FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

サケ・マス計150匹“密漁 山口組系旭導会組員逮捕/北海道

 サケやマス約150匹を密漁した疑いで9月28日、指定暴力団山口組系の組員が逮捕された。

 逮捕されたのは、山口組旭導会の組員・高橋洋輝容疑者(42)。高橋容疑者は容疑を否認している。

 警察によると、高橋容疑者は14日午後8時ごろ、斜里町の海別川で、現行犯逮捕された釧路の男3人とともに、サケ29匹とカラフトマス120匹を密漁した疑いがもたれている。

 釧路の男3人は、高橋容疑者に雇われたとみられていて、その後の調べで高橋容疑者も密漁に関わっていたとして逮捕された。

  

ナマコ密漁2億円、首謀者の組長逮捕、「無関係」と否認/北海道

>>関連記事
 暴力団組員らによる青森県むつ市川内町沖でのナマコ密漁事件で、県警組織犯罪対策課が19日に漁業法違反などの疑いで逮捕した暴力団組長の男が、2015年3月以降だけで、実行犯グループから約2億円の「売り上げ」を受け取っていたとみられることが同日、同課への取材で分かった。一方、男は「密漁に全く関係していない。納得がいかない」と容疑を否認している。

 同課は、既に摘発した実行犯グループは14年9月から川内町沖でナマコを密漁していたことを解明しており、組長の男には、さらに多額の現金が渡っていた可能性があるとみて捜査を進める。

 漁業法違反、水産資源保護法違反容疑で逮捕されたのは、指定暴力団6代目山口組系暴力団(4次団体)組長で無職、紙谷亘容疑者(43)=北海道函館市。一連の事件で14人目の逮捕者で、実行犯グループを主導したとされる男(44)=6日に実刑判決=の弟。

 逮捕容疑は15年10月、実行犯グループ8人と共謀し、許可なくナマコ約960キロを捕り、川内町漁協の漁業権を侵害などした疑い。実行役は函館市の買い受け業者の男(68)=起訴済み=への売却を始めた15年3月以降、密漁品の「売り上げ」を紙谷容疑者の口座に入金していたもようだ。同月以前の密漁ナマコは、別の売却先があったとみられる。

続きを読む »

函館の山口組系組長逮捕 青森・ナマコ密漁事件 被害総額は2億円以上か

>>関連記事
 青森県むつ市の沖合でナマコを密漁したとして北海道の指定暴力団山口組系の組員ら13人が逮捕された事件で、青森県警は19日、漁業法違反(漁業権の侵害)などの疑いで、北海道函館市の山口組系の4次団体組長で無職、紙谷亘容疑者(43)=北海道函館市を逮捕した。

 県警は密漁を指示した事件の主犯格とみている。

 逮捕容疑は昨年10月4日、むつ市の沖合で、同じ組の組員(25)らと共謀し、県知事が認めた漁業権を持たないのにナマコ約960キロ(約288万円相当)を取った疑い。

 密漁は昨年9月ごろから行われ、被害総額は2億円以上とみられる。多くは暴力団の資金に流れたという。県警はこれまでに実行グループのほか、ナマコの買い取り業者や、密漁場所を提供した青森県の暴力団関係者らを逮捕した。

  

ナマコ密漁 新たに稲川会系組長と組員逮捕/青森

>>関連記事
 暴力団組員らによる陸奥湾のナマコ密漁事件で、青森県警は7日、漁業法違反などの疑いで指定暴力団稲川会系組長、無職和田直樹(37)=青森県むつ市松原町=と同組員、無職畑井光一(31)=同市田名部=の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は、同法違反などの罪で公判中の無職紙谷聡被告(44)=函館市=ら8人と共謀し10月4日、むつ市川内の陸奧湾内でナマコ約960キロ(約288万円相当)を密漁した疑い。両容疑者は否認している。

 県警によると、和田容疑者はむつ市を拠点にする稲川会系3次団体組長で、11月に同容疑で逮捕された佐々木強容疑者(42)=同市田名部町=は同団体の組員。和田容疑者は2007年、陸奥湾で密漁ナマコ約880キロを所持していた県海面漁業調整規則違反の罪で懲役6月、罰金10万円の判決を受けた。

 和田容疑者は佐々木容疑者らを窓口に、紙谷被告や指定暴力団山口組系組員、無職高橋紘被告(26)=函館市、同罪で公判中=らが川内で密漁するのを場所代の支払いを条件に許可していたという。ことし3月初旬から佐々木容疑者名義の口座を通して少なくとも千数百万円が入金されたとみられる。佐々木、畑井両容疑者は陸で監視船の見張り役も担当していたという。
.
 青森地裁の公判では、紙谷被告らが潜水、運搬など役割を分担し、11年から北海道内や青森県内で密漁行為を繰り返していたことが判明。被告人質問などで高橋被告は所属する暴力団に金が流れたことについて「言えない」と話した。

  

密漁ナマコ買い取る約束“経営者”逮捕/青森

>>関連記事
 青森県むつ市川内町のナマコ密漁事件で青森県警は30日、密漁グループからナマコを買い取る約束をしていた疑いで函館市にある水産加工会社の実質的な経営者を逮捕した。

 逮捕されたのは函館市の水産加工会社、「M・T・SEAFOODS」の実質的な経営者、竹田三樹郎容疑者(68)。

 青森県警の調べによると竹田容疑者は先月4日、むつ市川内町の陸奥湾でナマコを密漁したとして逮捕された密漁グループとナマコを買い取る約束をした漁業法違反ほう助の疑い。警察の調べに対し竹田容疑者は、「全く身に覚えがありません」などと容疑を否認している。

 密漁事件を巡ってはこれまでに函館市の暴力団組員など10人が逮捕され、被害総額は2億円以上に上っているとみられている。

 警察は竹田容疑者が密漁グループからナマコを買い取り、輸出業者を通じて中国などに販売していたとみて詳しく調べている。

  

ナマコ密漁手引き役、新たに稲川会系組員逮捕 被害2億円/青森

>>関連記事
 青森県むつ市の沖合でナマコを密漁したとして指定暴力団山口組系組員らが逮捕されている事件で、県警は27日、新たに漁業法違反(漁業権の侵害)の疑いなどで同市田名部町、指定暴力団稲川会系組員佐々木強容疑者(42)を逮捕した。

 県警によると佐々木容疑者は、密漁場所の手引き役だった。資金確保のために他の暴力団組員に協力、ナマコで得た金の一部を受け取っていたとみられ、県警は詳しい金の流れを捜査している。

 逮捕容疑は10月4日、むつ市の沖合で、密漁グループと共謀し、県知事の許可を受けずにナマコ約960キロ(約288万円相当)を採った疑い。

 密漁グループは昨年9月ごろから月に10回前後の密漁を繰り返していたとみられ、採ったナマコを北海道に運び売却していたという。被害総額は2億円以上とみられる。

  

川内ナマコ密漁、共犯2人に逮捕状/青森

>>関連記事
 指定暴力団山口組系組員らによるむつ市川内町沖でのナマコ密漁事件で、県警組織犯罪対策課や青森署などは、密漁グループが、既に漁業法違反(漁業権の侵害)の疑いで逮捕した6人を含めて少なくとも8人だったとの見方を固め、23日までに所在不明の男2人について同容疑で逮捕状を取った。

 県警は、共犯の2人が潜伏しているとみられる北海道内に捜査員を派遣するなどして行方を追っている。

  
 

ナマコ960キロ密漁容疑 山口組系組員ら6人逮捕/青森

ナマコ約960キロを密漁したとして、青森県警は、指定暴力団山口組系組員で無職畑田武容疑者(25)=北海道函館市鍛治1丁目=や無職高橋紘(ひろし)容疑者(26)=同市湯川町1丁目=ら6人を漁業法違反(漁業権の侵害)の疑いで逮捕、送検したと22日発表した。昨年9月ごろから密漁を繰り返し、被害総額は2億円以上に上るとみられるという。

 組織犯罪対策課によると、6人は4日午後7時20分ごろ~11時ごろ、むつ市川内町の約100メートル沖合の陸奥湾で、ナマコ約960キロ(約288万円相当)を密漁した疑いがある。ゴムボートの操縦や潜水・採捕、見張り、運搬などに役割を分担していたという。

 グループは昨年9月ごろから月10回ほどナマコの密漁を繰り返したとみられ、密漁ナマコは保冷車で下北半島から青森市内へ、さらにフェリーで道内へ運搬されていた。道内で業者が買い取った後、中国へ高値で輸出されたとみられる。

  
 

職務質問で車からナマコ発見…200キロ密漁容疑で8人逮捕/北海道

 北海道警函館中央署は11日、北海道函館市の沖合でナマコ約200キロを密漁したとして、漁業法違反などの疑いで、函館市美原、指定暴力団山口組系組員の鳴海秀美容疑者(53)ら計8人を逮捕した。

 逮捕容疑は10日夜から11日未明にかけて、函館市古部町の沖合でナマコを密漁したとしている。

 署によると、地元の漁業者から110番通報を受け、周辺を調べていた署員が不審な車両を発見して職務質問したところ、車からナマコが見つかったという。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ