FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

事故装い保険金詐欺の7人逮捕 玉島署/岡山

>>関連記事
 暴力団関係者らのグループが交通事故や失火を装った保険金詐欺容疑事件で、岡山県警交通指導課と玉島署などの合同捜査本部は8日、詐欺の疑いで、福山市草戸町、元指定暴力団山口組系組幹部池上龍太郎(50)ら5容疑者を再逮捕、倉敷市玉島上成、建設作業員出宮義正(47)、同市下津井田之浦、板金修理業板田徹也(42)の両容疑者を逮捕した。

 一連の事件の逮捕者は計18人となった。

 7人の逮捕容疑は、2010年2月7日午前5時40分ごろ、倉敷市玉島道口、市道脇の荒れ地に出宮容疑者の軽ワゴン車を転落させる事故を偽装。出宮容疑者加入の保険会社(東京)に「ハンドル操作を誤った」として車両保険などを請求し、計415万9550円をだまし取った疑い。

 同署によると、池上容疑者が指示役で、他の容疑者が見張り役や実行犯などの役割を分担していた。

 他に逮捕されたのは倉敷市玉島八島、建築業中島隆志(45)▽井原市東江原町、自動車修理販売業高山秀夫(33)▽倉敷市玉島柏台、土木作業員橋本仁(40)▽同市玉島道口、建設作業員楠木政樹(39)4容疑者。

暴力団事務所に呼びつけ暴行、現金を要求-習志野/千葉

 知人男性から現金を奪おうと暴行したとして、千葉県警習志野署は8日、強盗致傷の疑いで、指定暴力団稲川会系組員、松島真次容疑者(51)=千葉市花見川区長作町=、同組員、木下勉容疑者(46)=同県船橋市三山=ら4人を逮捕した。同署によると、松島容疑者は容疑を認めているが、木下容疑者ら3人は「その場にいたが手は出していない」などと否認している。

 逮捕容疑は1日午後10時半から約2時間、知人の男性会社員(50)を千葉市花見川区の組事務所に呼び出し、因縁をつけてハサミで胸を切るなど暴行を加え、現金二百数十万円を要求したとしている。男性は顔や胸などに約3週間のけがを負った。

証人威迫などの容疑で傍聴人の暴力団幹部逮捕 大宮・パチンコ景品交換所強盗事件公判で/埼玉

 さいたま市大宮区のパチンコ景品交換所で平成22年10月、現金約3700万円が奪われた事件で、強盗の罪に問われた男の裁判で法廷内の被告を脅したとして、埼玉県警捜査1課と大宮署などの合同捜査班は8日、証人威迫と脅迫の疑いで、川口市南町、暴力団幹部で自称会社役員、石川徹容疑者(47)=犯人隠避容疑で逮捕、起訴猶予=を再逮捕した。石川容疑者は「言葉を発したことは間違いない」などと供述しているという。

 捜査1課などの調べでは、石川容疑者は6月13日、さいたま地裁で開かれた仙波信行被告(31)の公判を傍聴し、閉廷直後の仙波被告に傍聴席から歩み寄り、「余計なことベラベラしゃべりやがって、この野郎」などと言って脅した疑いが持たれている。

 この事件では、強盗や犯人隠避などの容疑で石川容疑者ら数人が逮捕されている。

 起訴状などによると、仙波被告は仲間数人と共謀し、22年10月11日午後6時5分ごろ、さいたま市大宮区宮町のパチンコ景品交換所に押し入り、現金約3700万円を奪ったとされる。

粘土状、紙に挟みコカイン密輸、容疑の元組員ら逮捕

>>同一記事
 水分を含ませて粘土状にしたコカインを紙にはさみ、書類を装って密輸したとして、大阪、京都両府警などは8日、麻薬取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、奈良市四条大路南町の知念昇容疑者(60)ら元暴力団組員2人を逮捕したと発表した。

 大阪府警によると、調べに対して知念容疑者らは「全く知らない」などと否認しているという。

 知念容疑者の逮捕容疑は、今年2月、粘土状にしたコカイン約400グラム(末端価格約2400万円相当)をA4判用紙2枚の間にはさんで書類を装い、アルゼンチンから国際郵便で密輸したとしている。

 粘土状のコカインは、乾燥させると粉末に戻ったという。

「覚醒剤使って性交渉すると大胆に…」男性同士用の出会い系サイトで覚醒剤販売 男2人逮捕

 インターネットの男性同士用の出会い系サイトで出会った男性に覚醒(せい)剤を売ったとして、警視庁組織犯罪対策5課は、覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)などの疑いで、住所不定、指定暴力団住吉会系組員、舟木康仁(34)と岡山県笠岡市五番町、契約社員、木村宏一(38)の両容疑者を逮捕した。

 同課によると、2人とも容疑を認め、木村容疑者は「覚醒剤は男性に売っていた。自分でも覚醒剤を使って性交渉をすると、大胆になれるし、自分とは違う自分になれる気がした」と供述しているという。

 同課は2人が今年2~7月、覚醒剤を売るために、出会い系サイトに隠語を使い約300回にわたって書き込み、集客。覚醒剤を延べ370人に販売し、約700万円を売り上げたとみている。

 逮捕容疑は、今年5月15日、東京都新宿区西早稲田のマンションで、男性会社員(28)に、覚醒剤約0・2グラムを2万円で売ったなどとしている。

コカイン、紙に塗って密輸…書類装う

 コカインをペースト状にしてのりのように紙に塗り、書類を装って密輸したとして、大阪、京都両府警と大阪税関が、元暴力団組員2人を麻薬及び向精神薬取締法違反などの疑いで逮捕していたことがわかった。

 捜査関係者によると、2人は奈良市四条大路南町の知念昇容疑者(60)と、大阪市西成区の藤本吉秀被告(58)(同法違反などで起訴)。知念容疑者は今年2月に約400グラム(末端価格2400万円)、藤本被告は同3月に約260グラム(同1560万円)のコカインを、それぞれアルゼンチンから国際郵便で密輸した疑い。

 何らかの方法でペースト状にしたコカインをA4用紙に塗り、2枚貼り合わせて、表から見えないよう細工。用紙には外国語の文字が印字されており、書類を装い、十数枚セットで封筒に入っていた。はがして乾燥させると、コカイン粉末が浮かび上がる仕組みで、関西空港で税関職員が検査中に発見。宛先の奈良市内のアパートなどに出入りする2人を割り出した。いずれも「身に覚えがない」と否認しているという。

暴力団組員企画の行事に空港跡地貸し出し不許可/和歌山

 和歌山県警は8日、旧南紀白浜空港跡地(白浜町)の県有地部分を使って暴力団組員がイベントを主催しようとしたとして、県と連携し、組員に跡地の貸し付け申請の不許可を通告する排除措置をしたと発表した。

 県警によると、山口組傘下組織の組員(29)が旧空港跡地を会場に「ドレスアップフェスティバル 第1回KSK杯」を予定。6千円~1万5千円のエントリー料などを取ってドレスアップ(装飾)した車を集め、競い合う内容で7日に開く予定だった。

 県警が「主催者は暴力団組員」との情報を得て調べたところ、情報通りイベント開催目的で跡地の貸付申請書が6月下旬に組員から県に提出されていた。このため、県港湾空港振興課が県暴力団排除条例を根拠に今月1日、貸し付け不許可を通告した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事