FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

違法ネットカジノからみかじめ料授受 住吉会系幹部を逮捕

 埼玉県警大宮署は、さいたま市大宮区の繁華街で、カジノ店が客にバカラ賭博をさせて不正に得た収益の一部をみかじめ料として受け取ったとして、指定暴力団・住吉会系組幹部、高林千加男容疑者(67)を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕、23日に身柄を検察庁に送った。調べに対し、「覚えていない」などと容疑を否認している。

 住吉会系「平塚一家」事務所を家宅捜索
住吉会系事務所を捜索

 県警によると、高林容疑者は、さいたま市大宮区のカジノ店が、インターネットを使って客にバカラ賭博をさせ1日に100万円ほど売り上げ、不正に収益を得ていることを知りながら、10万円をみかじめ料として受け取ったとしている。22日には高林容疑者が所属する住吉会系「平塚一家七代目」の事務所などを家宅捜索した。

 県警は今年5月、このカジノ店を捜索、経営者を逮捕・起訴して捜査を進め、収益の一部が高林容疑者に渡っていた疑いがあることが分かった。みかじめ料の授受は少なくとも3年前から続いていたとみられ、収益が暴力団の資金源になっていたとみて調べている。

  
 

偽C型肝炎治療薬販売代収受の男性 不起訴

>>関連記事
 C型肝炎の治療薬「ハーボニー」の偽造品を販売した人物から収益を受け取ったとして逮捕された暴力団関係者の男性について、東京地検は不起訴処分とした。

 暴力団関係者の50代の男性は、去年1月ごろ、「ハーボニー」の偽造品を販売した人物から、現金50万円を受け取っていたとして逮捕されていた。

 男性は警視庁の取り調べに対し、「よく覚えていない」と容疑を否認していましたが、東京地検はこの男性について、25日付けで不起訴処分とした。

  

偽C型肝炎治療薬販売代収受 共政会系幹部を逮捕

 高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽薬流通事件で、警視庁生活環境課は、偽造品を販売した人物から収益を受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、指定暴力団・五代目共政会の傘下組織幹部、長尾昭寿容疑者(51)=広島市佐伯区倉重=を逮捕した。

 一連の事件で暴力団関係者の関与が明らかになるのは初めて。生活環境課は流通していた偽造品との関係を調べている。

 逮捕容疑は、昨年1月ごろ、ハーボニー配合錠と表示された錠剤入りのボトル1本を無許可で販売した男(49)から、別人の名義の口座に振り込ませるなどし、販売収益の50万円を受け取ったとしている。

 男が販売したボトルは偽造品だった。長尾容疑者は「よく覚えていない」と否認している。

  

無許可風俗店収益から光熱費 山口組系「健心会」会長を逮捕

 大阪府警捜査4課などは29日、無許可営業のガールズバーの売り上げを上納させ、自宅兼事務所の光熱費や携帯電話料金などに充てていたとして、指定暴力団・山口組の若頭補佐で、「二代目健心会」会長、江口健治容疑者(64)=大阪市浪速区塩草=を組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 捜査4課によると、江口容疑者は大阪市都島区の繁華街で風俗店8店舗を営業し、うちガールズバーの2店舗が無許可営業だったという。8店舗で年間約6千万円の売り上げがあったとみている。

 逮捕容疑は今年2月、配下の組幹部の男(54)から得た犯罪収益の一部を使い、浪速区内のコンビニで携帯電話料金や組事務所の光熱費計約17万7千円を支払った疑い。

 捜査4課は2~3月、風俗店を無許可営業したとして風営法違反容疑で組員ら7人を逮捕し、捜査していた。

  

ひったくり偽装で神戸山口組系「東生会」幹部を起訴

>>関連記事
 和歌山地検は26日、別の男らが盗んだ現金の一部を、盗んだものと知りながら受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の罪で、指定暴力団・神戸山口組系「東生会」幹部、高山俊治容疑者(55)=大阪市淀川区木川東=を同日付で起訴した。

 起訴状などによると、9月、共謀してひったくり事件を装い現金を盗んだ会社役員、朝田正司被告(43)=窃盗罪で起訴=から、盗んだ現金の一部にあたる100万円を受け取ったとしている。

 高山被告は朝田被告らと共謀して、知人から預かった400万円入りの紙袋をひったくり役に奪わせたとして、窃盗容疑で逮捕、送検されていた。

  

詐取金を上納受領 山口組系「落合金町連合」会長を逮捕

 警視庁池上署は21日、詐欺事件の被害金の一部を傘下組員から受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで、指定暴力団・山口組系「落合金町連合」会長、佐藤光男容疑者(64)と、同組員の倉田良一容疑者(58)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成27年11月、40代の傘下組員が知人からだまし取った100万円の一部を犯罪収益として受け取ったとしている。

 池上署によると、今月初旬、傘下組員を詐欺の疑いで逮捕。組員への捜査を進める中で、佐藤容疑者の関与が浮上した。佐藤容疑者は詐取金を組への上納金として徴収し、組の運営資金に充てていたとみられる。

続きを読む »

不正受給保護費を上納 神戸山口組系「健心連合会」会長を逮捕

 暴力団組員が不正に受給した生活保護費を受け取ったとして、大阪府警は4日、指定暴力団神戸山口組直系の「健心連合会」会長、伊藤寿邦容疑者を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 逮捕容疑は健心連合会幹部の男2人=詐欺罪で公判中=が大阪市から不正受給した生活保護費と知りながら、現金を受け取ったとしている。2人は昨年12月~今年4月、暴力団組員であることを隠して生活保護費計約80万円をだまし取り、うち9万円を、計5回に分けて上納させたとしている。

  

稲川会系組幹部ら逮捕 違法風俗店から現金徴収

 違法営業をしていた東京都内の風俗店から用心棒代名目で現金を徴収したとして、警視庁大崎署は16日までに組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、指定暴力団・稲川会系組幹部、新井慎一容疑者(48)=東京都品川区=と元同会系組員、宮元直紀容疑者(38)=福島県いわき市=を逮捕した。

 捜査関係者によると、新井容疑者は容疑を否認し、宮元容疑者は認めているという。昨年、警視庁が違法営業をしていたとして風俗店を摘発し、発覚した。

 逮捕容疑は2013年11月~昨年5月、品川区内の風俗店の経営者から、計約600万円を宮元容疑者の親族名義の口座に振り込ませた疑い。

  

「旭導会」本部に家宅捜索 風俗店から"みかじめ料"230万円/北海道

 2016年、旭導会幹部で「川合興業」組長、川合彰典容疑者(50)ら2人が、旭川市の風俗店経営者から、みかじめ料として230万円ほどを受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕された事件で、警察は1月13日、北海道旭川市の旭導会本部に家宅捜索に入った。
 
 13日、午前10時から約40人体制で、旭導会本部に家宅捜索に入り、現金が上部組織に納められた疑いがあるとみて調べる方針。

 警察の調べに川合容疑者らは、「知らない」などと、容疑を否認している。

  

カジノ店から「あいさつ料」 山口組系倉本組傘下組長ら逮捕/和歌山

 和歌山県警は17日、和歌山市内のインターネットカジノ店からあいさつ料名目で現金9万円を受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、指定暴力団山口組倉本組傘下、「七代目吉本組」組長坂上浩二容疑者(49)=和歌山市谷町=ら5人を逮捕した。

 5人の逮捕容疑は今年4~6月、カジノ店の経営者からあいさつ料名目で3回に分けて現金計9万円を受け取ったとしている。坂上容疑者は現金を受け取ったことを認め「共謀はしていない」と供述している。

 県警は今年7月、インターネットを介して客に賭博をさせたとして、常習賭博の疑いで、カジノ店経営者の男(68)や従業員3人を逮捕。その後の捜査で坂上容疑者らに現金を支払っていたことが判明したという。

  

神戸山口組系幹部 「援デリ」収益収受容疑で逮捕/大阪

 犯罪収益の一部と知りながら売春行為の売上金を受け取ったとして、大阪府警少年課などは9日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で、指定暴力団神戸山口組系幹部、児玉陽二容疑者(45)=兵庫県尼崎市西本町=を逮捕した。「金を借りただけ」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成27年9月、大阪府内のホテルで高校1年の女子生徒=当時(15)=に売春させて得た売上金数万円を、出会い系サイトなどを通じて少女らを派遣する援助交際デリバリー(通称・援デリ)経営者の男を通じて受け取ったとしている。

 府警は今年1~4月、経営者を含む援デリグループの男女7人を逮捕。その後の捜査で児玉容疑者の関与が浮上したという。みかじめ料名目で金を受け取っていたとみられる。

  

わいせつ画像投稿「写真箱」 売り上げ金が暴力団に

 少女のわいせつ画像が投稿される画像共有アプリの運営会社から、この会社が違法に稼いだ売り上げ金の一部を暴力団員の男ら2人が受け取っていたとして逮捕された。

 指定暴力団住吉会系幹部の石坂陽容疑者(48)と、会社員の小林功容疑者(56)は画像共有アプリ「写真箱」の運営会社が少女のわいせつ画像を利用客にダウンロードさせ、違法に稼いだ売上金、約56万円を自分の銀行口座に振り込ませた疑いが持たれている。

 警察によると、小林容疑者は運営会社側に銀行口座の名義を貸す代わりに、売上金の1割を要求していたという。

 取り調べに対し、小林容疑者は「入金されたことは間違いないが、犯罪収益とは知らなかった」と容疑を一部否認している。また石坂容疑者も「事情をよく知らない」と容疑を否認している。

 警察は、小林容疑者らに渡った金が暴力団の資金になっていたとみて、全容の解明を進めている。

  

「上納金」として800万円受け取る 暴力団組長ら2人を容疑で逮捕 福岡県警

 知人の男らがゼネコンから脅し取った金を上納金として受け取ったとして、福岡県警は17日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、いずれも特定危険指定暴力団工藤会幹部の金明吉容疑者(69)=福岡県直方市=と木村正勝容疑者(68)=北九州市小倉南区=を逮捕した。

 県警は9月、同県行橋市発注の解体工事を受注したゼネコンから約4300万円を脅し取ったとして建設会社役員の男ら4人を逮捕。一部が工藤会側に上納されたとみて捜査していた。

 2人の逮捕容疑は平成25年5月、ゼネコンから脅し取った金の一部と知りながら、役員から2回にわたり上納金名目で現金計800万円を受け取った疑い。

  

詐欺グループから返済金受領の疑い山口組系幹部逮捕

 警視庁は無登録で貸金業を営んだうえ、詐欺グループがだまし取った金と知りながら返済を受けたとして、指定暴力団山口組系暴力団幹部を警視庁に逮捕した。

 逮捕されたのは指定暴力団山口組系暴力団幹部・福本学容疑者(37)。

 福本容疑者は無登録で貸金業を営んだうえ、高齢者からウソの株取引で現金をだまし取ったとして摘発されたコンサルティング会社に金を貸し、詐欺で得た金と知りながら返済金として100万円を受け取った疑いが持たれている。

 警視庁は容疑を裏付けるため、横浜市にある山口組系暴力団の組事務所の捜索を行っている。

 福本容疑者は「良く考えてから答えます」と供述しているということで、警視庁は、ほかの詐欺グループにも金を貸していたとみて、詳しく調べている。

  

警視庁:住吉会本部家宅捜索 ヤミ金の収益を上納金 「沼澤会」会長ら逮捕

 傘下組織からヤミ金で得た金を受け取ったとして、警視庁組織犯罪対策1課は組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で、指定暴力団・住吉会沼澤会」会長、沼澤春男(85)=東京都墨田区太平=と、同組幹部、荒木光義(45)=同区東橋=の両容疑者を逮捕した。同課によると、沼澤容疑者らは、「上納をもらったことはない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月上旬、墨田区内の組事務所で、三次団体組織の組長らが貸金業法違反事件で得た、違法なヤミ金で得た金と知りながら、現金30万円を上納金として受け取ったとしている。

 また、この30万円のうち、7万円が住吉会本部に渡った疑いがあるとして、警視庁は9月30日、港区の住吉会本部事務所を家宅捜索した。

 同課は6月、貸金業法違反で傘下組織の組長ら5人を逮捕。組長らの供述や通話履歴などから今回の事件が判明した。住吉会がヤミ金を資金源にしているとみて実態解明を進めている。

  

神戸山口組系「健竜会」幹部を逮捕 用心棒名目など8万円/兵庫

 違法な職業紹介で得た犯罪収益の一部と知りながら現金を受け取ったとして、兵庫県警暴力団対策課などは24日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で、指定暴力団山口組の直系組長らが離脱して発足した新組織・神戸山口組系幹部、小林信一容疑者(49)を逮捕した。

 同課によると、小林容疑者は神戸山口組の中心組織、山健組傘下の健竜会に所属。「今は何も話したくない」と供述している。

 逮捕容疑は、スカウトグループの現場責任者の男(30)=職業安定法違反罪で公判中=が、女性を働かせるため、風俗店に紹介した際の手数料が犯罪収益の一部と知りながら、平成25年5~11月、神戸市中央区内で、男から用心棒名目などで数回にわたり現金計8万円を受け取ったとしている。

  

売春収益からみかじめ料 容疑で山口組系幹部逮捕

 ソープランド業者からみかじめ料名目で売春の収益を受け取ったとして、警視庁は13日、組織犯罪処罰法違反容疑で、指定暴力団・山口組系組幹部の無職野口靖容疑者(44)=東京都台東区日本堤=ら2人を逮捕した。

 野口容疑者らは、犯罪収益と知りながら、今年4月と5月、みかじめ料として合わせて5万円を受け取った疑いが持たれている。

 取り調べに対し、野口容疑者は「今は事件に関して何も言えません」と黙秘しているが、警視庁は、10年以上前から少なくとも300万円以上を受け取っていたとみて、裏付けを進めている。

  
 

弘道会系恐喝事件で新たに飲食店店長逮捕

>>関連記事
 指定暴力団・山口組弘道会金田組幹部が秋田市繁華街の飲食店に干支の置物を押し付けた恐喝事件に絡み、県警組織犯罪対策課などは8日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで秋田市大町、飲食店店長、松岡直樹容疑者(47)を逮捕した。同課は松岡容疑者が金田組と密接な関係にあるとみている。

 逮捕容疑は、平成24、25年の12月、風俗店無料案内所経営、佐々木彰容疑者(37)=恐喝容疑で逮捕=が大町・川反(かわばた)地区の飲食店経営の男性に置物を無理やり買わせて脅し取った計9万円を、犯罪による収益と知りながら受け取ったとしている。

 松岡容疑者は受け取った金を金田組幹部の横山秋夫容疑者(49)=恐喝容疑で逮捕=に渡しており、同課は金田組への資金の流れの全容解明を急ぐ。

 同課は金田組会長の金田守一(60)、組長の伊藤明正(45)両容疑者らを6日に一斉逮捕しており、逮捕者はこれで6人目。

  
 

除染作業員違法派遣事件 山口組組長ら不起訴 地検尼崎支部

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染作業に労働者が違法派遣されていた事件で、神戸地検尼崎支部は10日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)などの疑いで逮捕された尼崎市の指定暴力団山口組直系組長(70)ら2人を不起訴処分とした。同支部は不起訴の理由を明らかにしていない。

 組長ら2人は、労働者を違法派遣した収益の一部と知りながら、今年7月、人材派遣業の男から現金20万円を受け取ったなどとして兵庫県警に逮捕された。

  
 

売春収益からみかじめ料、工藤会系組員を再逮捕/福岡

>>関連記事
 福岡県警小倉北署などは8日、北九州市小倉北区今町2、特定危険指定暴力団工藤会系組員、和田和人被告(35)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで再逮捕した。

 発表によると、和田被告は1~8月、同区内などで、派遣型風俗店が女性に売春させて得た犯罪収益と知りながら、みかじめ料の名目で月10万円ずつ、計70万円を同店関係者から受け取った疑い。「間違いありません」と容疑を認めているという。和田被告は5月分を徴収したとして、同法違反で5日に起訴されている。同署は、このみかじめ料が上納され、工藤会の資金源の一部になった可能性もあるとみている。

  
 

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR