FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

金塊密輸未遂 関税法違反容疑で新たに無職の男逮捕 

 中国から金塊を密輸しようとしたとして暴力団関係者らが逮捕された事件で、警視庁は新たに住所不定、無職の小山大輔容疑者(34)を関税法違反などの疑いで17日に逮捕した。容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は仲間と共謀して昨年12月6~7日、中国・広州白雲空港から金塊計約28キロ(計約1億2700万円相当)を成田空港に密輸しようとしたなどというもの。東京税関の職員に発見され、未遂に終わった。

 警視庁はこれまでに暴力団関係者ら7人を逮捕している。他に、暴走族OBが中心のグループで警察が準暴力団と位置づけている「怒羅権」の関係者の男も共謀したとみて逮捕状を取り、行方を追っている。

  

稲川会系関係者 1億2700万円相当の金塊密輸

>>関連記事
 警視庁は、約1億2700万円相当の金塊を中国から密輸しようとした疑いで暴力団関係者を再逮捕した。

 警視庁によると、再逮捕された指定暴力団・稲川会系関係者、本城翼容疑者ら6人は去年12月、約1億2700万円相当の金塊を中国・広州の空港から密輸しようとした疑いなどが持たれている。

 本城容疑者らは、香港から約4500万円相当の金を密輸しようとしたとして先月、逮捕されていた。

  

準暴力団関係者ら7人逮捕 金塊10キロ密輸未遂の疑い

 香港から金塊を密輸しようとしたとして、警視庁は、暴力団関係者の本城翼(34)=東京都渋谷区=と、「準暴力団」の関係者羽谷亮一(37)=東京都品川区=の両容疑者ら男7人を、関税法違反や消費税法違反などの疑いで逮捕したと16日、発表した。7人の認否は明らかにしていない。

 同庁は、羽谷容疑者が関係しているグループとは別の準暴力団怒羅権」の関係者も関与している疑いがあるとみて、逮捕状を取って行方を追っている。

 組織犯罪対策4課によると、逮捕容疑は昨年12月ごろ、香港から金塊約10キロを成田空港に密輸しようとしたというもの。東京税関の職員が発見し、未遂に終わった。金は都内のペーパーカンパニー宛てで、ガラス製の置物の底に隠されていた。同課は、本城容疑者らが昨年8~12月、約150回にわたり密輸を繰り返し、都内の業者に計991キロを約48億7500万円で売却して約3億9千万円の利益を得ていたとみている。

  

金塊約60キロ密輸 工藤会元組員ら3人逮捕

 韓国・釜山から福岡空港を経由し、金塊約60キロ(2億7600万円相当)を密輸したとして、福岡県警などは16日、韓国籍の自称自営業、チェ・チョル被告(47)=関税法違反罪などで起訴=を同法違反容疑で再逮捕したと発表した。運搬役ら12人と共謀して持ち込んだとみられ、容疑を認めているという。

 ほかに特定危険指定暴力団工藤会の元組員で会社経営、林博之容疑者(51)=山口県下関市大坪本町=と、韓国籍の自営業、青松康浩容疑者(57)=東京都台東区台東4=の2人も逮捕した。逮捕容疑は2017年10月31日、釜山の金海国際空港から福岡空港まで運んだ金塊約60キロを必要な届け出をせずに隠し、日本に入国した疑い。

 捜査関係者によると、運搬役が5グループに分かれて金塊を12キロずつ隠し持って入国。福岡市内のホテルでチェ容疑者らが受け取って売却したという。同容疑者は「17年9月から金塊を密輸し日本人に引き渡していた」などと供述しており、県警などは暴力団の資金源になっていた可能性も視野に全容解明を進める。

  

稲川会系山川一家幹部に実刑判決 金塊112キロ密輸事件

>>関連記事
 マカオから金塊112キロ(約4億5千万円相当)を密輸して消費税など約3800万円を免れようとしたとして、関税法違反などの罪に問われた指定暴力団稲川会山川一家幹部、松田登志幸被告(44)に対し、東京地裁は19日、懲役2年6カ月、罰金500万円(求刑懲役3年6カ月、罰金500万円)の判決を言い渡し、金塊を没収した。前田巌裁判長は「税関検査の盲点を突く悪質な犯行だ」と述べた。

 また、配下の組員(33)を懲役1年6カ月の実刑とし、ほかの2人を執行猶予付き有罪判決とした。

 判決によると、松田被告らは2015年12月、プライベートジェット機で那覇空港に到着した際、国内への持ち込みに消費税がかかる金塊を貨物室に隠して税関に申告せず、密輸しようとした。判決は、事件前に配下の組員らが同様の方法で40回以上出入国していたと指摘。「常習的な利殖の一環で、金塊はすべて没収するべきだ」と述べた。

  

プライベートジェットで約4億千万円相当の金を密輸 稲川会組員を逮捕 警視庁

 プライベートジェット機で約110キロ(約4億8千万円相当)の金をマカオから密輸しようとしたとして、警視庁と沖縄県警などの合同捜査本部は、関税法違反や消費税法違反などの疑いで、新たに指定暴力団稲川会系組員の瀬戸広大容疑者(32)を逮捕した。警視庁によると容疑を留保している。

 瀬戸容疑者は、組幹部の泉裕明被告(44)=関税法違反罪などで起訴=とジェット機に乗り、金を調達するなどしていた。発覚を恐れて逃亡していたが、沖縄県内で発見された。

 2人は昨年6月以降、30回以上プライベートジェットで香港やマカオに渡航しており、合同捜査本部は金を密輸し、国内で売却することで消費税分をもうけていたとみて調べている。

 金は日本国内の貴金属店などで売れば、消費税8%分を上乗せした代金が受け取れる。一方で国内に持ち込む際は申告して消費税相当分を支払わなければならないため、密輸し、国内で売却することで消費税分をもうけようとする手口が相次いでいる。

 逮捕容疑は昨年12月14日、マカオ国際空港から那覇空港に金112キロを密輸し消費税を免れようとしたなどとしている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事