FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組の直系「吉川組」組長逮捕 不動産の仲介契約/兵庫

 兵庫県警は27日、暴力団員であることを隠して不動産会社と住宅の仲介契約を結んだとして、詐欺容疑で、指定暴力団山口組直系の吉川組組長、山口俊平容疑者(67)=大阪市中央区瓦屋町=と妻隆子容疑者(52)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成26年4~5月、兵庫県川西市にあった自宅を売却するため、不動産会社の担当者に山口容疑者が暴力団員であることを隠して、仲介契約を締結させるなどした疑い。2人は容疑を否認している。

 県警によると、契約時の約款には、暴力団排除条項が記載されていた。

  

傷害容疑で暴力団幹部の男逮捕 栃木署

 栃木署は30日、傷害の疑いで栃木市、指定暴力団住吉会系幹部、無職男(57)を逮捕した。

 逮捕容疑は29日午後7時40分ごろ、同市の飲食店で、客席テーブルを倒していずれも同市、無職の男性(68)と女性(67)を転倒させ、男性の右手に約3週間、女性の頭に約1週間のけがをさせた疑い。

  

1500万円以上詐取か、住吉会系幹部を逮捕

 「おばあちゃん、お金貸して」などと嘘の電話を掛け、85歳の女性から1500万円以上をだまし取っていたとみられる「住吉会」系暴力団幹部が、警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは「住吉会」系暴力団幹部・渡辺佳太容疑者(32)で、一昨年6月、仲間と共謀し、孫になりすまして千葉県の女性(85)に電話をかけ、「電車の中に会社の手形を置き忘れた。お金を貸して」などとウソを言って現金150万円をだまし取った疑いが持たれている。

 渡辺容疑者らは一昨年6月から7月にかけて1500万円以上をだまし取っていたとみられ、警視庁は暴力団の資金源になっていたとみて詳しく調べている。

  

神戸山口組、熊本市内で炊き出し 支援活動展開 復興事業参入へイメージ戦略か

 指定暴力団神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)が熊本市で被災者に食料や日用品を配布する支援活動を展開している。対立する山口組には表立った動きはないという。九州では両組織による切り崩し戦が激化しており、警察当局は勢力拡大や復興事業への参入を狙ったイメージ戦略の恐れもあるとみて、動向を注視している。

 支援活動を始めたのは熊本市中央区に拠点を置く神戸山口組の直系組織。近所の人によると、地震発生後の15日ごろから7、8人の組関係者が事務所前にテーブルを並べ、ミネラルウオーターやカップめんなどの食料、トイレットペーパー、毛布などの日用品を配布している。張り紙などで配布を呼びかけ、避難所や炊き出しの会場で被災者に配って回る姿もみられたという。

 熊本県内では、14日にマグニチュード(M)6・5の地震が観測されて以降、16日のM7・3の地震も含め、大きな地震が続いている。熊本市内でも自宅の崩壊などを恐れて帰宅できていない住民が多く、学校などに避難所が設けられているが、物資が行き届かない避難所もある。

続きを読む »

山口組系旭導会組員殴った神戸山口組系組員を起訴 /北海道

 旭川地検は20日、指定暴力団山口組旭導会の組員を殴るなどしたとして、暴力行為法違反罪で、指定暴力団神戸山口組系組員、景山正義容疑者(52)=岡山市=を起訴した。同法違反容疑で逮捕されたほかの5人は、処分保留で釈放された。

 起訴状によると、景山被告は3月27日、北海道旭川市の路上で男性(35)の顔を、数人で殴るなど暴行したとしている。

 旭川市内では、山口組神戸山口組の対立が表面化しており、道警が警戒している。

  

組事務所突っ込み用の盗難車保管 山口組系「極心連合会」組員逮捕

 指定暴力団山口組の分裂に絡み、対立する神戸山口組側への報復目的で盗難車を保管したとして、大阪府警布施署は20日、盗品等保管の疑いで、山口組直系「極心連合会」組員、大東和之容疑者(56)=大阪府東大阪市小若江=を逮捕、送検したと発表した。調べに対し、大東容疑者は「対立組織の組事務所に突っ込むための車だが、盗難車とは知らなかった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は3月13日と同19日、同市内の極心連合会本部事務所近くのコインパーキング2カ所で、盗品と知りながら乗用車2台を保管したとしている。

 同署によると、事務所付近を警戒していた署員が、ナンバープレートの一部が変造された車を発見。乗り込もうとした別の組員が大東容疑者の関与を供述した。

 3月10日に津市で「極心連合会」傘下の組事務所が荒らされた事件の報復に使う目的だったとみられ、同署が入手先などを調べている。

  

「弘道会」傘下事務所損壊、指示役の「宅見組」若頭ら3人逮捕/大阪

>>関連記事
 指定暴力団山口組弘道会傘下の組事務所のドアを金属バットで壊したとして、指定暴力団神戸山口組宅見組の組員2人が逮捕された事件があり、大阪府警は20日、2人に犯行を指示したとして、凶器準備集合と建造物損壊容疑で、神戸山口組の有力団体「宅見組」の若頭、森島厚容疑者(44)ら男3人を逮捕したと発表した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月6日午前10時10分ごろ、組員2人に指示し、大阪市浪速区恵美須西の山口組弘道会の傘下組事務所前に金属バット2本を持たせて集めさせた上、事務所のドアをバットで複数回たたいて損壊させたとしている。

  

山口組系「竹中組」幹部ら4人を逮捕 神戸山口組系組員の車破壊

>>関連記事
 神戸市の路上で神戸山口組系組員の車のガラスが割られるなどした事件で、兵庫県警暴力団対策課などは19日、暴力行為法違反容疑で新たに指定暴力団山口組直系「竹中組」幹部、瀬畑伸吾容疑者(44)=加古川市野口町二屋=ら山口組系組員4人を逮捕した。県警によると、瀬畑容疑者は黙秘しているという。

 事件をめぐる逮捕者は、同容疑で山口組系組員14人と、器物損壊容疑で指定暴力団神戸山口組系組員2人の計16人となった。県警は他にも、暴力行為法違反容疑で山口組系組員の男の逮捕状を取り、行方を捜している。

 4人の逮捕容疑は3月5日午前11時40分ごろ、神戸市中央区割塚通の市道で、神戸山口組山健組傘下、健竜会幹部で北本組組長、北本肇容疑者(56)=暴行罪で起訴=が運転する車を足蹴りし、フロントガラスを金属製の靴べらでたたき付けるなどの暴行を加え、運転席のドアなどを壊したとしている。

  

96年から行方不明の男性か…伊勢原市の山林で遺体発見

>>関連記事
 2003年に前橋市で起きたスナック乱射事件などで死刑判決が確定した元指定暴力団住吉会幸平一家傘下、矢野睦会会長の矢野治死刑囚(67)が警視庁に対し、1996年から行方不明になっている神奈川県伊勢原市の男性について、「殺害に関与し、遺体を埋めさせた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は19日朝から、同市内の山中を捜索。午後2時頃、遺体を発見し、身元の確認を進めている。

  

風営法違反で山口組系「瀬戸一家」幹部を逮捕/愛知

 指定暴力団山口組傘下の暴力団幹部の男が、愛知県瀬戸市の飲食店で許可を受けずに風俗営業を行った疑いで逮捕された。

 風営法違反の疑いで逮捕されたのは指定暴力団山口組系「瀬戸一家」の幹部、服部信夫容疑者(64)。

 警察によると、服部容疑者は2013年5月、瀬戸市にある飲食店で風俗営業の許可を受けていないにも関わらず客にSMショーを見せるなどの接待をした疑い。

 調べに対し服部容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

  

会社員男性殴り死なせた疑い、松葉会系組員ら逮捕/茨城

 茨城県石岡市の路上で32歳の男性を殴るなどして死なせたとして、指定暴力団・松葉会系の32歳の組員ら2人が逮捕されました。

 傷害致死の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団・松葉会系の組員・飯野正孝容疑者(32)と無職・関龍之輔容疑者(22)の2人です。2人は今月16日未明、茨城県石岡市の路上で、会社員・川島貴志さん(32)の顔や腹を殴るなどして死なせた疑いが持たれています。

 今月17日、事件を報じた新聞の記事を読んで川島さんが亡くなったことを知り、関容疑者が出頭したことで、犯行への関与が明らかになったということです。警察は2人の認否を明らかにしていません。

 川島さんと2人は飯野容疑者が経営しているとみられる飲食店に居合わせていたということで、警察はトラブルがあったとみて事件のいきさつを調べています。

  

ファミレスで10数人の男たちが乱闘か 宇治/京都

 18日午前0時35分ごろ、京都府宇治市宇治里尻のファミリーレストランの駐車場で、「10数人の男が怒鳴り声をあげ、顔から血を流している男もいる」と近くにいた男性が110番した。

 京都府警宇治署員が駆けつけたところ、男らが車で現場から立ち去った後だったという。目撃情報のなかには「暴力団員風だった」との証言もあり、殴り合ったとみられる男たちのうち何人かが負傷していたとみられる。

 府警は、指定暴力団「山口組」の分裂抗争との関連も視野に暴力行為処罰法違反の疑いで男らの行方を追っている。

  

歌舞伎町で集団暴行 山口組系組長ら4人を逮捕 警視庁

>>関連記事
 集団で男性を暴行したとして、警視庁組織犯罪対策4課は暴力行為法違反の疑いで、指定暴力団山口組清水一家傘下、田嶋組組長、田嶋聡容疑者(46)=東京都大田区鵜の木=ら男4人を逮捕した。同課によると、田嶋容疑者は容疑を否認している。

 逮捕容疑は2月15日午後4時ごろ、新宿区歌舞伎町の路上で、集団で被害者の男性(35)の顔面を蹴るなどの暴行を加えたとしている。 

 男性は東京都内の暴走族グループのOB。知人だった山口組系組幹部の男(36)の胸ぐらをつかむなどしたとして、3月に暴行容疑で逮捕されている。

 男性は以前から組幹部の男らとトラブルになっていた一方で、山口組から分裂した神戸山口組に出入りしていたとの情報もあり、同課は、山口組分裂との関連について慎重に調べている。

  

死刑囚が文書「20年前、別の殺人に関与」 遺体捜索へ

>>関連記事
 前橋市のスナック銃乱射事件で死刑判決が確定した男が、20年前に別の殺人事件に関与したとする文書を警視庁に送っていたことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は男らの説明に基づき、遺体を埋めたとされる神奈川県伊勢原市内の山中を今週中にも捜索する方針を固めた。

 文書を送ったのは、指定暴力団住吉会幸平一家傘下、矢野睦会会長だった矢野治死刑囚(67)。前橋市のスナックで2003年1月に4人が殺害された銃乱射事件で、実行犯に犯行を指示した殺人罪などに問われ、14年3月の上告棄却により死刑判決が確定した。

 捜査関係者などによると、矢野死刑囚は東京都新宿区で不動産業を営んでいた男性を1996年に殺害した事件に関わったとする文書を昨年、渋谷署に送付。男性と不動産関係のトラブルがあった別の暴力団関係者(故人)から依頼を受け、男性の殺害や遺体の遺棄を指示した、とする内容だったという。

  

和歌山県警:神戸山口組の有力団体 宅見組本部を家宅捜索

 指定暴力団となった神戸山口組の有力団体・宅見組傘下の組員が詐欺の疑いで逮捕され、和歌山県警は関係先として宅見組の本部を家宅捜索した。

 警察によると、逮捕された宅見組傘下の組員、堀内弘喜容疑者(27)は、知人男性(当時35)と共謀し、和歌山市内の金融機関で、この男性名義の口座を開設。通帳とキャッシュカードを騙し取った疑いがもたれている。

 堀内容疑者は男性からこの口座を1万円で買い取り、オレオレ詐欺の振込先などに使用していたという。

 男性が「堀内容疑者との関係を切りたい」と警察に相談しことから事件が発覚したということで、警察はだまし取った金が暴力団の資金源になっている可能性もあるとみて捜査している。

  

神戸山口組系松下組傘下組長を銃刀法違反容疑で逮捕 愛知県警

 愛知県警捜査4課は15日、銃身を短く改造した猟銃を違法に所持したとして、銃刀法違反(所持)容疑で、佐賀市の指定暴力団神戸山口組松下組傘下「中島会」組長、中島俊明容疑者(65)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2012年11月ごろ、改造猟銃を自宅で違法に所持した疑い。「おいおいゆっくり話す」と供述しているという。

 捜査4課によると、13年5月、この猟銃を譲り受けた80代の男を銃刀法違反容疑などで逮捕しており、供述から中島容疑者の関与が浮上した。

  

「代紋」記した旗など盗む 山口組系「朋友会」会長ら逮捕

 指定暴力団山口組の元直系団体「英組」の事務所跡建物から、組の象徴である「代紋」を記した旗などを盗んだとして、兵庫県警暴力団対策課と西宮署などは15日、窃盗の疑いで山口組系直系団体「朋友会」会長、高島伸佳容疑者(38)=同区=と組員2人の計3人を逮捕した。

 県警によると、盗まれたのは山口組歴代組長の肖像画入り額縁や代紋が記された金杯など約200点(約170万円相当)。組行事などに使う道具という。

 捜査関係者によると、建物は山口組系「英組」の初代組長(80)=2013年引退=が所有していたが、この直系団体が14年春に消滅後は空き家状態だった。朋友会会長の高島容疑者らは「英組」の出身で、額縁などを朋友会事務所に飾っていたという。

 3人の逮捕容疑は共謀し、14年6月下旬ごろ、大阪市内の元事務所から、酒を注ぐ食器やだるまなどを盗んだ疑い。高島容疑者は黙秘し、ほかの2人は容疑を否認している。

  

神戸山口組本部を家宅捜索、京都の組長逮捕…「指定後」初、強要未遂容疑

 京都府警は15日、強要未遂容疑で、神戸山口組侠友会傘下「鶴谷組」組長の鶴谷佳一容疑者(68)=京都市伏見区向島庚申町=を逮捕し、兵庫県淡路市にある神戸山口組の本部を家宅捜索した。指定暴力団に指定後、神戸山口組の本部を家宅捜索するのは初めて。捜索は約60人態勢。

 逮捕容疑は昨年10月8日午後2時30分ごろ、知人男性(39)から譲り受けたペットのシェパードが死んだ際の処分費用約4700円を京都市に支払うよう、知人男性に強要しようとした疑い。

 府警によると、鶴谷容疑者は「市からの支払い依頼書を知人男性に渡したが、強要はしていない」と容疑を否認している。

  

神戸山口組、指定暴力団に 兵庫県公安委

 指定暴力団山口組(神戸市)から分裂した神戸山口組(兵庫県淡路市)について、兵庫県公安委員会は15日、暴力団対策法に基づく指定暴力団にすると官報で公示した。
官報
 金品要求などへの中止命令のほか、抗争時に組事務所の使用制限を命じることも可能になる。指定の効力は3年間。

 官報には、淡路市の組事務所所在地や、代表者である井上邦雄組長の氏名などが明記された。

 山口組は昨年8月に分裂し、離脱した団体が神戸山口組を旗揚げした。以降、双方の組員や構成員が絡む暴力沙汰のほか、組事務所への発砲やトラックの突入事件などが全国的に相次ぎ、警察庁は3月、「対立抗争」状態と認定した。

 警察当局は警戒を強めるとともに、神戸山口組の指定に向けた作業を急いでいた。8カ月足らずでの指定は極めて異例という。 

  

「2億円払え」と因縁 神戸山口組系侠友会傘下の組長ら逮捕/兵庫

 依頼した株取引がうまくいかないことに腹を立て、「2億円払え」などと因縁を付けて現金を脅し取ろうとしたとして神戸山口組系の組長の男ら3人が警視庁に逮捕された。

 兵庫県の神戸山口組侠友会傘下「前本組」組長・前本義人容疑者(53)と不動産会社会長の佐藤達男容疑者(70)ら3人は去年8月、コンサルティング会社の役員の男性(57)を横浜市の事務所に呼び出し、2億円を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、佐藤容疑者は一昨年、東京・練馬区のタクシー会社の株を1億5000万円で購入し、男性に株の転売を頼んだが、予定通りに転売が進まないことに腹を立て、金利やおわび分として5000万円を上乗せした2億円の取り立てを前本容疑者らに依頼したという。

 取り調べに対し、前本容疑者らは容疑を否認している。

  

住吉会系組幹部ら73人逮捕 覚せい剤売買容疑

 宮城県警や東北厚生局麻薬取締部の合同捜査本部は13日、組織的に覚醒剤を密売したなどとして、麻薬特例法違反や覚せい剤取締法違反の疑いで、指定暴力団住吉会系組幹部が取り仕切る密売グループのメンバーら5人と、宮城、福島両県の客の計73人を逮捕したと明らかにした。

 逮捕されたのは、組幹部武田彰容疑者(56)らメンバー4人と、グループに覚醒剤を売ったとされる会社役員菅野秀幸容疑者(43)、福島市の土木作業員ら客68人。

 合同捜査本部によると、武田容疑者は昨年10月30日に仙台市青葉区国分町のコンビニ周辺で、宮城県石巻市の男に覚醒剤0・5グラムを譲り渡したとして、麻薬特例法違反の罪で起訴されている。

 同グループは、少なくとも2014年2月ごろから仙台市周辺の駐車場などで密売し、数千万円を売り上げたとみられる。合同捜査本部は一連の事件で覚醒剤118グラムを押収した。

  

北海道で組会長宅に瓶、大阪で乱闘も…分裂抗争か

 12日午後11時50分ごろ、大阪府寝屋川市内にあるパチンコ店駐車場で50歳と26歳の男性2人が数人の男に暴行を受け、50歳の男性が重傷、26歳の男性が軽傷を負った。目撃者の話では、1人の男性を鉄パイプでバンバン殴っているのを見たといい、襲った男らは7~8人の暴力団員ふうで、2~3台の車に分乗して現場から走り去ったという。重傷の男性は、山口組の組員と名乗っていて、警察は対立抗争も視野に調べている。

 一方、北海道旭川市では、13日午前6時すぎ、神戸山口組池田組傘下「二代目孝昇会」の岩渕匠会長宅に空き瓶が投げ込まれているのが見つかった。2階の窓に一升瓶が投げ付けられたとみられ、網戸が破れていた。同じ場所では先月、車が突っ込み、山口組系の暴力団組員が逮捕されている。

  

神戸山口組 指定暴力団 15日に指定

 指定暴力団・山口組(総本部・神戸市灘区)から分裂した神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)が、15日に県公安委員会から暴力団対策法に基づく指定を受けることが決まった。同日付の官報に公示され、暴対法の規制対象になる。

 県公安委が今月7日に指定を決めていた。15日午前8時半に国立印刷局(東京都港区)の掲示板とインターネットで官報を公開し、組側にも通知を送る。

 警察当局は15日から、抗争時に事務所の使用を制限したり、組員の不当行為に中止命令を出したりできるようになる。

 両組織は全国で激しい抗争を続けており、全国の警察が警戒を強めている。今月11日には、神戸山口組の本部事務所に車が衝突する事件もあった。

 神戸山口組は昨年8月に結成。今年3月時点の組員は約2700人で、勢力は36都道府県に及ぶ。暴力団の新規指定は2008年2月の九州誠道会(現・浪川会)以来で、全国で計22団体となる。

  

神戸山口組系山健組傘下の事務所インターホン損壊/大阪

 12日午後11時25分ごろ、大阪市の神戸山口組山健組傘下「小林会」の事務所玄関にあるインターホンが壊されているのを、通報を受けた大阪府警浪速署員が発見した。府警は、指定暴力団山口組との分裂抗争の可能性もあるとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 同署によると、インターホン表面のカバーがへこみ、一部が割れていたという。発見当時、事務所は無人だった。10日夕には異常は確認されていなかったといい、同署は周囲の防犯カメラなどを捜査している。

  

知人に傷害容疑、43歳組員を逮捕/群馬

 高崎署は12日、傷害の疑いで前橋市西片貝町の指定暴力団稲川会系組員で、土木作業員の青柳寿容疑者(43)を逮捕した。

 調べによると、青柳容疑者は、昨年4月30日午後2時ごろ、高崎市内の公共施設の駐車場で、飲食店従業員の男性(66)に足蹴りをし、右足打撲の軽傷を負わせた疑い。

 男性は当時、建設関係の仕事にも携わっており、2人は仕事を介して知り合い、面識があったという。

 同署では仕事上のトラブルがあったとみて、詳しい動機などを調べている。

  

神戸山口組系山健組傘下の事務所に発砲か 上田/長野

 12日午前3時35分頃、長野県上田市中央、暴力団神戸山口組山健組傘下「二代目石澤組」組事務所付近で、警戒中の上田署員が「パン、パン」という破裂音を聞いた。確認したところ、2階の窓ガラスに複数の穴があいているのが見つかった。当時、事務所内には組員がいたが、けが人はいなかった。

 県警によると、事務所内にいた組関係者にけがはなかった。指定暴力団山口組との対立抗争による発砲事件の可能性があるとみて、銃刀法違反などの容疑で調べている。

 市教委は12日朝、市内の小中学校計35校に注意を呼び掛け、事務所近くの小学校1校は保護者付き添いで生徒を下校させることにした。同市では3月4日、山口組系の事務所に火炎瓶のようなものが投げ込まれる事件が起きている。

  

山口組系岸本組傘下組員ら男3人逮捕 神戸山口組系山健組傘下組事務所のダンプカー衝突事件

>>関連記事
 神戸市中央区にある神戸山口組山健組傘下「二代目志闘会」の事務所にダンプカーが突っ込んだ事件で、兵庫県警暴力団対策課などは建造物損壊容疑で、指定暴力団山口組岸本組傘下「二代目古庄組」組長、野元信孝(43)=大阪府藤井寺市=ら男3人を逮捕した。11日、同課が発表した。

 ほかに逮捕されたのは同組員、久田光平(26)=住所不定=と電気工事士、草竹卓也(27)=同府河内長野市。県警によると、野元容疑者は容疑を否認し、久田容疑者は「共謀はしていない」と一部否認、草竹容疑者は認めているという。

 逮捕容疑は3月19日未明、神戸市中央区の神戸山口組山健組傘下「二代目志闘会」の事務所にダンプカーを衝突させ、事務所の外壁やドアの一部を壊したとしている。

 県警によると、野元容疑者が久田容疑者らに犯行を指示。ダンプカーは、河内長野市内の建設会社から盗まれたレンタカーだった。久田容疑者らはダンプカーと乗用車に分乗して事務所に向かい、犯行後に乗用車で逃げたという。

 県警はダンプカーを盗んだとする窃盗容疑で久田、草竹の両容疑者を逮捕、処分保留で釈放していた。

  

神戸山口組本拠「侠友会」事務所に車突っ込む 淡路/兵庫

 11日午前5時55分ごろ、兵庫県淡路市志筑の暴力団神戸山口組系「侠友会」事務所の門扉付近に乗用車が突っ込んでいるのが見つかった。

 侠友会事務所は、指定暴力団山口組から分裂した神戸山口組の本拠地。兵庫県警は器物損壊容疑で、運転していた香川県に住む職業不詳の吉原弘志容疑者(52)を現行犯逮捕した。 

 県警は、山口組の分裂に伴うトラブルの可能性があるとみて捜査。 県警によると、吉原容疑者は「運転操作を誤った」と供述し、暴力団関係者ではないとの趣旨の説明をしている。当時事務所には数人の組員がいたが、けが人はなかった。乗用車は前向きで事務所に衝突したという。

 事件の約20分前、同県洲本市内のコンビニエンスストアで「神戸山口組の事務所はどこや」と尋ねた男がおり、店員が110番していた。同署が事件との関連を調べている。

 山口組は昨年8月に分裂。同組と離脱派の神戸山口組が絡む発砲事件などの事件が相次ぎ、警察庁は3月7日に「対立抗争」状態にあると認定していた。

  

神戸山口組“指定暴力団”決定後、初の定例会

 7日に指定暴力団への指定が決定して一夜明けた8日、神戸山口組で指定決定後初めての定例会が行われ、兵庫県淡路市の拠点には定例会に出席する幹部らが集まった。

 8日午前9時半ごろから直系組長らが事務所に入り始め、午後0時半ごろ、井上邦雄組長が到着。同1時過ぎごろに定例会は終了したとみられる。

 神戸山口組をめぐっては、昨年8月の分裂後、暴対法の規制の対象外だったため、不当要求への中止命令や組事務所の使用制限命令を出すなどの措置が取れなくなっていた。警察当局は、6月の指定を目指していたが、両組織の傘下組織が絡んだ発砲事件などが相次いだことや、5月に主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を控えていることなどから、指定作業を前倒しし、4月7日に指定を決めた。同月中旬にも官報に公示され、指定暴力団となる。

 警察によると、神戸山口組山口組から分裂した当初の13団体から23団体に拡大。構成員はおよそ2700人となり、山口組住吉会稲川会に並ぶ国内で主要な指定暴力団となる。山口組とは抗争状態にあり警察は警戒を続けている。

  

山口組系「豪友会」傘下組織の組長を逮捕、偽造印紙輸入の疑い 大阪府警

 偽造した収入印紙を中国から不正輸入したとして、大阪府警捜査2課は8日、印紙犯罪処罰法違反の疑いで、指定暴力団山口組の2次団体「豪友会」傘下組織の大塚仁士容疑者(58)=大阪市鶴見区横堤=を逮捕した。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は2月16日、偽造収入印紙200万円分を国際宅配便で、中国・上海から那覇空港まで密輸入したとしている。

 同課によると、偽造印紙は中国側で「文書」として申告。送り先は大阪市中央区のマンションで、受取人として大塚容疑者の氏名が書かれていた。那覇空港の税関職員が気づいた。

 捜査2課は8日、同容疑で「豪友会」事務所など関係先数カ所を家宅捜索した。

 大阪府内の複数のコンビニでは昨年9月、男が偽造印紙を店員に渡し、計約18万円をだまし取る事件が発生しており、府警は関連を調べる。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ