FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

暴力団排除条例 関係遮断への報復を阻止せよ

 暴力団排除条例が東京都と沖縄県で施行され、同様の条例が全都道府県で出そろった。

 一般の企業や個人に対し、暴力団への利益供与を禁じた点が条例の最大の特徴だ。組織を規制対象とした暴力団対策法(暴対法)と併せ、暴力団に“包囲網”を敷く好機とすべきだ。警察は暴対法と条例を積極的に活用してもらいたい。

 条例は、企業や個人が暴力団の威力を利用したり、活動を助長したりすると、公安委員会から勧告を受けると規定している。飲食業者が「みかじめ料」を払ったり、ホテルが組員に宴会場を貸したりする行為がこれに当たる。

 要求した組員も処罰対象だ。

 勧告に従わないと「密接交際者」として企業名が公表される。新たな銀行融資は受けられなくなる。社会的信用を失い、事業の存続も危うくなる。企業にとっては、重い義務が加わったことになる。

 暴力団の資金源を断つことが条例の最大の狙いだ。企業側の協力があってこそ効果が発揮されるのは言うまでもない。

 問題は、組織に毅然(きぜん)とした対応を取ろうとした企業や国民に対して、警察がどこまで安全を保障できるかだろう。

 一般人に、相手が暴力団関係者かどうかを見抜くのは容易ではない。表面上は組織と無関係を装った「フロント企業」などで活動を続ける組関係者は少なくない。

 気がつけば深い関係に陥っていて、断ち切ろうとすると脅されたり、嫌がらせされたりする。

 実際、今年全国で起きた暴力団の発砲事件の多くは、関係を遮断しようとした企業に対するものだった。暴力団排除の動きを暴力で封じようとする卑劣な行為だ。

 警察は、取り締まりを徹底しなければならない。

 組織がこうした報復行為に出られないような仕組みを作ることも大切である。警察庁は、報復の防止につながるような暴対法の改正を検討している。

 企業や国民の協力を得るためには、警察が国民の生命・財産を暴力団から守り通すという強い姿勢を示すことが重要だ。

 どんな行為が利益供与に当たるのか、条例の規定にあいまいな部分があるのは気がかりだ。相談態勢を拡充し、具体例を挙げるなどして丁寧に説明すべきだろう。

 暴力団に関する情報照会についても、警察は迅速かつ積極的に応じてもらいたい。

 警察、企業、国民が連携し、反社会的勢力の根絶を図りたい。

暴力団隠し通帳詐取 容疑の稲川会系組員逮捕/神奈川

 神奈川県警暴力団対策課と川崎署は5日、詐欺の疑いで、川崎市川崎区田島町の指定暴力団稲川会系組員、佐々木剛容疑者(39)を逮捕した。

 同課によると、佐々木容疑者は今年1月、川崎市川崎区の銀行で銀行口座を開設する際、暴力団組員であることを隠して契約し、預金通帳とキャッシュカードをだまし取った疑いが持たれている。

住吉会系組幹部を再逮捕 間違えて民家に発砲/埼玉

>>関連記事
 埼玉県警は5日、殺人未遂や器物損壊などの疑いで、住所不定、指定暴力団住吉会系組幹部、笠間孝容疑者(56)=銃刀法違反罪などで起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、8月3日未明、埼玉県越谷市蒲生寿町で、同じ組の会長代行の男性(57)を射殺する目的で、会長代行宅と間違えて隣の民家の玄関ドアや窓ガラスなどに銃弾計4発を発砲し、敷地内に侵入した疑い。

 県警によると、笠間容疑者は「発砲は認める」と供述している。事件後、タクシーで逃走中に銃刀法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された。民家には住人がいたが、けがはなかった。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事