堺ガールズバー経営者殺害、地裁に審理差し戻し 高裁、1審判決を「被告への不意打ち」と認定

>>関連記事
 堺市のガールズバーで平成25年7月、経営者の指定暴力団山口組系の宋正幸組員=当時(45)=を殺害し、和歌山県日高川町の山中に遺棄したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた元店員、小松弘隆被告(25)の控訴審判決公判が26日、大阪高裁で開かれた。福崎伸一郎裁判長は訴因変更の手続きをしないで起訴内容と異なる事実認定をした1審和歌山地裁判決を「被告への不意打ち」として破棄、地裁に審理を差し戻した。

 起訴状では小松被告が男性の首を絞めた後、共犯で同店の共同経営者だった岡野浩士被告(35)=高裁で審理中=が最終的に首を絞めて殺害したとされていたが、1審は小松被告が最後に首を絞めたと認定。2人にいずれも懲役14年を言い渡していた。

  

マンションで大麻栽培 住吉会系の組員逮捕/埼玉

 埼玉県草加市のマンションの一室で大麻を所持していたとして25日、指定暴力団住吉会系の暴力団員・小松龍一容疑者(37)が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。小松容疑者は容疑を認めていて、部屋からは栽培中の大麻草約200本と乾燥中だった50本ほどが見つかったという。

松容疑者は頻繁にマンションを訪れていたという。小松容疑者は「大麻を持っていた」「栽培していた」と容疑を認めている。警察は、密売目的で大麻を大量に栽培していたとみて調べている。

  

暴力団組長暴行事件 県警 石川などの関係先を捜索/富山

>>関連記事
 神戸山口組に加わろうとした暴力団組長を暴行したとして富山市にある山口組一会傘下の組長らが逮捕された事件で、富山県警は、石川と福井の関係先を家宅捜索した。

 家宅捜索が行われたのは富山市にある山口組一会傘下、芳賀組の関係先で石川と福井の事務所など数か所。

 このうち金沢市の山口組一会傘下、滝本組では、富山県警の捜査員が午前8時からおよそ1時間かけて捜索を行い、関係資料を押収した。

 この事件は、今年3月芳賀組の幹部が、山口組から対立する神戸山口組に加わろうとした富山市内の暴力団組長を車で連れ回して暴行したもので、芳賀組の組長ら幹部5人が逮捕され、1人が逃走している。

 県警は午後も関係先を家宅捜索する方針。

  

銃撃事件か 稲川会系元組長宅に拳銃で撃たれたような痕-館山市/千葉

 25日午前8時ごろ、館山市にある稲川会系暴力団の元組長の住宅で、「拳銃が撃ち込まれている」と匿名の男性から110番通報があった。

 警察官が駆けつけたところ、1階の物置のシャッターに拳銃で撃たれたような痕が2か所見つかり、近くには2つの薬きょうが落ちていたという。

 警察によると、薬きょうには、一部サビのような痕があることから、かなり時間が経過している可能性があるという。警察は、何者かが拳銃を撃ったとみて捜査してる。

  

山口組、9回目の指定へ 国家公安委が暴対法要件確認

 国家公安委員会は26日、暴力団対策法に基づき山口組(神戸市灘区)を指定暴力団に指定することの要件を満たしていると確認した。指定権限がある兵庫県公安委員会が国家公安委員会に要件確認を求めていた。指定は9回目で、効力は6月23日から3年間。今後、国家公安委から通知を受けた兵庫県公安委が官報に公示する。

 山口組から昨年8月末に分裂した神戸山口組は、兵庫県公安委が4月15日に指定。警察庁によると、3月1日時点で山口組の構成員は約5700人、神戸山口組は約2700人。

  

神戸山口組系組長を逮捕、虚偽の転入届を提出か/宮城

 宮城県警は25日、虚偽の転入届を提出したとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで指定暴力団神戸山口組系組長、川尻雄喜容疑者(54=同県石巻市)を逮捕した。川尻容疑者は「そのような事実はない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年11月20日、引っ越した事実がないのに虚偽の転入届を石巻市役所に提出し、住民基本台帳ファイルに不実の記録をさせるなどした疑い。

 県警は25日、約30人態勢で石巻市の自宅と組事務所を家宅捜索した。虚偽の届け出をした目的などについて、詳しく調べを進める。

  

福岡県警:工藤会系組事務所を家宅捜索

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会」の総本部長で石田組組長、、石田正雄容疑者(58)ら3人が強要未遂容疑で逮捕された事件で、福岡県警は25日、同会の実質的な本部機能を持つ北九州市小倉北区三郎丸の工藤会系組事務所を家宅捜索した。

 組事務所には午前10時20分ごろ、捜査員約20人が入った。工藤会の本部事務所(同区神岳)は2014年11月に暴力団対策法に基づく使用制限命令を受けたため、本部の代わりに幹部の定期的な会合場所として使われる組事務所を捜索した。実質的な本部への家宅捜索は、暴力団の立ち入りを禁止する「標章」が張られたビルへの放火事件で幹部らが逮捕された昨年11月以来。

 石田容疑者ら3人は昨年9〜12月、40代男性に電話などで「うちが本当に動いたら困ろうが」と脅し、面会を強要しようとしたとして17日に逮捕された。

  

用心棒代要求の山口組傘下の組長ら2人に中止命令/和歌山

 和歌山市の歓楽街「アロチ」のラウンジの経営者から用心棒代(みかじめ料)などの名目で金を受け取ったとして和歌山東署は23日、指定暴力団六代目山口組傘下組織の組長の男(49)=和歌山市有本=と、組員の男(49)=同市谷町=に、暴力団対策法第9条に基づく中止命令を出した。

 同署によると、2人は昨年11月ごろ、経営者の男性(23)に対して用心棒代を要求し、同12月からことし4月にかけて5回、計40万円を受け取った疑い。今月に入り男性から相談があった。この他に同じ事案に関する県警への相談はないという。

 暴力団対策法では、第9条の中止命令に従わなかった場合、3年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金を科すことを定めている。

  

山口組系会長に有罪 札幌地裁、分裂巡り侵入

 指定暴力団山口組の分裂を巡り、山口組誠友会の元幹部が住む北海道恵庭市のアパートに無断で立ち入ったとして、建造物侵入の罪に問われた誠友会系二代目束田会会長、北川靖典被告(52)ら6人に札幌地裁(高杉昌希裁判官)は25日、北川被告に懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 起訴状によると、北川被告と組員ら計6人は3月18日午前、正当な理由がないのにアパートの出入り口に侵入したとしている。

 捜査関係者によると、元幹部が山口組から分裂した指定暴力団神戸山口組側に移る動きを見せたことが背景にあるとみられる。

  

大阪にある神戸山口組系事務所、宮城県警が初の家宅捜索

 宮城県警暴力団対策課は24日、恐喝未遂事件の関係先として、大阪市中央区にある指定暴力団神戸山口組直系山健組の傘下団体の事務所を家宅捜索した。神戸山口組が4月に指定暴力団になって以来、宮城県警による神戸山口組系の家宅捜索は初めてという。

 県警は、仙台市内の飲食店で経営者の男性に「今度3万円な。ダンプで突っ込んで商売できんようにするぞ」などとみかじめ料を脅し取ろうとしたとして、11日に神戸山口組系組員の立花宗貴容疑者(38)ら男3人を逮捕していた。

 この日午前から行われた捜索では県警の捜査員約30人が事務所に入った。立花容疑者らが不当に得た金を上納しようとしていた可能性もあるとみて、事件の組織性や団体の関与を調べるために実施した。

  

新橋のネットカジノ経営者、実弾・覚醒剤を所持-警視庁

 東京・新橋のインターネットカジノ店で常習的に違法な賭博をしていたとして、警視庁が店の経営者とみられる男を今年2月に常習賭博容疑で逮捕していたことが愛宕署への取材でわかった。男は逮捕時に覚醒剤や実弾を所持しており、署は覚醒剤取締法違反(所持)と銃刀法違反容疑でも現行犯逮捕した。いずれも容疑を認め、それぞれの罪で起訴されたという。

 署によると、逮捕されたのは埼玉県川口市の無職沼田昌也被告(56)。警視庁が2月3日に摘発した東京・新橋の雑居ビル内の違法ネットカジノ店の経営者とみられる。

 署が同月23日、埼玉県川口市内の漫画喫茶店で沼田被告を発見し、所持品を調べたところ、覚醒剤6グラムや拳銃の部品、実弾48発が見つかったという。

 署は、カジノ店の背後に暴力団の関与があったとみている。

  

稲川会系組長の土佐犬、女性襲う/神奈川

 横須賀市日の出町の路上で4月、犬の散歩をしていた女性会社員(50)が土佐犬に襲われて左手を数針縫うけがを負っていたことが、捜査関係者への取材で分かった。横須賀署は、土佐犬に狂犬病の予防接種を受けさせていなかったなどとして、週内にも、飼い主の稲川会系暴力団組長(60歳代)と犬を散歩させていた同組幹部(50歳代)を狂犬病予防法違反容疑で書類送検する。

 捜査関係者によると、組長らは狂犬病予防法で義務づけられた飼い犬の市への登録をせず、予防接種も受けさせていなかった疑いが持たれている。

 組幹部が4月8日夕、組長の指示で土佐犬を散歩させていたところ、土佐犬が女性の連れていたプードルにかみつき、引き離そうとした女性自身も手をかまれた。女性のけがなどについては示談が成立し、被害届は提出されていない。

 組長らは、同署の任意の事情聴取に対し、土佐犬が女性をかんだ経緯や予防接種を受けさせていなかったことについて「間違いない」と認めているという。

 この土佐犬は2014年10月、同市平成町でミニチュアダックスフントを襲ってかみ殺し、15年10月にも同市三春町でシバ犬にかみついて大けがを負わせていたといい、住民たちの間で「付近には通学路もあり、子供が襲われないか心配だが、暴力団に注意するのは怖い」との声が上がっていた。

  

ポルノDVDなど20万点押収 東組幹部ら逮捕/滋賀

ポルノを含むわいせつDVDを販売したとして、滋賀県警組織犯罪対策課などは20日、わいせつ電磁的記録頒布と買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、指定暴力団二代目東組幹部で、三代目森田組組長、田村順一容疑者(54)=大阪府豊中市=ら8人を逮捕し、大津地検に送致したと発表した。

 逮捕容疑は、平成26年8月から28年2月にかけて、インターネットサイトでポルノを含むわいせつなDVD約40枚を販売したとしている。田村容疑者は「よくわからない」と容疑を否認している。

 同課によると、県警などが二代目東組の資金源を捜査していたところ、田村容疑者らが管理するサイトでわいせつなDVDなどを販売していることが分かった。県警は、DVDなど約20万点を押収した。

  

ヨットに覚醒剤600キロ 県内最大、末端420億円

 第11管区海上保安本部と沖縄地区税関が、那覇市通堂町の那覇港那覇ふ頭に停泊中のマレーシア船籍のヨットから、覚醒剤約600キロを押収していたことが18日までに分かった。末端価格約420億円に相当する。捜査関係者によると一度に600キロの覚醒剤が摘発されるのは県内で過去最大とみられる。11管などは県内外で覚醒剤を販売しようとしていた可能性もあるとみて捜査している。


 ヨットの台湾人乗組員6人は11日、麻薬ケタミンを共同所持していたとして麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されていた。11管は覚醒剤の鑑定などを終え次第、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで再逮捕する方針。

 捜査関係者によると、台湾人船長は覚せい剤取締法違反の容疑について「知らない」と否認している。
 乗組員は11日午後、台湾から石垣島経由で那覇ふ頭に入港したところ、沖縄地区税関の検査で麻薬のケタミンを隠し持っていたとして逮捕されていた。6人のうち3人は容疑を認めているが、他の3人は否認しているという。

 17日午前、11管と税関で行われた合同家宅捜索で船内に隠されていた覚醒剤約600キロが発見された。
 ヨットがマレーシア船籍でランカウイ島のものであることから、東南アジアで生産された覚醒剤を台湾経由で運び、日本国内に密輸しようとした可能性がある。

 捜査関係者は押収量が大量であることから「県内ではさばき切れない。県外で転売しようとしていた可能性がある」とし、背後に暴力団や海外マフィアなどがいないかなどを県警とも連携しながら捜査を進める方針だ。

  

神戸山口組系組員の車のガラス割る 容疑で山口組系幹部を新たに3人逮捕

 指定暴力団神戸山口組系組員の車のガラスが割られるなどした事件で、県警暴力団対策課などは18日、暴力行為法違反容疑で、新たに指定暴力団山口組系組幹部、山地知之容疑者(46)=香川県善通寺市=ら3人を逮捕した。山地容疑者は「現場にいただけで何もしていない」と容疑を否認し、ほかの2人は認否を保留しているという。

 事件の逮捕者は山口組系、神戸山口組系あわせて20人となった。県警はさらに2人の逮捕状を取り、行方を追っている。

  

山口組離脱の組長監禁容疑 3次団体の組長ら逮捕

 指定暴力団山口組(本部・神戸市)の傘下から離脱した富山市手屋の「高田組」組長を負傷させたなどとして、富山県警は19日、富山市にある山口組一会傘下芳賀組の組長である小竹幸信容疑者(69)と幹部3人を監禁と傷害の容疑で逮捕し、発表した。

 県警によると、小竹容疑者らは3月15日、山口組を離脱し、分裂した神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)に加わる動きを見せていた組長に制裁を加えるため、富山県立山町内で車内に監禁。富山市内の駐車場で殴る蹴るの暴行を加え、指を切断する重傷を負わせた疑いがある。

 県警は芳賀組事務所と芳賀組の上部団体に当たる山口組一会(大阪市北区)の事務所を家宅捜索した。

 制裁を加えられた高田組の事務所では、2月に火炎瓶のようなものが投げ込まれ、3月には銃弾が撃ち込まれる事件が発生。高田組は解散届を提出し、今月に入って事務所を取り壊した。

  

暴力団トラブルの組員 防弾パネル設置し判決 神戸地裁

>>関連記事
 今年3月、指定暴力団の山口組神戸山口組が車を壊し合ったなどとされる事件で、暴行罪に問われた神戸山口組系組員、小林信一被告(50)=神戸市中央区=の判決公判が18日、神戸地裁であった。空閑(くが)直樹裁判長は懲役1年2月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 一連の事件では計20人が逮捕されている。起訴された組員のうち判決は、同被告が初めて。各公判は厳重に警備され、傍聴人の手荷物検査のほか、傍聴席の前には防弾パネルが設置された。

 判決によると、同被告は3月5日、同市中央区で山口組の車両を追尾した後、降車した山口組側の組員に催涙スプレーを噴射した。空閑裁判長は「白昼の闘争で社会的影響を軽視できない」と指摘したが、「スプレーは護身用で危険性は高くない」と量刑理由を説明した。

  

大阪府警:神戸市灘区の山口組総本部を家宅捜索

 敵対する神戸山口組系組員を集団で襲撃しようとした事件で、大阪府警が指定暴力団山口組系組員ら11人を凶器準備集合の疑いで新たに逮捕していたことが18日、大阪府警への取材で分かった。府警は山口組の直系組織「秋良連合会」会長、金東力容疑者(59)ら数人の逮捕状も取って行方を追っている。

 新たに逮捕されたのは秋良連合会の傘下組織の幹部らで、この事件の逮捕者は計15人となった。

 逮捕容疑は昨年12月17日午後7時ごろ、大阪市浪速区の秋良連合会事務所前で、組員ら二十数人がゴルフクラブなどの凶器を持って集まったとしている。この直後、大阪の繁華街・ミナミの路上で、神戸山口組系の組員2人が集団に襲われて軽傷を負う事件が起きている。

 また府警は18日、山口組総本部を家宅捜索した。捜査員約90人が午後1時40分ごろに総本部に入った。約30分で終了したが、押収物はなかった。

  

“面会強要”工藤会総本部長ら逮捕/福岡

 福岡県内の飲食店の運営を巡り、トラブルになっていた男性を脅して面会を強要しようとしたとして、特定危険指定暴力団工藤会の幹部の男ら3人が逮捕された。

 逮捕されたのは工藤会の総本部長で石田組組長、石田正雄容疑者(58)と、自称会社代表・村上雅昭容疑者(75)ら3人。

 石田容疑者は去年、福岡県内の飲食店の運営を巡り、トラブルになっていた村上容疑者の長男に対し、電話で「1回会って話さんか。うちが動いたら困ろうが」などと脅して、面会を強要しようとした疑いが持たれている。

 警察によりますと、村上容疑者らが長男に圧力をかけるよう、石田容疑者に依頼していたという。

 警察は、石田容疑者らが飲食店の売上を独占する目的だったとみて、石田組事務所を家宅捜索して、容疑の裏付けを進めている。

  

20万円を13万円で…マンション5部屋を組員に賃貸 大阪府公安委が不動産業者に中止勧告

 暴力団組員の住居や待機場所として使われると知りながらマンション5部屋を割安で貸したとして、大阪府公安委員会は16日、府暴力団排除条例に基づき、府内の不動産業経営の70代男性に暴力団への利益供与をやめるよう勧告した。

 また、部屋を借りていた府内の指定暴力団山口組傘下組織の60代の男性組長にも同様に勧告した。

 大阪府警捜査4課によると、不動産業の男性は平成9年以降、自身の管理するマンション5部屋について、通常は計約20万円の家賃を約13万円に値引きして組長に賃貸した。1部屋は組員の待機場所、4部屋は組員の住居として使用させていた。

 勧告により、待機場所の部屋は退去予定だが、住居の4部屋は正規の家賃で組員が利用を続けるという。2人は約25年前からの知人関係で、不動産業の男性は「(組長に)金の取り立てを頼んだこともある」と話しているという。

  

「組員が口座を作れないとの説明ない」身分隠して口座を開設した男を詐欺で逮捕/兵庫

 暴力団組員であることを隠して金融機関で口座を開設したとして、兵庫県警明石署は16日、詐欺容疑で、同県明石市硯町、指定暴力団神戸山口組直系「西脇組」幹部、家根谷昌登容疑者(47)を逮捕した。「組員が口座を作れないという説明は受けていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は平成23年4月26日、同市内の金融機関が組員との取引を拒否しているのに、組員であることを隠して口座開設を申し込み、通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取ったとしている。

  

松葉会関根組系組事務所に発砲か 門扉7カ所で弾痕/茨城

 16日午前0時10分ごろ、茨城県つくば市大角豆、松葉会関根組系「天長一家」組事務所近くの住民から「発砲音がした」と110番があり、駆け付けたつくば中央署員が、事務所の門扉付近で銃弾や弾痕とみられるものを発見した。

 けが人は確認されていない。同署は拳銃発砲事件とみて捜査している。

 同署によると、門扉は鉄製で高さ約3メートル、幅約10メートル。少なくとも7個の穴が開いていた。銃弾とみられるものは大きさ数センチで、4発見つかった。

 現場はつくばエクスプレスつくば駅から南東約4キロの住宅街。

 同県では10日にも、土浦市にある別の松葉会関根組系「小島一家」組事務所で散弾銃の弾痕のようなものが見つかる事件があり、県警は関連を調べている。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ