FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

病院行ったら捕まるぞ…住吉会系組員、母親に口裏合わせ強要か/東京

>>関連記事
 東京都大田区のマンションで新井礼人ちゃん(3)が暴行を受け死亡した事件で、傷害容疑で逮捕された指定暴力団住吉会系組員、永富直也容疑者(20)が、礼人ちゃんのけがの理由について母親(22)に口裏合わせを強要していた疑いがあることが29日、警視庁大森署への取材で分かった。大森署は、永富容疑者が事件の発覚を免れようとしたとみて経緯を調べている。

 同署によると、母親は27日午前0時過ぎに119番。到着した救急隊に「礼人ちゃんは25日に公園の滑り台から落ちてけがをした」と話していた。母親はその後の同署の聴取に「永富容疑者にそう言えと指示された」と説明しているという。

  礼人ちゃんの母親(22)は組員の暴行について、大森署に「1時間半くらい、包丁を床に突き刺したり、(足を頭に振り下ろす)かかと落としをしたりしていた。“死ね”という発言もあった。興奮していて、止められなかった」と説明している。また「暴行の後、礼人ちゃんは38度近い熱を出し、吐いたり失禁したりしていたが、永富容疑者は『息をしているから大丈夫だ』と言っていた。病院に連れて行こうと言うと『一緒にいたんだからおまえも捕まるぞ』と言われた」という趣旨の話をしている。

 礼人君は救急隊到着時に心肺停止の状態で、病院搬送後に死亡が確認された。大森署は傷害致死容疑での立件を視野に、暴行と死亡の因果関係について調べている。

  

指定暴力団浪川睦会、「浪川会」に名称変更決定

 福岡県公安委員会は28日、指定暴力団浪川睦会(本部・福岡県大牟田市)について、「浪川会」に名称変更することを決定した。2月5日付の官報で公示する。

 県警によると、浪川睦会側の意向によるもので、組織体制などに変更はなく、山口組の分裂騒動との関連や道仁会との抗争再燃につながる恐れもないとしている。

  

営利目的で覚醒剤所持容疑 44歳男を逮捕 ネットカジノ店で密売か 大阪府警

 販売目的で覚醒剤を持っていたとして、大阪府警薬物対策課は28日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑で、大阪市天王寺区生玉町、無職、平田克己容疑者(44)を逮捕したと発表した。「自分で使うためだ」と営利目的を否認している。

 昨年8月ごろ、平田容疑者が同市中央区でインターネットカジノ店を経営し、覚醒剤や大麻の密売が行われているという情報があり、同課が捜査を開始。カジノ店は今月27日に家宅捜索した際は閉鎖されていたが、同課は平田容疑者が密売に関わり、暴力団などに金が渡っていた可能性があるとみて調べている。

 逮捕容疑は26日午後7時ごろ、自宅近くで覚醒剤約1グラム(末端価格約7万円)を営利目的で所持していたとしている。

  

兵庫県警:山口組直系団体「大原組」事務所を家宅捜索

>>関連記事
 指定暴力団「山口組」の最高幹部の男が、暴力団員であることを隠して車を購入したとして詐欺の疑いで逮捕された事件で、警察は28日、男が率いる暴力団の組事務所を家宅捜索した。

 捜索を受けたのは、大阪市生野区にある6代目「山口組」の直系団体「大原組」の組事務所。捜索は、山口組の最高幹部の一人で、「大原組」組長の大原宏延こと尹光熙容疑者(69)が、暴力団員であることを隠して新車を購入したとして27日、逮捕されたことを受け行われた。

 山口組の分裂から5か月が経ち、警察は引き続き、抗争への警戒を強めている。

  

「220万円払わなたい」 暴力団幹部ら3人を容疑で逮捕 福岡県警

 福岡県警は28日、住所不定、特定危険指定暴力団工藤会傘下組織幹部の男(46)ら3人を、恐喝および暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律違反(不当贈与要求行為)容疑で逮捕した。

 調べでは3人は共謀し、平成26年1月、自営業男性(38)に、暴力団の威力を示して「とりあえず、お前が払わなたい」「220万円やけ、ひと月20万円払ったら年内に終わる」などと金銭を要求し、同年2月ごろから計10数回にわたり、合計220万円を脅し取った疑い。

  

「山口組」傘下の催し妨害目的か 中央道、通行止め「神戸山口組」傘下組員逮捕/長野

 長野県南箕輪村の中央自動車道に車を停車させて車線をふさいだとして、県警は27日、「神戸山口組」系山健組傘下「竹内組」組員で、会社役員務台嗣生(つぐお)容疑者(51)=同村=ら4人を威力業務妨害の疑いで現行犯逮捕した。

 捜査関係者などによると、長野市内でこの日昼から、指定暴力団山口組弘道会傘下の団体による催しが予定されていた。務台容疑者らは、同県飯田市からこの催しに向かった山口組関係者の車の通行を邪魔しようとしたとみられている。

 県警の発表では、務台容疑者らは27日午前10時40分ごろから約20分、中央道上り線の走行車線と追い越し車線に車2台をそれぞれ停車。道路を管理する中日本高速道路の業務を妨害した疑いがある。伊那インターチェンジ(IC)―伊北ICの上り線が3時間40分、通行止めになったが、事故は発生しなかった。

  

組員に代わり車庫証明取得、大阪府公安委が業者に勧告

 暴力団組員が使用する中古車の車庫証明を自らの名義で取得したのは利益供与に当たるとして、大阪府公安委員会は27日、府内の自動車販売修理業者の60代男性に対し、府暴力団排除条例に基づき勧告したと発表した。

 府警捜査4課によると、男性は平成26年9月下旬ごろ、神戸山口組傘下組織の60代組員が中古車を約30万円で購入した際、車庫証明を自らの名義で取得した。男性は組員と数十年来の付き合いがあったという。

  

レンタル車庫に機関銃 札幌の暴力団幹部、所持容疑で逮捕/北海道

 札幌市豊平区水車町のレンタル車庫から昨年11月、機関銃やライフル銃など4丁が見つかり、道警が車庫を契約していた指定暴力団松葉会系組幹部の男を銃刀法違反(拳銃所持)容疑で逮捕、送検していたことが27日、捜査関係者などへの取材で分かった。道警は、暴力団が組織的に所持していた可能性もあるとみて調べている。

 逮捕されたのは同市中央区南23西15、、暴力団松葉会関根組増田組幹部、無職、藤田博美容疑者(52)=覚せい剤取締法違反(営利目的所持)罪で公判中=。関係者によると、藤田容疑者は調べに対し、「人から預かっていた」などと話しているという。

 捜査関係者によると、道警が昨年11月24日、車庫を家宅捜索した際、覚醒剤が見つかり、藤田容疑者を逮捕。その際、銃器や実弾も見つかり、押収した。

  

山口組系、初の1万人割れ 全国の暴力団員大きく減少

 昨年8月末に分裂した国内最大の指定暴力団山口組の組員数が今月下旬時点で約6千人となり、2014年末の1万300人から大きく減少したことが警察当局への取材でわかった。離脱派が結成した神戸山口組の約2800人を合わせても初めて1万人を割った。分裂を機に引退する組員が増えていると捜査関係者はみている。

 警察当局は、6月に山口組の指定暴力団への指定を更新する方針。神戸山口組も新たに指定する作業を進めており、双方の組員数を調べてきた。

 分裂後、引き抜き合戦は続いており、傘下組織が山口側と神戸側に割れるケースも少なくない。警察当局は直系組織などへの家宅捜索を続け、押収した名簿を分析するなどし、どの組員がどの団体に所属しているか、さらに精査している。

 警察庁が指定暴力団別に組員数の統計を取るようになったのは1992年。山口組の組員は同年の2万2200人が最多だった。08年以降は毎年1千人以上減っており、特に全都道府県で暴力団排除条例が施行された11年末から3年間は計4900人の減だった。

  

傷害容疑で山口組系一道会組員ら逮捕 火炎瓶事件の引き金か/福岡

>>関連記事
 指定暴力団山口組の2次団体「一道会」の事務所に9日、火炎瓶とみられるものが投げ込まれた事件に絡み、直前に「神戸山口組」の関係者にけがを負わせたとして、福岡県警は傷害の疑いで、いずれも山口組一道会組員の加峰昇容疑者(30)=同県粕屋町=と、木下俊明容疑者(24)=同県志免町=を逮捕した。容疑者2人は26日午前、県警に出頭した。

 襲われた20代男性は、山口組から昨年分裂した「神戸山口組」側に移ったとされる一道会組員と行動をともにしていたという。県警は分裂をめぐる一道会の内紛で男性が襲われ、その報復として火炎瓶とみられるものが投げ込まれたとみている。

 捜査関係者によると、2人の逮捕容疑は9日午前2時ごろ、福岡県朝倉市甘木の路上で男性をビール瓶で殴るなどし、頭などにけがを負わせたというもの。県警は他にも襲撃に関与した人物がいるとみて、関係者から事情を聴いている。

 この4時間後、福岡市中央区春吉2丁目にある一道会の本部事務所の敷地内に、火炎瓶とみられるもの数本が投げ込まれた。事務所にいた組員らが消火し、外壁がすすけた程度でけが人はいなかった。

 県警は神戸山口組側が傷害事件に報復した疑いもあるとみて現住建造物等放火未遂容疑で捜査している。

  

3歳男児死亡、傷害容疑で母親の交際相手の住吉会系組員逮捕/東京

 東京都大田区大森南3丁目のマンションで3歳男児が心肺停止状態で見つかり、死亡が確認された事件で、警視庁は27日、男児の母親の交際相手で住所不定、指定暴力団住吉会系組員の永富直也容疑者(20)を傷害容疑で逮捕し、発表した。「俺にガンをつけたから、頭にきてやってしまった。やることはやった、人生に悔いはない」と容疑を認めているという。

 大森署によると、永富容疑者は25日午後、この部屋に住む新井礼人(あやと)ちゃんに殴る蹴るなどの暴行を数回加え、頭蓋(ずがい)内出血などのけがをさせた疑いがある。27日朝の母親(22)の通報で救急隊が駆けつけたところ、礼人ちゃんの顔やお尻などに複数のあざがあり、左耳から出血していたという。礼人ちゃんの母親(22)は「止めに入ったが、自分も暴力を受けたので止められなかった」と話している。

 永富容疑者と母親は昨年夏に交流サイト(SNS)で知り合い、今月8日ごろから同居。母親は、同容疑者がこれまでも礼人ちゃんを平手打ちすることがあったと説明しているという。

 頭部への衝撃が死因になった可能性があるといい、署が暴行と死亡の関連について調べている。

  

山口組本部長を逮捕 「大原組」組長の身分隠し新車購入 詐欺容疑

 暴力団組員であることを隠して乗用車を購入したとして、兵庫県警は27日、指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の直系組織「大原組」(大阪市生野区)の組長、尹光煕(いん・こうき 通称・大原宏延)容疑者(69)=生野区田島2=と元妻(66)を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。大原容疑者は山口組のナンバー4にあたる本部長。

 同課によると、尹容疑者は、山口組で本部長を務める最高幹部の一人。「元妻に頼んで車を買ったが、(販売会社に)組長でないと誤信させたかは分からない」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は元妻(66)ら3人と共謀。平成26年8月20日、暴力団との取引を拒否している大阪市内の新車ディーラーで、組長であることを隠して乗用車1台の売買契約を締結し、車をだまし取ったとしている。

 車は尹容疑者が総本部への移動などに使っていたという。販売会社は契約書に暴力団との契約を拒否する条項を盛り込んでいた。

  

野球賭博、組員に有罪判決 静岡地裁浜松支部

>>関連記事
 プロ野球公式戦などを対象に野球賭博を行ったとして賭博開帳図利の罪に問われた浜松市中区高林、指定暴力団山口組系組員の無職の鈴木健太容疑者(35)の判決公判で、静岡地裁浜松支部は26日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 浜口紗織裁判官は判決理由で「違法性を十分認識していながら安易に賭博場を開帳した」と悪質性を指摘した。一方で「同居する女性の監督が見込まれ、被告が反省の態度を示している」などと執行猶予を付けた理由を述べた。

 判決によると、被告は昨年10月10日から11日までの間、プロ野球クライマックスシリーズについて客から計72口(賭け金計72万円)の賭博の申し込みを受け、賭博場を開帳した。

  

覚せい剤入りポリ袋26袋所持 工藤会系幹部を容疑で逮捕/福岡

 福岡県警八幡西署は26日、北九州市八幡西区の暴力団工藤会傘下組織幹部の男(30)を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑の現行犯で逮捕した。

 調べでは、男は同日、自宅近くの路上で、ポリ袋に入った覚せい剤26袋を不法に所持していた疑い。

  

詐欺容疑で住吉会系組長逮捕 宇都宮東署/栃木

 宇都宮東署は26日、詐欺の疑いで宇都宮市、指定暴力団住吉会系組長、無職の男(57)を逮捕した。

 逮捕容疑は2014年6月7日、東京都内の金融機関で、自身が暴力団組員であることを隠して口座の開設とキャッシュカードの交付を申し込み、キャッシュカード1枚をだまし取った疑い。

  

稲川会の「直参」幹部ら3人詐欺容疑で逮捕

 兵庫県警暴力団対策課と神戸西署は25日、詐欺の疑いで、指定暴力団稲川会碑文谷一家幹部、「熊谷組」組長の熊谷正敏容疑者(54)=東京都港区=ら男3人を逮捕した。熊谷容疑者は稲川会の「直参」と呼ばれる幹部。

 ほかに逮捕したのは、稲川会系組員臼杵芳和容疑者(36)=横浜市都筑区=と、建設会社役員池田正道容疑者(39)=神戸市西区玉津町新方。

 3人の逮捕容疑は、共謀し昨年6月27日、熊谷容疑者ら2人が暴力団員であることを隠して、暴力団の利用を拒否している大阪市のホテルに宿泊した疑い。臼杵容疑者は黙秘し、熊谷容疑者らは認否を留保している。

 県警によると、池田容疑者は昨年10月以降、別の事件で2回逮捕され、強要や器物損壊などの罪で起訴されている。

  

歯科医なのにがん治療…3人逮捕 江東区/東京

 医師免許がないのに「がん遺伝子治療」と称して点滴注射の医療行為をしていたとして、警視庁生活環境課などは25日、医師法違反容疑で医療法人「秀真会」理事長玉置秀司(58)=東京都府中市宮町=、NPO法人「先端医療支援機構」の理事で、指定暴力団山口組系組幹部、玉置公人(42)=港区芝=、看護師赤坂修子(42)=大田区東六郷=各容疑者を逮捕した。
 
 生活環境課によると、末期がん患者をネット広告で集め、2013年から半年にわたり、宮城県などに住む末期がん患者ら6人に他の病院では治療が難しいとされた末期がんの患者に対し、遺伝子治療と称して未承認の「AJS2010」という薬品を投与した。国内では治験も行われていない薬で、効果や副作用は不明。
 治療を受けた患者の一部には、悪寒やじんましんなどの健康被害が出ているという。広告には最先端がん遺伝子治療と記され、患者への説明資料には、「守りたい。あなたと家族の大切な時を」などと書かれている。

 玉置秀司容疑者は東京都江東区で「東京有明メディカルクリニック」=閉鎖=を経営。歯科医師免許は持っているが、医師の資格はなかった。玉置公人容疑者は暴力団の幹部で、2人に血縁関係はない。 

 警視庁は、玉置容疑者らが治療費として半年間で少なくとも16人から2500万円を受け取っていたとみて調べている。また、クリニックの管理者が実在の医師名義になっていて、警視庁は、名義借りの疑いがあるとみて調べている。

 クリニックの経営者・玉置秀司容疑者は、歯科医師の免許しか持っていなかったが、「がんの遺伝子治療は、口腔(こうくう)がんの治療と予防で、歯科医師法の免許の範囲内だと認識している」などと、容疑を否認している。
 また、一緒に逮捕された山口組系組幹部・玉置公人容疑者は、「わたしが医療行為を行ったことはありません」と、容疑を否認している。

  

山口組系組員への暴行容疑 山健組系組長逮捕、否認

>>関連記事
 指定暴力団山口組系組員の男に暴行したとして、宮城県警暴力団対策課などは24日、暴力行為法違反の疑いで、「神戸山口組」の中核組織・山健組系「二代目石澤組」組長、無職川中健史こと菊池健一容疑者(45)=長野市中御所町4丁目=を逮捕した。県警によると、山口組分裂に伴う逮捕者は県内で5人目。

 逮捕容疑は同容疑で逮捕された山健組系組員ら男4人と共謀し、昨年11月6日午後9時ごろ、仙台市青葉区一番町4丁目の定禅寺通で山口組系組員の無職の男(37)を暴行した疑い。菊池容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 仙台市の国分町周辺で昨年11月9日夜、山口組山健組双方の系列組員40~50人が全国から集まりにらみ合いになった。同6日の暴行事件が原因とみられる。

  

山口組分裂に続き稲川会でも激震 有力幹部2人「破門」

 いよいよヤクザ社会の地殻変動が始まったのか。分裂に揺れる国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)に続き、関東の有力組織、指定暴力団稲川会(同・港区六本木)でも激震が走った。組織傘下の有力幹部2人が処分されたとの情報が流れ、その背景をめぐってさまざまな憶測がささやかれているのだ。「盃外交」がもたらす波紋に、噂される大規模再編の動き。

 「週明けに、処分があるようです。神戸山口組幹部との会食が原因とされています」

 業界関係者の間で広まっていた不穏な噂は、1月12日に現実のものとなった。

 稲川会組織委員長で紘城一家戸上光雄総長と、同会直参で箱屋一家中村豪総長が、同会から破門されたのである。処分された2人は組織内で人望もあるため、関東だけではなく全国のヤクザ社会には衝撃的であったことだろう。

続きを読む »

偽装離婚で274万円詐取夫婦を容疑で逮捕 小倉南署/福岡

 福岡県警小倉南署は22日、自称北九州市戸畑区の暴力団工藤会傘下幹部男(41)と、その妻(40)を詐欺容疑で逮捕した。

 調べでは、2人は共謀して、離婚を偽装し、受給資格がない扶養手当をだまし取ろうと計画。うその請求書を小倉南区役所に提出し、平成23年から27年にかけ、14回にわたり、合計274万1260円の扶養手当をだまし取った疑い。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事