FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

年間数千万円を上納か 京都府警、露天商6人を新たに逮捕/京都

>>関連記事
 露天商が暴力団との関係を偽り、祭りなどで出店したとされる事件で、京都府警組対2課と南署などは29日までに、詐欺の疑いで、京都市伏見区の「京滋露店組合」に所属する39~75歳の露天商の男6人を新たに逮捕した。

 府警が逮捕した計7人の露天商のうち5人は、高橋久夫容疑者(54)=同容疑で逮捕=が会長を務める指定暴力団山口組系二次団体「雄成会」(旧地蔵組)の元組員だった。同会へ渡った組合の売上金は年間数千万円に上るとみられ、府警は裏付け捜査を進めている。

 府警によると、高橋容疑者は黙秘し、同組合の取りまとめ役だった渡邊昌浩容疑者(48)=同容疑で逮捕=は容疑を認めている。新たに逮捕された6人のうち2人は「暴力団との関係は断っている」「上納されていることは知らなかった」などと容疑を否認しているという。

続きを読む »

拳銃譲渡容疑、組員を逮捕 三島の発砲事件/静岡

>>関連記事
 昨年9月に三島市の路上で産業廃棄物処理会社社員の男性の乗用車が2人組バイクから銃撃された事件で、三島署と県警捜査4課は28日、事件に使われた拳銃と実弾を2被告=殺人未遂罪などで起訴=に譲り渡したとして、指定暴力団山口組弘道会系組員の無職の男(50)=埼玉県川口市=を銃刀法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2被告に拳銃と実弾を譲り渡したとして公判中の被告の男(53)=川口市=と共謀し、昨年9月27日ごろ、同市内で拳銃1丁と実弾数発を数十万円で譲り渡した疑い。同署などは拳銃の入手ルートを追及するとともに、まだ見つかっていない拳銃の発見を急ぐ。

暴力団無関係装い露店 京都府警、詐欺容疑2人逮捕

 暴力団とは関係がないと虚偽の申請をして露天商を営んだとして、京都府警組対2課と南署などが、詐欺の疑いで、京都市伏見区の「京滋露店組合」組合員渡邊昌浩容疑者(48)=滋賀県彦根市=と、指定暴力団山口組系「雄成会」(旧地蔵組)会長高橋久夫容疑者(54)=京都市左京区=を逮捕したことが28日、捜査関係者への取材で分かった。府警は露天商が縁日などで得た売上金が暴力団の資金源になっていた可能性が高いとみて実態解明を進める。

 捜査関係者によると、渡邊容疑者は元組員で、同組合員の露天商から集めた売上金を毎月、高橋容疑者に渡していたという。高橋容疑者は「直参」と呼ばれる府内唯一の山口組直系組長。

 捜査関係者によると、2人は共謀し、昨年8月、暴力団関係者の出店を禁止している長岡天満宮(長岡京市)の夏祭りと、南丹市花火大会で、暴力団との関係を偽り、暴力団への利益供与はしないなどとする出店申請書を各主催者に提出し、露天商を営んだ疑いがもたれている。

 捜査関係者の説明では、同組合は伏見区内の事務所で月末になると寄り合いを開き、組合員から会費名目で縁日などでの売り上げの一部などを徴収。その後、渡邊容疑者が高橋容疑者と市内の商店駐車場などで会い、現金を手渡していたとみられる。雄成会に渡った金は多い月で数百万円に上ることもあったという。

工藤会系幹部ら8人逮捕=出資法違反容疑-福岡県警

 顧客から法定を大幅に上回る利息を受け取ったとして、福岡県警は28日、出資法違反容疑で、特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)傘下組織幹部の江田龍彦容疑者(39)=福岡市西区野方=ら8人を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 県警によると、江田容疑者らは電話で勧誘し全国の約4000人に約3億円を貸し付け、1億数千万円の利益を得ていたとみられる。県警は、工藤会の資金源の一部とみて金の流れなどを調べる。

2重扉に監視カメラ… 渋谷「違法パチスロ店」摘発/東京

 東京・渋谷区で、違法なパチスロ機を設置して客に賭博をさせたとして、店長の24歳の男が逮捕された。

 渋谷区道玄坂のパチスロ賭博店「セブンリーグ」の店長・木下和樹容疑者は、雑居ビルの一室に違法なパチスロ機32台を設置し、客に賭博をさせた疑いが持たれている。店にいた客4人も現行犯逮捕された。

 警視庁によると、店は24時間営業で、2重扉に監視カメラを付けて会員の客だけを入店させ、摘発を逃れていたという。

 木下容疑者は「換金する約束で賭博をさせていた。金もうけのためにやった」などと容疑を認めている。警視庁は、暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて、実態の解明を進めている。

「週刊文春」1ページ目に謝罪広告命じる 元女優への名誉毀損で東京地裁

 2013年の参院選で自民党が比例区で公認した元女優の田島みわ氏(51)が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋に1650万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。倉地真寿美裁判長は、同社に440万円の支払いと、謝罪広告を同誌の広告やグラビアを除いた表紙から最初のページに1回、ウェブ版のトップページに1年間、それぞれ掲載するよう命じた。

 問題となったのは、13年5月16日号などの記事で、「田島氏は暴力団元組長の愛人だった」とするもの。この報道を受け、田島氏は立候補を辞退した。

 判決は、記事の根拠となった田島氏の知人などの話は「信用できない」と判断。「名誉毀損(きそん)は著しく、政治活動の妨げになっている」とした。

 判決を受け、田島氏は「裁判所の判断は、週刊誌による名誉毀損被害を受けている人に勇気を与えてくれるものだ」、文芸春秋は「不当判決で、即日控訴した」とのコメントをそれぞれ出した。

長崎死体遺棄主犯格“凶悪DV男”の前科と危うさ

 悪魔のような“凶悪DV男”が逮捕された。  長崎市内の公園で毛布にくるまった女性の遺体が見つかった事件で福岡県警は25日、自称自営業の二場勇次(49)と会社員・大鳥豊樹(30)の両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。  遺体は福岡県在住の中村由美さん(41)で、遺体には頭部などに暴行を受けた傷があり、一部は腐敗していた。

 中村さんは24日朝、変わり果てた姿で発見され、その後、大鳥容疑者が県警博多署に出頭。供述から二場容疑者の関与が浮上し、同日夜に福岡市内で身柄を確保された。

 取り調べに大鳥容疑者は「自分の車に乗って2人で遺体を長崎まで運んだ」と容疑を認める一方、二場容疑者は否認している。

続きを読む »

工藤会系組幹部ら2人を脅迫で逮捕/福岡

 福岡県警は27日、警察の捜査に協力しないよう知人男性を脅したとして脅迫の疑いなどで、特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部、守永竜二容疑者(45)=北九州市小倉北区足立=と組員、宮本光陽容疑者(35)=北九州市小倉北区熊本=を逮捕した。

 県警は、今年1月に建造物等以外放火の疑いで同じ組の組員が逮捕された事件の捜査に男性が協力していると考えていたとみて調べている。

 逮捕容疑は、今年2月3日、北九州市を走行中の車内で男性(37)に対し「家族がおるやろうが。警察から何も(言われて)ないんか」などと言って脅した疑い。

49歳女性襲撃事件で、工藤会系事務所など30数カ所捜索/福岡

 北九州市八幡西区の駐車場で昨年7月、女性会社員(49)が刺され軽傷を負った事件で、福岡県警は27日、傷害の疑いで北九州市八幡西区にある特定危険指定暴力団工藤会系組事務所など三十数カ所を家宅捜索した。

 県警は工藤会による組織的犯行とみており、昨年8月にも本部事務所など4カ所を捜索。事件に関連する証拠品を傘下事務所に持ち込んだ疑いもあるとみて調べる。

 捜査関係者によると、女性会社員は、平成25年12月に銃撃され殺害された市漁業協同組合長、上野忠義さん=当時(70)=の親族が経営していた会社に以前勤務していたとの情報があり、県警は暴力団員の関与も視野に捜査していた。

 捜索容疑は、昨年7月25日午後10時すぎ、同市八幡西区折尾3丁目の駐車場で、近くに住む女性会社員の腰と肩を刃物で刺してけがを負わせた疑い。

拳銃と覚醒剤を車に隠し持つ…42歳元暴力団組員を逮捕

 拳銃1丁と覚醒剤77・9グラムなどを自分の車に隠し持っていたとして、滋賀県警組織犯罪対策課と草津署は26日、銃刀法違反(加重所持)と覚せい剤取締法違反(営利目的所持)などの疑いで、大阪府東大阪市楠根の自動車部品販売業、金山正生容疑者(42)を逮捕した。容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は、今年2月23日、草津市内の駐車場に止めていた自分の乗用車内に、小型の回転式拳銃1丁と実弾15発、覚醒剤77・9グラム(末端価格545万円)、大麻4・6グラム(同3万6800円)を隠し持っていたとしている。

 県警によると、昨年は拳銃を2丁押収したが、所持に伴う摘発は平成24年10月以来。

 県警は昨年11月7日、京都市山科区で乗用車を盗んだとして、窃盗容疑で金山容疑者を逮捕。金山容疑者が所有する乗用車を調べた際、後部座席に手提げ袋が2つ置かれ、1つに拳銃と実弾、もう1つに覚醒剤と大麻が入っていた。拳銃と実弾はキッチンペーパーで包まれ、覚醒剤と大麻は、ポリ袋に5袋と1袋に小分けされていた。

 同課によると、金山容疑者は元暴力団組員。拳銃は米国製で22口径、全長10センチ。覚醒剤を大量に所持していたことや、聞き込み捜査などの結果、覚醒剤や大麻は販売目的で所持していたと判断した。調べに対し、「知人に頼まれて持っていた。営利目的ではない」と供述している。

バカラ賭博容疑で6人逮捕 住吉会系組長ら、警視庁/東京

 警視庁組織犯罪対策4課は、客にバカラ賭博をさせたとして、賭博開帳図利などの疑いで、カジノ店の経営者で無職、木村啓作(46)=千葉県船橋市本町、指定暴力団住吉会系組長、関三津夫(60)=東京都葛飾区立石=の両容疑者ら、男6人を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年11月~今年4月、東京・錦糸町の雑居ビルでバカラ賭博を開き、手数料名目で客から金を受け取ったほか、店に客を紹介するなどした疑い。

 同課によると、店は今年2月から3カ月間で約1億円を売り上げていた。同課は4月に店を摘発した際、賭博容疑で客7人を現行犯逮捕していた。

工藤会理事長代行に実刑=ビル脅し取り未遂事件-福岡地裁

>>関連記事
 暴力団事務所として使用しているビルを脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂罪などに問われた特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)理事長代行の木村博被告(62)の判決が26日、福岡地裁であり、岡部豪裁判長は懲役3年(求刑懲役4年)の実刑を言い渡した。

 岡部裁判長は「暴力団特有の身勝手で反社会的な犯行。これまでにも同種の犯行で繰り返し刑を受けている」と非難した。

代理処罰の日系人、殺害認める=葛飾夫婦殺傷事件-ブラジル

>>関連記事
 東京都葛飾区で2001年6月、無職川上芳考さん=当時(33)=が射殺され、妻が重傷を負った事件で、日本政府の代理処罰要請に基づきブラジルで殺人罪などに問われた日系ブラジル人マルセロ・フクダ被告(35)は25日、サンパウロ州裁判所での公判で「残酷なことをした。後悔している」と述べ、起訴内容を認めた。

 フクダ被告は、犯行に使った車や拳銃の提供を受け、川上さん殺害の実行役を務めたと供述した。報酬も受け取っており「川上さんと面識はなかった。金のためにやった」と語った。

 フクダ被告は犯行の2週間後にブラジルへ帰国したが、国際指名手配され、11年10月に逮捕された。事件をめぐっては、主犯格の川上さんの双子の弟や、共謀した暴力団組員らの有罪判決が確定している。

わいせつDVD販売容疑…暴力団員男性を逮捕 11年から8億円稼ぐ/東京

 警視庁保安課は26日までに、わいせつ電磁的記録媒体頒布などの疑いで、東京都杉並区桃井、指定暴力団住吉会四軒寺一家傘下組織の組員、斎藤篤史容疑者(43)ら10人を逮捕し、わいせつDVD約18万枚を押収した。斎藤容疑者は「一切知らない」と否認している。

 警視庁によると、斎藤容疑者らは東京・歌舞伎町で、わいせつDVD販売店を2店舗経営。歌舞伎町で一番の繁盛店として知られ、2011年から約8億円を稼いでいたとみられる。

 逮捕容疑は16日、新宿区歌舞伎町1丁目のビル2階店舗で、客にわいせつDVD30枚を1万円で販売するなどした疑い。

岡山の発砲で手配の男逮捕 かくまった容疑の男も/岡山

>>関連記事
 岡山県玉野市で23日未明、暴力団組員2人が拳銃で腹部を撃たれ重傷を負った事件で、県警は26日、殺人未遂などの疑いで指名手配していた玉野市西田井地、無職、森西俊弘容疑者(69)を山口県下松市内で発見、逮捕し、森西容疑者をかくまったとして犯人蔵匿の疑いで、玉野市宇野、自営業、木村憲一郎容疑者(41)を逮捕した。

 森西容疑者の逮捕容疑は、23日午前0時すぎ、知人で無職の渡辺正直容疑者(61)=殺人未遂などの疑いで23日に逮捕=と共謀し、玉野市築港の雑居ビルの踊り場で、指定暴力団山口組傘下の組員2人に、拳銃で数発発砲し、殺害しようとしたとしている。

 県警によると、森西容疑者が下松市内の木村容疑者の知人宅にいることが判明。知人宅を調べたが、拳銃は見つかっていない。森西容疑者は「男2人を撃ったことは間違いないが、殺そうと思ったわけではない」と一部否認。渡辺容疑者は「撃ったのは森西容疑者で、共謀していない」と否認している。

 県警は撃たれた組員2人とトラブルになった原因や、容疑者3人の関係を調べる。

廃材の不法投棄で暴力団組員ら4人を逮捕/大分

 2014年3月臼杵市の山中に解体工事で出た廃棄物を不法投棄したとしてて廃棄物処理法違反の疑いで暴力団組員の男ら4人が逮捕された。

 逮捕されたのは佐伯市の山口組系暴力団組員山田大成容疑者と兄の成光容疑者ら4人。

 4人は2014年3月14日から16日にかけて臼杵市内の住宅の解体工事で出た木やコンクリートのくずなど、およそ1.7トンを複数回にわたり市内前田の山中に捨てた疑いが持たれている。

 山の所有者からの通報で事件が発覚。警察は23日午後、佐伯市の暴力団事務所を家宅捜索し容疑の裏付けを進めている。警察は暴力団組織の関与や4人の役割を調べるとともに、他に共犯者がいないか追及する方針。

暴力団トラブル? 拳銃発射容疑で男4人逮捕/埼玉

>>関連記事
 埼玉県警は24日までに、さいたま市内で平成25年に拳銃を発射したとして、銃刀法違反(発射、不法所持)などの疑いで、韓国籍の無職、金重演容疑者(57)=同県川口市西川口=と、指定暴力団山口組系組員、村木浩司容疑者(50)=同市鳩ケ谷本町=ら男4人を逮捕した。

 県警捜査4課によると、金容疑者は村木容疑者ら山口組系組員と密接な関係があった。暴力団同士のトラブルが背景にあったとみて、経緯を調べている。

 逮捕容疑は、25年10月6日午前8時ごろ、さいたま市岩槻区本宿で、指定暴力団極東会系組事務所と隣接する男性(69)宅の外壁に向けて拳銃を発射するなどしたとしている。

工藤会トップ宅を捜索 歯科医襲撃で福岡県警

>>関連記事
 北九州市小倉北区で昨年5月、男性歯科医(30)が襲撃された事件で、福岡県警は24日、組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)容疑で再逮捕した特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)のトップ、野村悟容疑者(68)=殺人などの罪で起訴=の自宅などを家宅捜索した。

 県警は事件に関与したとして22日、野村容疑者ら4人を再逮捕。野村容疑者が配下の組幹部らに襲撃を指示したとみて裏付けを進めている。

 再逮捕容疑は組幹部らと共謀し、昨年5月26日午前8時半ごろ、小倉北区の駐車場で歯科医の腹などを刃物で突き刺し、工藤会の活動として組織的に殺害しようとしたとしている。

殺人未遂容疑で60代男逮捕=組員2人銃撃事件-岡山県警

>>関連記事
 岡山県玉野市築港の雑居ビルで指定暴力団山口組系の組員ら2人が銃撃され重傷を負った事件で、県警玉野署は23日、殺人未遂容疑などで、自称無職渡辺正直容疑者(61)=同市宇野=を逮捕、職業不詳森西俊弘容疑者(69)=同市西田井地=を指名手配した。県警は渡辺容疑者の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は23日午前0時すぎ、玉野市の雑居ビルの階段踊り場で、倉敷市の指定暴力団六代目山口組三代目熊本組の男性組員(34)と同市の熊本組傘下の二代目藤健興業の男性組員(40)の男性2人に拳銃を発砲し、殺害しようとした疑い。

捜査関係者によると、渡辺容疑者は撃たれた2人が所属する山口組傘下の三代目熊本組系の元幹部。

 県警組織犯罪対策2課によると、両容疑者は店内で組員らと口論になり、店を出た後に発砲したとみられる。撃たれた2人は命に別条はない。

暴力団組員2人撃たれる/岡山

 23日午前0時20分ごろ、玉野市築港のスナック関係者の女性から「けが人がいるので来てください」と119番があった。

 県警組対2課と玉野署によると、スナックが入る雑居ビルの踊り場で、倉敷市の指定暴力団六代目山口組三代目熊本組の男性組員(34)と同市の熊本組傘下の二代目藤健興業の男性組員(40)が、いずれも腹部を拳銃で撃たれて県内の病院に搬送された。

 同課などによると、2人はスナックの店内で複数の男たちと口論になって店外に出たという。現場には拳銃の弾が落ちていたことから、男たちが何らかの事情を知っているとして、殺人未遂事件として捜査をしている。

中洲で“パチスロ賭博”10人逮捕/福岡

 福岡市の中洲で賭博をしていたとして、警察は、従業員と客の男あわせて10人を逮捕した。店には、キャンブル性の高いスロット機が設置されていた。

 常習賭博の疑いで現行犯逮捕されたのは、博多区中洲の賭博店「ZERO」の従業員・江越耕宏容疑者(43)ら5人。また、客の男5人も、単純賭博の疑いで現行犯逮捕された。

 江越容疑者らは22日午前4時前、店内で、スロット機やパソコンを使って賭博をしていた疑いが持たれている。警察は、スロット機34台を押収しました。

 逮捕された10人の認否は明らかにされていない。警察は、店の売り上げが暴力団の資金源になっていた疑いもあるとみて捜査している。

トラブル解決に月3万円 山口組系組員に用心棒代 飲食店に勧告/大阪

 指定暴力団山口組系組員に月3万円の用心棒代を4年間支払ったとして、大阪府公安委員会は21日、府暴力団排除条例に基づき、府内の飲食店オーナーの50代男性に利益供与をやめるよう勧告した。組員にも、利益供与を要求する行為をやめるよう勧告した。

 府警捜査4課によると、男性は平成23年4月から今年3月にかけて、店のトラブル防止や解決のため、40代の組員に毎月3万円、計144万円を支払った。男性は「10年以上前から付き合いがあり、用心棒代を渡していた」と話しているという。

工藤会:トップら4人再逮捕 歯科医襲撃の疑い 福岡県警

 昨年5月に北九州市小倉北区で歯科医師の男性(30)が刺され重傷を負った事件で、福岡県警特別捜査本部は22日、特定危険指定暴力団「工藤会」(本部・小倉北区)トップで総裁の野村悟(68)、ナンバー2で会長の田上不美夫(58)の両被告=殺人罪などで起訴=ら4人を組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)容疑で再逮捕した。歯科医師の親族は歴代、地元港湾工事への暴力団の介入を拒んでおり、特捜本部は組織的な犯行とみて追及する。

 昨年9月に始まった工藤会に対する一斉捜査でトップの逮捕は、北九州市の元漁業協同組合長射殺事件(1998年)、福岡市の看護師刺傷事件(2013年)に続き3回目。

 この日、他に逮捕されたのは、ナンバー3で理事長の菊地敬吾(42)、理事長補佐の瓜田太(52)の両被告=看護師刺傷事件で起訴。逮捕容疑は昨年5月26日午前8時半ごろ、工藤会の活動として、小倉北区真鶴(まなづる)の駐車場で、車を降りた歯科医師の脇腹などを刃物で刺し、殺害しようとしたとしている。歯科医師は3カ月の重傷。特捜本部は4容疑者の認否を明らかにしていない。

続きを読む »

ダリの絵を脅し取った疑い 大阪地裁で審理中の元山口組最高幹部を逮捕

>>関連記事
 警視庁町田署は21日、知人から高価な絵画を脅し取ったとして、恐喝容疑で、指定暴力団山口組の元最高幹部、元芳菱会(滝沢孝の引退により解散。後継組織は國領屋一家)総長、滝沢孝容疑者(77)=浜松市中区=を逮捕した。滝沢容疑者は警護役の組員に拳銃を持たせたとして銃刀法違反(共同所持)の罪に問われ、大阪地裁で差し戻し審理中。

 町田署によると、絵画はシュールレアリスムを代表するスペインの画家サルバドル・ダリの作品という。

 逮捕容疑は平成23年1月中旬、氏名不詳の男と共謀し、東京都千代田区平河町の路上に止めた乗用車内で、会社役員の男性(78)が車内に保管していた絵画を脅し取ったとしている。容疑を否認している。

 滝沢容疑者と男性は約30年前に知り合い、仕事上の付き合いがあったという。男性が今年4月中旬に被害届を出した。

 滝沢容疑者は、警護役の組員に拳銃を持たせたとして銃刀法違反(共同所持)の罪に問われており、この裁判の審理は大阪地裁に差し戻されている。

チャイニーズドラゴンと暴力団乱闘 7人逮捕/東京

 東京都北区の繁華街で乱闘をしたとして、警視庁組織犯罪対策2課などは、傷害などの疑いで、中国籍の李明岩容疑者(36)=東京都豊島区上池袋=ら準暴力団「チャイニーズドラゴン」のメンバー4人と、指定暴力団山口組系組員、杉山清一容疑者(46)=埼玉県三郷市彦成=ら3人を逮捕した。ほかに双方のグループの計3人が逃げており、同課が行方を追っている。

 同課の調べに対して、全員が「殴っていない」「覚えていない」などと否認しているという。

 李容疑者らの逮捕容疑は昨年7月29日深夜、北区赤羽南の路上で、杉山容疑者らに重さ8キロの木の板で殴るなどの暴行を加えたとしている。杉山容疑者は頭蓋骨骨折など6カ月の重傷を負った。杉山容疑者らの逮捕容疑は、李容疑者らに体当たりをするなどの暴行を加えたとしている。

続きを読む »

休業補償金めぐり詐欺の疑い、暴力団幹部ら2人逮捕/東京

 保険会社にうそをつき、休業補償金の名目で現金およそ160万円をだまし取ったとして、暴力団幹部の男らが警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは、住吉会系暴力団幹部の天野達夫容疑者(52)ら2人。

 天野容疑者は2011年5月、東京・青梅市で交通事故に遭ったことを利用して、逮捕された会社役員の男と共謀し、事故によるけがで会社を4か月間休んだとの、うその証明書を保険会社に送り、休業補償金の名目でおよそ160万円をだまし取った疑いが持たれている。

 取り調べに対し天野容疑者は、容疑を否認しているが、警視庁は、同様の手口で他にもおよそ100万円をだまし取っていたとみて詳しく調べている。

川口連れ去り 傷害致死の被告に懲役4年6月/さいたま地裁

>>関連記事
 川口市西川口の路上で男性が連れ去られて暴行を受け死亡し、川越市鴨田の埼玉医科大学総合医療センターに遺棄された事件で、傷害致死の罪に問われた東京都新宿区西新宿、無職千葉哲也被告(27)の裁判員裁判の判決公判が19日、さいたま地裁で開かれ、河本雅也裁判長は懲役4年6月(求刑・懲役6年)を言い渡した。

 河本裁判長は判決理由で、暴力団組織が反社会的組織を維持するために暴行を加えた点について、「酌むべき事情はない」と指摘。被告が従属的な立場であったとしながら、「自らの意思で犯行に参加し、実行行為の一端を担った」と述べた。

 判決によると、千葉被告は昨年7月2日、ふじみ野市の住宅で、指定暴力団住吉会系組員とともに、外崎郁人さん=当時(43)=に殴る蹴るの暴行を加え、外傷性ショックで死亡させた。

ASKAに覚せい剤譲渡した暴力団幹部に懲役と罰金

>>関連記事
 覚せい剤使用などで執行猶予付きの有罪判決のASKA(57)に合成麻薬MDMAと覚せい剤を譲渡したとして、麻薬取締法違反(営利目的譲渡)の罪などに問われた指定暴力団住吉会幸平一家傘下「二代目大昇会」幹部、安成貴彦被告(47)の判決公判が19日、東京地裁で開かれ、懲役6年と罰金200万円、追徴金約152万円(求刑8年と罰金など同額)を言い渡された。

 江見健一裁判長は判決理由について、「1カ月半の間に、覚せい剤3グラムとMDMA100錠と大量で、高い頻度で譲り渡し、計158万円に上った利得の大部分を得た首謀者で、多量の違法薬物を容易に入手し密売できる地位にあった点で、強い非難に値する。」と述べた。

 上下黒のスーツで出廷した安成被告は、裁判長をじっと見ながら、判決理由を聞いた。安成被告は、初公判から一貫して容疑を否認。3月31日に行われた公判の最終陳述で、「今回の事件は、私が暴力団員であることで有罪ありきの逮捕。彼ら(柳生雅由被告とASKA)の証言もすりあわされたもの。彼らの作られた証言で、具体的な証拠もない。私は薬物を渡していないし、お金を受け取ってもいない」とあらためて無罪を訴えていた。裁判所は、柳生被告と被告の通話記録などから、共謀したことが認められるとしている。

無資格で弁護士に債務者斡旋 容疑でタイ逃亡の元社長逮捕 警視庁

>>関連記事
 過払い金返還を求める多重債務者を無資格で弁護士に斡旋(あっせん)したとして、警視庁組織犯罪対策4課は19日、弁護士法違反容疑で、タイに逃亡していた広告会社「エレメントホールディングス」(港区)元社長、平田稔容疑者(51)を逮捕した。同課によると、認否を留保している。

 平田容疑者は指定暴力団住吉会系組長らと平成21~22年、多重債務者約340人を広告で募集して弁護士に紹介。過払い金返還で計約1億6千万円の利益を得ていた。同課は同容疑などで、これまでに組長や弁護士計9人を摘発し、23年4月からタイに逃亡していた平田容疑者も国際手配。タイ当局が今月、不法滞在で平田容疑者の身柄を確保し、強制退去させていた。

 逮捕容疑は21年4~10月、弁護士資格がないまま、過払い金返還を求める多重債務者25人を弁護士に紹介したとしている。

松葉会会館 社長に所有権…地裁支部判決/茨城

 守谷市大木の指定暴力団松葉会事務所「松葉会会館」の土地と建物を巡り、同会幹部で2次団体「岡一家」(取手市)の総長(59)が登記上の所有者である土浦市の建設会社社長(58)に対し、所有権を総長へ移すよう求めた訴訟の判決が18日、水戸地裁龍ヶ崎支部であった。

 桜井佐英裁判官は「土地と建物の契約は社長と取引相手によるもの。総長に所有権を移転する契約も解除された」と社長の所有権を認め、総長の訴えを全面的に退けた。

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ