FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

空き家から手りゅう弾 住民70人避難、回収/宮城

 25日午前11時25分ごろ、仙台市青葉区国見ケ丘5丁目の2階建ての空き家内で、工事中のリフォーム会社社員が「拳銃のようなものを見つけた」と警察に通報した。駆け付けた警察官が空き家内から安全ピンが付いた手りゅう弾、拳銃、実弾を発見した。けが人はなかった。

 宮城県警機動隊の爆発物処理班が出動し、同日午後10時50分ごろ、手りゅう弾などを回収した。太平洋戦争時代の旧式ではなく、比較的新しいものである可能性が高いという。

 県警は手りゅう弾の回収に当たり、爆発の危険性があるとして同日夜、半径100メートルの約60世帯に避難を呼び掛け、近くの吉成中と集会場に一時、約70人が避難した。

 県警銃器薬物対策課などによると、空き家は仙台市内の不動産会社が所有し、リフォーム工事中だった。県警が銃刀法違反や火薬取締法違反などの疑いで調べている。

 現場近くに住む主婦(67)は「手りゅう弾と聞き、びっくりした。閑静な住宅街なので信じられない」と話した。夫と車で避難した50代の主婦は「10年以上、空き家で誰が住んでいたか分からない。暴力団関係者は住んでおらず、治安はいいはずなのに…」と疲れた様子で話した。

 現場は吉成中から南東に約500メートルの閑静な住宅街。

  

松本で暴力団抗争か 50人関与、2人襲う/長野

 25日午後3時50分ごろ、松本市島立の長野道松本インターチェンジ(IC)の出口付近で、暴力団関係者とみられるグループ同士のトラブルがあり二人が全身打撲などのけがを負った。トラブルに関わったのは少なくとも五十人程度とみられ、現場から逃走。同署などは傷害事件として捜査している。

 捜査関係者らによると、襲われた二人は、指定暴力団「山口組」から分裂後に結成された「神戸山口組」系の暴力団関係者とみられ、トラブルは山口組神戸山口組間の抗争とみられている。

 けがをした二人は、市内の病院で手当てを受けて退院したが、けがの程度は不明という。

 同IC付近には警察車両などが多数出動し、同署員らが警戒に当たった。

 同事件を受け、市は25日、市内のすべての市立小中学校48校に対し、26日朝の生徒の登校は、保護者付き添いにするよう通知し、市内の私立小中学校などにも情報を提供した。防犯関係情報を提供する「松本安心ネット」にも情報を出し、注意を呼び掛けている。

  

分裂した神戸山口組、6月に指定へ 警察当局、手続き本格化

 国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の資金獲得活動などを規制する暴力団対策法上の指定有効期限の6月22日を迎えるにあたり、警察当局は25日、昨年8月に山口組から分裂した神戸山口組を同月中旬に新規指定する方針を固めた。山口組も同月23日に9回目の指定を行う方針。今後、指定に向けた手続きを本格化させる。

 暴対法上の指定期間は3年で、山口組は平成4年の同法施行後の同年6月に初めて指定以降、これまでに8回指定されている。

 指定には基準日を設定して所属する人数や組織構成などの把握が必要だが、神戸山口組については、山口組との間で構成員の獲得合戦が激化するなど、正確な実態を把握するためには流動的要素が多かった。

 しかし、情勢は次第に落ち着き始め、国家公安委員会が神戸山口組の「主たる事務所」を兵庫・淡路島にある傘下団体「侠友会」の事務所と認定。暴力団の指定は本拠地がある都道府県公安委が行う規定となっており、国家公安委の本拠地認定を受け、兵庫県公安委が6月中旬に神戸山口組を指定する方針を固めた。

 山口組についても指定有効期限後の6月23日に9回目の指定を行う方針。警察当局は3月1日を基準日とし、所属する人数や組織構成などを認定する。

 また、警察庁は山口組住吉会(東京)、稲川会(同)を重要警戒対象の主要3団体としてきたが、新たに神戸山口組を加えた4団体を「主要団体」として情報収集を強化することも判明した。

 対立抗争事件は発生していないが、昨年10月に長野県内で神戸山口組に加入しようとした山口組幹部が射殺される事件などが発生。警察当局はこれら8事件を重点的に捜査し、摘発強化で分裂後の実態解明を進める。

  

発砲組員、犯行前マスコミに手紙 正木組など示す言葉や謝罪も

>>関連記事
 福井県敦賀市の暴力団正木組の事務所などに銃弾が撃ち込まれた事件で、銃刀法違反(発射)容疑で逮捕された指定暴力団山口組中西組の傘下組員山本敏行容疑者(38)が、担当弁護士に対し「犯行前に思いを手紙に書き、マスコミなどに郵送した」と話していることが25日、同弁護士への取材で分かった。福井新聞社には24日に、同容疑者名のある封書が届いた。

 本社に届いた封書には「山本敏行」と手書きの署名があり、事件発生日の23日の消印があった。B5判3枚の用紙が入っていた。「神戸山口と名乗る方々へ」(原文まま)と、山口組を離脱し「神戸山口組」に転じたとされる正木組などを指す言葉で始まっている。

 思いを行動に移すなどと犯行を予告するかのような記述や、各地で起きている小競り合いが理解できないとするような文言があり、離脱した側に山口組への復帰を呼び掛ける文章もみられる。

 自らの行動を「個人の浅はかで勝手な」ものとし、「世間をさわがせ申し訳ありません」と謝罪の言葉も書かれている。

 弁護士が25日までに接見したところ、同容疑者は動機について「手紙の内容が全てだ」と述べたという。「警察、週刊誌にも郵送した」と話しているというが、福井県警は手紙の有無を明らかにしていない。

 県警によると、同容疑者は動機のほか、拳銃の入手先や事件前の足取りに関しても依然、黙秘を続けているという。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事