FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

盗んだカードで現金引き出し 住吉会系組員7回目の再逮捕 

>>関連記事
 神奈川県警緑署は8日、だまし取ったキャッシュカードを使って現金自動預払機(ATM)で約175万円を引き出したとして指定暴力団・住吉会系組員、名古屋亮太被告(24))=横浜市緑区北八朔町=(覚せい剤取締法違反罪などで起訴)を窃盗容疑で再逮捕した。「一切、関わっていません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、ほか3人らと共謀して、平成29年12月18日から19日の間に、同区や横須賀市、埼玉県川口市などのコンビニエンスストアのATMで、だまし取ったキャッシュカードを使って現金計約175万円を引き出したとしている。

  
 

制御装置を積み替えプリウス窃盗 「福博会」系幹部ら逮捕

 福岡県警捜査3課などは30日、車のエンジン始動を制御するコンピューターを積み替える手口でトヨタのハイブリッド車「プリウス」を盗んだとして、指定暴力団・福博会系組幹部、有吉一裕容疑者(48)ら3人を窃盗の疑いで逮捕した。この手口による摘発は県内初という。

 ほか2人は、無職の服部一夫(53)=住所不定=と、同じく無職の財前正幸(48)=大阪市西成区梅南1=の両容疑者=(ともに別の窃盗罪で公判中)。

 逮捕容疑は2月12日午後6時半~同11時15分の間、、福岡市早良区の月決め駐車場で、男性会社員(32)のプリウス(時価約153万円相当)を盗んだ疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、車の制御コンピューターを、別の車から取り出したコンピューターとつなぐ新たな手口で盗んだという。

 プリウスは人気が高く転売しやすいため、窃盗被害が相次いでいる。県内では今年3件の被害が確認され、県警はうち2件は有吉容疑者らが関わったとみている。昨年は12件発生し10件は偽の電子キーを作ってエンジンを誤作動させる別の手口だった。

  
 

1億2000万円窃盗 神戸山口組系元組員ら3人逮捕

 茨城県警は29日、同県つくば市の運送会社から現金1億2000万円を盗んだとして、窃盗などの疑いで、指定暴力団・神戸山口組系元組員、高田和義容疑者(39)=同県石岡市若松=ら男3人(いずれも同罪などで公判中)を再逮捕した。

 県内では2015年4月ごろから窃盗事件が多発。県警は、高田容疑者を中心とするグループが100件以上に関与し、暴力団の資金源になっていたとみて調べる。

 ほかの2人は、建設作業員、根矢祥平(28)=水戸市吉沢町=と、無職の松本悟志(47)=東京都新宿区北新宿=。

 再逮捕容疑は共謀し、今年3月4日午前1~2時ごろ、つくば市上大島の運送会社に侵入し、1億2000万円と、バッグや腕時計を盗んだなどの疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、3人は同じ敷地にある別の運送会社にも侵入したが、仮眠中の従業員に発見され逃走。4~5月、別の窃盗容疑などで逮捕された。

  
 

ひったくり30件以上に関与か 山口組系組員を逮捕

 警視庁捜査3課は21日、女性から現金の入ったバッグを奪ったとして、窃盗容疑で指定暴力団・山口組系組員、安田剛容疑者(35)を逮捕した。「お金に困ってやりました」などと話し、容疑を認めている。

 逮捕容疑は7月10日午前11時ごろ、東京都墨田区八広の路上で、自転車に乗っていた女性(75)に後ろから自転車で近づき、追い抜きざまに前かごに入れていた現金約1万2千円などの入ったバッグをひったくったとしている。

 防犯カメラの画像などから安田容疑者が浮上。捜査3課によると、都内では7月以降、同様の被害が30件(被害総額約200万円)以上発生しているといい、同署は関連を慎重に調べている。

  

仲間が詐欺マニュアル置き忘れ 神戸山口組系会長を逮捕

 警視庁赤坂署は26日、振り込め詐欺で高齢者から現金を盗んだとして、詐欺グループのリーダーで指定暴力団・神戸山口組宅見組傘下、「二代目坂町総業」会長、三木秀美容疑者(44)を窃盗容疑で逮捕した。グループのメンバーがコンビニに詐欺マニュアルなどを置き忘れ、グループの摘発につながった。

 同署によると、グループは東京都内のビジネスホテルなどを転々としながら、高齢者を狙った電話をかけていた。今年3月、かけ子の男(30)が、電話をかける際に使うマニュアルや、高齢者の連絡先などが記された名簿をコピーするためにコンビニに立ち寄り、マニュアルや名簿、5~6台の携帯電話の入った茶封筒を店内に忘れたまま店を出た。不審に思った店長が警察に通報し、押収された。

 同署は4月以降、この男ら4人を相次いで逮捕。その後の捜査で、グループのリーダーである三木容疑者の関与が浮上した。三木容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は2月、千葉県の80代の女性に「医療費の還付金がある」などとうそを言ってキャッシュカード2枚を受け取り、現金約190万円を引き出したとしている。

  

不正入手キャッシュカードで現金引き出し 神戸山口組系幹部を逮捕 

 奈良署は11日、現金自動預払機(ATM)から現金を不正に引き出したとして、窃盗の疑いで指定暴力団・神戸山口組傘下組織幹部、川上直樹容疑者(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年1月24日、奈良市内のコンビニに設置されたATMに、不正に入手したキャッシュカードを入れ、現金50万円を引き出して盗んだ疑い。

 奈良署によると「身に覚えがない」と容疑を否認している。

  

山口組系組員、生活費欲しさで車、事務所荒らし繰り返す

 工具やゴルフバッグなどを盗むため、兵庫県や大阪府内で車上や事務所荒らしを繰り返したとして、兵庫県警捜査3課と宝塚署は20日、窃盗などの疑いで、指定暴力団・山口組系組員、野々村聡被告(32)=大阪府門真市宮前町、同罪などで公判中=を逮捕、送検したと発表した。「生活費がほしかった」と容疑を認めている。

 県警は起訴済みの4件を含む86件(被害総額約2800万円相当)の容疑を裏付け、捜査を終結した。

 逮捕、送検容疑は昨年5~11月、同県宝塚市栄町の建設現場の仮設事務所から工具や銅線など43点(計約307万円相当)を盗むなどしたとしている。

 県警によると、野々村容疑者は主に駐車中の工事関係の車や高級車を荒らして盗品を転売。県警は宝塚市の現場に残っていたDNA型などから、野々村容疑者の関与を特定したという。

  

自動車窃盗容疑 稲川会系幹部らを逮捕

 埼玉県警深谷署は5日午前、去年、埼玉県深谷市で自動車4台を盗んだとして、指定暴力団・稲川会系幹部ら2人を窃盗の疑いで逮捕した。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、稲川会系幹部の新井幹也容疑者(42)と、無職、小林紀靖容疑者(54)。

 同署によると小林容疑者らは2017年7月、深谷市の自動車販売店などから、商品のスポーツカーなど、あわせて車5台を盗んだ疑いが持たれている。

 小林容疑者らは、去年7月に市内の自動車販売店で時価およそ100万円のスポーツカーを盗んだとして逮捕されていて、その際の防犯カメラの映像から今回の事件への関与が浮上したという。警察の調べに2人は黙秘しているという。

  

ATM18億円不正引出 「関東連合」元メンバー逮捕

>>関連記事
 福岡県警は21日、2016年5月に全国17都府県のコンビニエンスストアの現金自動受払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件で、無職、斉藤祐輔容疑者(33)=東京都世田谷区梅丘2=を不正作出支払用カード電磁的記録供用と窃盗の容疑で逮捕した。

 県警は、斉藤容疑者が事件を首謀したグループの一人で、準暴力団「関東連合」の元メンバーとみている。

 県警によると、逮捕したのは今月20日。逮捕容疑は16年5月15日早朝、指定暴力団・神戸山口組系組員ら計10人と共謀し、福岡県内のコンビニ43店舗のATMで偽造クレジットカードを使って438回にわたり計4380万円を不正に引き出したなどとしている。県警は斉藤容疑者の認否を明らかにしていない。

続きを読む »

ひったくり被害偽装し400万円窃盗 神戸山口組系幹部逮捕

 和歌山市内の路上で男らがひったくりを装い、現金約400万円を盗んだ事件で、県警組織犯罪対策課などは5日、窃盗容疑で、大阪市淀川区木川東、指定暴力団・神戸山口組系組幹部、高山俊治容疑者(55)を逮捕した。逮捕者は計6人となった。県警によると、高山容疑者は事件の主犯格とみられるが、「自分は関わりがない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、京都市山科区の風俗店経営、今江淳容疑者(35)ら5人と共謀し、9月15日午後3時ごろ、和歌山市一番丁の路上で、今江容疑者が同市内の男性会社役員(53)から預かった現金約400万円入りの紙袋をひったくり犯役らの3人に奪わせ、盗んだとしている。

  

ガソリンスタンドで金庫盗む 住吉会系組員ら3人逮捕

 警視庁町田署は、横浜市のガソリンスタンドに侵入し、現金の入った金庫などを盗んだとして暴力団組員の男ら3人を逮捕した。

 指定暴力団・住吉会系組員、今西一人容疑者(30)と小野直樹容疑者(25)=ともに住居不定、無職=と、塗装業、本間正人被告(23)=神奈川県横浜市泉区和泉中央南=ら3人は8月15日深夜、、横浜市青葉区のガソリンスタンドで現金70万円と金券6枚(計3万円相当)などが入った金庫を盗んだ疑いが持たれている。

 町田署によると、今西容疑者らはバールでドアをこじ開けて侵入していて、警備員が来るまでの5分以内に犯行を終えていたという。同月30日に町田市内で同様の被害が発生し、防犯カメラなどから本間容疑者が浮上した。

 取り調べに対して今西容疑者と小野容疑者は黙秘し、本間容疑者は容疑を認めていて「他にも30件ほどやった」などと話している。警視庁は余罪についても調べる方針。

  

工事現場の鉄板盗む 「神戸山口組」系幹部ら3人逮捕

>>関連記事
 愛知県警千種署は17日、建設現場の鉄板を盗んだとして、指定暴力団・神戸山口組系組幹部ら3人を窃盗容疑で逮捕した。

 窃盗容疑で逮捕されたのは、神戸山口組傘下幹部、成田茂一容疑者(57)=同県大治町=と、同、内田諭容疑者(52)=三重県木曽岬町=ら3人。

続きを読む »

5千万円絵画窃盗 新たに元暴力団組員を逮捕

 大阪府枚方市の京阪電鉄枚方市駅に展示されていた前衛画家の故・白髪一雄氏が描いた評価額5千万円相当の油絵が盗まれた事件で、大阪府警捜査3課は2日、窃盗の疑いで、新たに堺市堺区宿屋町東、元暴力団組員で無職、河合浩司容疑者(56)を逮捕した。この事件での逮捕者は5人目。

白髪一雄氏の絵画「作品B」 
盗まれた白髪一雄氏の絵画「作品B」

続きを読む »

下関の結婚式場で現金100万円強盗事件 男3人を起訴

>>関連記事
 2016年10月、下関市の結婚式場で現金100万円余りが盗まれた事件で、山口地検は強盗容疑で逮捕された男ら3人を、暴行と窃盗の罪で起訴した。

 暴行と窃盗の罪で起訴されたのは、下関市に拠点を置く指定暴力団「七代目合田一家」の二次団体組員、太田大輔容疑者(36)=下関市彦島塩浜町=と、無職、福吉一希容疑者=下関市在住=ら3人。

 起訴状などによると、3人は去年10月、市内一の宮町の結婚式場で男性支配人を呼び止めて転倒させ、売上金およそ107万円が入った夜間金庫用の袋を盗んで車で逃走したとされている。警察は逮捕時の3人の認否を明らかにしていない。

 また逃走に使った車を貸すなどして強盗ほう助の疑いで逮捕された加鹿達也容疑者(28)=下関市長門町=は処分保留で釈放された。

  

ATM不正引出しの指示役か 弘道会傘下組員2人を逮捕

 17都府県のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)で18億円超が不正に引き出された事件で、千葉県内の店舗で480万円を引き出したとして逮捕・起訴された男に偽造されたクレジットカードを渡し、不正な引き出しを指示したと見られる暴力団員2人を、窃盗などの疑いで逮捕した。
 
 逮捕されたのは、いずれも指定暴力団・山口組の四次団体で弘道会浜長傘下「上久保組」幹部での無職、高木知彦(26)=埼玉県新座市=と、同会系組員の自称会社員、榎本洋之(28)=千葉市中央区=の両容疑者を逮捕した。

 警察の調べによると、2人は、去年5月、千葉市内の5か所のコンビニエンスストアのATMから合わせて480万円を引き出したとして逮捕・起訴された暴力団員らに、偽造されたクレジットカードを渡し現金を引き出させた疑いが持たれてる。

続きを読む »

工事現場から鉄板盗んだ神戸山口組系幹部ら逮捕

 岐阜県の工事現場から鉄板を盗んだとして、愛知、三重両県警は23日、窃盗の疑いで、指定暴力団・神戸山口組系組幹部で愛知県大治町西條の成田茂一(57)、同県あま市森6の自称自営業水谷雄基(30)、三重県四日市市大谷台2の無職山下圭二(41)の3容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑では、3人は共謀して、4月22日午後5時ごろから24日午前8時20分までに、岐阜県土岐市の建設工事現場に敷設されていた鉄板(縦1・5メートル、横6メートル、厚さ2・2センチ、重さ1・6トン)21枚(計303万円相当)を盗んだとされる。

 名古屋・千種署によると、3人は「知らない」と容疑を否認している。重機を使って盗んだとみられる。昨年1月以降、愛知、三重、岐阜の3県で工事現場から鉄板が盗まれる被害が100件発生しており、両県警が関連を調べている。

  

犯罪収益が抗争の資金源か 神戸山口組系関係者を逮捕

 去年4月、静岡県伊東市の貴金属店に侵入し、指輪やバッグなど2100万円相当を盗んだ疑いで、暴力団関係者の男が逮捕された。

 逮捕されたのは指定暴力団・神戸山口組系の暴力団関係者・川島征佳容疑者(37)。

 警察によると、川島容疑者は、埼玉や福島など1都9県で窃盗を繰り返していたグループの一員だとみられている、一連の窃盗事件では13人が逮捕・起訴されていて、被害額は約5億5000万円に上るという。

 警察は、犯罪で得た金が指定暴力団・山口組との対立抗争の資金になっていた可能性があるとみて捜査を進めている。

  

巧妙化する高級車盗 GPS解除…「キープログラマー」悪用

 自動車盗の手口が巧妙化し続けている。高級車約400台を盗んだとして、三重県警が昨秋~今春に暴力団組員ら8人を逮捕した事件では、特殊な機器で防犯システムを無力化したり、事前にアラームを解除してから車内に侵入したりするなど、車のセキュリティーを知り尽くした手口が明らかになった。

 県警はトヨタランドクルーザーやレクサスなど約400台を盗んだなどとして昨年9月~今年2月、男女8人を逮捕した。被害額は15億~20億円。グループの車から押収したのは「キープログラマー」と呼ばれる手のひらサイズの機器だ。

 車にはエンジンやモーターを一元で管理するコンピューターが搭載されている。運転席付近には、コンピューターを外部と接続するコネクターがある。車のIDと鍵のIDが合致しないとエンジンがかからない「イモビライザー」と呼ばれる防犯システムもこのコンピューターで管理される。

 県内の整備業者によると、「キープログラマー」は本来、車の整備や合鍵の作成に使う機器だ。コネクターにつないでトラブルの状況を確認したり、車と鍵のIDを書き換えたりする。ネットでも流通している。

 グループは、「キープログラマー」をコネクターに接続し、ハッキングしてイモビライザーを解除。自分たちで準備した電子キーをキープログラマーにかざし、電波を読み込ませることで、IDの書き換えもしていたという。本来の「キープログラマー」をイモビライザーの解除に特化させた窃盗仕様のものが流通しているとみられ、グループの1人は「知り合いの暴力団組員から入手した」と話しているという。

  

万引きの神戸山口組傘下組長 「組の冷蔵庫に食料品なく」

>>関連記事
 ショッピングモールで万引きしたとして起訴された暴力団組長。初公判で検察側は、組長自らレジを通らず店を出る「かごぬけ」を指示していたことを明らかにした。

 神戸山口組山健組傘下、生島組幹部で「二代目永島組」組長、里中真人こと郡司真人容疑者(55)は今年4月、組員2人と共謀し東区の「イオンモールナゴヤドーム前」の食料品売り場でスイカなど果物や野菜68点約2万5000円相当を盗んだ罪に問われている。

 29日の初公判で郡司被告は「窃盗はしていません」と起訴内容を否認。続く冒頭陳述で検察側は「組の冷蔵庫の中の食料品がなくなっていたことから、スーパーでレジを通らず店を出る『かごぬけ』を組員に指示した」などと犯行の経緯を明らかにした。

  

万引きは「組存続のため」 神戸山口組系組幹部2人逮捕

>>関連記事
 ショッピングモールでスイカなどを万引きしたとして、愛知県警東署は23日、ともに指定暴力団神戸山口組山健組生島組傘下、「二代目永島組」組員の中島良輔(59)=名古屋市千種区下方町7=と飯田広(52)=同県豊山町豊場=の両容疑者を窃盗容疑で逮捕した。2人は容疑を認め、中島容疑者は「組の運営資金が乏しく、組を存続させるためだった」と動機を供述しているという。

 逮捕容疑は共謀して4月23日午後7時20分ごろ、名古屋市東区のモールの食品売り場で、スイカ、ウナギ、米などの食品や日用品計198点(計7万6120円相当)を万引きしたとしている。

 東署によると、2人は「二代目永島組」組長、里中真人こと郡司真人容疑者(55)=窃盗罪で既に起訴=と店を訪れ、買い物かごに大量の品物を詰め込み、精算せずに持ち去ろうとした。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR