FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

女子中生に売春させる 稲川会系組員ら逮捕/神奈川

 女子中生をマンションに住まわせて売春させたとして、県警少年捜査課と川崎署は6日、売春防止法違反(周旋)の疑いなどで、指定暴力団稲川会系組員の無職の男(26)=川崎市川崎区、弟のとび職の男(22)=同市幸区=ら4容疑者を逮捕した。無職の男は「一切関係ない」と否認、とび職の男は容疑を認めている。

 逮捕容疑は、共謀して昨年12月2日から今年3月27日にかけ、綾瀬市に住む市立中学3年の女子生徒(15)を川崎区内のマンションに居住させ、出会い系サイトで集めた不特定多数の男性客と売春させるなどした、としている。

 県警によると、女子生徒は昨年8月30日、同級生の少女(15)と家出し、数日後に知人を介して無職の男と知り合い、川崎市内を転々としながら4カ月で計100回ほど売春させられていた。1回当たり1万5千~3万円の代金は無職の男と折半していた。 居住していたマンションでは、複数の男や同級生の少女とともに押し入れなどで生活させられていたという。3月28日に逃げだして県警に相談し、発覚した。

  

売春:出会い系通じて少女に仲介 弘道会系組員逮捕/広島

 県警少年対策課などは28日、出会い系サイトを通じて知人少女に売春させたとして、住所不定、指定暴力団山口組弘道会系組員の岩崎福太郎容疑者(22)を児童福祉法(児童淫行(いんこう))と売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕した。「一切知りません」と否認しているという。

 逮捕容疑は7月9日夕方と同10日未明、東広島市と中区のホテルで出会い系サイトで勧誘した県内の男性2人からそれぞれ現金1万5000円を受け取り、無職少女(17)に売春させたとしている。

 同課によると、7月10日に県警がサイバーパトロール中、出会い系サイトに援助交際を持ちかける書き込みを発見。客を装った私服警官が広島市内の路上で少女を補導し、発覚した。県警は組織的な犯行も視野に調べている。

  

出会い系サイトで客募集 福岡県警4人逮捕/福岡

 福岡県警は21日、出会い系サイトを使い女性に売春させたとして売春防止法違反(管理売春)の疑いで、大阪府羽曳野市はびきの5丁目、会社役員、伊東崇容疑者(39)ら4人を逮捕した。


 県警によると、伊東容疑者はフクロウに触れ合えるカフェを福岡市などに展開する会社の取締役で、同市の「フクロウのみせ 博多店」では店長を務め、メディアに取り上げられていた。

 逮捕容疑は今年1月~9月、複数の女性に、出会い系サイトで誘った客とホテルで売春させ、収益を得た疑い。「リリアン」の名称で県公安委員会に無店舗型風俗店の届け出があり、伊東容疑者は実質的な経営者だった。

 県警によると、売春による収益は年5千万円以上あったといい、暴力団の資金源になっている可能性もあるとみて調べている。

売春:出会い系サイト使い 容疑で風俗店経営者ら逮捕/福岡

 出会い系サイトを使い、従業員の女性に売春をさせていたとして、福岡県警小倉北署は16日、北九州市小倉北区中津口1、派遣型風俗店経営、松原洋一郎容疑者(47)ら男4人を売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は今年4〜7月、男性従業員らが女性になりすまして出会い系サイトで客を募集し、応じた男性客に従業員の女性を引き合わせ、売春させたとしている。松原容疑者は容疑を認め、他の容疑者は「売春するとは知らなかった」などと一部容疑を否認しているという。

 小倉北署によると、松原容疑者らは指定暴力団工藤会系の暴力団組員と連絡を取っていた形跡があるといい、売上金の一部が暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて調べる。

経営する風俗店で売春させる 容疑で山口組系組長逮捕/埼玉

 経営する風俗店で売春をさせたとして、埼玉県警は12日までに、売春防止法違反や風営法違反の疑いで指定暴力団山口組系組長、中井敏明容疑者(62)=住居不定=を逮捕した。生活環境1課によると「関係ない」と否認している。

 逮捕容疑は、内縁の妻=同罪で公判中=と共同経営する川越市菅原町の風俗店「優」で3~4月、県内の男性客4人に対し、40代と50代の従業員2人に売春させたなどとしている。

 同課の調べでは、同店は1月に100万円以上の売り上げがあったとみられ、金が関係組織に流れた疑いもあるとみて調べる。

出会い系で女性になりすまし“売春あっ旋”組員逮捕/東京

 女性になりすまして携帯電話の出会い系サイトに書き込みをして男性客に女性を紹介し、売春をあっ旋したなどとして暴力団の組長ら4人が逮捕されました。

 指定暴力団山口組系の組長・清水亨容疑者(47)ら4人は、女性になりすまして携帯電話の出会い系サイトに書き込みをして、2月上旬、東京・品川区の路上で男性客と女性を会わせて売春をあっ旋した疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、清水容疑者らは近くのマンションの部屋に30代から40代の女性4人を待機させていて、紹介料として1人あたり1万5000円程度を女性を通じて男性客から受け取っていたということです。取り調べに対し、清水容疑者は黙秘しています。警視庁は、清水容疑者らが1年間で一千数百万円を得ていたとみて余罪を調べています。

売春させて資金源か 暴力団幹部ら逮捕、愛知県警

名古屋市中区栄4で売春店を営み、中国人女性と偽装結婚させたとして、愛知県警捜査4課と中署などは27日、売春防止法違反(周旋)の疑いで、中国籍の自営業苑麗麗容疑者(32)=同市中区栄=を、公正証書原本不実記載・同行使の疑いで、指定暴力団山口組弘道会系組幹部、竹下茂容疑者(40)=同市熱田区千年=ら3人の計4人を逮捕した。

竹下容疑者は「稲葉地一家」のナンバー2。歓楽街から得た資金を背景に、弘道会で2番目の勢力という。県警は、店が弘道会の資金源になっていたとみて調べる。

逮捕容疑では、苑容疑者は2月19日夜、中国人女性2人を売春相手として、男性客2人に引き合わせたとされる。竹下容疑者らは、中国滞在中の女性(34)に在留資格を取得させるため、2010年9月、この女性と組幹部吉川正夫容疑者(40)=同市中区富士見町=の結婚を装う虚偽の婚姻届などを中区役所に提出したとされる。

県警によると、苑容疑者は容疑を認め、竹下、吉川両容疑者は「何も話すことはない」と黙秘している。

売春:大分の少女らホテルへ 防止法違 反罪、組幹部ら12人起訴 /大分

>>関連記事
暴力団幹部らが大分市の少女(17)に売春させたとして大分、福岡両県警に逮捕された事件で、福岡地検は指定暴力団山口組弘道会系組幹部で会社役員、溝口賢剛容疑者(42)=福岡県春日市=ら12人を売春防止法違反(売春をさせる業)罪で起訴した。一緒に逮捕された男性(38)については「起訴するに足る証拠が得られなかった」として不起訴にした。

いずれも19日付。起訴状によると、溝口被告ら12人は11~12年、女性2人を福岡市の居室などに待機させ、ホテルで売春させることを生業として行ったとしている。

次は飛田か 松島新地の摘発で始まった大阪新地連続摘発“余波”/大阪

大阪の“夜の街”に異変が起きている。
「松島新地」に続き、今度は「今里新地」が摘発され、経営者らが続々逮捕されているのだ。 女性従業員に30分1万3000円で売春させたとして、1月16日、大阪府警東住吉署などに売春防止法違反容疑で逮捕されたのは、「今里新地」で料理店を経営する容疑者(64)ら7人。

「今里新地」は「松島新地」「飛田新地」と並ぶ、大阪ちょいの間風俗の三大拠点の一つ。“伝統的風俗”として黙認同然の状態にあることは、知る人ぞ知るところだ。これまでにも摘発は行われていたが、散発的なものが多かったため、立て続けの出来事に新地には衝撃が走っているのだ。 「どうやら今回の摘発は、今までのような警察の“点数稼ぎ”とは違うようなのです。というのも、松島にせよ今里にせよ、闇社会とのつながりは少ないという見立てで少々大目に見られていた。これが覆されたということは、裏の事情にも変化があったということ。とにかく警察の目の色が違いますからね」(地元風俗記者)

そこで気になるのが、先立って1月12日に行われた松島新地の摘発だ。 風俗関係のスカウトマンが経営する闇金で借金した女性が、松島新地の料理店を紹介され、同店で「売春行為をさせられた」と警察に駆け込んだ。これで料理店の経営者やスカウトの男ら6人が逮捕されたのだ。“借金のカタに遊郭に売られる”というのは昔の話と思いきや、今でもあったというわけだ。 「ここ数年、新地では景気の影響もあって、経営者が代わった店が増えており、その中には暴力団や闇金といった反社会勢力もいるとの情報があります。松島のケースはそれを証明したわけで、警察では今里の件でも、背後関係に注目している。今後も徹底的な取り締まりが行われるでしょう」(事情通)

大阪の風俗界隈では「次の矛先は飛田新地なのでは」との声も聞こえてくる。今後も新地の動きに目が離せな い。

薬物・暴力団対策担当刑事が売春クラブ経営関与か/東京

 警視庁のベテラン刑事が、売春クラブの経営に関与した疑いで逮捕された。
 売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは、万世橋警察署の警部補・垣副朋彦容疑者(45)と中国人の姜丹容疑者(35)。警視庁によると、姜容疑者は東京・大田区のビルの部屋で売春クラブを経営していたが、垣副容疑者は合鍵を使って店に頻繁に出入りするなど、経営に関わっていたとみられている。垣副容疑者は、薬物犯罪や暴力団対策なども担当したベテラン刑事。
 取り調べに対し、「店で売春していたことは知っているが、経営には関わっていない」と話し、容疑を否認している。

新たにスカウトグループの代表ら逮捕 大阪・松島新地の売春事件

大阪市西区の繁華街・通称「松島新地」の料理店で女性が売春をさせられていた事件で、大阪府警保安課は28日、売春防止法違反容疑で、女性らのスカウトグループ「Rグループ」の代表、西村暢一郎容疑者(28)=住所不定=ら3人を新たに逮捕したと発表した。逮捕者はこれで11人目。

府警によると、西村容疑者らのグループは大阪のキタやミナミで女性らを勧誘し風俗店に斡旋(あっせん)。月給の15%を仲介料として受け取っていたという。ヤミ金も営んでいたとみられ、府警は集めた金が暴力団に流れた可能性もあるとみて実態解明を進める。

西村容疑者の逮捕容疑は昨年2~5月、実質経営する松島新地の料理店「美人座」で、22歳の女性2人に売春させたとしている。容疑を認めているという。

松島新地では美人座など料理店2店舗が売春斡旋の容疑で摘発されている。

出会い系サイトで売春あっせん 容疑の暴力団組員ら逮捕/千葉

 出会い系サイトを利用して売春をあっせんしていたとして、千葉県警風俗保安課などは31日、売春防止法違反の疑いで、指定暴力団山口組系組員、酒井克彦(38)=千葉市花見川区=と、自称自営業、牧野俊博(49)=同=の両容疑者を逮捕した。ともに否認しているという。

 逮捕容疑は共謀して10月4日午後2時ごろ、船橋市内で女性を男性に引き合わせ、売春をあっせんしたとしている。

 同課によると両容疑者は、昨年6月ごろから大手の出会い系サイトを利用して客を募集。船橋や千葉市内のホテルに女性を送迎して客と引き合わせ、代金の数割を利益として得ていたとみられるという。

「1カ月で100人相手にした」 17歳少女に売春させた容疑で暴力団幹部ら逮捕 新宿・歌舞伎町/東京

 東京都新宿区歌舞伎町で少女に売春をさせていたとして、警視庁少年育成課は、児童福祉法と売春防止法違反(周旋)の疑いで、同区新宿、指定暴力団住吉会系幹部、宮下利行(61)と同組員、土居保之(29)の両容疑者ら3人を逮捕した。同課によると、全員、黙秘しているという。

 逮捕容疑は3月中旬と同月31日、新宿区歌舞伎町の路上で、少女を40代の男性ら2人に会わせて売春させた疑い。

 同課によると、少女は2月末に家出し、同町周辺を歩いていたところ、土居容疑者から「何歳? やれる?」などと声をかけられ、宮下容疑者らが用意したマンションに寝泊まりしながら売春を繰り返していたとみられる。少女は「1カ月間で100人くらいを相手にした」などと説明しているという。少女が得た金の半分近くは同容疑者らが受け取っていたという。

 少女は3月中旬に補導され、いったん家に帰ったが、宮下容疑者らに健康保険証を預けさせられていたため、怖くなってすぐに歌舞伎町に戻ったという。 

 同課は、宮下容疑者らがほかの少女らにも売春をさせていたとみて調べている。

売春防止法違反:福博会系幹部ら5人、容疑で逮捕/福岡

 県警生活保安課などは31日、中央区清川2、指定暴力団福博会系組幹部、小崎鉄男被告(44)=福岡市ピンクちらし根絶条例違反で起訴=ら5人を売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕したと発表した。

 県警によると、5人は女性の派遣などで月約1000万円の売り上げを得ていたとみられるという。

 逮捕容疑は、6月19日、福岡市のホテルで、女性(32)を派遣し、同市の無職男性(42)への売春をあっせんしたとしている。5人は「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

 県警は31日、福博会本部事務所(博多区)などを売春防止法違反容疑で家宅捜索した。

児童福祉法違反:女子高生に売春、容疑の組員逮捕/東京

 女子高校生に売春させたとして、警視庁少年育成課は6日、町田市原町田2、指定暴力団山口組系組員、相沢陽太容疑者(29)を児童福祉法、売春防止法違反の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は3月16日、大田区の無職の男(20)=同容疑で既に起訴=と共謀し、神奈川県小田原市でデリヘルのために雇った当時17歳の私立高校2年の少女を、出会い系サイトで募った複数の男性客に引き合わせ、売春させたとしている。容疑を否認しているという。

 少年育成課によると、相沢容疑者は2月中旬〜3月下旬、中高生の少女5人を使って計400万円の利益を得ていたとみられる。この女子高校生は1カ月で約50人の客を持たされ、約150万円を稼いだが、5万円を除く全額を相沢容疑者らに取り上げられていたという。

16歳に売春させた容疑、組員ら逮捕/大阪

 16歳少女に売春させたとして、府警少年課などは16日、売春防止法違反と児童福祉法違反の疑いで、指定暴力団山口組系組幹部、原田美次容疑者(50)ら3人を逮捕したと発表した。府警によると、いずれも「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、府内の無職少女と売春契約を結び、平成23年9月30日夜、名古屋市北区のホテルで、同市内の信用組合職員の男性(42)とわいせつな行為をさせたとしている。
 府警によると、少女は男性から3万円を受け取り、原田容疑者らと折半していた。原田容疑者らは少女を車で名古屋まで送っていたといい、少女は府警に対し「大阪より名古屋の方が(売春の)相場が高い」と話しているという。

売春場所にホテル客室を貸与、容疑の暴力団幹部を逮捕-川崎/神奈川

 売春の場所としてホテルの客室を貸したとして、県警生活保安課と川崎署は22日、売春防止法違反の疑いで、川崎市川崎区大島上町、ホテル経営で指定暴力団稲川会系幹部の容疑者(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は、受付の女性従業員(70)と共謀し、今年1月18日、女性2人が売春する際、経営する同区のホテルの客室を貸与した、としている。同課によると、同容疑者は容疑の認否について話していないという。

 県警は2月末、女性従業員を同法違反容疑で逮捕していた。

AKB48怒り!AKB48の写真使い売春を斡旋 組員ら5人逮捕/東京

 人気アイドルグループ「AKB48」などの写真をチラシに使い売春を斡旋(あっせん)したとして、警視庁保安課は売春防止法違反(周旋)の疑いで、東京都新宿区歌舞伎町、指定暴力団住吉会系組員で派遣型風俗店「アイドル」の経営者、広戸孝博(45)と埼玉県三郷市新和、同店元従業員、池田雅道(51)の両容疑者ら5人を逮捕した。

 同課によると、広戸容疑者らは「売春はさせていない」などと容疑を否認しているという。

 同課によると、同店は公衆電話ボックスなどに「AKB48」などの写真を使ったチラシを貼って宣伝。倉庫からはチラシ約60万枚が押収されており、著作権法違反の疑いももたれている。同店は平成18年に開店し、月150~200万円の売り上げがあった。

 逮捕容疑は5月20日、東京都新宿区歌舞伎町の同店事務所で、男性会社員(48)から連絡を受け、渋谷区のホテルに女性(24)を派遣し売春させたなどとしている。

 また、自宅に乾燥大麻を持っていたとして同課は、大麻取締法違反(所持)の疑いでも池田容疑者を逮捕、自宅から乾燥大麻約3キロ(末端価格約1800万円)を押収した。

売春防止法違反容疑で男女2人逮捕/岡山

 女性に売春をさせる契約を結んだとして、岡山県警生活環境課と岡山中央署などは21日、売春防止法違反(売春の契約)の疑いで、いずれも岡山市南区の無職、鈴木貞幸容疑者(38)と、岡下真弓容疑者(31)を逮捕したと発表した。逮捕容疑は、昨年3月、同市南区で、女性(18)に売春をさせる契約を結んだとしている。両容疑者とも容疑を否認している。

 同署によると、2人は自宅を拠点に携帯電話の出会い系サイトを利用して売春業を営んでいたという。県警は売上金が暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて調べている。

借金を返せない女性を日本に売り、「1日10回以上売春強要」/韓国

 釜山(プサン)地方警察庁は20日、借金を返せない女性たちを日本の性風俗業者に売った高利貸し業者をはじめとする暴力団員など16人を性売買特別法違反容疑で検挙した。

  韓国メディアによると、高利貸し業者らは2006年11月から08年5月まで150%の高利で、おもに風俗店で働いている女性数十人に金を貸した。そして、1人当たり1000万~3000万ウォン(約220万円)の先払い金を受け取り、借金を返せない女性たちを日本の性風俗業者に売り飛ばしたという。

  警察の調査結果、高利貸し業者は暴力団を雇って借金返済が難しい女性らを脅迫し、日本での売春を強要した。3カ月の観光ビザで日本に渡った女性たちは日本の性売買業者にパスポートを奪われ、10人くらいの集団で合宿しながら1日に10回以上も売春を強要されたとのこと。

  警察は、日本に渡って売春を行っている韓国の女性は3万人に達すると推定している。海外での性売買は日本だけではなく、米国やオーストラリアなど全世界に広がっていると分析し、捜査を続ける方針だと伝えた。

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ