FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

逮捕の細江署員 覚せい剤入手に捜査費/静岡


 静岡県内に住む三十代の男に覚せい剤を無償で譲渡したとして、覚せい剤取締法違反(譲り渡し)容疑で逮捕された細江署刑事課の巡査部長横山彰一(しょういち)容疑者(39)=浜松市北区初生町=は、同容疑で逮捕された知り合いの元暴力団組員の四十代の男に捜査費を使って覚せい剤の入手を依頼していた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、横山容疑者は、覚せい剤を入手させる目的とは分からない形で捜査費を請求していたとみられる。四十代の男は二〇〇四~一二年に窃盗、恐喝容疑で県警に逮捕されており、捜査を通じ同容疑者と知り合いだった。

 県警によると、細江署が昨年一年間に摘発した薬物事件はなく、今年は横山容疑者が覚せい剤を譲り渡した三十代の男を逮捕した一件だけ。薬物捜査を担当する同容疑者が実績を挙げるため、四十代の男を使って譲り渡した疑いがあるとみて調べている。

 細江署は四月、横山容疑者の情報を基に三十代の男を同法違反(使用)容疑で逮捕。横山容疑者は情報を入手した経緯を上司に報告していなかったが、四十代の男が四月に別の恐喝事件で逮捕され、所持品から横山容疑者と譲渡に関するやりとりをした痕跡が見つかった。三十代の男は既に静岡地検浜松支部が起訴している。横山容疑者から覚せい剤の陽性反応は出ていない。

 逮捕容疑は、共謀し四月十二日夜、浜松市天竜区の山中に止めた車内で、四十代の男が三十代の男にビニール袋に入った少量の覚せい剤を譲り渡したとされる。県警は二十九日、二人を静岡地検に送検した。ともに容疑を認めている。

医師が注射器転売 覚醒剤と関与/兵庫

 医療用注射器を無許可で大量に販売したとして、兵庫県警生活経済課は29日、薬事法違反(無許可販売)の疑いで、兵庫県姫路市山野井町、医師今井直昭容疑者(63)を逮捕した。

 県警によると、今井容疑者は2009年11月から昨年10月まで医療機器販売業者から約6万4千本を購入。その大半を転売し、覚せい剤の密売をしていた奥本武晴被告(49)=覚せい剤取締法違反罪などで公判中=を通じて覚せい剤使用者に渡ったとみられる。

 今井容疑者は姫路市内で「今井内科循環器科」を経営、理事長を務めている。

10億円相当の覚せい剤密輸 容疑のイラン人逮捕/埼玉

 覚せい剤約15・2キロを密輸入したとして、県警薬物銃器対策課と浦和西署、東京税関は28日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、小川町東小川、イラン国籍の自動車解体業の男(44)を逮捕した。押収された覚せい剤は末端価格で約10億6400万円相当。県警単独の摘発としては量、金額ともに最高という。

 逮捕容疑は4月25日、共謀して香港の貨物会社から、覚せい剤15・2キロが入った段ボール1箱を、男がときがわ町で経営する自動車解体会社に航空便で密輸入した疑い。男は「私は巻き込まれただけだ」と容疑を否認しているという。

 同課によると、覚せい剤は直径約8センチ、長さ約73センチの金属製の筒8本に詰められていた。筒は2本ずつ小分けされ、段ボール箱に梱包(こんぽう)されていた。

 送り主は香港の会社名義で、品名は「サスペンション」になっていた。今月1日に東京税関が成田空港で発見した。県警は組織的に密輸が行われた疑いもあるとみて調べている。

居酒屋でも必要と思い…組員に用心棒代57万円/埼玉

 埼玉県公安委員会は28日、県西部の居酒屋で用心棒行為をしたとして、指定暴力団住吉会系組員(43)に暴力団対策法に基づく防止命令を出した。

 男性経営者(30)にも県暴力団排除条例に基づき暴力団に金を渡さないよう勧告した。同法は12年10月に改正され、防止命令が県内で出されるのは初めて。

 県警捜査4課の発表によると、経営者の男性は2012年7月~今年2月、計57万円を用心棒代として組員に渡したという。

 店員と客が昨年12月、口論し、駆けつけた警察官が組員がいることに気づいて用心棒行為が発覚した。

 県警の調べに対し、男性は「昔働いていたホストクラブに用心棒がいたので居酒屋でも必要だと思った」と話しているという。

屋台でたこ焼き無許可営業=容疑で組幹部逮捕-警視庁/東京

 保健所による営業許可を受けずに歩道上に駐車した車でたこ焼きを調理・販売したとして、警視庁池袋署は29日までに、食品衛生法違反(営業許可)容疑で、指定暴力団極東会系組幹部、寺山隆容疑者(69)=東京都板橋区栄町=を現行犯逮捕した。同容疑者は容疑を認めており「生活のためにやった」と供述しているという。
 同署によると、同法違反容疑で屋台による飲食物販売者が逮捕されたのは都内で初めて。

傷害容疑で暴力団幹部の男逮捕 足利署/栃木

 足利署は29日、傷害の疑いで足利市朝倉町2丁目、指定暴力団住吉会系幹部、無職横井辰也容疑者(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は、21日午後6時半ごろ、横井容疑者の居室で、県南居住の無職女性(35)の顔を殴るなどし、約2週間のけがをさせた疑い。

警察庁長官、山口組の動きに注視 ナンバー2収監へ

>>関連記事
 恐喝罪に問われた指定暴力団山口組ナンバー2の高山清司被告(66)が上告を取り下げ、収監される見通しになったことについて、警察庁の米田壮長官は29日の定例記者会見で、「山口組の内部や他団体との関係に何らかの変化が生ずる可能性もある。関連情報の収集を徹底する」と述べた。

 山口組は国内最大勢力の暴力団。高山被告は26日に上告を取り下げたことで、懲役6年の実刑判決が確定した。米田長官は「暴力団の弱体化、壊滅に向けた取り組みを積極的に推進していきたい」と話した。

漁協利権への介入狙い暴力団関与か 北九州の歯科医襲撃/福岡

>>関連記事
 北九州市小倉北区で歯科医師の男性(29)が刺され重傷を負った事件で、福岡県警は暴力団が関与したとの見方を強めている。男性の父親は市漁協幹部で、6月に控えた組合長選の有力候補と目されている。沿岸の埋め立てなどに絡み、漁業補償を長年得てきた漁協。その利権に介入したいとの暴力団の思惑が背景にあると県警はみている。

 事件は26日に発生した。この日は市漁協の組合長ポストにつながる漁協理事選の立候補締め切り日。捜査関係者は「組合長選を見据えた警告だろう」との見方を示す。

 市漁協の組合長ポストは昨年12月に前組合長(当時70)が同市若松区の自宅近くで何者かに射殺されてから空席のままだ。亡くなった前組合長は、歯科医師の男性やその父親の親族。男性の周辺では1998年にも漁協の元組合長だった祖父も射殺されている。

 前組合長の射殺事件を受けて県警は、父親を「保護対象者」として身辺警護し、3月には歯科医師の男性にも注意を促していた。

 多くの捜査関係者は一連の事件には関係があるとの見方を示し、「若松区の港湾事業をめぐる漁業補償など、漁協の利権に介入したい暴力団の思惑が背景にあるのでは」と話す。漁業関係者も「利権はある」と認める。

 若松区に面した響灘は、60年代から今に至るまで、市や国、企業による大規模な埋め立て工事が続いてきた。港や工業用地、廃棄物や残土の処分場造成――。市や県によると、若松区に本所を置く市漁協側には、100億円を超す漁業補償が支払われたという。

山口組:組員隠してレンタカー借りた直参ら2人逮捕

 ◇レンタカー契約の暴排条項を巡る詐欺容疑は全国初

 暴力団組員であることを隠してレンタカーを借りたとして、兵庫県警は28日、三重県四日市市に本拠を置く山口組直系組織「愛桜会」会長、菱田達之容疑者(58)と同会組員(50)を詐欺容疑で逮捕した。菱田容疑者は「直参」と呼ばれる山口組直系組長の一人。

 逮捕容疑は、2人は共謀して3月中旬、四日市市のレンタカー会社営業所で、暴力団組員であることを隠し、ワゴン車1台を借りる契約を結んだとしている。契約の約款は暴力団関係者への貸し出しを禁じていた。

 捜査関係者によると、レンタカー契約の暴排条項を巡る詐欺容疑の適用は全国初。菱田容疑者らは山口組総本部(神戸市灘区)との往復にレンタカーを使っていたという。

山口組系傘下の組長逮捕=振り込め詐欺容疑、被害1億円か-警視庁など

 親族らを装って、高齢女性から現金500万円をだまし取ったとして、警視庁と島根県警の合同捜査本部は28日、詐欺容疑で指定暴力団山口組山健組傘下の組長、長田直樹容疑者(53)=東京都立川市若葉町=ら男2人を逮捕した。「だましていない」などといずれも否認しているという。

 警視庁捜査2課によると、長田容疑者は振り込め詐欺グループの中で、現金受け取り役をまとめるリーダー格とみられる。警視庁と島根県警が今年、受け取り役の男らを逮捕し、組織の実態解明を進めていた。

 これまでに長田容疑者らを含む11人が逮捕され、被害は、東京、千葉、神奈川の3都県で少なくとも約20件、総額1億円に上るという。

殺人未遂容疑で組長逮捕 宇都宮、組員2人刺傷事件/栃木

>>関連記事
 宇都宮市で4月、指定暴力団稲川会系の組員2人が刺されて重傷を負った事件で、栃木県警は27日、殺人未遂容疑で指定暴力団住吉会幸平一家傘下組長、篠田利一容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月14日午後8時ごろ、別の組員と共謀し、宇都宮市元今泉のファミリーレストラン駐車場で、水野健組員(44)と高久智之組員(35)の腹などを刺し、それぞれ1カ月の重傷を負わせた疑い。県警によると「知らない」と容疑を否認している。

 県警は暴力団同士のトラブルとみて捜査し5月9日、篠田容疑者と配下の組員を殺人未遂容疑で指名手配していた。27日夜、埼玉県坂戸市のホテルで捜査員が篠田容疑者を発見し、逮捕した。組員の行方は分かっていない。

山口組ナンバー2:高山被告上告取り下げ 懲役6年確定

>>関連記事
 京都市内の建設業の男性から「みかじめ料」名目で現金4000万円を脅し取ったとして、恐喝罪に問われた指定暴力団山口組ナンバー2で弘道会総裁、高山清司被告(66)が26日、最高裁への上告を取り下げた。懲役6年とした1、2審判決が確定した。

 昨年3月の京都地裁、今年2月の大阪高裁での判決によると、高山被告は2005〜06年、山口組傘下の別の幹部らと共謀し、男性から計3回、現金を脅し取った。高山被告は恐喝には直接関わっていないなどとして無罪を主張していた。

男性歯科医刺傷事件 親族2人が過去に射殺 暴力団関係者中心に捜査 福岡県警

 北九州市小倉北区の駐車場で26日午前、男性歯科医(29)が刺され重傷を負う事件があり、男性の親族2人が16年前と昨年に銃撃され殺害されていたことが同日、捜査関係者への取材で分かった。

 うち1人の事件では、北九州を拠点とする特定危険指定暴力団工藤会」系組長が摘発されており、福岡県警は暴力団関係者を中心に捜査を進めている。

 捜査関係者によると、平成10年2月に、歯科医の祖父で港湾工事に影響力のあった梶原国弘さん=当時(70)=が市内の繁華街で射殺され、その後、工藤会系組長2人が殺人罪で無期懲役などの実刑判決を受けた。

 昨年12月には、梶原さんの弟で北九州市漁協組合長の上野忠義さん=当時(70)=が、市内の自宅近くで何者かに銃撃され死亡した。上野さんも市内の海岸で市が進めるごみ処理場建設計画で漁業補償交渉を担当しており、県警は今回の事件との関係についても調べている。

トカレフ1丁と実弾所持 漁師と暴力団組長を逮捕 千葉県警

 千葉県警は、銃刀法違反(拳銃加重所持)の疑いで同県御宿町岩和田、漁師、殿岡和也容疑者(42)と、同県勝浦市新官、指定暴力団双愛会系組長、米山輝容疑者(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は23日、共謀して殿岡容疑者の自宅で、トカレフ型の自動装填式拳銃1丁と実弾14発を所持したとしている。いずれもアタッシェケースの中に入っていた。

 県警によると、殿岡容疑者は「ケースを預かっただけで中身は知らなかった」と否認。米山容疑者は黙秘している。

続きを読む »

組事務所差し止め訴訟:報復に配慮、名前秘匿 広島地裁

 公益財団法人「暴力追放広島県民会議」が指定暴力団5代目共政会2代目有木組に組事務所(広島市中区)の使用差し止めなどを求めた訴訟で、広島地裁が報復への不安に配慮し、訴訟を委託した住民の氏名を裁判資料に明記しない判断をしたことが、訴訟関係者への取材で分かった。

 訴訟は今年2月、改正暴力団対策法に基づく「適格団体による代理訴訟制度」を使い、組事務所周辺の住民数十人が県民会議に委託する形で全国で初めて提訴。住民が生活不安で人格権を侵害されたと主張している。

 関係者によると、地裁は暴力団からの嫌がらせなど住民の負担を軽減する代理訴訟の趣旨を踏まえ、裁判資料に住民の住所や名前を記載せず、個人特定のためには運転免許証や健康保険証の番号の記載で足りると判断したという。

 この制度では、認定を受けた団体が住民に代わって組事務所の使用差し止め訴訟を起こすことができる。

浪川睦会ナンバー2を逮捕 福岡県警、免許不実記載疑い /福岡

 運転免許証の更新の際に生活実態のない住所で申請し、交付を受けたとして、福岡県警は22日、特定抗争指定暴力団浪川睦会(同県大牟田市 旧九州誠道会)幹部、高柳弘之容疑者(47)=住所不詳=を免状不実記載の疑いで逮捕した。

 県警によると、高柳容疑者は浪川睦会のナンバー2に当たるという。

 逮捕容疑は2012年11月13日、福岡市南区の運転免許試験場で、生活している形跡のない住所を記した更新申請書を提出。免許証に実際とは異なる記載をさせた疑い。

 県警によると、申請に使われた住所地の住宅は07年に電気やガスの契約が解約されていたという。

みかじめ料などを受け取っていた暴力団組長に暴力的要求行為の中止命令/和歌山

 和歌山県警察本部組織犯罪対策課と和歌山東警察署は22日、和歌山市内の飲食店から用心棒代 みかじめ料などを要求したとして和歌山市の指定暴力団山口組系傘下の51歳の組長に対し、暴力団対策法に基づく暴力的要求行為の中止命令を出した。

 中止命令を受けたのは、和歌山市園部の指定暴力団山口組系傘下組長、大野裕昭51歳。

 警察によると大野組長は、和歌山市内の5つの飲食店にみかじめ料や用心棒代を要求し、現金を受け取っていたという。
 警察は、大野組長に対し、5つの飲食店に金銭などを要求しないよう、暴力団対策法に基づく暴力的要求行為の中止命令を出した。

恐喝未遂の容疑で組幹部逮捕 宇都宮東署/栃木

 宇都宮東署は22日、恐喝未遂の疑いで宇都宮市簗瀬1丁目、無職、指定暴力団住吉会系幹部高島信二容疑者(60)を逮捕した。

 逮捕容疑は、4月1日午後7時半ごろ、同市宿郷3丁目地内の飲食店で、交際を断られた女性の交際相手の県央在住、40代の男性に対し、「ケジメをつけるのは当然」「いくらでもいいから持ってこい」などと言って金銭を脅し取ろうとした疑い。同署によると容疑を否認している。

「安さ一番」名古屋のトップカメラ店長、盗品買い付け容疑で逮捕/愛知

 盗品と知りながらデジタル一眼レフカメラなどを買い取ったとして、愛知、岐阜両県警の合同捜査本部などは21日、盗品等有償譲り受け容疑で名古屋市のトップカメラ本店の店長、大塔一夫容疑者(40)=同市中区大須=を逮捕した。「盗品とは知らなかった」と容疑を否認している。

 昨年7月から今年2月にかけ愛知県内の別のカメラ量販店からカメラなどが盗まれる事件が16件発生。合同捜査本部は昨年11月の事件に関与した疑いで指定暴力団山口組系組幹部、山田博一容疑者(50)を14日に逮捕した。大塔容疑者が頻繁に連絡を取り合っていたことから疑いが浮上した。

 容疑は昨年11月19日ごろ、盗品と知りながらデジタルカメラなど39点を山田容疑者から約262万円で買い取った疑い。買い取ったカメラは販売していたとみている。本店在庫品の中から事件で盗まれたカメラなど約80点を発見した。トップカメラはカメラや宝飾品など中古品の買い取りを実施、中古カメラの品ぞろえは「東海ナンバー1。安さ一番」とうたっていた。

外国通貨詐欺未遂事件で暴力団事務所を捜索/神奈川

 外国通貨の購入を持ちかけ、多額の現金をだまし取ろうとしたとして暴力団組員の男ら3人が逮捕された事件で、県警は21日、横浜市の稲川会系暴力団事務所に家宅捜索に入った。

 この事件は今年4月、中東シリアの通貨購入を持ちかけ、宇佐市内の女性から現金700万円をだましとろうとしたとして、暴力団組員の藤野戸亮容疑者ら男3人が詐欺未遂の疑いで逮捕された。

 事件の裏づけ捜査のため、県警は21日、神奈川県警と合同で藤野戸容疑者が所属する横浜市の稲川会林一家の事務所に家宅捜索に入った。
 警察は事件が組織的な犯行とみて暴力団との関わりについても追及する方針。

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事