FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組総本部のゴミから有毒ガス 運搬業者を書類送検

>>関連記事
 神戸市の廃棄物処理工場で8月に有毒ガスが発生した事故に関連し、兵庫県警は2日までに、廃棄物処理法違反(虚偽管理票交付)の疑いで、同市灘区の運搬業者「北神」の社員2人と法人としての同社を書類送検した。

 県警は8月、指定暴力団山口組総本部(同市灘区)が排出したごみが原因だったとして、同容疑の関係先として総本部を家宅捜索。ごみの中にあったポリタンク入りの毒物「フッ化水素酸」が漏れて気化したとみられ、ガスを吸った工場の作業員ら14人が吐き気などを訴えた。

 送検容疑は8月3日、総本部から回収したポリタンクなどの一般廃棄物を運ぶ際、北神が排出した産業廃棄物と管理票にうそを書き、工場に交付した疑い。2人はごみの中にフッ化水素酸があることを知らなかったが「廃棄物の仕分けが面倒だった」と容疑を認めているという。

  

山口組のごみから猛毒のフッ化水素検出、14人軽症-山口組総本部家宅捜索へ/兵庫

 神戸市東灘区の民間の産業廃棄物処理施設で3日、ポリタンクに入っていた猛毒のフッ化水素酸(フッ酸)の液体から気化したガスを吸って、作業員ら14人が軽症を負う事故が起きていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 ポリタンクが神戸市灘区の指定暴力団山口組総本部からごみとして出されていたことも判明。兵庫県警は同日午後にも、廃棄物処理法違反事件の関係先として、同本部を家宅捜索し、用途などを調べる。

 県警によると、処分場で3日午後3時過ぎ、一般ごみの集荷作業中に、ごみの中にあったポリタンク(約25リットル)からフッ化水素酸が漏れて白煙が上がり、作業員14人が「気分が悪い」などとして病院で検査を受ける事故が発生。ごみは同市灘区の廃棄物処理会社が持ち込んだもので、通報を受けた県警が同社から事情を聞いたところ、山口組総本部から収集したと説明したという。

 公益財団法人「日本中毒情報センター」によると、フッ化水素酸は金属の洗浄などに用いられ、触れると皮膚がただれるなど強い毒性を持つ。

 毒劇物取締法で毒物に指定されており、廃棄は専門業者への委託が義務づけられている。

 韓国では2012年9月、化学工場から大量のフッ酸ガスが漏れ、周辺住民の健康被害が続出。翌年1月にもサムスン電子の半導体工場でフッ酸が漏洩(ろうえい)し、1人が死亡する事故が起きている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR