FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

暴力団関係の労働者受け入れで業者側に指導措置 東根の職安法違反事件/山形

 東根市の暴力団幹部が労働者2人を不正に同市内の建設業者に供給し、賃金の一部を搾取していた事件で、村山署は1日、供給先の「オオヒロ工業」(東根市)に対し、山形県暴力団排除条例に基づく指導措置として注意書を交付した。暴力団が民間の業務に介入して活動資金を得ようとする手法は年々、巧妙化。県警は暴力団から供給された労働者と知りながら同社が受け入れたことなどが「活動を助長し、利益を供与した」と判断した。

 県警によると、同条例では事業者に対し、暴力団の活動を助長しかねない取引や利益の提供を禁じており、禁止行為をした業者を指導している。指導は3例目。暴力団幹部から労働者を供給されたと知りながら業務に従事させた理由について同社は「(暴力団幹部とは)長い付き合いだったから」と話しているという。指導は同社の代表者を同署に呼び、署長名の注意書を直接、手渡した。代表者は「迷惑を掛けました」などと述べたという。

 この事件を巡っては、指定暴力団住吉会系幹部組員の東根市神町東3丁目、無職荒井好憲容疑者(43)が職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)と労働基準法違反(中間搾取の排除)の疑いで逮捕、起訴されている。県警は供給先についても刑事責任の疑いがあるとし、同日までに両法違反容疑で書類送検した。

続きを読む »

尾張旭の暴力団幹部ら逮捕 無許可で除染作業に派遣

 福島第1原発事故に伴う除染作業をめぐり、受注企業に国の許可などがないのに作業員を派遣したとして、愛知県警は12日、職業安定法違反(労働者供給事業)の疑いで、同県尾張旭市柏井町、指定暴力団山口組傘下組織幹部服部信夫(63)と同居の自称・人材派遣業滝本寛美(45)、同県長久手市岩作の建設会社役員加藤和則(54)の3容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑では、3人は共謀し、厚生労働相の許可を得るなど法定の除外理由がないのに、昨年9~12月ごろ、滝本容疑者が経営する会社の男性社員3人を、福島県飯舘村の除染作業に下請けで参加していた建設会社に派遣したとされる。服部容疑者は容疑の一部を否認、滝本、加藤両容疑者は認めている。

 愛知県警によると、滝本容疑者の会社は加藤容疑者の口添えで建設会社に社員を派遣。本来、建設会社の除染作業員には日当2万2千円が支払われるが、そのうち6千円を紹介料の名目で滝本容疑者の会社がピンハネしていた。

 服部容疑者は滝本容疑者の会社の顧問を務めており、除染に派遣された社員には暴力団員も含まれていた。この会社は除染作業への人材派遣で年間1千万~2千万円を稼いでいたとされ、県警は暴力団の資金源になっていたとみている。また、派遣先の建設会社も違法派遣に関与した疑いがあるとみて調べる。

  

少女を“デリヘル”に…元暴力団組員を逮捕/神奈川

 13年、神奈川・横浜市で、当時、中学3年生の女子生徒をデリバリーヘルスで働かせる目的で35歳の男に引き合わせ、有害な職業を紹介したとして、警察は、元暴力団組員の大井真吾容疑者(42)を職業安定法違反の疑いで逮捕した。

 警察の調べに対し、大井容疑者は「女の子を紹介したのは間違いない」と容疑を認めているという。.

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ