FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

人気モデル・高橋歩美、大麻取締法違反容疑(所持)で現行犯逮捕/東京

微量の乾燥大麻を自宅に隠し持っていたとして、26歳の人気モデルの女が、警視庁田無署に逮捕されていたことがわかった。
大麻取締法違反の現行犯で逮捕されたモデル・高橋歩美(あゆみ)容疑者(26)=東京都板橋区中板橋=は29日、東京都内の自宅マンションの一室に、微量の乾燥大麻、0.9グラムを隠し持っていたところを、警視庁の捜査員に発見され、取り押さえられた。

田無署によると、別の事件で逮捕された交際相手の指定暴力団、極東会系周辺者(32)をかくまった疑いがあるとして、犯人隠避容疑で自宅を家宅捜索された際、乾燥大麻が見つかったという。

調べに対し、高橋容疑者は「都内のクラブで知り合った男から買った」「これは自分で買ったもので、あぶって使用した」「1年ぐらい前から自分で使っていた」と供述しているという。また「覚醒剤も知人から買っている」と供述し尿検査で覚醒剤の使用反応も出ているといい、同署は覚せい剤取締法違反容疑でも追及する。

高橋容疑者は、映画やCMなどにも出演していたという。

未公開株被害相次ぐ 投資経験ある人狙う?/静岡

◇「勧誘は詐欺だと疑え」 4~7月、相談額5億1700万円
 本来は価値のない株を、「近く上場され高値で取引できる」などとうたい、お金をだまし取る「未公開株詐欺」が県内で相次いでいる。もっともらしい会社のパンフレットや株券を郵送してきたり、別の投資会社を名乗る人物から、「うちが高値で買い取るからとりあえず買って」と電話があるなど手口が巧妙だ。被害額は1人あたり約400万円と高額で、県や県弁護士会が注意を呼びかけている。【平塚雄太】

 昨年12月、静岡市内に住む60歳代の男性方に、自転車駐輪台製造の特許がある会社から、パンフレットと案内文書が届いた。「今度上場するから株を買ってほしい、毎月0・2%の配当がある」という内容だった。

 株式投資の経験があった男性は興味を持ったが、最初は信じられず、翌日にかかってきた勧誘の電話は断った。だが別の投資会社を名乗る人物からも、「その株券が案内されるなんて、あなたは幸運だ。すぐ買った方がいい」「値上がり確実だから、買ってくれればうちの会社が高値で買い取る」と電話がかかってきた。度重なる電話に説得され、男性は株券の代金約1500万円を振り込んだ。

 株券が届き、最初の3カ月は男性の銀行口座に0・2%にあたる3万円が入ってきた。4月からは入金が途絶えたが、男性も詐欺だと思わず、株は近く値上がりすると信じていた。見かねた妻が県弁護士会に相談した。

 鶴岡寿治弁護士が調べたところ、特許を持つその会社は実在したが、数年前に実質的に倒産していた。倒産の手続きがなされず放置されていた会社を、最近になって買い取った人がいたことも分かったが、行方がつかめなかった。

 使われた事務所は空き部屋、電話は取り次ぎの代行サービスで、一定期間を過ぎると代行契約を終了する仕組みになっており、手掛かりを残さない。

 鶴岡弁護士は、「会社の名義を買い取り、詐欺に利用したのだろう。しばらくお金を振り込んで信用させるのも、詐欺だと気づかせない手口。暴力団関係者など、プロの犯罪集団がかかわっている」と指摘する。投資経験がある人ばかりが狙われ、鶴岡弁護士は、「投資家名簿が出回っている」と推測した。

 県の県民生活課や県内21市町の消費生活センターによると、今年4~7月にあった未公開株詐欺の被害相談は125件、約5億1700万円。昨年同時期に比べ24件、約3億8200万円も増加した。特に60~70代の高齢者が多く、1人あたり約400万円と高額の被害に遭うのが特徴だ。県民生活課の野毛(のげ)勉・消費相談啓発班長は、「相談先が分からなかったり、世間体を恐れて言い出せない人もいる。把握できている被害は氷山の一角だろう」と話す。

 昨年、鶴岡弁護士らは県警に詐欺容疑で刑事告発したが、まだ逮捕者は出ていない。鶴岡弁護士は、「取り返せる見込みは少なく、まず被害に遭わないことが重要だ。未公開株が売られる機会は非常に少ない。未公開株の案内が来たら詐欺だと疑うべきだ」と警鐘を鳴らす。県民生活課は、勧誘や被害があった場合は、県消費者ホットライン(0570・064・370)に相談してほしいと話している。

4400万円詐取の疑い 5人再逮捕

■教材費名目
 道警や愛知県警などの合同捜査本部は30日、札幌市西区発寒15条1丁目、会社員木村要容疑者(40)ら5人=いずれも詐欺罪で起訴=を詐欺の疑いで再逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。

 道警捜査2課によると、5人は2009年3月~9月、弁護士などを名乗って愛知県田原市の会社員男性(61)に電話し、「10年前に経営コンサルタントの通信教育の教材を買う契約をしている。まだ未払い分がある」などとうそを言って延滞金や和解金名目で85回にわたり、計4400万円をだまし取った疑い。木村容疑者らは実際の通信教育の顧客の名簿を業者から買って悪用していたという。

 木村容疑者らのグループにだまされた振り込め詐欺の被害者は全国の26都府県に及び、被害額は計約4億円に上ると合同捜査本部はみている。その一部は山口組系暴力団組幹部の関係する口座に流れていたとみて捜査を進めている。

暴力団排除条例あす施行/長野

活動支える事業者の行為禁じる 
暴力団の弱体化を目的とした県暴力団排除条例(暴排条例)が9月1日に施行される。暴力団への利益供与などで活動を支える事業者の行為を禁じたのが大きな特徴。県警は「社会全体で暴力団排除の機運を高めていきたい」と効果に期待している。

 県警組織犯罪対策課によると、今年1月現在、長野県内の暴力団は35組織、組員を含めた関係者は約1000人(準構成員含む)。うち約8割を指定暴力団山口組系が占め、全体数は横ばい傾向という。1992年の暴力団対策法施行後も一定の勢力を維持しているのが実態で、同課は「暴力団の威力を利用したり、活動資金を提供したりして、様々な業種の共生者が潜在している」と背景を分析する。

 暴排条例の目的の一つは、暴力団に協力する悪質な「共生者」の排除だ。これまでは合法的な経済活動で得た利益を暴力団に提供する行為を取り締まる法律がなかったが、条例では直接・間接を問わず、事業者による暴力団への利益供与を禁じた。物品の購入や貸借など、内容は通常の企業サービスでも、暴力団への協力が目的と認められる場合は、禁止行為に該当する。

 罰則はないが、違反事業者が県公安委員会の勧告に従わない場合、公安委は事実を公表できる。

 嫌々ながら暴力団の要求を受け入れてきた事業者もいるとみられるが、同課は「暴力団員から用心棒代などを求められた際、条例が要求を拒否する後ろ盾になれば」としている。

 事業者側の暴力団排除の取り組みも進んでいる。県警は今年6月、山口組弘道会幹部が県内のゴルフ場で、暴力団であることを隠してプレーしたとして詐欺容疑で逮捕した。この事件では、ゴルフ場の利用約款に明記されていた「暴排条項」が摘発の根拠となった。約款や契約書面に暴排条項を入れる事業者は増加傾向で、一定の効果があるという。

 県内の自治体では、事業者だけでなく、個人による利益供与も禁止した独自の暴力団排除条例を制定する動きも広まっている。県警組織犯罪対策課の降旗大造次長は「条例施行を機に、県民一体となって暴力団排除の取り組みを進めていきたい」と話している。

県暴力団排除条例 暴力団の威力を利用する目的で利益を与えることや、学校などの周囲200メートルに暴力団事務所を開設することなどを禁止する。一部の条項には罰則(1年以下の懲役または50万円以下の罰金)も設けた。県警によると、暴排条例は10月1日までに全都道府県で施行される。

暴力団からの贈答品受注の自粛を百貨店協会に要請 大阪府警

 大阪府暴力団排除条例が4月に施行されたことを受け、大阪府警捜査4課は30日、大阪百貨店協会に対し、暴力団名での中元や歳暮などを受注しないよう要請した。条例で禁じられている暴力団の活動助長や利益供与にあたる恐れがあるとしている。

 同様の取り組みはすでに福岡、兵庫、愛知などで実施されており、全国的に広がっている。

 同協会に加盟しているのは、大丸松坂屋や阪急阪神、高島屋など大手百貨店7社。府警は、送り主や受け手に暴力団の団体名が明記された贈答品の受注や、団体名が記載された商品製作の受注を自粛するよう求める要請書を渡した。

島田紳助 暴力団幹部にイチローのユニフォーム贈呈との情報

 8月23日、「黒い交際」により芸能界引退を発表した島田紳助は、問題となった暴力団幹部のB氏との関係について、10数年の付き合いで会った回数は「4、5回」と説明した。しかし、ある山口組関係者は一笑に付す。

「B氏と紳助は家族ぐるみのつき合いで、年に何回かは会っていた。イチローが大リーグに行った直後には、紳助がB氏に『僕、イチローのユニフォームもらってきますから』といってご機嫌をとっていた。その後、本当に紳助がプレゼントしたのかはわからないが、B氏の組事務所の部屋にはイチローのマリナーズのユニフォームが飾られていた」

 また、紳助は、窮地を救ってくれたB氏への恩義を忘れず、ことあるごとに連絡をとっていた。

 B氏も、紳助が副業の飲食店をオープンするたびに顔を出していたといわれる。例えば、紳助が4年前にバーをオープンした際には、店を訪れ、祝儀代わりに料金以上の金を支払ったこともあったという。

 また、紳助はB氏と直接会う機会は少なかったものの、B氏の関係者からいろいろと面倒を見てもらっていたとの証言がある。

「東京では、B氏の組の枝(傘下団体)の若い子が、よく紳助を羽田空港からテレビ局まで送っとったよ」(元山口組関係者)

 会見で「自分の中でセーフと思っていた」と語った紳助だが、実際には“ズブズブ”の関係だった。

※週刊ポスト2011年9月9日号

女性宅に侵入し暴行 容疑で暴力団員逮捕/和歌山

女性宅に侵入し暴行したとして、和歌山東署は29日、住所不定、無職(山口組系指定暴力団組員)の岸本紀男容疑者(42)を住居侵入と傷害の容疑で逮捕した。

同署によると、岸本容疑者は15日午前6時ごろ、和歌山市内の元内縁の妻の女性(43)から復縁を断られていることに腹を立て、マンション3階にある女性宅にベランダの掃き出し窓を蹴り割って侵入。「なめんなよ。ふざけやがって」と怒鳴りながら女性を引き倒し、後頭部や背中などに殴る蹴るの暴行を加え、全治約1週間の全身打撲を負わせた疑い。また、仲裁に入った女性の知人男性(49)にも暴行を加え、右手の薬指骨折など全治4週間のけがをさせた。

女性宅はマンションの角部屋で、岸本容疑者はフェンスを乗り越え機械室に登ってベランダに入ったという。岸本容疑者は侵入したことを認めているが、傷害については「暴行はしていない」と否認しているという。

6億円強奪事件、運転手の男起訴 首謀者の疑い/東京

>>関連記事
 東京都立川市の警備会社から約6億円が強奪された事件で、東京地検立川支部は30日、強盗傷害罪などで東京都羽村市、トラック運転手藤沢千秋容疑者(41)を起訴した。警視庁立川署捜査本部によると、藤沢被告は暴力団関係者とみられる。指示役とされる会社役員蓑田哲郎被告(46)=同罪などで起訴=らと面識があるといい、現金強奪後の犯行グループと頻繁に連絡を取っていたことなどから、首謀者だった疑いがあるという。

 起訴状によると、藤沢被告は蓑田被告らと共謀し、5月12日午前3時ごろ、日月警備保障立川営業所に侵入。男性警備員を暴行し、現金を強奪したとしている。

暴力団組員を強盗致傷容疑で逮捕 佐野署/栃木

 佐野署は30日、強盗致傷の疑いで茨城県桜川市、指定暴力団住吉会系組員、瓦職手伝い雨谷晃一容疑者(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前4時33分ごろ、氏名不詳の数人と共謀し、佐野市馬門町の会社事務所で、会社役員(35)に催涙スプレーのようなものを吹き付けて金品を奪おうとし、会社役員に足の指骨折などのけがをさせた疑い。同署によると、容疑を認めている。

道仁会と誠道会に家宅捜索

29日、福岡県大牟田市の指定暴力団・九州誠道会の関係先に、銃弾が打ち込まれたような痕が見つかったことを受けて、警察は九州誠道会と対立する道仁会の事務所などを家宅捜索した。

このうち、久留米市上津町の指定暴力団・道仁会の会長宅には、今日午前11時前に、福岡県警の捜査員30人ほどが家宅捜索に入った。

この家宅捜索は、きのう、大牟田市礫野にある指定暴力団・九州誠道会の組員が寝泊りしている建物に銃弾が撃ち込まれたような痕が見つかったことを受けて行われた。

警察は今日、九州誠道会道仁会の双方の事務所や関係先などあわせて11か所に家宅捜索を行った。

九州誠道会道仁会の間では4日前に、道仁会の会長宅が襲撃されるなど手りゅう弾や銃を使った抗争事件が相次いでいる。

島田紳助メールのやり取り詳細暴露 週刊誌報道で「黒い交際」浮彫に

週刊誌各誌が、島田紳助さん(55)の「黒い交際」が分かるメールのやり取りを暴露している。そこから、紳助さんを引退に追い込んだ情報源が少しずつ分かってきた。

携帯電話のメールのやり取りと言えば、本人同士しか分からないのが普通だろう。しかし、週刊誌各誌の引退特集では、50~100通余にもわたる島田紳助さんのメール文面そのものが紹介されていた。

メール106通に「接待」など文面

メール文面も暴露


週刊現代の2011年8月29日発売号では、50通のメール内容が報じられているが、その入手元は明らかにされていない。しかし、週刊朝日は、30日発売号で、メールが添付されていたソースを明らかにした。

それは、大阪府警が07年6月8日付で作成した捜査報告書だ。表題は、「被疑者渡邊二郎の携帯電話に対する解析結果の入手及び精査結果について」。そこでは、山口組系暴力団の相談役だった元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告(56)(恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中)あての携帯メールが計106通も添付されていたというのだ。

これらのメールからは、紳助さんが会見で口にした「程度」を超えた黒い交際ぶりが浮き彫りになっている。

まず、紳助さんは、暴力団組長らと顔見知りだっただけでなく、自らが経営する寿司店やバーで「接待」までしていた。例えば、06年7月20日は、暴力団組長ら一行8人が寿司店に来たといい、「ぬかりなく接待しておきます」「元気そうでした」などと渡辺被告に伝えている。

また、会見で挙げた暴力団組長だけでなく、ほかの幹部との付き合いもメールで言及している。さらに、同じ吉本興業のタレントに山口組幹部らをイベント会場で紹介していたというのだ。

大阪府警の捜査報告書が流出

吉本興業では、外部から情報が持ち込まれたとしているが、なんらかの手段を通じて大阪府警の捜査報告書を見ていた可能性がある。

週刊朝日によると、報告書は、渡辺二郎被告らの裁判で検察側が証拠として提出していたものだった。最高裁の広報担当者は、報告書は、裁判の当事者しか閲覧できないと言っており、週刊誌も、その関係者から入手したらしい。

吉本興業側は、2011年8月13日に情報提供を受けて、調査チームが1週間かけて事実関係を調べた。島田紳助さんは、21日の話し合いで自ら引退を申し出たものの、いったん預かりとなった。そして、暴力団との不動産取引や違法行為に関わったことがないと確認して解雇処分としないことを決め、引退届を受理して23日に両者が会見したのだという。

週刊誌報道が伝わると、ネット上では、関係者がメールを公開した動機に様々な憶測が出たほか、文面そのものの公開に問題がないのか疑問の声も漏れている。

道仁会の報復か?誠道会元組事務所に弾痕のような痕/福岡

>>同一記事
29日午前11時ごろ、福岡県大牟田市櫟野の指定暴力団九州誠道会系組事務所が以前入っていたビルの2階で、大牟田署員が弾痕のような痕を2カ所発見した。26日に同県久留米市の指定暴力団道仁会会長宅が九州誠道会関係者の襲撃を受けており、県警は道仁会による報復の可能性もあるとみて調べている。

 大牟田署によると、午前9時半ごろ、男の声で「櫟野で何かなかったか」と署員の携帯に非通知で電話があった。同ビル1階には5月まで九州誠道会系の組事務所が入っていた。今も九州誠道会系組員数人が住んでおり、同日午前3時ごろに「パン、パン」という音と、バイクが走り去る音を組員が聞いたという。

九州誠道会系ビルに発砲か=抗争と関連捜査/福岡

 29日午前11時ごろ、福岡県大牟田市櫟野の3階建てビルで、壁に弾痕のようなものが2カ所あるのを県警大牟田署員が見つけた。ビルには指定暴力団九州誠道会系組員らが住んでいるが、けが人はなかった。

 26日には同県久留米市で、同会と対立する指定暴力団道仁会会長宅が襲撃される事件が起きており、同署は一連の抗争事件との関連を調べている。

吉本興業から聴取へ=紳助さんの暴力団交際問題で―警視庁

 芸能界引退を表明したタレントの島田紳助さん(55)が、暴力団関係者との親密な交際をうかがわせるメールを交わしていたとされる問題で、警視庁が近く、所属していた吉本興業の関係者を呼び、一連の問題について事情を聴くことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、吉本興業関係者から島田さんと暴力団との交際の経緯や、同社のコンプライアンス体制などについて詳しい説明を求める。今後の暴力団排除活動に役立てるという。 

キビ倒し違法派遣容疑で組員逮捕 宮古島署/沖縄

 宮古島署は28日、厚生労働大臣の許可を受けずにサトウキビ収穫作業の派遣事業を営んだとして、労働者派遣事業法違反の疑いで、宮古島市の指定暴力団沖縄旭琉会2代目功揚一家の組員(51)を逮捕した。「許可が必要とは知らなかった」と話しているという。

 同署の調べでは、容疑者は2月16日から3月9日までの間、日雇いなどの一般労働者派遣事業に必要な厚生労働大臣の許可を受けずに、宮古島市上野の複数のサトウキビ農家に対し、県外の男性1人を派遣して収穫作業に従事させた疑いがある。

 同署は、容疑者が他にも複数の農家に対し、県外や同市内の応募者をあっせんした疑いがあるとみて詳しく調べている。

 同署によると、容疑者は、地元の新聞に「キビ刈り引き受けます」「アルバイト募集中」などと募集広告を出していたという。別件事件の参考人として労働者の男性1人から話を聞いたところ、容疑者がキビ倒しのあっせんをしていることが判明したという。

横峯議員:「賭け」認める 週刊新潮訴訟、請求放棄へ

 民主党の横峯良郎参院議員が、賭けゴルフや暴力団組長との花札賭博などを報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして発行元の新潮社(東京都新宿区)などに5500万円の賠償を求めた訴訟で、議員側が東京高裁(芝田俊文裁判長)に自らの主張に理由がないことを認め、報道内容を事実上容認する「請求放棄」を申し立てることが分かった。30日の口頭弁論で手続きを行い訴訟は終結する。法的に敗訴確定と同じ効力を持つだけに、議員の説明を求める声が上がっている。

 新潮社側弁護士によると、議員側から19日「請求を放棄する」と電話連絡があった。30日は元々、高裁判決の予定日だったが、高裁は予定を取り消し、弁論を再開して議員側の申し立てを認める予定だという。

 記事は横峯議員の知人が「1打1万円で賭けゴルフをし(ある人は横峯議員に)70万円ぐらい負けてその場では払えなかった」「暴力団組長と十数年来の付き合いだそうで、ゴルフや花札賭博をした」「愛人の首を絞め包丁を壁に突き立てた」と証言する内容。07年8月30日号から同9月20日号まで4号にわたり掲載された。

 横峯議員は07年8月の提訴時、会見で「報道はほとんどが事実ではない」と説明したが、09年11月の証人尋問で「しょっちゅう賭けゴルフをした。1回1、2万円」「ゴルフをした後で(相手が)暴力団関係者だったと聞いたことがある」と証言を変えた。昨年11月、東京地裁で全面敗訴して控訴し、高裁では「記事のような高額レートではない」などと主張していた。

 週刊新潮編集部は「都合が悪くなると逃げ出すのは政治家失格で、即刻議員辞職すべきだ」とするコメントを出した。横峯議員の事務所は取材に「議員が不在なので説明できない」と答えた。

 民主党では、秘書給与の肩代わり疑惑を報じた週刊新潮の記事で1000万円の賠償を求め提訴した山岡賢次副代表も昨年5月、請求を放棄した。

[請求放棄]
 民事訴訟で原告自らが請求に理由がなかったことを意思表示する手続き。被告の同意は不要で一方的に申し立てられる。口頭弁論などの際に裁判所が作成する文書(調書)に記載された段階で、原告の請求を全面的に退ける確定判決と同じ効力を持ち、再び同じ訴訟を起こすことはできない。

道仁会会長宅襲撃:爆発音直後に車 共犯者が存在か/福岡

>>関連記事
 福岡県久留米市の指定暴力団道仁会会長宅襲撃事件で、手投げ弾とみられる爆発音の直後に、会長宅西側の道路を北へ走り去る不審な車を近くの住民が目撃していたことが、捜査関係者への取材で分かった。銃刀法違反容疑などで逮捕された巌野(げんの)平一容疑者(78)は機関銃1丁と拳銃2丁の他、会長宅侵入に使った脚立も所持しており、県警は巌野容疑者を現場に送り届けた協力者がいる可能性もあるとみている。

 捜査関係者によると、近くの住民は手投げ弾が爆発したとみられる大きな音を2度聞いたが、2度目の音の直後に、ヘッドライト2個がついた車が走り去るのを目撃した。巌野容疑者は「一人でやった」と供述している。

道仁会会長宅を78歳が襲撃 手りゅう弾投げ機関銃所持 組員1人重傷/福岡

>>同一記事
 26日午前2時45分ごろ、福岡県久留米市上津町の指定暴力団道仁会小林哲治会長(55)宅近くの住民から「4回ほど発砲音や爆発のような音がした」と110番があった。久留米署員が駆け付けると、会長宅の壁に手りゅう弾が爆発したような痕があり、道仁会系組員の男性(30)が血だらけで庭に倒れていた。重傷を負ったが命に別条はないという。県警は、敷地内に潜んでいた男が機関銃1丁と拳銃2丁などを所持していたとして、銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕した。暴力団同士の抗争事件とみて捜査している。

 逮捕されたのは、住所、職業不詳の自称巌野(げんの)平一容疑者(78)で、道仁会と抗争事件を繰り返している指定暴力団九州誠道会関係者。県警によると、逮捕容疑を認め「手りゅう弾を2発爆発させた。会長を殺すために行った」と話しているという。

 捜査関係者によると、巌野容疑者がはしごを使って会長宅の塀を乗り越えた様子を監視カメラで見ていた組員の男性が屋外に出たところ、容疑者が拳銃数発を発砲。さらに手りゅう弾を投げたという。男性は手りゅう弾の破片とみられる金属片が右半身に刺さり重傷。小林会長は自宅2階にいたが、けがはなかった。

 巌野容疑者は、会長宅の庭の茂みに潜んでいるところを発見された。機関銃を構える容疑者に、県警機動捜査隊員が銃を向け「銃を下ろせ」と説得、現場は緊迫した。会長宅2階のガラス窓には拳銃や手りゅう弾によるとみられる痕が複数あるという。

 現場は西鉄久留米駅から南に約4キロの住宅地で、近くには上津小学校がある。県内での発砲事件は今年11件目。手りゅう弾の爆発は3件目。道仁会九州誠道会は2006年、道仁会会長の人事をめぐり分裂、九州北部で抗争事件を繰り返している。

暴力団会長宅で手りゅう弾爆発 78歳男を逮捕/福岡

住民は「雷のようだった」と不安がっている。26日未明、福岡県久留米市で、暴力団会長の住宅で手りゅう弾が爆発した。30歳の組員が重傷。警察は、現場にいた78歳の男を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 近所の人:「雷が落ちたのかと。それにしては音が違うと思った」
 警察によると、午前2時40分ごろ、久留米市の指定暴力団道仁会の会長の家の敷地内に男が侵入。拳銃を数発発砲したうえ、手りゅう弾2発を爆発させた。この爆発で、30歳の組員が重傷。警察が駆けつけた際、自称・厳野平一容疑者がマシンガン1丁を構えていたため、説得して銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕した。厳野容疑者は道仁会と対立する九州誠道会の関係者とみられ、ほかにも拳銃2丁を所持していて、「会長を殺そうと思った」と話しているという。

杉浦太陽さんの事務所備品壊した疑い、組員逮捕/東京

 タレントの杉浦太陽さんが所属する芸能事務所でキャビネットを壊したとして、警視庁赤坂署が今月23日、山口組の3次団体で岡山県岡山市北区に本拠を置く池田組傘下の金嶋組の組員・高下史司(こうげひとし)容疑者(57)を器物損壊容疑で現行犯逮捕していたことが同署幹部への取材でわかった。

 同署幹部によると、高下容疑者は23日午後5時45分頃、杉浦さんが所属する芸能事務所「スカイコーポレーション」(東京都港区赤坂)を訪れた際、事務所内のキャビネットのガラス戸をイスで割った疑い。

 高下容疑者は応対した事務所の社長に対し、「杉浦さんの父親に金を貸している」などと話し、父親と連絡を取るよう要求したが、断られ、腹を立てたという。

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事