FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「スーパー玉出」創業者 山口組系幹部から犯罪収益受領で逮捕

>>関連記事
 大阪府警は3日、大阪市西成区の歓楽街・飛田新地で売春に使われた店舗の賃貸料を暴力団側から受け取ったとして、大阪府内を中心に激安スーパーとして知られる「スーパー玉出」の創業者で、不動産会社「玉出ホールディングス」社長の前田託次容疑者(74)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)容疑で逮捕した。

 府警は今年5月、飛田新地にあった店舗「銀河」(閉店)で、女性従業員に売春相手を紹介したとして、指定暴力団・山口組極心連合会幹部やその内縁の妻らを売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕し、捜査を続けていた。

 捜査関係者によると、同店は幹部の内縁の妻が2014年ごろから実質的に経営していたという。この店舗については、前田容疑者側が所有権を持っていたとみられる。府警は、前田容疑者が売春に使われると知りながら店舗を貸し、売り上げから賃料として得ていた疑いがあるとみて、逮捕した。

 前田容疑者はスーパー玉出を1978年に創業。きらびやかな電飾の店舗が特徴で、激安を売りに大阪府と兵庫県に40店以上を展開していたが、今夏にスーパー事業を売却していた。現在は、別会社が運営している。同社をめぐっては、過去に捜査当局に摘発されるなどし、コンプライアンス(法令順守)意識の欠如も指摘されてきた。平成10年には、在留資格のないフィリピン人らを不法就労させたとして、府警が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで前田容疑者を逮捕。当時の捜査では、事務所から暴力団の「代紋」が入った灰皿などが見つかった。

  
 

傷害事件の映像消去疑い 山口組系組長ら11人逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は14日、警察の家宅捜索を受けると知りながら、傷害事件の証拠となる監視カメラの映像を消去したとして、指定暴力団・六代目山口組系「極心連合会」の副会長で、「二代目兼一会」会長、植野雄仁こと金圭轍容疑者(66)=大阪市中央区島之内2丁目=ら組員11人を組織犯罪処罰法違反(組織犯罪証拠隠滅)の疑いで逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀して2月7日、大阪の繁華街ミナミにある組事務所で、屋外の監視カメラで録画された傷害事件の映像を、警察が家宅捜索で差し押さえると知りながら消した疑い。

 捜査4課によると、事件は2月7日未明に同事務所近くで発生。指定暴力団・任侠山口組幹部らを集団で暴行したとして、傷害などの疑いで金容疑者の組の幹部ら6人が逮捕された。

 府警は当初、映像の任意提出を求めたが応じなかったため家宅捜索。押収した映像は該当部分が削除されていた。11人は捜索の際、事務所にいたという。

  
 

福岡県警:工藤会系組事務所を家宅捜索

>>関連記事
 福岡県警は14日午前10時ごろ、北九州市で10年前、建設会社の社長が乗った車を銃撃した疑いで特定危険指定暴力団・工藤会系の組員ら4人が逮捕された事件で、工藤会の実質的な本部機能がある北九州市小倉北区の工藤会系「二代目矢坂組」の事務所を家宅捜索した。

工藤会系事務所を捜索
工藤会系事務所を捜索

 工藤会系幹部、土屋隆夫容疑者(46)ら4人は2008年9月、小倉北区霧ヶ丘で建設会社社長の男性を殺害しようと男性が乗った車に拳銃を数発発射した疑いで逮捕された。

 警察は、工藤会が建設業界の利権を守るため、接点のない男性に対しみせしめとして組織的に犯行に及んだとみて上層部の関与についても捜査している。

  
 

建設会社社長銃撃 工藤会系組幹部ら逮捕

 福岡県警は13日までに、北九州市小倉北区で2008年、建設会社社長の乗った車が銃撃された事件で、殺人未遂容疑などで、特定危険指定暴力団工藤会系組幹部の土屋隆夫容疑者(46)ら4人を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は08年9月17日未明、小倉北区内で、車に乗っていた50代の男性社長に拳銃を数発発射し、殺害しようとした疑い。 

  
 

女性看護師刺傷 工藤会系幹部に懲役15年

>>関連記事
 福岡地裁(足立勉裁判長)は30日、特定危険指定暴力団工藤会が起こしたとされる一般人襲撃事件のうち女性看護師が刺されてけがをした事件で実行役を果たしたとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)に問われた工藤会系組幹部、大石薫被告(46)に対し、懲役15年(求刑・懲役18年)を言い渡した。

 判決は、工藤会トップの野村悟被告(71)が自身の下腹部の美容整形手術の結果や、手術した病院の看護師の対応に不満を抱いたことによる組織的犯行だったとして、野村被告の指揮命令を認定。大石被告の殺意も認め、傷害罪にとどまるとの弁護側主張を退けた。

 その上で「被害者に落ち度はなく、理不尽な報復は正当化できない」と指弾。一方、大石被告の殺意が強固とは言えないと述べた。

 事件では、野村被告ら14人が起訴されたが、1審判決は工藤会系「田中組」幹部、中田好信被告(43)=懲役30年=に次いで2人目。中田被告の1、2審判決も野村被告の指揮命令を認定した。

 判決によると、大石被告らは野村被告の指揮命令の下、2013年1月28日、福岡市博多区で看護師の女性(当時45歳)の頭などを数回刃物で刺して殺害しようとした。女性は3週間のけがをした。

  
 

違法ネットカジノからみかじめ料授受 住吉会系幹部を逮捕

 埼玉県警大宮署は、さいたま市大宮区の繁華街で、カジノ店が客にバカラ賭博をさせて不正に得た収益の一部をみかじめ料として受け取ったとして、指定暴力団・住吉会系組幹部、高林千加男容疑者(67)を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕、23日に身柄を検察庁に送った。調べに対し、「覚えていない」などと容疑を否認している。

 住吉会系「平塚一家」事務所を家宅捜索
住吉会系事務所を捜索

 県警によると、高林容疑者は、さいたま市大宮区のカジノ店が、インターネットを使って客にバカラ賭博をさせ1日に100万円ほど売り上げ、不正に収益を得ていることを知りながら、10万円をみかじめ料として受け取ったとしている。22日には高林容疑者が所属する住吉会系「平塚一家七代目」の事務所などを家宅捜索した。

 県警は今年5月、このカジノ店を捜索、経営者を逮捕・起訴して捜査を進め、収益の一部が高林容疑者に渡っていた疑いがあることが分かった。みかじめ料の授受は少なくとも3年前から続いていたとみられ、収益が暴力団の資金源になっていたとみて調べている。

  
 

偽C型肝炎治療薬販売代収受の男性 不起訴

>>関連記事
 C型肝炎の治療薬「ハーボニー」の偽造品を販売した人物から収益を受け取ったとして逮捕された暴力団関係者の男性について、東京地検は不起訴処分とした。

 暴力団関係者の50代の男性は、去年1月ごろ、「ハーボニー」の偽造品を販売した人物から、現金50万円を受け取っていたとして逮捕されていた。

 男性は警視庁の取り調べに対し、「よく覚えていない」と容疑を否認していましたが、東京地検はこの男性について、25日付けで不起訴処分とした。

  

工藤会事件 銃撃実行役の元組幹部が上告

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会が起こしたとされる一連の事件のうち、元警部銃撃などの実行役として組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)の罪などに問われた工藤会系「五代目田中組」元幹部、中田好信被告(43)は17日までに、一審に続き懲役30年とした福岡高裁判決を不服として上告した。13日付。

 4日の高裁判決は元警部銃撃と歯科医襲撃、女性看護師襲撃の3事件がいずれも工藤会トップ、野村悟被告(71)ら上層部の指揮命令で実行されたと認定。共謀を否定した被告側の主張を退けた。

 一、二審判決によると、中田被告は野村被告の指揮命令に基づき、北九州市で2012年、工藤会の捜査を長年担当していた元福岡県警警部を銃撃し、14年には港湾利権に絡んで漁協幹部の親族だった歯科医を襲撃した。13年に看護師が刺された事件では実行役を送迎した。

  

偽C型肝炎治療薬販売代収受 共政会系幹部を逮捕

 高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽薬流通事件で、警視庁生活環境課は、偽造品を販売した人物から収益を受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、指定暴力団・五代目共政会の傘下組織幹部、長尾昭寿容疑者(51)=広島市佐伯区倉重=を逮捕した。

 一連の事件で暴力団関係者の関与が明らかになるのは初めて。生活環境課は流通していた偽造品との関係を調べている。

 逮捕容疑は、昨年1月ごろ、ハーボニー配合錠と表示された錠剤入りのボトル1本を無許可で販売した男(49)から、別人の名義の口座に振り込ませるなどし、販売収益の50万円を受け取ったとしている。

 男が販売したボトルは偽造品だった。長尾容疑者は「よく覚えていない」と否認している。

  

無許可風俗店収益から光熱費 山口組系「健心会」会長を逮捕

 大阪府警捜査4課などは29日、無許可営業のガールズバーの売り上げを上納させ、自宅兼事務所の光熱費や携帯電話料金などに充てていたとして、指定暴力団・山口組の若頭補佐で、「二代目健心会」会長、江口健治容疑者(64)=大阪市浪速区塩草=を組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 捜査4課によると、江口容疑者は大阪市都島区の繁華街で風俗店8店舗を営業し、うちガールズバーの2店舗が無許可営業だったという。8店舗で年間約6千万円の売り上げがあったとみている。

 逮捕容疑は今年2月、配下の組幹部の男(54)から得た犯罪収益の一部を使い、浪速区内のコンビニで携帯電話料金や組事務所の光熱費計約17万7千円を支払った疑い。

 捜査4課は2~3月、風俗店を無許可営業したとして風営法違反容疑で組員ら7人を逮捕し、捜査していた。

  

ひったくり偽装で神戸山口組系「東生会」幹部を起訴

>>関連記事
 和歌山地検は26日、別の男らが盗んだ現金の一部を、盗んだものと知りながら受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の罪で、指定暴力団・神戸山口組系「東生会」幹部、高山俊治容疑者(55)=大阪市淀川区木川東=を同日付で起訴した。

 起訴状などによると、9月、共謀してひったくり事件を装い現金を盗んだ会社役員、朝田正司被告(43)=窃盗罪で起訴=から、盗んだ現金の一部にあたる100万円を受け取ったとしている。

 高山被告は朝田被告らと共謀して、知人から預かった400万円入りの紙袋をひったくり役に奪わせたとして、窃盗容疑で逮捕、送検されていた。

  

元警部襲撃事件の送迎役 懲役18年8月支持 組員側控訴棄却

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会」が起こしたとされる一連の一般人襲撃事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などに問われた工藤会系「田中組」元幹部、和田和人被告(38)の控訴審で、福岡高裁(野島秀夫裁判長)は18日、懲役18年8月とした1審・福岡地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 控訴審で弁護側は元福岡県警警部銃撃事件での共謀を否定し、無罪を主張。歯科医師刺傷事件では殺意を否認し傷害罪にとどまるとしていた。検察側は控訴棄却を求めていた。

 和田被告は両事件で実行役をバイクで送迎したとされる。1審判決(3月22日)は両事件での殺意を認定し、工藤会トップの野村悟被告(71)=所得税法違反で公判中=の指揮命令も認めた。

続きを読む »

「工藤会」による元警部銃撃などの裁判 実行役に懲役30年

>>関連記事
 特定危険指定暴力団・「工藤会」が起こしたとされる一連の事件のうち、元警部銃撃などで実行役を担い、組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)の罪などに問われた工藤会系「五代目田中組」元幹部、中田好信被告(42)に、福岡地裁は15日、「問答無用に襲撃した反社会的犯行」として懲役30年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

 丸田顕裁判長は、元警部銃撃のほか、起訴された歯科医襲撃、女性看護師襲撃の3事件はいずれも工藤会トップの野村悟被告(71)の指揮命令の下に実行されたと認定した。

 判決によると、中田被告は野村被告の指揮命令に基づき、工藤会捜査を長年担当していた元福岡県警警部を平成24年に銃撃し、26年には港湾利権に絡んで漁協幹部の親族だった歯科医を襲撃した。野村被告が受診した美容整形クリニックの看護師が25年に刺された事件では、実行役を現場まで送迎した。

  

詐取金を上納受領 山口組系「落合金町連合」会長を逮捕

 警視庁池上署は21日、詐欺事件の被害金の一部を傘下組員から受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで、指定暴力団・山口組系「落合金町連合」会長、佐藤光男容疑者(64)と、同組員の倉田良一容疑者(58)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成27年11月、40代の傘下組員が知人からだまし取った100万円の一部を犯罪収益として受け取ったとしている。

 池上署によると、今月初旬、傘下組員を詐欺の疑いで逮捕。組員への捜査を進める中で、佐藤容疑者の関与が浮上した。佐藤容疑者は詐取金を組への上納金として徴収し、組の運営資金に充てていたとみられる。

続きを読む »

不正受給保護費を上納 神戸山口組系「健心連合会」会長を逮捕

 暴力団組員が不正に受給した生活保護費を受け取ったとして、大阪府警は4日、指定暴力団神戸山口組直系の「健心連合会」会長、伊藤寿邦容疑者を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 逮捕容疑は健心連合会幹部の男2人=詐欺罪で公判中=が大阪市から不正受給した生活保護費と知りながら、現金を受け取ったとしている。2人は昨年12月~今年4月、暴力団組員であることを隠して生活保護費計約80万円をだまし取り、うち9万円を、計5回に分けて上納させたとしている。

  

元警部銃撃の実行役 工藤会系元幹部に無期求刑

 特定危険指定暴力団「工藤会」が起こしたとされる一連の事件のうち、元警部銃撃、歯科医襲撃、女性看護師襲撃の3事件で組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われた元「五代目田中組」幹部、中田好信被告(42)の公判が4日、福岡地裁(丸田顕裁判長)であり、検察側は「類例のない凶悪性が際立つ組織的犯行だ」として無期懲役を求刑した。12日の弁護側の最終弁論を経て結審する予定。

 検察側によると、中田被告は元警部銃撃と歯科医襲撃の実行役で、看護師襲撃では実行犯の送迎役とされる。論告では「いずれの事件も自分たちの意に沿わない者を力で屈服させようとする工藤会の論理に基づく。実行役の被告の責任は首謀者に次いで重大だ」と指摘。被告は組織を辞め、組上位者の関与について供述するなど実態解明に寄与したとしたが「量刑上有利な事情として評価するにも限界がある」と述べた。

続きを読む »

工藤会幹部ら逮捕 標章掲示の女性ら襲撃容疑

 北九州市小倉北区で2012年9月、暴力団組員の立ち入りを禁じる「標章」を掲げたスナック経営の女性(当時35歳)とタクシー運転手の男性(同40歳)が顔や首などを切りつけられた事件で、福岡県警は2日、特定危険指定暴力団工藤会」ナンバー3で理事長の菊地敬吾被告(44)=組織犯罪処罰法違反などで起訴=ら10人前後を同法違反(組織的殺人未遂)容疑で逮捕した。12年8月の標章制度導入後、飲食店経営者らが相次いで切りつけられた一連の事件での逮捕は2例目。

 捜査関係者によると、菊地容疑者らは共謀して12年9月7日午前1時ごろ、北九州市小倉北区熊本3のマンション敷地内で、タクシーから降りたスナック経営の女性の左頬を刃物のようなもので切りつけ、女性を助けようとしたタクシー運転手の男性の首や左手も切りつけた疑いがもたれている。2人とも命に別条はなかった。

続きを読む »

旭導会傘下事務所に消火器 池田組傘下幹部を逮捕

>>関連記事
 北海道旭川市で2016年、山口組傘下の組事務所に消火器を投げ込んだとして、対立する神戸山口組傘下幹部の男が組織的犯罪処罰法違反の疑いで逮捕された。

 逮捕されたのは、指定暴力団、神戸山口組池田組傘下「二代目孝昇会」幹部の塚田修容疑者(44)。

 塚田容疑者は2016年3月、暴力団員ら3人と共謀して、分裂抗争で対立する指定暴力団、六代目山口組旭導会傘下「河合興業」組事務所に消火器を投げ入れ、窓ガラス1枚を割った疑いが持たれている。

 塚田容疑者は、指名手配されていたが、4月4日、警視庁池袋署に出頭した。警察は、塚田容疑者が犯行を指示する立場の一人だったとみて調べている。

  

元警部銃撃 監視役の工藤会系組員 初公判で否認

 特定危険指定暴力団工藤会」が起こしたとされる一連の一般人襲撃事件のうち元福岡県警警部銃撃事件に関与したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などに問われた工藤会系組員、長尾晋被告(29)は28日、福岡地裁(松藤和博裁判長)であった初公判で「共謀はしていません」として同法違反についての起訴内容を否認した。

 一連の一般人襲撃事件で起訴された被告の公判は3件目。元警部銃撃事件など3件に関与したとして同法違反などに問われ、1審の福岡地裁で懲役18年8月を言い渡された工藤会系「田中組」元幹部、和田和人被告(38)=控訴中=の判決では、工藤会トップの野村悟被告(70)を頂点とする指揮命令系統が認定されており、監視役とされる長尾被告の公判でも野村被告らとの共謀や殺意の有無が主な争点になりそうだ。

 起訴状によると、2012年4月19日、北九州市小倉南区で元警部を拳銃で撃って殺害しようとしたなどとされる。

  

「秋良連合会」会長、犯人隠避教唆容疑は不起訴

>>関連記事
 大阪地検は27日、指名手配中に逃亡生活で使う携帯電話を提供させたとして組織犯罪処罰法違反(犯人隠避教唆)容疑で再逮捕された指定暴力団山口組直系「秋良連合会」会長、金東力被告(60)=凶器準備結集罪などで起訴=を、嫌疑不十分で不起訴処分としたと発表した。処分は21日付。地検は「犯罪を証明するに足りる証拠がなかった」としている。

 金被告は、神戸山口組との抗争に絡む凶器準備結集容疑で指名手配されていることを知りながら、秋良連合会幹部に携帯電話の入手を依頼、提供させたとして3月6日、大阪府警に再逮捕されていた。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR