FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「福博会」傘下組長ら4人逮捕 系列組織の幹部殺害の疑い/福岡

 2008年に暴力団幹部の男性を殺害したとして、福岡県警は25日、指定暴力団「福博会」系四代目梅津会傘下「藤木組」組長の藤木博志容疑者(50)=福岡県宇美町障子岳南2丁目=ら4人を組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人)の疑いで逮捕した。県警は4人の認否を明らかにしていない。

 藤木容疑者らは08年6月21日、組織的な活動として、福岡市中央区の路上から福岡県志免町に移動する車の中で、福博会傘下組織の幹部だった菅竜二さん(当時30)の首をコードで絞め、刃物で刺すなどし、殺害した疑いがある。

 暴力団犯罪捜査課によると、菅さんは「藤木組」のナンバー2で、福岡市内の病院に入院していた。組員らに呼び出され殺害されたとみられる。14年ごろ県警に別の事件で逮捕した組員が「菅さんを殺害して、遺体を福岡県古賀市の山に埋めた」との供述などから、殺人事件と断定。捜査の過程で藤木容疑者らの関与が浮上した。菅さんの遺体は見つかっていない。

 県警は、藤木容疑者らが殺害後に遺体を遺棄したとみているが、死体遺棄罪は公訴時効(3年)を迎えている可能性が高いという。

  

山口組直系組長に無期懲役 裁判員除外却下の公判

>>関連記事
 抗争相手の組幹部を射殺したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などの罪に問われた指定暴力団・山口組系「二代目小西一家」総長、落合益幸被告(66)=静岡市駿河区=の裁判員裁判で、さいたま地裁は18日、求刑通り無期懲役、罰金3千万円の判決を言い渡した。

 落合被告は「直参」と呼ばれる山口組直系組長。さいたま地検は裁判員に危険が及ぶとして、裁判官のみによる審理を求めたが、地裁は「規定に該当しない」と却下していた。初めてのケースとみられる。

 5月からの公判では金属探知機が設置され、法廷内に警備員が配置されるなど、厳重な警戒態勢が敷かれた。判決後の記者会見で、裁判員を務めた40代の女性は「傍聴席からにらんでくる人もいたが、静かな法廷で落ち着いて議論できた」と振り返った。

 判決理由で、多和田隆史裁判長は「団体の威信を維持するための組織的な犯行で、被告が意思決定者であり、主犯であることは明らか」と述べ、「殺害の指示も共謀も一切していない」との弁護側主張を退けた。

 判決によると、落合被告は、抗争で小西一家傘下の組構成員が殺害されたことから、報復のため、2008年4月、埼玉県ふじみ野市で多数の組員と共謀し、指定暴力団住吉会系組幹部(当時35)を射殺した。

 さいたま地検の千葉雄一郎次席検事は「長期間の審理だったが、困難な職務を全うされた裁判員の方々に敬意を表する」とのコメントを出した。

  

1審無罪の組長に逆転有罪 組織的殺人罪 大阪高裁

>>関連記事
 平成19年に神戸市内の路上で配下の組員に指示し、指定暴力団山口組系組長を刺殺したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)罪に問われた山口組山健組健國会組長、井上国春被告(64)の控訴審判決公判が16日、大阪高裁で開かれた。的場純男裁判長は無罪とした1審神戸地裁の裁判員裁判判決を破棄し、懲役20年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 判決理由で的場裁判長は、事件は井上被告の傘下の複数の組員が実行しているとして、「組長の指揮命令があったと強く推認される」などと指摘した。

 判決によると井上被告は、当時山健組傘下、五代目多三郎一家後藤一男組長=当時((65)=の殺害を計画。19年5月31日夕、井上被告の指示を受けた組員らが神戸市中央区の路上で後藤組長を刺殺した。

 1審神戸地裁は24年2月、「井上被告が殺害直前に、現場の指揮役に連絡を取ったとは断定できない」などとして無罪を言い渡していた。

  
 

山口組系総長に無期懲役判決 埼玉の暴力団抗争 裁判員裁判判決

>>関連記事
 平成20年、抗争となった暴力団組幹部を射殺したなどとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などの罪に問われた指定暴力団山口組の二次団体「小西一家」総長、落合益幸被告(66)の裁判員裁判判決公判が18日、さいたま地裁であり、多和田隆史裁判長は求刑通り、無期懲役を言い渡した。

 起訴状などによると、落合被告は多数の組員らと共謀して平成20年4月、埼玉県ふじみ野市で、抗争中だった指定暴力団住吉会系の組幹部=当時(35)=を銃撃し、殺害したなどとしている。

 落合被告は「直参」と呼ばれる山口組直系組長。さいたま地検は裁判員に危害が及ぶ恐れがあるとして、裁判官のみの審理を求めたが、地裁は却下して裁判員裁判となった。

 公判では県警が周辺を警戒。裁判所が入り口を制限して来庁者全員の手荷物を検査するなど、異例の厳戒態勢がとられた。

  
 

ふじみ野の暴力団員射殺:総長に無期懲役求刑/埼玉

>>関連記事
 ふじみ野市の指定暴力団住吉会系組事務所の駐車場で08年4月、同組幹部が射殺された事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などの罪に問われた指定暴力団山口組小西一家総長で静岡市駿河区の無職、落合益幸被告(66)に対し、検察側は8日、さいたま地裁(多和田隆史裁判長)の裁判員裁判で無期懲役と罰金3000万円を求刑した。

 検察側は論告で「犯行は組織の最高責任者である被告の指示によるもので、組織の威信とメンツを保つためには人を殺すこともいとわない暴力団の反社会性を強調している。被害者は抗争の巻き添えとなって命を奪われた」などと指弾した。

  
 

暴力団組長に無期求刑=除外却下の裁判員裁判―さいたま地裁/埼玉

 埼玉県ふじみ野市で指定暴力団住吉会系幹部を射殺したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などの罪に問われた指定暴力団山口組小西一家総長の落合益幸被告(66)の裁判員裁判の論告求刑公判が8日、さいたま地裁(多和田隆史裁判長)であり、検察側は無期懲役と罰金3000万円を求刑した。同被告は無罪を主張しており、判決は18日。
 検察側は裁判員などに危害が加えられる恐れがあるとして、裁判官のみの審理を請求したが、地裁が却下し裁判員裁判となった。
 検察側は論告で、「組織が一丸となった犯行。被告は実行を指示した首謀者で最も重い責任を負うべきだ」とした。被告側は「殺害の指示も共謀も一切していない」と主張している。
 起訴状などによると、落合被告は2008年4月1日、組員らに指示し組織として、ふじみ野市内の暴力団事務所駐車場で住吉会系幹部を射殺したとされる。 

  
 

厳戒の中、山口組系幹部初公判 初の裁判員除外却下事件-さいたま地裁/埼玉

>>関連記事
 埼玉県ふじみ野市で平成20年4月、指定暴力団住吉会組幹部が射殺された事件に関与したなどとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などの罪に問われた指定暴力団山口組 小西一家総長、落合益幸被告(65)=静岡市駿河区=の裁判員裁判初公判が15日、さいたま地裁(多和田隆史裁判長)で開かれた。落合被告は「殺害の指示も共謀もしていない」と起訴内容を否認した。

 公判をめぐっては、さいたま地検が昨年11月、裁判員に危害が及ぶ可能性があるとして、裁判官のみでの審理を求めたが、さいたま地裁が、裁判員法の除外要件を満たさないとして却下していた。検察側の除外請求の却下は初めてとみられる。

 この日の公判では、県警が、裁判所内や周辺に警察官を配備する異例の警備態勢を敷いた。地裁も出入り口を1カ所に制限し、入り口に金属探知機を設置して手荷物検査を行った。この日は約60人が傍聴券を求めた。県警は、7月18日までの25回の公判開催日で警戒を行う。

 起訴状によると、落合被告は他の組員らと共謀の上、平成20年4月1日、ふじみ野市内で、対立する住吉会系暴力団員=当時(35)=を拳銃で数回撃ち、死亡させたなどとしている。

  
 

裁判員裁判除外認めず=検察請求で初-組員抗争事件・さいたま地裁

 埼玉県ふじみ野市で2008年4月、組員間の抗争で指定暴力団・住吉会系組幹部が射殺された事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)罪で起訴された指定暴力団・山口組系組長の裁判について、裁判員に危害が及ぶ恐れがあるとして裁判官のみで審理するよう求めたさいたま地検の請求を、さいたま地裁が却下していたことが16日、分かった。

 検察官が請求したのは2例目で、除外が認められなかったのは初めて。指定暴力団・工藤会系組幹部が射殺された事件では請求が認められ、福岡地裁小倉支部が10年に除外決定した。

  
 

対立の暴力団幹部射殺 組幹部に懲役11年判決 さいたま地裁/埼玉

>>関連記事
 埼玉県ふじみ野市で平成20年4月、指定暴力団住吉会系組幹部が射殺された事件に関与したなどとして、組織犯罪処罰法違反などの罪に問われた指定暴力団・山口組系幹部、田中真司被告(34)の裁判員裁判の判決公判が28日、さいたま地裁であり、大熊一之裁判長は懲役11年を言い渡した。

  
 

対立幹部を射殺 山口組系幹部が起訴内容一部否認 さいたま地裁

>>関連記事
 埼玉県ふじみ野市で平成20年4月、指定暴力団住吉会系組幹部が射殺された事件に関与したなどとして、組織犯罪処罰法違反などの罪に問われた指定暴力団山口組系幹部、田中真司被告(34)の裁判員裁判初公判が14日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)であり、田中被告は起訴内容を一部否認した。

 冒頭陳述で、検察側は山口組系幹部の刺殺事件をきっかけに、田中被告らが組織的指示のもと、住吉会系の組幹部を報復のため射殺したと指摘。弁護側は、田中被告に積極関与の意志はなく、居合わせた組員が拳銃を所持しているとの認識もなかったと主張した。

 起訴状などによると、田中被告は20年4月1日、複数の組員らと共謀し、ふじみ野市内の住吉会系事務所を襲撃、同組の男性幹部を射殺したなどとしている。

  
 

組織的殺人罪で組長に懲役19年 神戸地裁

>>関連記事
 指定暴力団山口組系組長が刺殺された事件で、上部組織幹部の指示を受け、実行役との連絡役を担ったとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)罪に問われた山口組山健組系組長、川田賢一被告(63)に対する裁判員裁判の判決公判が2日、神戸地裁であった。細井正弘裁判長は「暴力団による組織的な犯行」として、懲役19年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 事件をめぐり、神戸地裁の別の裁判では2月、川田被告らに殺害を指示したとして、同罪に問われた上部組織の山健組系組長の井上国春被告(62)に「犯行が指示に基づいたとするには疑問」として無罪を言い渡した。ところが、川田被告への判決では「(配下の組員の証言などから)井上被告が実行役に被害者の居場所を教えたと推認できる」と共謀を認定。同じ事件を審理した2つの裁判員裁判で、異なる判断が出された。

 判決によると、川田被告は井上被告らと共謀。山口組系の後藤一男組長=当時(65)=に制裁を加える目的で殺害を計画し、平成19年5月、神戸市内の路上で配下の組員らに襲撃させ、組織として殺害した。

  
 

神戸の組長刺殺:暴力団幹部が起訴内容否認-初公判/兵庫

>>関連記事
 神戸市中央区で07年当時、山口組の3次団体、四代目山健組・五代目多三郎一家組長の後藤一男(当時65歳)が刺殺された事件で、事件を指示したとして組織犯罪処罰法違反の罪に問われた山口組山健組幹部、井上国春被告(62)=同区花隈町=の裁判員裁判の初公判が17日、神戸地裁(丸田顕裁判長)であった。井上被告は起訴内容について「一切知りません」と否認した。

 検察側は冒頭陳述で、「会長となるはずだった組を解体させた弘道会山口組の中核になったことを不愉快に思った被害者が、執行部批判を繰り返すなどしたため、制裁のため殺害を決めた」と指摘。「実行犯が遺族に支払った金は、被告の組が用意した」などと関係を主張した。

 一方、弁護側は「被告は何も知らなかった。後藤組長の居場所を(実行犯に)教えたのは別の人間であり、法廷で明らかにする」とした。

  
 

組幹部射殺の男に懲役20年=抗争で裁判員除外も検討―さいたま地裁

>>関連記事
 埼玉県ふじみ野市で2008年4月、指定暴力団・住吉会系組幹部を射殺したなどとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などの罪に問われた指定暴力団・山口組系組会長、伊藤一也被告(42)の裁判員裁判で、さいたま地裁は27日、懲役20年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 事件は組同士の抗争だったことから、さいたま地検は起訴当時、安全面を考慮して裁判員裁判対象事件からの除外請求を検討。しかし最終的には請求を見送った。 

  
 

指定暴力団山口組系総長を銃刀法違反の罪で追起訴

>>関連記事
 埼玉県ふじみ野市で平成20年4月、指定暴力団・住吉会系組幹部が射殺された事件で、さいたま地検は29日、銃刀法違反の罪で指定暴力団・山口組小西一家総長、落合益幸被告(62)=組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)の罪で起訴=を追起訴し、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などの罪で同幹部、小浜秀治容疑者(59)を起訴した。

  
 

暴力団抗争事件で山口組系組総長を起訴

>>関連記事
 埼玉県ふじみ野市で平成20年4月、指定暴力団住吉会系組幹部が射殺された事件で、さいたま地検は5日、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)の罪で、静岡市駿河区大谷、指定暴力団山口組小西一家総長、落合益幸容疑者(62)を起訴した。

 起訴状によると、落合被告は傘下組織の構成員が住吉会系組員に殺害された報復のため、多数の組員らと共謀し、20年4月1日午前5時35分ごろ、ふじみ野市大井武蔵野の住吉会系組事務所の駐車場で、同組の鈴木敦嗣幹部=当時(35)=を射殺したとされる。

 また、さいたま地検は5日、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)幇助(ほうじよ)の罪で、東京都墨田区錦糸、小西一家幹部、加藤吉幸容疑者(63)を起訴した。

  
 

暴力団抗争事件 組織的殺人の罪に問われた元組員に懲役4年判決/埼玉

>>関連記事
 暴力団の抗争事件で、対立する暴力団幹部を射殺したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)などの罪に問われた元指定暴力団山口組系組員、栗山一晴被告(37)の判決公判が1日、さいたま地裁で開かれた。田村真裁判長は懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 田村裁判長は「組織の威信を保つための犯行で非難に値する」と断じる一方、「組幹部の指揮命令で行った犯行で、従属的だった」などと判断した。

 判決によると、栗山被告は平成20年4月1日午前5時35分ごろ、多数の組員と共謀して、ふじみ野市大井武蔵野の住吉会系組事務所の駐車場で、同組の鈴木敦嗣幹部=当時(35)=を射殺するなどした。

  
 

東京・アメ横の暴力団元幹部射殺で4人起訴

 東京・上野の「アメ横」近くの路上で指定暴力団山口組山健組系元幹部が射殺された事件で、東京地検は18日、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)と銃刀法違反の罪で、山健組系組長の福富弘容疑者(62)や同組組員の浦信彦容疑者(55)=ともに名古屋市=ら4人を起訴した。

 起訴状によると、4人は昨年10月14日午前10時55分ごろ、東京都台東区のアメ横近の路上を歩いていた同組の中西真一元幹部=当時(42)=に対し、背後から3発の弾丸を発射し殺害した。

  
 

山口・周南の組員殺傷:組長に懲役12年

 山口県周南市で昨年3月に起きた暴力団組員殺傷事件で、組織犯罪処罰法違反(殺人未遂)罪などに問われた同県柳井市、指定暴力団・山口組系組長、中尾義満被告(40)に対し山口地裁(向野剛裁判長)は10日、懲役12年(求刑・懲役14年)を言い渡した。向野裁判長は「組長である被告の責任は大きい」と指摘した。

 判決などによると、元組員を殺害しようと別の組幹部らと共謀。昨年3月、周南市の路上で組員2人が元組員を襲ったが、反撃され1人が死亡した。

  
 

周南の組員殺傷:「首謀」暴力団組長に懲役14年を求刑/山口

>>関連記事
周南市で昨年3月に起きた組員殺傷事件で組織犯罪処罰法違反(殺人未遂)罪などに問われている柳井市新庄、指定暴力団山口組系組長、中尾義満被告(40)の公判が21日、山口地裁であり、検察側は「首謀者の一人で明確な責任がある」として懲役14年を求刑した。弁護側は「無罪もしくは、傷害罪に過ぎない」として寛大な判決を求め、結審した。

 検察側は論告で「指示を受けた組長の取り調べでの供述は信用できる。周到に準備され、悪質な犯行」と指摘。弁護側は「殺害計画の詳細を知らされていなかった」などと述べた。

 起訴状などによると、中尾被告は対立していた元山口組系組員を殺害するよう別の組幹部に指示。昨年3月、周南市児玉町の路上で組員2人が元組員を包丁で刺し1週間のけがを負わせたが、1人が反撃され死亡した。

  
 

周南の組員殺傷:暴力団元組長、起訴事実を否認/山口

>>関連
 周南市で昨年3月に発生した組員殺傷事件で、組織犯罪処罰法違反罪に問われている防府市、指定暴力団山口組系林興業元組長、釘尾久被告(62)の初公判が7日、山口地裁(向野剛裁判長)であった。釘尾被告は「一切無実です」と起訴事実を否認した。

 検察側の冒頭陳述などによると、釘尾被告は風俗店のみかじめ料などを巡って対立していた山口組系の元組員、高見一幸被告(34)=殺人などの罪で一審で懲役4年、控訴審判決で差し戻し=を殺害するよう別の組幹部に指示。昨年3月、周南市児玉町の路上で組員2人が高見被告を包丁で刺して1週間のけがを負わせたが、1人が逆に殺された。

 弁護側は冒頭陳述で「06年に組を除籍し、命令する立場でなかった。共謀していない」と述べた。

  
 

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR