FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

野々市町の中1連れ去り:身代金を要求、元組員に懲役6年/石川

>>関連記事
 野々市町で昨年12月、中学生の女子生徒(当時13歳)を連れ去り、身代金を要求したとして、身代金目的略取などの罪に問われた金沢市大額1、元暴力団組員、上出忠典被告(46)の裁判員裁判の判決が5日、金沢地裁であった。神坂尚裁判長は「被害者に与えた被害は大きく、上出被告は犯行で重要な役割を果たした」として、懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。

 判決によると、上出被告は借金返済に充てる目的で、同じ暴力団に所属していた元組員の男(48)ら2人と犯行を計画。3人は共謀して昨年12月8日、野々市町の町道で、自転車で登校中の女子生徒を車で連れ去り、生徒の自宅に1億円を要求する電話をかけた。

 弁護側は「上出被告は暴力団や、元組員の男性に恐怖を抱いており、元組員の男性からの指示に逆らえず、犯行に及んだ」と主張。自ら望んで犯行に関与したわけではないとして、情状面での配慮を求めていた。しかし、神坂裁判長は「両者の人間関係を見ると、上出被告は、指示を拒絶できずに犯行に加わったとはいえず、金銭目的の犯行だった」と退けた。

鳴門の発砲:逮捕の男性、不起訴-地検/徳島

>>関連記事
 鳴門市の神戸淡路鳴門自動車道・鳴門インターチェンジ付近で4月にあった発砲事件で、元暴力団組員の男(49)=殺人未遂罪などで起訴=と共謀したとして殺人未遂容疑で逮捕された男性(40)について、徳島地検は5日、嫌疑不十分で不起訴処分にしたと発表した。

同地検は理由について、「犯罪事実を認定する証拠がなかった」としている。

弘道会相談役を不起訴処分 福岡地県

>>関連記事
 福岡地検は5日、長崎大病院(長崎市)の改修工事をめぐる強要と恐喝の疑いで逮捕された指定暴力団山口組弘道会の相談役で「西部連合」の武藤宏史会長(70)=福岡市東区=ら3人を、いずれも嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 武藤会長は弘道会の九州地区トップ。地検は「起訴するに足る証拠がなかった」としている。

 福岡、長崎両県警の合同捜査本部は、平成21年に改修工事の下請けに入った建設会社の会長を脅し、4千万円を支払うと約束させた強要容疑で、6月に3人を逮捕。

 さらに建設会社会長から2千万円を脅し取り、2千万円を要求したとする恐喝容疑で7月に再逮捕していた。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事