FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

女子中生らに接待させた疑い…山口組系組長ら2人逮捕

 静岡県警掛川署は28日、女子中生と18歳未満の女性に接待をさせたとして、労働基準法の疑いで、掛川市の指定暴力団山口組系組長若松彰容疑者(67)と、同居のコンパニオン派遣業佐藤静恵容疑者(70)を逮捕した。

 逮捕容疑は2015年12月下旬、当時14歳の女子中生と当時16歳の女性を、静岡県磐田市の飲食店にコンパニオンとして派遣し、十数人の客の接待をさせた疑い。

 掛川署によると、2人は「覚えていない」と否認している。

  

14~17歳の少女5人をホステスに 容疑で組員逮捕/佐賀

>>関連記事
 佐賀県警唐津署と伊万里署は19日、風営法違反の疑いで、指定暴力団道仁会系組員(23)を再逮捕した。
.
 逮捕容疑は昨年8~10月、伊万里市内の繁華街で、無許可でスナックを経営し、県内の中高生を含む14~17歳の少女5人をホステスとして雇い接客させていた疑い。

 唐津署は物損事故の身代わりになったとして、組員を犯人隠避などの疑いで9日に逮捕していた。

  

「ガールズバー」女子中生雇用容疑で「宅見組」傘下組員ら逮捕/大阪

 18歳未満の少女と知りながら、女子中学生3人をガールズバーで雇用したなどとして、大阪府警曽根崎署は25日、児童福祉法違反と労働基準法違反の疑いで、大阪市北区曽根崎のガールズバー「スタイリッシュバー フェリーチェ」を摘発し、店長の森翔容疑者(31)=大阪市城東区野江=ら男2人を逮捕したと発表した。

 同署によると、森容疑者は神戸山口組の中心組織・宅見組の傘下組織の組員。「間違いない」と容疑を認めている。中学生らは別の仲介者とのツイッターを通じ、森容疑者を紹介されたという。

 逮捕容疑は、14~15歳の中学3年の女子生徒3人をアルバイトとして雇い、11日深夜~翌12日未明、店舗周辺の路上でチラシ配りなどをさせたとしている。

  

暴力団事務所で少年働かせた疑い 組員ら4人逮捕/愛知

 愛知県警は21日までに、17歳の少年を暴力団事務所で働かせたとして、児童福祉法違反の疑いで、名古屋市東区大幸、指定暴力団山口組弘道会系組員、森山伸基容疑者(44)ら4人を逮捕した。


 ほかに逮捕されたのは同市東区大幸、派遣社員、堀田智春(38)、愛知県みよし市西一色町、建築業、坂井優也(27)、熊本県八代市鏡町、作業員、稲田貴士(33)の3容疑者。いずれも同じ政治団体のメンバーだった。

 4人の逮捕容疑は2~5月、18歳未満と知りながら少年を名古屋市東区のアパートに居住させ、市内の暴力団事務所で雑用をさせた疑い。森山容疑者は少年と建築会社で知り合ったという。

 森山容疑者は「黙秘します」と供述。他の3人はおおむね認めている。

中高生ら19人に売春させた疑いで、組員ら5人を逮捕/沖縄

 宜野湾署や県警暴力団対策課などは23日、18歳未満と知りながら、沖縄本島内の中高生の少女ら13人に出会い系サイトで仲介した客とみだらな行為をさせたとして、西原町小那覇の男(33)ら5人を児童福祉法違反で逮捕したと発表した。このうち4人は起訴済み。
 同署などによると、男らは女性を客がいる場所に派遣し、性的サービスを提供する「デリバリーヘルス」という手法を用い、18歳未満の少女13人を含む19人の女性を県内外の客と引き合わせ、少なくとも約8千万円を得ていた。県警によると、未成年の少女を県外に派遣し、みだらな行為をさせた事例は極めてまれ。

 一方、宜野湾署は売り上げの一部が、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)容疑で逮捕された暴力団員の男(38)=処分保留で釈放済み=に渡っていたことから、事件の収益が指定暴力団旭琉会の資金源になっていたとみて、詳しく調べている。

 逮捕容疑は、ことし1月中旬から2月中旬にかけて、本島内に住む中高生の少女らを出会い系サイトで仲介した県内外の客に引き合わせ、みだらな行為をさせた疑い。

 宜野湾署によると、男らは少なくとも昨年6月から少女らを県内外に派遣していた。逮捕されたのは男と売り上げの一部を受け取った暴力団組員の男、運転手役の男2人、集金などを担当した少女1人の計5人。
 一方、少女らは出会い系サイトを通じて集められた。18歳未満の少女13人の内訳は中学生5人、高校生4人、無職2人、有職2人。18歳以上の女性は6人で、県外在住者も1人いた。女性らは沖縄以外に少なくとも福島、宮城、愛知、兵庫など本土8県に派遣されていた。


酒井法子の弟不起訴「起訴するに足りる証拠がなかった」 /福岡

 福岡地検は20日、18歳未満の少年2人を組事務所で働かせるなどしたとして、児童福祉法違反の疑いで逮捕された女優酒井法子の弟で指定暴力団山口組系組員吉原健さん(34)を不起訴処分で釈放した。

 地検は不起訴の理由を「起訴するに足りる証拠がなかった」としている。

家出少女に売春させた疑い 暴力団幹部ら3人逮捕/神奈川

 家出した女子中学生にわいせつな行為をさせたとして、県警少年捜査課と瀬谷署は4日、児童福祉法違反の疑いで、横浜市鶴見区向井町4丁目、指定暴力団稲川会系幹部で建築業大塚光晴(40)、同区寛政町、指定暴力団稲川会系組員菅原成将(23)、広島県出身で住所不定、無職工藤敬訓(39)=覚せい剤取締法違反罪で起訴=の3容疑者を逮捕、再逮捕した。

 逮捕、再逮捕容疑は、横浜市瀬谷区に住む中学3年の女子生徒(14)に売春させることを企て、昨年9月30日午前1時ごろ、同市鶴見区の有料駐車場に止めた乗用車内で、男性会社員(46)を相手にわいせつな行為をさせた、としている。同課によると、3人は容疑を否認している。

 同課によると、家出していた生徒は9月24日未明、横浜駅西口で若い男に「働く場所を紹介してあげる」と声を掛けられた。その日のうちに男から生徒を引き渡された大塚容疑者は、「逃げたら家族にも迷惑が掛かるから覚悟しておけ」と脅し、さらに工藤容疑者に生徒を引き渡した。

 生徒は24日から、工藤容疑者の住む同市鶴見区のマンションに居住しながら、菅原容疑者が出会い系サイトで見つけた相手を客に1万~2万円で売春などをさせられていた。

 10月1日に工藤容疑者が「家出中の女の子を保護している」と生徒を連れて鶴見署に出頭したことから事件が発覚。生徒はこの間、15人ほどを相手にしたという。県警は余罪について調べるとともに、生徒に声を掛けた男の行方を追っている。

酒井法子の弟、少年2人を働かせ逮捕/福岡

 福岡県警は30日までに、18歳未満の少年2人を組事務所で働かせるなどしたとして、児童福祉法違反の疑いで、女優酒井法子の弟で指定暴力団山口組系組員吉原健容疑者(34)=宮崎県日南市中、威力業務妨害罪で起訴=と同組長の男(47)ら計7人を逮捕した。

 吉原容疑者が「身に覚えがない」と話すなど、7人のうち6人が容疑を否認している。

 逮捕容疑は2011年9月~12年2月ごろ、当時15歳と16歳だった福岡県居住の少年2人を、18歳未満と知りながら同県宗像市にある組事務所の電話番をさせたり、果物の路上販売をさせたりした疑い。

 県警によると、少年の1人が窃盗容疑で逮捕され、取り調べ中に組との関係が分かった。

消防士がデリバリーヘルスを経営し、17歳少女にみだらな行為させる/静岡

>>関連記事
 静岡県警は11月29日、デリバリーヘルス(以下、デリヘル)を経営し、少女にみだらな行為をさせたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで、富士宮市消防本部の消防士・坂井聖容疑者(37=静岡市葵区瀬名川)再逮捕した。

 逮捕容疑は11年2月、県東部の少女(当時17歳)を18歳未満と知りながら、ホテルに派遣し男性客と淫らな行為をさせた疑い。坂井容疑者は同県沼津市拠点の派遣型風俗店(デリヘル)を、暴力団関係者とともに実質的に経営していたとされる。

 県警の調べでは、坂井容疑者は同県裾野市のアパートを、この少女の待機場所として利用し、別の男から店の売り上げを上納させていたという。

 坂井容疑者は暴力団関係者らと共謀して、知り合いの女性から約1100万円を脅し取ろうとしたとして、傷害と恐喝未遂の疑いで10月19日に逮捕された。さらに、20~30万円の借金をしていたデリヘルの女性従業員に、「働いて返せ」と脅し、強引に借用者を書かせたとして、強要などの疑いで11月8日に再逮捕されており、これが3度目の逮捕となった。傷害では起訴されたが、強要では起訴猶予となっている。

 坂井容疑者は富士宮市の消防本部に在籍し、11年3月~今年10月には、県消防防災航空隊に救助隊員として派遣され、防災ヘリの乗組員として、山岳事故などの救助活動にあたっていた。逮捕を受け、県は10月31日付で出向を解除していた。

 人の命を救うレスキュー隊という立派な仕事をしていた一方で、デリヘルを実質運営していただけでも問題なのに、その上、法を犯す行為を数々と起こしていたとは、にわかに信じられない話だ。まさに表の顔と裏の顔を使い分けていたようだ。

50人中30人が18歳未満…中高生らに売春させた組幹部ら逮捕/大阪

 大阪府警少年課は11日までに、女子中高生に売春させたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑などで堺市の指定暴力団山口組系組幹部上田博隆容疑者(32)=売春防止法違反罪などで起訴=ら5人を再逮捕、鹿児島県霧島市の無職五嶋博幸容疑者(25)ら2人を新たに逮捕した。

 同課によると、売春をさせるために女性約50人を集め、うち約30人が中高生など18歳未満の少女だったとみられる。同課は約2年間で数千万円を売り上げたとみて調べている。

 逮捕容疑は2010年12月~昨年11月、中学3年と高校2年の女子生徒2人に、府内のホテルでそれぞれ男性会社員相手にわいせつ行為をさせた疑い。

 上田容疑者らは女性を装って出会い系サイトで売春を持ち掛けていた。

暴走族少年を組事務所、露店で働かせる 暴力団幹部ら3人逮捕/長野

 18歳未満の少年を暴力団事務所などで働かせたとして、警視庁組織犯罪対策4課は児童福祉法違反の疑いで、長野県飯田市八幡町、山口組系組幹部、有賀健一郎容疑者(44)と同組員の男2人を逮捕した。同課によると、有賀容疑者ら2人は黙秘、残る1人は容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成22年4月~10月、飯田市内に住む暴走族の総長をしていた当時16歳の少年を市内にある組事務所で雑用をさせたり、露店や屋台で飲食物の販売などをさせたりしたとしている。

 同課によると、有賀容疑者らは少年を舎弟にしようと働かせていたが、少年が嫌になり顔を出さなくなると、何度も電話で「戻ってこい」と迫っていたという。

 少年は地元を離れて東京都内の親族のもとに身を寄せており、今年5月、暴力団追放運動推進都民センターに相談していた。

女子高生に売春させた疑い 山口組系組幹部を逮捕/大阪

 大阪府警少年課は12日、女子高生に売春させたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで、大阪府寝屋川市香里新町25の14、指定暴力団山口組系組幹部橋口雅之容疑者(46)ら2人を逮捕した。

 少年課によると、大阪市の女子高生(17)が5月にインターネットのゲームサイトで「1日8万円稼げる時もある」という書き込みを見つけて応募。女子高生は「暴力団なので怖くてやめたいと言い出せなかった」と話している。

 逮捕容疑は5月29日、18歳未満と知りながら、寝屋川市のホテルで売春させた疑い。橋口容疑者は「私には分からない」と否認している。

 同課によると、橋口容疑者らは出会い系サイトで女性を装い、男性客に買春を持ち掛けていたとみられる。

女子中生に売春相手紹介か/富山

>>関連記事
 暴力団組員らによる児童福祉法違反事件で、県警に逮捕された暴力団組員で無職新原直樹容疑者(22)(高岡市井口本江)らが売春させていた18歳未満の少女は、中学生を含め数十人とみられることが18日、捜査関係者への取材でわかった。県警は新原容疑者らが数年前から組織的に少女らに売春をさせていたとみて調べている。

 捜査関係者によると、共に逮捕された県西部の無職少女(18)らが、インターネットの自己紹介サイト「プロフ」などで被害少女を勧誘。出会い系サイトなどに被害少女を装い、中高生であることをほのめかした書き込みをし、連絡があった男を仲介していた。

 一部の被害少女は遊び仲間で、売春行為を援助交際とデリバリーヘルス(派遣風俗店)を合わせ「援デリ」などと呼びあっていた。被害少女らの多くは小遣い目的で、受け取った金の半分を新原容疑者らが得ていたという。

1回2万円で4割ピンパネ…16歳少女に売春させた組員ら逮捕/愛知

 岐阜羽島署は12日、16歳の少女に売春させたとして児童福祉法違反などの疑いで、愛知県あま市の指定暴力団山口組系組員(36)=逮捕監禁罪で起訴=ら4人を逮捕した。

 4人の逮捕容疑は3月と4月、愛知県一宮市や岐阜市などに住むアルバイトの少女ら16歳の少女3人を、名古屋市内のホテルで男性客に引き合わせるなどして売春させた疑い。

 同署によると、1回につき2万円で売春させ、4割を自分たちの収入としていたという。

児童福祉法違反容疑、組幹部ら再逮捕/静岡

>>関連記事
 指定暴力団山口組系幹部らが風俗店で少女を働かせていた児童福祉法違反事件で、静岡中央署は7日、同法違反(淫行をさせる行為)の疑いで富士市松岡、山口組藤友会系幹部、村井和弘容疑者(31)ら4人を再逮捕し、職業安定法違反(有害職業紹介)などの疑いで藤枝市の無職少女(17)ら2人を新たに逮捕した。調べによると、村井容疑者らは昨年4月上旬、県東部の少女=当時(17)=が18歳未満と知りながら無店舗型風俗店で働かせ、静岡市内で男性客にみだらな行為をさせた疑い。同署はほかにも被害に遭った少女がいるとみて、全容解明を進める。

16歳少女にテレクラ通じて売春、暴力団組員を逮捕/東京

 16歳の少女に売春をさせていたとして警視庁少年育成課は19日までに、児童福祉法違反などの疑いで東京都葛飾区西新小岩1丁目、指定暴力団松葉会系組員、佐瀬裕昭容疑者(29)を逮捕した。

 少年育成課によると、佐瀬容疑者は昨年6月以降、インターネットの自己紹介サイトで「高収入アルバイトを紹介する」などと書き込み、応じてきた少女約30人にテレホンクラブに電話をさせて客を募っていた。

 ホテルへの送り迎えやトラブル対応などをする代わりに売春代金の3分の1程度を少女たちから取っており、約600万円を得ていた。暴力団の資金源になっていた可能性があるとみている。

 逮捕容疑は昨年12月28日、葛飾区新小岩のホテルで、千葉県の無職少女に男性客(43)と2万円で売春をさせるなどした疑い。

18歳未満の少女にデリヘル勤務 山口組系幹部ら5人逮捕/静岡

 18歳未満と知りながら静岡県中部に住む高校生の少女(16)をデリバリーヘルス(派遣型風俗)で働かせたとして、静岡中央署などは17日、静岡県富士市松岡、無職で指定暴力団山口組藤友会系幹部、村井和弘容疑者(31)ら男5人を逮捕した。

 調べでは、村井容疑者らは昨年8月初旬、静岡市内で派遣型風俗店を経営し、同市駿河区のホテルに少女を派遣、男性客とみだらな行為をさせた疑い。

 同署によると、村井容疑者は「全く知らない」と容疑を否認している。店には二十数人の女性が勤務し、ほとんどが18歳未満だったとみられるという。

少女売春容疑で暴力団員ら3人逮捕 大浦署など/長崎

 大浦署などは18日、18歳未満の少女に売春をさせたなどとして児童福祉法違反などの疑いで長崎市西小島2丁目、無職で暴力団組員、植木俊雄容疑者(22)ら3人を逮捕した。同署などは売春が暴力団の資金源になっている可能性もあるとみて捜査している。

 ほかに逮捕されたのは長崎市高丘2丁目、暴力団交友者で会社員、大塚将仁(21)、同市かき道1丁目、自営業、下大輔※1(22)の両容疑者。

 3人の逮捕容疑は昨年1月11日ごろ、長崎市立岩町のファミリーレストランで、不特定の相手に売春をさせる契約を飲食店アルバイトの少女=当時(17)=との間で結んだ疑い。さらに同月31日、植木、大塚両容疑者は同市平和町のホテルでこの少女に売春をさせた疑い。

 大浦署によると、3人と少女は知人を通じて知り合った。植木容疑者らは携帯電話の出会い系サイトを使い、売春相手を募っていたとみられる。少女は「報酬を得るためだった」と動機を話しているという。

 ※1【編注】下大輔のは、実際には山の下に高の口が目の上と下の横棒なし

誠道会本部を捜索、児童福祉法違反疑いで

 福岡県警は22日、同県大牟田市櫟野、指定暴力団九州誠道会系組員水野正男(26)、熊本県荒尾市下井手、会社員中島孝文(25)両容疑者を児童福祉法違反(淫行(いんこう)させる行為の禁止)容疑で逮捕したと発表した。県警は同日午前、大牟田市内の九州誠道会本部事務所と系列組事務所の計2か所を同容疑で捜索した。

 発表によると、2人は2月8日夜、携帯電話の出会い系サイトで募集した熊本県内の男性(61)に大牟田市内の中学3年の女子生徒(14)を引き合わせ、市内のホテルでみだらな行為をさせた疑い。男性は1万5000円を支払い、女子生徒は1万円を受け取ったという。2人とも容疑を否認している。

少年に組の仕事、容疑の組長逮捕-直方署/福岡

 直方署は4日、県内の無職の少年(17)を組員として従事させたとして、宮若市下、指定暴力団太州会系組長、白石一美(62)ら4容疑者を児童福祉法違反(有害目的の支配下)で逮捕した。

 逮捕されたのは、他に、同市湯原、同幹部、永瀬聖也(23)▽同市水原、同組員、岩下正己(22)▽直方市植木、同、有田優作(28)の各容疑者。容疑は共謀の上、5月20日~7月12日、18歳未満と知りながら少年を、組員の家に住ませて組事務所の掃除や雑用をさせたほか、覚せい剤やシンナー取引に同行させるなどしたとしている。

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ