FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

危険な客などものともしない! 元暴力団だらけのタクシー会社

関西方面で登場「ヤクザタクシー」モンスター客も返り討ち

 タクシーの料金を踏み倒したうえ、運転手を殴ってけがをさせる事件が頻発している。忘年会シーズンになれば、ますます危険な客が増えるだろう。タクシー運転手受難の時代だ。そんな中、関西方面のタクシー業界のごく一部に、危険な客などものともしない、新しい動きが起きている。“ヤクザタクシー”だ。

 関西在住の暴力団関係者は「元ヤクザにとってタクシーの運転手というのは天職だろう。何しろ、親分の運転手をしてたら、『そこUターンや』とか『赤(信号)でも突っ走れ』とか無茶な指示にも、事故を起こすことなく、瞬時に対応できる。警察の交通取り締まりを察知する嗅覚も優れているし、タクシー強盗にも対応できる。タクシー運転手に必要な素養をすべて持ち合わせているといっても過言ではない」と話す。

続きを読む »

暴力団を脱退したい男性を威迫した北九州市の暴力団幹部2人に中止命令/福岡

 福岡県警小倉北署は28日午後、暴力団を辞めようと決意した組員を威迫して組織脱退を妨害したとして、北九州市小倉北区の工藤会傘下組織幹部(38)と、同区の工藤会傘下組織幹部(32)に対し、暴力団対策法に基づく中止命令書を交付したと発表した。

 同署によると、2人は、今月24日に、暴力団を辞めるため、組織から離脱したいとの意志を告げた無職男性(38)に対し、「今の仕事は辞めさせる」「お前には危ない仕事をさせるからな」などと告げて、この男性を威圧し、工藤会から脱退することを妨害した違反行為に対する中止命令。

宅見組長射殺の男、無期確定へ 16年逃亡の指揮役

>>関連記事
 最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は28日までに、指定暴力団山口組ナンバー2だった宅見勝宅見組組長=当時(61)=ら2人を射殺したとして殺人罪などに問われた元指定暴力団中野会(解散)系組員の財津晴敏被告(57)の上告を棄却する決定をした。無期懲役とした一、二審判決が確定する。決定は26日付。

 一、二審判決によると、被告は平成9年8月、元組員らと共謀し、神戸市中央区のホテルで宅見組長と、居合わせた歯科医の男性=同(69)=を射殺。16年間逃亡し、昨年6月に潜伏先の埼玉県狭山市で逮捕された。

 一審神戸地裁の裁判員裁判は「実行犯の指揮役を担い、一般市民も犠牲にした罪は重い」と求刑通り無期懲役を言い渡し、二審大阪高裁も支持した。

法定の14倍で貸金業 暴力団幹部ら逮捕 2千万貸し7千万円回収か/千葉

 千葉県警は28日、無登録で貸金業を営み、顧客から法定の約14倍の利息を得ていたとして、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、自称同県白子町中里の指定暴力団稲川会系組幹部、加藤全久容疑者(64)ら男女4人を逮捕した。

 県警は、加藤容疑者らが平成21年から顧客約80人に計約2千万円を貸し付け、計約7千万円を回収していたとみて調べている。

 逮捕容疑は21年8月~25年12月、貸金業の登録をせずに県内の5人に計265万円を貸し付け、法定利息の約14倍に当たる約452万円を利息として受け取った疑い。

 県警によると、加藤容疑者は「知らない」と容疑を否認している。

山口組ナンバー2、高山受刑者 刑務所に移監せず拘置所に5カ月

>>関連記事
 指定暴力団山口組(総本部・神戸市)のナンバー2で、実刑が確定した高山清司受刑者(67)が収監から5カ月を経ても刑務所に移されず、大阪拘置所での収容が異例の長さとなっている。高山受刑者は首に持病があり、刑務所でのリハビリ態勢が整っていないためとみられるが、有識者は「実質的な服役の短縮につながりかねない」と指摘する。

 高山受刑者は建設業者から4千万円を恐喝した容疑で逮捕、起訴された。懲役6年の一、二審判決を不服として上告したが、今年5月に取り下げて確定。保釈が取り消され、6月24日に拘置所に収監された。

 刑務所への移送までの期間に規定はないが、通常は1~2カ月とされ、山口組トップの篠田建市組長が銃刀法違反罪で服役した際は収監後2カ月で移された。高山受刑者は服役中もリハビリが必要とされ、ある捜査幹部は「理学療法士の確保が難航しているとの情報がある」と明かす。

続きを読む »

“元ブラン娘”の元タレントら逮捕 覚せい剤取締法違反容疑

 秋田県警と警視庁は27日までに、覚せい剤取締法違反の疑いで、元タレントの清水芹夏こと二浪綾香容疑者(23)=東京都目黒区=と指定暴力団極東会系組員の橘将太容疑者(30)=住所不詳=ら男女計3人を逮捕した。

 逮捕容疑は、二浪容疑者が11月上旬、東京都の知人宅で覚せい剤を使用した疑い。橘容疑者が昨年10月30日ごろ、東京都内で別の女に覚せい剤約10グラムを6万円で譲り渡した疑い。

 秋田県警によると、11月8日に橘容疑者を二浪容疑者宅で逮捕。その後、尿検査で二浪容疑者から覚せい剤の陽性反応が出たという。

 TBSなどによると、二浪容疑者は、TBS系の情報番組「王様のブランチ」に2011年4月~12年3月までリポーターとして出演。昨年12月まで芸能事務所に所属していたという。

女性20人に140回暴行 暴力団員かたり、強盗強姦の男に無期判決 大阪地裁

>>関連記事
 暴力団員をかたって6年半にわたり、中学生を含む10~20代の女性20人に計約140回の性的暴行やわいせつ行為を繰り返したとして、強盗強姦などの罪に問われた無職、中西康浩被告(50)の裁判員裁判の判決公判が27日、大阪地裁で開かれた。登石郁朗裁判長は「被害者が極めて多人数で年少者も対象にしており、悪質性が際立った犯行」として求刑通り無期懲役を言い渡した。

 登石裁判長は判決理由で「被害者に暴力団組織から狙われていると信じ込ませ、口外すれば家族や友人が殺されるなどと脅し、指示に従わざるを得ない状況に追い込んだ」と指摘した。

 中西被告は同種の前科で約6年半服役。仮釈放から22日後、保護観察中で再犯防止プログラムを受けているにもかかわらず、最初の犯行に及んだという。

続きを読む »

暴力団不当要求:依然、企業2割が「裏取引」

 暴力団など反社会的勢力から過去5年間に不当要求を受けた企業のうち、約2割が要求に応じていたことが警察庁などによるアンケートで分かった。500万円以上を支払った企業が4社あった。47都道府県での暴力団排除条例施行(2011年10月)や不当要求への規制強化を盛り込んだ改正暴対法施行(12年10月)など反社会的勢力への包囲網が狭まるなか、一部の企業が依然「裏取引」に応じている実態が浮かんだ。

 調査は同庁や日本弁護士連合会などが08年から隔年で実施。今回は無作為に選んだ1万社に調査票を送り、2703通を回収した。

 それによると、過去5年間に不当要求を受けたことがあると回答したのは107社で、全体の4%。2年前の337社(11.7%)から大幅に減ったが、要求の一部やすべてに応じた企業は22社で、前回とほぼ同じ約2割だった。要求内容(複数回答)は「機関紙、書籍などの購読」37.4%▽「寄付金、賛助金など」25.2%▽「因縁を付けて金品や値引き」23.4%など。

続きを読む »

組事務所の備品、地元住民ら処分 山形・トラック6台分/山形

>>関連記事
 山形市松山2丁目にある元暴力団組事務所、山口組弘道会金田組傘下、「結城組」(壊滅)の再拠点化を防ぐため、地元住民らで組織する「松山地区暴力追放を促進する会」などは26日、事務所内に残っている備品を運び出した。室内はほぼ使用されていた状態のままで、ソファや机などトラック6台分の備品を処分した。

 事務所は指定暴力団山口組傘下で、2010年に解散した結城組が使用していた。この日は処分に同意している元組長の男性も加わり、同会の役員ら住民と県警本部、山形署、市などの約20人が作業した。木造2階建ての建物は組織解散後、空き家で、予定を書き込むボードやカレンダーは当時のまま。組長室とみられる部屋には応接セットや灰皿、組織の看板などもあった。同会の柴田洋雄会長は「建物があるうちは、同じような人たちが進出する危険性がある。完全撤去まで頑張りたい」と話した。

 この事務所をめぐっては、元組長が撤去の足かせとなっている建物と土地の抵当権抹消を求め、秋田県に拠点を置く上部団体を相手に係争中。抹消する方向で協議は進められており、訴訟終結後は建物を解体し、土地は山形市が買い取る方針を示している。備品の処分はこうした撤去に向けた準備となる。

中3女子、260万円詐取の疑いで逮捕/埼玉

 高齢者から現金をだまし取ったとして、警視庁は26日、埼玉県越谷市の中学3年の女子生徒(14)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、女子生徒は7月下旬、全国銀行協会の職員を装って東京都北区の女性(64)宅を訪れ、現金260万円をだまし取った疑い。訪問前に仲間の男が同協会職員や警察官を装って女性宅に電話し、「口座情報が暴力団に漏れる恐れがある。お金を別の銀行に預けた方がいい」などと言って信じ込ませていた。女子生徒は調べに対し、「金は知らない男に渡し、報酬7万円を受け取った」と容疑を認めている。

 女子生徒と同じ中学校に通う同級生の女子(15)も先月、このグループによる別の詐欺事件で逮捕されている。同庁は生徒らがグループに加わった経緯を調べる。

ASKAへの譲渡認める…覚せい剤事件で起訴の男、無罪主張を取り下げ

>>関連記事
 歌手ASKA(本名宮崎重明)(56)=執行猶予付き有罪確定=に合成麻薬MDMAと覚せい剤を譲り渡したとして、麻薬取締法違反(営利目的譲渡)などの罪に問われた無職柳生雅由被告(64)が26日、東京地裁の公判で無罪主張を取り下げ、起訴内容を大筋で認めた。

 10月の初公判では「菓子を渡しただけ」としていたが、この日の公判で「共謀の意味を分かっていなかった」と述べた。柳生被告と共謀したとされる指定暴力団住吉会系組幹部安成貴彦被告(47)はこの日、あらためて無罪を主張した。

 起訴状によると、2人は3月、東京都目黒区のASKAの自宅で、MDMA約100錠を譲渡した、などとされる。

児童扶養手当不正受給、内縁妻に猶予判決 山形地裁

>>関連記事
 内縁の夫であった指定暴力団九州誠道会浪川総業の幹部と、その内縁の妻が寒河江市から児童扶養手当を不正受給したとされる事件で、詐欺の罪に問われた、山形市桧町1丁目、無職国井美紀被告(41)の判決公判が25日、山形地裁であり、林欣寛裁判官は懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

 検察側は内縁の妻である国井被告が幹部組員から生計補助を受け所得があったことや、山形市に住んでいることを隠して手当を受給した点が詐欺罪に当たると主張。弁護側は寒河江市職員をだます意図はなかったとし、同罪は成立しないと反論していた。

 林裁判官は「生計補助を受けていただけで所得があったとは認められないが、被告は山形市から受給すべきで、住居地を偽った点では詐欺罪が成立する」と判断。判決理由で「5年間も不正受給し、計画的で巧妙な犯行。被告が主導的な立場で内縁の夫を巻き込んだ」と述べた。一方、寒河江市に被害弁償していることなどから執行を猶予するとした。

 判決によると、国井被告は寒河江市から2008~13年、児童扶養手当約250万円をだまし取った。

工藤会対策支援、国に要望 福岡県と北九州市

 特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の最高幹部摘発を受け、小川洋福岡県知事と北橋健治北九州市長は26日、工藤会対策の支援を国に求める要望書を山谷えり子国家公安委員長に提出する。

 県によると、要望書では、組事務所周辺に防犯カメラを設置する費用を国の補助対象に加え、脱税など違法行為で資金を得ていないか調査を徹底するよう求めている。

 福岡地検は10月2日、元漁協組合長射殺事件で、工藤会トップとナンバー2を起訴。同月22日には女性看護師襲撃事件に関与したとして2人を含む14人を起訴した。

暴力団抗争か 政治団体街宣車に弾痕/山梨

 23日夜、甲斐市の政治団体事務所に停めてあった街宣車から銃弾の痕が見つかった。警察が発砲事件として捜査している。

 韮崎警察署によると23日午後11時20分ごろ、甲斐市篠原の政治団体「天誠会」の事務所近くで「発砲音がした」と通報があった。警察が調べたところ、事務所入り口の駐車場に停めてあった街宣車のフロントガラスから、数発の弾痕が見つかった。天誠会は指定暴力団・稲川会山梨一家から分裂した「山梨侠友会」系の政治団体とみられ、3月にも街宣車から銃弾の痕が見つかっている。

 県内ではおととし12月から、暴力団組織の分裂が原因とみられる発砲事件が相次いでいて、警察が関連を調べている。

再発防止命令違反と恐喝未遂容疑で暴力団幹部逮捕 足利署/栃木

 足利署は24日、暴対法(再発防止命令)違反と恐喝未遂容疑で足利市朝倉町2丁目、指定暴力団住吉会系幹部、自動車紹介業横井辰也容疑者(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は2013年12月25日、県公安委員会から暴対法に基づき、2014年12月24日までの間、事業者等に対し、営業を容認する代償として金品などの供与の要求することなどを禁ずる再発防止命令を受けたが、10月24日、県南居住、飲食店従業員女性(41)に対し、「お金を払わないとオープンできない」などと現金を要求、再発防止命令違反および金銭を脅し取ろうとした疑い。

元妻への暴行容疑で男逮捕 発砲事件との関連捜査 横浜/神奈川

 神奈川県警南署は24日、元妻(42)に暴行したなどとして、横浜市磯子区丸山1丁目の元暴力団組員、堀宏幸容疑者(49)を暴行容疑で逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。23日深夜に、元妻が住むマンションの部屋で発砲事件があり、同署が関連を調べている。

 署によると堀容疑者は13日午後6時40分ごろ、同市磯子区の自宅付近のコンビニ駐車場で、元妻の髪の毛をつかむなどの暴行を加えた疑いがある。元妻は署に暴行について相談していたが、被害届は出さなかったという。元妻が長男(15)、長女(12)と住んでいた同市南区浦舟町4丁目のマンションの部屋では、23日午後11時半ごろ、何者かがU字型ロックがかかったドアの隙間から室内へ拳銃を発砲した事件があった。署は、堀容疑者が事件に関わった可能性があるとみている。

逃亡15年の元組長代行射殺「逃走費120万円、内妻に渡した」 初公判

>>関連記事
 平成11年に和歌山県新宮市で元暴力団組長代行が射殺された事件で、実行犯とされる元山口組系幹部の上田英昭被告(53)=殺人罪などで起訴=に逃走資金を渡したとして、犯人隠避の罪に問われた同組系組長、入田茂朗被告(66)=三重県尾鷲市=の初公判が21日、和歌山地裁(河畑勇裁判官)で開かれた。入田被告は「間違いないです」と起訴内容を認めた。

 起訴状などによると、今年4月25日ごろ、愛知県安城市内の飲食店駐車場で、上田被告に現金約120万円を渡したなどとしている。

 検察側は冒頭陳述で、事件発生直後から上田被告への逃走資金を用意していたと指摘。今年4月の受け渡しについては「封筒に入れた現金120万円を共犯者を介して上田被告の内妻に渡した」と述べた。

県名誤記載の宅配便から覚醒剤 密輸容疑で暴力団組員逮捕/大阪

 国際宅配便を使い、香港から覚醒剤約500グラムを密輸したとして、大阪府警薬物対策課などは21日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で住所不定、暴力団組員、矢野敬太容疑者(29)を逮捕し、大阪地検に起訴されたと発表した。

 府警や大阪税関によると、宅配便が届いた関西国際空港の税関職員が、箱に貼られた伝票の送り先住所の県名が「FUKUOKAEN(フクオカエン)」と誤って記載されていることなどを不審に思い、中を調べたところ、屋外用ライトの裏側に覚醒剤が隠されているのを発見したという。

組員とドラゴン関係者逮捕=みかじめ料要求、脅迫疑い-警視庁

 飲食店経営者からみかじめ料を取ろうと脅迫したとして、警視庁組織犯罪対策2課などは21日までに、暴力行為等処罰法違反(集団的脅迫)の疑いで、指定暴力団山口組系組幹部の園田成志容疑者(34)=東京都台東区蔵前=と、中国残留孤児2、3世を中心とする不良グループ「チャイニーズドラゴン」関係者の稗田太郎容疑者(40)=板橋区南常盤台=ら5人を逮捕した。5人とも容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は3月30日午前1時30分ごろ、台東区上野の路上で、飲食店経営者の女性らを取り囲み、みかじめ料を支払っていないと言い掛かりをつけ、「店をつぶすぞ」と怒鳴るなどして脅迫した疑い。

 同課によると、経営者は2013年12月ごろからみかじめ料を要求され、今春には「毎週2万円払え」と脅されていたという。

銀行通帳などだまし取る 田川郡の暴力団組長ら2人を容疑で逮捕/福岡

 福岡県警暴力団犯罪捜査課と飯塚署は20日、福岡県田川郡福智町の暴力団太州会傘下組織組長(50)容疑者と、同郡川崎町の同傘下組織組員(36)容疑者を、詐欺の疑いで逮捕した。

 同課などの調べによると、逮捕された組員容疑者は、田川郡内の金融機関の通帳を組長容疑者に譲渡する意図を隠し、自分が利用するように装って総合口座を開設。平成21年3月下旬から4月上旬ごろまでの間、この金融機関から総合口座通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取った疑い。

佐賀市の路上強盗事件で暴力団組員を逮捕/佐賀

 佐賀市の路上で3月に起きた強盗事件で、佐賀署は20日、強盗傷害の疑いで、自称福岡県久留米市上津町、指定暴力団道仁会系組員山口雅斗容疑者(24)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月14日午前4時40分ごろ、佐賀市大財1丁目の路上で、帰宅中だった市内の飲食店経営の男性(30)に因縁をつけ、顔や体を蹴り、現金約38万円入りのショルダーバッグなどを奪った疑い。

 この事件では既に共犯の同組員2人が7月までに逮捕、起訴されている。

上納金捻出のため偽装結婚斡旋 元暴力団組員の男ら逮捕

 元暴力団組員の男らが、組への上納金を捻出するため、偽装結婚を斡旋(あっせん)した疑いで、警視庁に逮捕された。
指定暴力団山口組系元組員の岩崎裕司容疑者(40)は2012年7月、中国人の女(25)に、組員の男(38)を紹介し、うその婚姻届を提出させた疑いが持たれている。

 岩崎容疑者は容疑を否認しているが、組員の男は、「月7万円の上納金に困り、一緒にやった」と話し、容疑を認めている。.

カラオケ店の隣室女子高生に「うるさい」 髪をわしづかみ、顔殴る/奈良

 カラオケ店内の隣室で騒いでいた女子高生に立腹して顔を殴り、けがをさせたとして、奈良県警奈良署は20日、傷害容疑で住居不詳、指定暴力団山口組系組員、森本吉太(こうた)容疑者(22)を逮捕した。「記憶にない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は4月26日午後11時35~55分ごろ、奈良市内のカラオケ店で、県立高校2年の女子生徒(17)の髪をわしづかみにして床に引き倒し、顔を拳で殴り、顔面打撲のけがをさせたとしている。

 同署によると、女子生徒は友人ら4人、森本容疑者は組員1人と来店。女子生徒が友人らと歌っていたところ、森本容疑者が生徒らの個室に来て「外に出てこい」と言い、エレベーター内で暴行したという。

公安委が工藤会事務所に使用制限、集会禁じる/福岡

 福岡県公安委員会は20日、改正暴力団対策法に基づき、特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の本部を含む4事務所に対し使用制限命令を出すことを決めた。事務所での組員の集会などを禁じる措置で、対立抗争中ではない暴力団では全国で初めてとなる。

 県警が命令の可否について判断を仰いでいた。命令を出す理由として県警は、組織犯罪処罰法違反の罪で10月に工藤会トップら14人が起訴された女性看護師襲撃事件を挙げ「今後も事務所が事件の共謀や連絡の場に使われる恐れがある」との見解を示している。

誘拐女性をレイプ後に農家に売り渡し、暴力団員摘発/中国

 19日の中国国営新華社通信(英語版)によると、安徽省の警察当局はこのほど、精神的に障害のある女性を誘拐してレイプしたり殴ったりするなどした後、農家に4千~2万元(約7万7千円~38万4千円)で売り渡していた暴力団員2人を摘発した。

 過去5年間に安徽省や江蘇省の少なくとも10人の女性が同様の被害に遭っているという。警察は4人の女性を「性奴隷」としての生活から救い出した。他の女性の行方も捜している。

 新華社通信は、農家に売られた女性が「性奴隷」として生活していたのかどうかは伝えていない。ただ中国の農村部では、これまで女性をだまして誘拐し「花嫁」として売買する事件が伝えられており、中国国内だけではなく東南アジアの女性も被害に遭っている。

暴力団組員にみかじめ料要求などの中止命令書 大牟田署が交付/福岡

 福岡県警大牟田署は19日午後1時50分、福岡県大牟田市、指定暴力団組員男(41)違反行為者に対し、みかじめ料および用心棒料等要求行為の中止命令書を交付した。

 同署によると、この組員は、昨年11月ごろから、同市内の飲食店経営者(20歳代)に対し、みかじめ料および用心棒料として毎月2万円を受け取っていたが、今年8月31日に、今後も継続的にみかじめ料および用心棒料を支払うよう要求した疑い。

みかじめ料:恐喝の組幹部に懲役3年実刑判決 名古屋地裁

>>関連記事
 名古屋市内の飲食店経営者から「みかじめ料」として現金を脅し取ったとして、恐喝罪に問われた指定暴力団山口組弘道会傘下、稲葉地一家総長、松山猛善(たけよし)被告(59)に対し、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は19日、懲役3年(求刑・懲役3年6月)の判決を言い渡した。山田裁判長は「資金源を維持するための暴力団特有の反社会的動機に基づく事件」と指摘した。

 判決によると、松山被告は2008年7月28日、みかじめ料の支払いを断ろうとした飲食店経営の女性に対し「支払わなければ放火されるぞ」と脅迫し、2年間で現金計78万円を脅し取った。弁護側は無罪を主張していた。
>>関連記事
 女性は12年間に総額約1000万円のみかじめ料を払わされたとして、山口組篠田建市(通称・司忍)組長と松山被告を相手取り、慰謝料など計1735万円の賠償を求める訴訟を起こし、名古屋地裁で係争中。女性の弁護団は19日、「今回の判決は民事事件の解決に大きな力になる」とのコメントを出した。

元モー娘・加護亜依さんの夫を処分保留のまま釈放

>>関連記事
 違法な金利で金を貸し付けたとして警視庁に逮捕されていた元「モーニング娘。」の加護亜依さんの夫が18日、処分保留のまま釈放されたことが分かりました。

 加護さんの夫は去年9月、暴力団幹部の男とともに当時45歳の男性に違法な金利で現金250万円を貸し付けたとして先月、出資法違反の疑いで逮捕されました。加護さんの夫について東京地検は18日、起訴するかの判断を保留したまま釈放しました。

 関係者によりますと、2人が違法な利息を得ていたものの個人間での金の貸し借りであることなどから、東京地検は起訴する必要があるかどうか在宅で調べを続け、判断するものとみられます。取り調べに対し2人は、容疑を否認していました。

恐喝の疑いで組員逮捕-宇都宮南署/栃木

 宇都宮南署は18日までに、恐喝の疑いで宇都宮市簗瀬町、指定暴力団山口組系組員、無職中田政成容疑者(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は、共謀の上、3月と9月、同市西原町の路上で、携帯電話の出会い系アプリなどを使って誘い出した県東在住、会社員男性(24)と県北在住、会社員少年(18)に「夜遅くに14歳と2人でいるのは犯罪」などと脅迫し、運転免許証などを脅し取った疑い。

死体遺棄:容疑で2暴力団員逮捕−筑西/茨城

 県警組織犯罪対策課などは16日、筑西市女方、指定暴力団住吉会親和会大島一家傘下、菊池組幹部、菊池記志容疑者(39)と同市乙、同組員、伊藤佳彦容疑者(35)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は昨年11月上旬、栃木県小山市中島の鬼怒川河川敷で、別の暴力団組員だった筑西市の高松淳さん(当時37歳)の遺体を遺棄した疑い。

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ