FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

知人殺害、差し戻し有罪=元組幹部2人、二審で無罪破棄-福岡地裁

>>関連記事
 知人男性を暴行し殺害したとして殺人などの罪に問われ、一審無罪が二審で破棄差し戻しとされた指定暴力団道仁会系の元組幹部、高田真一(52)、中原義生(50)両被告の差し戻し審判決が30日、福岡地裁であった。

 平塚浩司裁判長は「共謀が認められる」として、両被告に求刑通り懲役30年を言い渡した。両被告側は控訴する方針。

 判決によると、2人は配下の組員ら5人=いずれも有罪確定=と共謀し、2007年9月10日未明、福岡市の駐車場で男性=当時(42)=を暴行。車に監禁し山林に移動するまでの間に、拳銃で射殺した。

 一審福岡地裁は11年6月、一緒にいた組員の男が駐車場で切り付けたことが原因で男性が死亡した可能性が否定できないとして、殺人罪は無罪、監禁罪で有罪とした。しかし、二審福岡高裁は12年7月、駐車場に残った血痕がごくわずかだった点を指摘。「明らかな事実誤認がある」として審理を地裁に差し戻した。

ヒゲそり万引きの組員、見つかるとおとなしく…/福岡

 福岡県警折尾署は29日、自称山口市、指定暴力団工藤会系組員の男(58)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、男は同日午後1時55分頃、福岡県中間市のドラッグストアで、ヒゲそりと替え刃(販売価格計4830円)を万引きした疑い。「盗んだことに間違いはない」と容疑を認めているという。

 店外に出る際に万引き防止センサーが反応し、ブザーが鳴った。男性店員が引き留めると、おとなしく応じたという。

「鉄パイプ」を持って集合した少年14人が送検 「凶器準備集合罪」ってどんな犯罪?

敵対する少年グループと決闘するため、金属バットや鉄パイプを持って公園に集まったとして、浜松市の暴走族に所属する16~18歳の少年14人が4月中旬、凶器準備集合罪の疑いで書類送検された。

報道によると、暴走族のリーダーの少年(17)=決闘罪の容疑で逮捕=が昨年12月、自身を中傷する動画をインターネットで公開した高校生(17)に、一対一の「タイマン」のケンカを申し込んだのがきっかけという。

リーダーは暴走族の仲間を呼び寄せ、相手の高校生は地元の遊び仲間を集めたが、凶器を持ってきた暴走族が、素手の高校生をほぼ一方的に暴行する展開になった。高校生グループには多数のケガ人が出たが、警察に被害を申し出たのは1人だけだったという。

今回、静岡県警は、暴走族グループの少年のほぼ全員を摘発した。送検の容疑となった「凶器準備集合罪」は、あまり耳慣れないが、どんな犯罪なのだろうか。刑事事件にくわしい高岡輝征弁護士に聞いた。

続きを読む »

北海道“最大”山口組「誠友会」を家宅捜索

>>関連記事
 会社役員の男性から約1億3000万円を脅し取った疑いで、指定暴力団・山口組系の組長が逮捕された事件で、警視庁は28日、この組長が所属する北海道で最大規模の暴力団の本部事務所を家宅捜索した。

 警視庁は、28日午後、札幌市中央区にある山口組誠友会」の本部事務所を家宅捜索した。警視庁は、今月18日、東京都内の誠友会傘下組織「漆原組」組長・漆原健二容疑者を、知人の会社役員の男性に「殺してやるよ」などと言い、現金1億3300万円を脅し取った恐喝の疑いで逮捕していて、その関係先として28日、捜索したもの。

 山口組誠友会は北海道で最大規模の暴力団で、警視庁は、漆原容疑者が脅し取った金が、誠友会の資金源になっていた可能性があるとみて調べるとともに、組織の実態解明を進める方針。

金田組幹部ら6人を再逮捕 県警、恐喝などの疑い/秋田

>>関連記事
 秋田県警は27日、恐喝などの疑いで、指定暴力団山口組弘道会金田組の会長金田守一(60)=秋田市山王、組長伊藤明正(45)=住所不定=の両容疑者を含む組幹部ら6人を再逮捕した。

 ほかに再逮捕されたのは▽同市山王、組幹部後藤浩二(47)▽同、同横山秋夫(49)▽同市高陽青柳町、無料風俗案内所経営佐々木彰(38)▽同市大町、飲食店従業員松岡直樹(47)—の4容疑者。

 金田、横山、佐々木、松岡の4容疑者は恐喝の疑いで再逮捕された。再逮捕容疑は、共謀し、2013年7月、同市大町の川反地区の飲食店経営者に陶器の皿3、4枚を無理やり押し付け、現金4、5万円を脅し取った疑い。

 伊藤容疑者は、今年1月、大仙市大曲の飲食店経営者に金色のヒツジの置物を押し付け、代金として約2万円を脅し取った恐喝の疑いが持たれている。

 後藤容疑者は暴力団対策法違反の疑いで再逮捕された。再逮捕容疑は、県公安委員会から13年7月、金品などをむやみに要求することを禁ずる再発防止命令を受けていたにもかかわらず、14年1月、知人男性3人に対し、自身の誕生会などの会費名目で計約5万円を要求した疑い。提供された食事や飲み物は数千円相当だったという。

海外進出する暴力団、タイで赤っ恥 契約トラブルで銃突きつけ脅迫、重武装軍隊登場で謝罪

 近年、日本の暴力団関係者が多く東南アジアに進出しているという。以前は、カンボジアを拠点としたグループが不動産投資詐欺を行うケースが多かったが、今ではタイなどに進出、現地で日本食レストランや日本人向け風俗店を経営しているようだ。

「在タイの日本人は、現地の日本国大使館に在留届を出している数だけで約4万人ですが、実際は10万人以上といわれています。首都のバンコクは、日系企業、特に製造業のアジアにおける一大拠点なので、出張者の往来も激しく、人気観光地なので旅行者も多く訪れます。そのため、日本人向けのサービス業が非常に充実しており、日本語だけで暮らせる環境が整っています。その一角が風俗です」(バンコク在住の日本人記者)

 有名なのは、昔から日本人向けの歓楽街が形成されているタニヤ通りと、日本人居住の高級マンションが多く建つスクンビット地区だ。当然、日本人が経営するカラオケ店やマッサージ型風俗店などがひしめいており、暴力団関連の店も多数存在している。

続きを読む »

土建業者から168万円脅し取る 容疑で暴力団組長ら3人逮捕 福岡県警

 福岡県警暴力団犯罪捜査課、柳川署、久留米署、八女署は27日、福岡県柳川市の暴力団道仁会傘下組織組長(56)と、傘下組織幹部2人を、恐喝容疑で逮捕した。

 調べによると、3人は、福岡県内の土木建築業の男性(50)に「1億6800万円の工事を落札しただろう。その1パーセントを払え」「みんな、払っている。普通に道を歩いていたら、どうなるかわからんぞ」などと脅迫し、昨年7月ごろに、業者から現金168万円を脅し取った疑い。

ダフ屋容疑で男2人逮捕=マッカートニーさん公演で-警視庁

>>関連記事
 来日中で元ビートルズのポール・マッカートニーの東京ドーム公演の入場券を転売したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は、都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)容疑で、暴力団姉ケ崎会傘下組長の松本英雄容疑者(67)=東京都台東区浅草=と、自称歯科医師の小谷達也容疑者(46)=兵庫県姫路市新在家=を逮捕した。

 両容疑者は20年来の知人。小谷容疑者がインターネットでチケット5枚を購入し、余った2枚の転売を松本容疑者に依頼していた。小谷容疑者は容疑を認め、松本容疑者は黙秘している。

 同隊によると、松本容疑者がJR水道橋駅付近で、不特定の客に声を掛けて入場券の販売額を交渉。その後、小谷容疑者が客と一緒に近くのトイレに入り、現金と券の受け渡しをしていた。

 逮捕容疑は4月23日午後6時25分ごろ、水道橋駅近くのビルの男子トイレで、転売目的で得たコンサート入場券1枚を男性会社員(51)に8万円で販売したとしている。入場券はS席で元値は1万8千円だった。

 ポールさんは昨年、日本で4公演を予定していたが体調不良のため中止になった。今回は1年半ぶりの来日公演で、28日には1966年のビートルズ来日以来49年ぶりとなる日本武道館公演が予定されている。

工藤会:射殺実行役、事件直後に昇格 組織ぐるみで襲撃か/福岡

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の理事長代行、木村博容疑者(62)が系列組幹部の殺人容疑で逮捕された事件で、実行役とされ、殺人罪で無期懲役が確定した工藤会系幹部、坂本敏之容疑者(46)=盗品等有償譲り受け容疑で再逮捕=が事件直後に組織内で昇格していたことが、捜査関係者などへの取材で分かった。福岡県警は木村容疑者の指示の下、組織ぐるみで襲撃したとみている。

 捜査関係者や確定判決などによると、坂本容疑者は木村容疑者が組長を務める工藤会系の津川組の幹部だったが、

続きを読む »

警察捜査のそばで…盗難車盗んだ疑い 暴力団組長を逮捕/愛知

 愛知県警一宮署員が盗難車を見つけたものの、その場で男に乗り去られる事件があり、同署は25日、同県一宮市木曽川町、指定暴力団山口組系組長の神山健容疑者(45)を窃盗の疑いで24日に逮捕したと発表した。神山容疑者は「納得できん」と容疑を否認しているという。

 発表によると、神山容疑者は23日午後2時半ごろ、同市多加木5丁目の路上で、乗用車1台を盗んだ疑いがある。同署員が「不審車がある」との通報を受けて調べたところ、数日前に同県豊田市で盗まれた車だったことが判明。署員は周辺を捜査中に2人組の男に因縁を付けられ、その隙に別の男が盗難車両に乗り込んで走り去った。この車は見つかっていない。

 同署は、神山容疑者はこの3人のうちの1人だったとみており、ほか2人の行方を捜している。

建設業男性に「さらうぞ小僧」 暴力団幹部“恐喝”

 「さらうぞ小僧」と脅し、恐喝したとして暴力団幹部、中山洋一容疑者(50)を逮捕した。

 中山容疑者は8日、建設業の男性(35)に対し、「大至急、500万円持ってこい。さらうぞ小僧」などと脅し、現金7万3000円を恐喝した疑いが持たれている。

 警視庁によると、男性は6年前に別の男性から700万円を借りたが、話を聞きつけた中山容疑者が現れ、「俺が立て替えたから俺に払え」と主張し、高額の利子を要求していたという。

詐欺グループに現金引き出し役を紹介か 暴力団事務所を家宅捜索

>>関連記事
  「女性を妊娠させたので示談金がかかる」などとウソの電話をかけ、現金100万円をだまし取ったとして、暴力団幹部の男らが逮捕された事件で、警視庁は千葉県内にある組事務所を家宅捜索した。

 この事件は、稲川会系幹部の菅生大輔容疑者(46)が、詐欺グループに現金の引き出し役を紹介したとして逮捕されたもので、グループの指示役の佐々木 翔太容疑者(25)も、22日に逮捕された。

  捜索を受けたのは千葉県・船橋市のマンションの一室にある稲川会系暴力団の事務所で、機動隊も動員され、およそ70人態勢で行われた。だまし取った金が資金源になっていた疑いがあるとみて調べている。

主犯格の男逮捕へ=身代金2000万円取得容疑―霊園遺棄事件・警視庁

>>関連記事
 東京都新宿区の土屋彰勲さん=当時(24)=が2010年に行方不明になり、埼玉県内の霊園で遺体が見つかった事件で、土屋さんを拉致して身代金2000万円を得たとして、警視庁捜査1課は23日、拐取者身代金取得の疑いで、主犯格とみられる斎藤邦実被告(28)=強盗致死罪などで起訴=ら男女数人を逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、10年12月、身代金目的で土屋さんを無理やり車で連れ去り、交際相手の女性に2000万円を要求し、取得した疑いが持たれている。

 事件をめぐっては、斎藤被告とその仲間が逮捕された。いずれも「準暴力団」とされるグループの一員で、土屋さんとは金銭トラブルがあったという。

 土屋さんは10年12月6日夜から翌朝にかけ、斎藤被告らに豊島区で拉致され、八王子市内の事務所で暴行を受け死亡。自宅マンションから現金約300万円などが奪われ、遺体は埼玉県本庄市の霊園に埋められていた。

 斎藤被告は土屋さんの遺体遺棄事件で公開手配され、今年1月に逮捕された。土屋さんを拉致して現金を奪った上、暴行を加えて死亡させたとして2月に強盗致死容疑で再逮捕されていた。 

振り込め詐欺グループに「引き出し役」紹介 暴力団幹部の男逮捕

 指定暴力団・稲川会系幹部の男が、振り込め詐欺グループに現金の引き出し役を紹介したとして、警視庁に逮捕された。

  詐欺の疑いで逮捕された稲川会系幹部・菅生大輔容疑者(46)は、現金の引き出し役として、江東区の夫婦に息子を装って、「妻以外の女性に子どもができた」などのうその電話をかけ、現金100万円をだまし取った米井典幸容疑者(33)を詐欺グループに紹介した疑いが持たれている。

 菅生容疑者は、容疑を否認している。

工藤会理事長代行ら、殺人などの疑いで逮捕へ 福岡県警

>>関連記事
 福岡県中間市で2008年9月に指定暴力団工藤会(本部・北九州市)傘下の組幹部が射殺された事件に関与した疑いが強まったとして、県警は、工藤会理事長代行で二代目津川組組長の木村博被告(62)=恐喝未遂罪などで公判中=らを殺人などの疑いで近く逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 事件は08年9月10日未明に発生。木村被告が組長を務める組の幹部だった安高(あたか)毅・相談役(当時66)が中間市桜台2丁目の自宅で、頭や胸など計4カ所を拳銃で撃たれて死亡した。

 この事件で県警は、09年9~10月に木村被告を含め計5人を殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕。木村被告ら3人は福岡地検小倉支部が処分保留で釈放したが、木村被告の組の幹部と別の工藤会傘下の組員の2人が起訴された。13年4月、組幹部を無期懲役とし、組員を無罪とする高裁判決が確定した。

組事務所使用目的隠しアパート賃貸 福井署など詐欺容疑で暴力団員逮捕/福井

 暴力団の組事務所として使う目的を隠してアパートの賃貸借契約を結んだとして、福井、あわら署と県警組織犯罪対策課は22日、詐欺の疑いで指定暴力団山口組系の組幹部で福井市松本2丁目、職業不詳杉本優(43)と同組員で同市北四ツ居2丁目、自称解体作業員青木稔(40)の両容疑者を逮捕したと発表した。福井署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀して昨年12月、組事務所として使う目的を隠して福井市内の不動産業者をだまし、青木容疑者の名義で同市北四ツ居2丁目のアパート1室の賃貸借契約を結んだ疑い。

 福井署によると、同容疑者がアパートに住み込み、複数の組員が頻繁に出入りしていた。杉本容疑者が契約を指示したとみており、他に関与した人物がいないか調べる。

続きを読む »

あの「ハコ企業」、反社勢力と関係&隠蔽疑惑で上場廃止の危機 困難化する反社排除

 金融証券市場からいかにして反社会的勢力を排除するか――。名古屋証券取引所・セントレックス市場に上場するオプトロムが監理銘柄(審査中)に指定された一件は、それを考える上で示唆に富む事例といえる。

 仙台市に本社を置き、もともとはCDやDVDの製造を行ってきたオプトロムが名証から監理銘柄指定を受けたのは、3月9日のことだ。名証は同社について上場廃止基準に該当するかどうかの審査を進めている。指定に至った過程は過去に例のない特異なものだ。反社勢力との関係性を調査する「反社チェック」をめぐり、取引所に対し隠蔽行為があったことが理由とされたのである。

 オプトロムは2006年10月に上場したが、2年後には赤字転落し、以来エクイティ・ファイナンス(新株発行を伴う資金調達)を繰り返してきた。この間、経営陣には、乱脈経営などで09年に経営破綻した旧SFCG関係者や、旧ジャパン・デジタル・コンテンツ信託の破綻間際に関与した人物らが名を連ねるようになった。さらになんの脈絡もなく無農薬野菜事業への参入を表明するなど、事業内容も猫の目のように変わり始めた。いわゆる「ハコ企業」の1社である。

続きを読む »

弘道会に金融制裁=米財務省

 米財務省は21日、指定暴力団山口組弘道会と同会の竹内照明会長を金融制裁の対象に指定した。米国内の資産が凍結され、金融取引が禁じられる。財務省は弘道会を「山口組の中でも最も暴力的な団体」と認定した。

 オバマ大統領は2011年7月、日本の「やくざ」など国境を越えた犯罪行為で利益を上げる「国際犯罪組織」への制裁を発表。今回はこれに基づいた措置となる。

恐喝未遂罪:工藤会理事長代行 起訴内容認め初公判で結審/福岡

>>関連記事
 ビルを脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂罪などに問われた特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)の理事長代行、木村博被告(62)の初公判が21日、福岡地裁(岡部豪裁判長)であった。木村被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役4年を求刑し即日、結審した。

 福岡県警は昨年9月から工藤会の一斉捜査に着手しトップらを逮捕したが、一連の捜査で起訴された幹部の公判は初めて。木村被告は最高幹部らが逮捕された後、実質トップを務めていた。

 検察側は「一般市民に理不尽で不当な要求を繰り返す暴力団特有の悪質な犯行」と指摘。弁護側は「親族と6月末までに退去することで合意した」として酌量を求めた。

続きを読む »

高利債権取り立てめぐり飯塚署が暴力団組員に中止命令を発出/福岡

 福岡県警飯塚署は20日午後1時55分、福岡県飯塚市、指定暴力団傘下組織組員男(41)に対する中止命令を発出した。

 同署によると、組員は今年3月16日ごろ、福岡県内に住む女性A(30歳代)に、「3月31日までに150万円でいいから払え。払えないなら、若い者を家族のところに行かせるぞ」と告げ、高利債権取り立て行為と不当贈与要求行為をした容疑。

 さらに、3月21日ごろ、同県内に住む別の女性B(30歳代)に「Aに金を払うように言え。それが嫌なら、お前が全額払え」と不当贈与要求行為をした疑い。

<通信傍受法>適用拡大へ法改正案 捜査へ活用図る一方、懸念も

 犯罪捜査に電話などの傍受を認める通信傍受法の施行から15年になる今年、対象犯罪の拡大と手続き変更を柱とする法改正案が国会に提出され、来月にも審議入りする見通しだ。捜査当局は事件捜査での有効活用を図る考えだが、弁護士らからは以前から「憲法の保障する『通信の秘密』を制約し、個人のプライバシーを侵害する恐れがある」などの批判が根強く、厳格な運用を求める声も上がる。政府は改正案の今国会成立を目指している。【和田武士】

 ◇サイバー犯罪に対抗

 「対象犯罪を広げるならより厳しい要件をつける必要がある」「現行制度は使い勝手が悪い。有効活用できるようにすべきだ」。見直しの在り方を議論していた法制審議会(法相の諮問機関)の特別部会では、弁護士や民間のメンバーと警察の委員の間で激しい意見対立が続いた。

続きを読む »

暴力団大幅縮小 宮崎県内組員70人、5年で半減/宮崎

 宮崎県内の暴力団組織が大幅に縮小し、組員数は5年前の半数にも満たない約70人に減少している。

 県暴力団排除条例(暴排条例)によって民間企業との関係分断が進んでいることに加え、新たに組員を確保できていない組織の高齢化が背景にある。

 その一方で、県全体の組織の6割が宮崎市に集中。歓楽街や風俗業で巧妙に資金を獲得している実態がある。

貸金6千万円で利子1.3億円脅し取る 容疑の暴力団組長逮捕 警視庁

 貸付金の利子名目で現金1億3300万円を脅し取ったなどとして、警視庁新宿署は18日、恐喝などの疑いで、東京都江戸川区南葛西、指定暴力団山口組誠友会傘下「漆原組」組長、漆原健二容疑者(52)を逮捕した。同署によると、「脅していない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成23年10月ごろ、現金約6千万円を貸していたIT関連会社代表取締役の男性(49)に「殺してやるよ」などと迫り、26年12月まで約40回にわたり、貸付金の利子名目で計1億3300万円を脅し取ったなどとしている。

 漆原容疑者は22年7月、男性から株の投資話を持ちかけられ、資金を貸し付けた。男性の投資が失敗し、返済を迫るようになったという。

 男性は今年1月に再度、返済を求められたため、同署に相談。同署は脅し取った金が暴力団の運営資金になっていたとみて調べる。

逗子海岸殺人で不起訴不当議決 検察審査会/神奈川

 逗子市の逗子海岸近くの地下道で2013年7月、男性2人が死傷した事件で、横浜第1検察審査会は17日までに、殺人容疑で送検され横浜地検が不起訴処分とした30代の男性について、不起訴不当と議決した。16日付。

 同容疑で送検されたほかの男性3人については、不起訴相当とした。

 議決書によると、複数の目撃証言から、30代の男性が被害者とトラブルになり、被害者の胸や左首付近を刺したと認められると判断。検察官が指摘した、ほかの関係者をかばっているような状況はないとした。また、ほかの3人との共謀は認められないとした。

 4人は横須賀市に住む指定暴力団稲川会系組員の男性=当時(30)=を刃物のようなもので刺して殺害したとして、殺人の疑いで逮捕、地検は13年12月に4人を不起訴処分としていた。事件では、このうち1人も腹などを刺され、重傷を負った。

 地検の林秀行次席検事は「所要の捜査を遂げた上、適切に処分する」とコメントした。 

久留米署が暴力団組員に中止命令を発出

 福岡県警久留米署は17日、福岡県久留米市の指定暴力団傘下組織組員(34)に対し、暴力団対策法第29条第2号(粗暴または乱暴な言動などの禁止)に基づく中止命令を発出した。

 同署によると、この組員は、3月28日、同市内にある組事務所周辺で、車を運転していた同市内に住む男性(30歳代)に対し「お前の車のマフラーがうるさかけん、もし、夜中とかにうるさかったら、どうなっても知らんぞ」と言い、不安を覚えさせる行為をした疑い。

福岡県内の2建設会社が暴力団と密接な関係 福岡県警が福岡県などに通報

 福岡県警は16日、北九州市八幡西区市瀬3丁目の建設会社と、福岡県中間市の建設会社について、特定危険指定暴力団の構成員と「密接な関係を有し、または社会的に非難される関係を有している」ことを確認したとして、福岡県、福岡市、北九州市、国土交通省に通報した。

「お前が壊した看板の店は暴力団の縄張りだ」 恐喝容疑で男を逮捕 田川署/福岡

 福岡県警田川署は15日、福岡県田川市の土木作業員男(23)を恐喝容疑で逮捕した。

 同署の調べによると男は、同県田川郡の男性調理師(22)が飲食店の看板を壊したことを知り、因縁をつけて金を脅し取ろうと計画。今年2月27日に同郡内のコンビニ駐車場に調理師を呼び出し「お前が壊した看板の店は暴力団の縄張りだぞ」「俺が、50万円でやくざと話をつけてやる」などと言って恐れさせ、翌日、被害者から現金35万円を脅し取った疑い。

小さなタトゥー、隠せば入浴OK 星野リゾートの旅館

 小さな入れ墨(タトゥー)ならシールで隠せばお風呂に入れます――。高級旅館チェーンの星野リゾートは15日、自社で運営している13の温泉旅館で、小さな入れ墨がある人の大浴場への入浴を試験的に認めると発表した。

 静岡県の熱海などにある高級温泉旅館「界」で、10月から6カ月間試行する。旅館が用意する白色の8センチ×10センチのシールで隠れる大きさなら入浴を認める。

 「暴力団関係者のシンボルで、ほかの客に恐怖心を与える」などとして、日本では多くの宿泊施設や公衆浴場で入れ墨がある人の入浴を禁止している。ただ、若者の間でタトゥーがファッションとして広がり、民族や文化的な理由で入れている外国人も多い。星野佳路(よしはる)代表は「旅館や観光庁、温泉ファンも含め、ルールのあり方を考える契機にしたい」と話す。

殺人:容疑者供述通り包丁が見つかる 鑑定へ/鹿児島

>>関連記事
 鹿児島県鹿屋市の民家で今月4日、同市の飲食店経営、川野由香利さん(32)が遺体で見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された交際相手の住所不定、指定暴力団小桜一家系組幹部、甑(こしき)公雄容疑者(40)の供述に基づき、市内で凶器とみられる包丁が見つかったことが、県警への取材で分かった。今後、鑑定して詳しく調べる方針。

 県警によると、供述に基づき鹿屋市内の道路脇でビニール袋状のものが二つ見つかった。中には包丁と、川野さんのものとみられる携帯電話1台、衣服などが入っており、一部には血痕も付いていたという。

 逮捕容疑は4日午前、鹿屋市寿1の甑容疑者の兄の自宅居間で、川野さんの胸を刃物で刺し、殺害したとされる。容疑を認めているという。

はさみ突きつけ「お前なんか殺せる」 大学生を脅した容疑で組員を逮捕/東京

 飲食店に置かれていたはさみを突きつけ、大学生を脅したとして、警視庁池袋署は暴力行為処罰法違反容疑で東京都板橋区南常盤台、指定暴力団極東会系組員、橘内(きつない)覚(さとる)容疑者(37)を逮捕した。同署によると、橘内容疑者は当時泥酔しており「トラブルになったが脅した記憶はない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は2月23日早朝、豊島区西池袋の居酒屋で、男子大学生(20)の顔などに調理用はさみ(刃渡り約20センチ)を突きつけ、「お前なんか殺せる」と脅したとしている。

 同署によると、店内で男子大学生3人が所属するサークルでけんかになった際の話をしていたところ、隣の席にいた橘内容疑者は自分の悪口を言われていると錯覚。橘内容疑者や大学生グループのテーブルに置かれていたはさみを大学生の顔に突きつけたという。

 トラブルに気づいた店員が、避難させたことから大学生にけがはなかった。橘内容疑者はその後もはさみをテーブルに刺すなど暴れたが、110番通報で駆けつけた同署員が身柄を確保。同署が任意で捜査を続け、4月14日に逮捕した。

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ