FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組系組員ら、空き巣疑いで逮捕 被害2000万円超か

 福岡県警は25日までに、空き巣や自動車盗を繰り返したとして窃盗や器物損壊などの疑いで、兵庫県姫路市の指定暴力団山口組系組員山本徹容疑者(32)ら5人を逮捕した。

 福岡県警によると、山本容疑者のほか2人は山口組系組幹部で、5人が2014年5月~15年6月、福岡、兵庫両県で計37件、計約2100万円相当の窃盗などに関与し、暴力団の資金源にしていたとみて調べている。

 逮捕容疑は15年1~5月、北九州市小倉南区や福岡県中間市などの住宅7軒に侵入し、貴金属や乗用車など約1560万円相当を盗んだ疑い。また、15年4月に兵庫県加古川市のデパートで窓ガラス2枚を割った疑い。

  

「便所掃除から始めろ」組加入脅迫の弘道会系金田組組長ら6人逮捕/秋田

 指定暴力団山口組と分裂後に誕生した神戸山口組が勢力を争う中、山口組弘道会(名古屋市)傘下の組幹部らが一般人に組に入るよう脅したとして、秋田県警は25日、暴力行為等処罰法違反(集団的脅迫)の疑いで6人を逮捕した。

 逮捕されたのは、弘道会幹部で金田組(秋田市)会長の金田守一(61)、同組幹部の後藤浩二(47)、横山秋夫(50)、本多哲(41)、組員の佐々木竜治(51)、無職の大森勝春(42)の6容疑者。

 逮捕容疑は21日、秋田市山王の金田組事務所などで市内の30代の男性を取り囲み、「便所掃除から始めろ」「けんか(抗争)になったら行け」などと、組員になるよう脅迫したとしている。

 秋田は東北で唯一、山口組系と神戸山口組系の組織が併存しており、県警は金田組が勢力拡大を図っているとみて警戒を強める。

  

山口組分裂半年「マニュアル」で結束訴え

 国内最大の指定暴力団・山口組の分裂から27日で半年。離脱して結成された神戸山口組との小競り合いが全国で相次ぎ、一触即発の状態が続く。多彩な切り崩し工作を展開する神戸山口組に対し、山口組が「一致団結」を訴えて組員離脱を防ぐ「マニュアル」を作成するなど、双方が勢力の維持・拡大に躍起になっている。

 22日午後、神戸・三宮。繁華街の一角にあるビルを高級車やワゴン車など約20台が突然取り囲んだ。山口組の直系組織「岸本組」の事務所だ。ビル前の路上では山口組系と神戸山口組系双方の組員ら計数十人が約30分にわたってにらみ合い、防弾チョッキを着た警察官らが警戒に当たる騒ぎになった。

 山口組の総本部がある神戸市にはかつて、直系の4組織が本拠を置いていた。だが、その一つだった山健組を中核として神戸山口組が結成された結果、山口組に残っているのは岸本組だけになった。「神戸山口組が離脱を促しても岸本組が首を縦に振らず、しびれを切らした神戸側が威圧に集まったのだろう」。今回のにらみ合いを捜査関係者はこう分析する。

 警察庁のまとめでは、山口組系の構成員である組員は分裂前の約1万人から半年で4000人以上減った。捜査関係者によると、神戸山口組山口組の引退者名簿を入手し、幹部が電話などで復帰と合流を迫っているほか、個別の引き抜き工作も展開しているという。

 これに対し、山口組側は幹部が全国の傘下事務所に現金や大量の米を届け、引き締めを図っている。さらに、組織防衛のための「対策マニュアル」も作成した。「神戸山口組の切り崩し手法と実例」と題したA4判7ページの文書だ。文書では神戸山口組を「敵」と表現。幹部が食事に誘ってきたり、「知人らが心配している」と動揺させたりする勧誘方法を例示した。そのうえで、「相手の手口だと認識して強い意志を持つこと」が重要と強調。携帯電話から相手の番号を消す▽知らない番号の電話には出ない▽勧誘を受けたら幹部に報告する--などの対策を示しているという。

 捜査幹部は「今後も緊迫した状態が続くだろう。抗争の火種になる事件の検挙と、徹底した情報収集が重要だ」と話している。

  

山梨暴力団抗争終結か 山梨侠友会が稲川会に再加入

>>関連記事
 指定暴力団「稲川会」の2次団体「山梨一家」から分裂し、山梨県警に今月19日、解散届を提出した「山梨侠友会」のトップや構成員らが、稲川会に2次団体として再加入することが分かった。平成24年以降、数十件の発砲事件が発生し、負傷者も出た分裂抗争が終結することになる。

 捜査関係者によると、山梨侠友会のトップが24日に稲川会幹部と会談。稲川会の2次団体として再加入することが決まったという。山梨侠友会の構成員(関係者も含め約100人)の大半が合流するとみられる。

 県警組織犯罪対策課は、今回の再加入で県内暴力団の勢力自体が縮小していないことも重くみており、「実態の確認を続ける」としている。

 山梨侠友会は23年、稲川会2次団体「山梨一家」から分裂した。翌年ごろから、双方の組織で抗争が始まり、数十件の発砲事件が発生。銃撃で負傷者が出るなどしていた。

 県警は分裂以降、抗争拡大を防ぐため、体制を強化して警戒を続けていた。

  

神戸山口組、組員数が山口組の4倍に 兵庫県内で勢力逆転

>>関連記事
 指定暴力団山口組神戸山口組双方の本拠がある兵庫県内では昨年末時点で、神戸山口組の構成員・準構成員数が、山口組の約4倍だったことが25日、県警のまとめで分かった。全国的な情勢と逆転しており、県内に神戸山口組の有力団体が複数存在するためとみられる。

 県警によると、山口組の構成員らは2014年末から1220人減少して270人で、神戸山口組は1160人。県内には神戸山口組の主力団体「山健組」などがあり、山口組組員の大半が神戸山口組に流入したとされる。

 警察当局は神戸山口組の本拠を同県淡路市の有力団体「侠友会」事務所と認定。県警の担当者は「両組織の本拠地が県内に存在しながら、勢力は神戸山口組が優勢。山口組の巻き返しを警戒する必要がある」と話している。

  

「LINE使うな」「メール消せ」…広がる緊張、下部組織にも 分裂後、組員が激白

 神戸山口組系の50代組員が2月、取材に応じ、下部組織にまで緊張が広がっている現状を語った。組員が昨秋に6回目の服役を終えて刑務所から出所すると、暴力団情勢は様変わり。直前に山口組が分裂。自らが所属する組は神戸山口組の傘下組織になっていた。

 組員は「さまざまな情報が飛び交い、ぴりぴりした空気が漂っている」。上部組織からの重要な連絡事項は、メールや無料通信アプリLINE(ライン)を使用せず、幹部同士が口頭で伝達。逮捕された際の情報漏れを防ぐため、仲間からのメールは読んだらすぐに消去するよう指示された。

 現在も引き抜き合いが激しく繰り広げられている。幹部ポストを約束して誘われることもあるといい、「板挟みになっている組員は多い」。23日には福井県敦賀市の神戸山口組傘下の組事務所に銃弾が撃ち込まれた。組員は「上層部は抗争を禁止しているが、組員同士のけんかまでは抑えられない。そこから大きな抗争に発展する可能性はある」と語った。

  

二つの山口組、勢力判明1万4千人と6千人 警察庁まとめ

 指定暴力団「山口組」と、分裂後に誕生した「神戸山口組」の構成員・準構成員は昨年末時点で、それぞれ1万4100人と6100人だったことが25日、警察庁のまとめで分かった。昨年8月27日の分裂からほぼ半年。両組織の正確な勢力が明らかになった。

 抗争事件には発展していないが、双方の構成員による傷害事件などは発生している。山口組の勢力範囲は44都道府県、神戸山口組は36都道府県に及ぶ。今年2月22日時点の直系組長らの人数は山口組が56人、神戸山口組が22人。全国警察は昨年9月から双方の事務所延べ149カ所を捜索、幹部ら延べ198人を摘発。

 双方は水面下で切り崩し工作を続けている。神戸山口組は、過去に山口組から絶縁処分などを受けた元構成員らを復帰させるなどして勢力拡大を図り、山口組から構成員約280人が流入したとみられる。両組織を含む全国の暴力団構成員・準構成員は前年より6600人(12・3%)少ない4万6900人。

  

松葉会会館、茨城・守谷市が買い取り

◆土地と建物 守谷市に

 指定暴力団「松葉会」本部の関連施設「松葉会会館」が24日、守谷市大木の事務所から完全撤退し、土地と建物が市に明け渡された。地域住民らは県警や弁護士、行政、議会、県暴力追放推進センターなどの支援を受けながら、事務所前に無言でたたずむ抗議活動を展開。「子供や孫の世代に暴力団を残さない」という思いを結集し、暴力団排除を成し遂げた。

 24日午後0時50分、2012年9月頃の完成当時から事務所を実質的に管理していた松葉会2次団体の総長(60)が事務所で、登記上の所有者だったつくば市の建設会社社長(59)の代理人に玄関などの鍵を渡した。

 事務所は平屋造りで、敷地面積約2000平方メートル。松葉会側が実費を負担していた土地代や建設費など1億2000万円は、市が議会の議決を経て拠出し、社長を通じて24日、総長に渡った。登記上の所有権は15日付で市に移った。

 住民は13年12月、事務所の撤退を求めて6万9547人の署名を県議会に提出したが、14年12月に事務所の所有権を巡る裁判で、総長が「我々を追い出す行動もなく、住民に受け入れられている」と発言し、さらに危機感を強めた。

 15年2月からは約150人の暴力団幹部が集まる月例会の度に事務所前で「無言の抗議」を続けた。近くの男性(75)は「警察官が抗議活動の日付を書いたチラシを配ってくれた。のぼり旗や看板もどんどん増え、弁護士などが闘い方を教えてくれた」と振り返った。

続きを読む »

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事