FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

兵庫県警:傷害事件を受け「弘道会」本部を捜索

>>関連記事
 兵庫県警は18日、指定暴力団・山口組弘道会組員が、指定暴力団・神戸山口組幹部で、「古川組」の古川恵一元組長(58)に軽傷を負わせた事件を受け、弘道会本部事務所を家宅捜索した。

 捜索は7月12日、弘道会組員、三木一郎容疑者(57)が、神戸山口組の古川元組長を傘で殴り、軽傷を負わせたとして傷害の疑いで逮捕された事件を受け行われた。 三木容疑者は調べに対し容疑を認めている。

  

銀行強盗未遂 道仁会系幹部に懲役12年

>>関連記事
 福岡地裁(柴田寿宏裁判長)で18日、2015年に福岡県久留米市の銀行で拳銃を発砲して現金を奪おうとした事件で、指定暴力団・道仁会系幹部に懲役12年の判決が言い渡された。

 判決によると、道仁会系「福田組」幹部、下川大被告(42)は2015年7月、久留米市の筑邦銀行東合川支店で女性行員らに拳銃を向け現金を要求した上、拳銃3発を発砲し現金を奪おうとした。

 18日の判決で福岡地裁は、犯行後短時間のうちに被告が管理する倉庫に犯行に使われた拳銃が持ち込まれたことや、画像解析の結果などから「被告が犯人であることに間違いない」と指摘。「身勝手な動機に酌量の余地はなく、凶悪な犯行」として、懲役12年の判決を言い渡した。

  

元組員がヤミ金 「福博会」本部を捜索

 福岡県警は18日午前10時ごろ、違法に貸金業を営んだなどとして指定暴力団・三代目福博会系元組員が17日に貸金業法違反などの疑いで逮捕された事件を受け、福博会の本部事務所を捜査員15人体制で家宅捜索した。

 県警によると元福博会系組員、中野こと松田靖容疑者(50)は、福博会に所属していた2017年10月から2018年7月にかけて許可無く貸金業を営み、久留米市内の男女2人に違法に現金約27万円を貸し付け高額な利息を受け取ったとしている。松田容疑者は容疑を認めている。

 事件当時、松田容疑者は福博会系組員だったことから、警察は福博会本部事務所に家宅捜索に入り、関係資料などを押収、福博会の組織的関与がないかなど調べる方針。

  

差し押さえ中の「工藤会」本部 土地買い手が見つかる

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会の本部事務所撤去をめぐる問題で、工藤会側が「土地の買い手が見つかった」と市に伝えてきた。

 工藤会の本部事務所は、固定資産税の滞納で土地と建物が市に差し押さえられていて、工藤会側は土地を売却し、襲撃事件の被害者への賠償や滞納した税金の支払いに充てる意向を示している。

 北九州市が「今月15日までに買い手を見つけなければ、競売にかける可能性がある」と伝えていたところ、17日に工藤会側の弁護士が「買い手が見つかった」と連絡してきた。

 土地評価額は1億数千万円で、北九州市は今後、暴追センターとも連携し売却先が適正かなど情報収集を進める。

  

「辞めたいなら、指詰めてもってこい」 道仁会系組員に中止命令

 福岡県警博多署は18日、指定暴力団・道仁会系組員の男(29)=福岡市博多区=に、暴力団対策法に基づく中止命令(脱退妨害行為および指詰めの強要等の禁止)を出した。

 同署によると、男は1月下旬ごろ、組織脱退の申し入れをした男性(26)に対し「辞めたいなら、指詰めてもってこい。代わりの人間を連れてこい。それか絶縁たい」などと威圧し、組から脱退することを妨害したうえ、指詰めをすることを強要したという。

  

金融庁職員装いカード詐取 神戸山口組系組員を逮捕

 警視庁多摩中央署は18日、金融庁の職員を装って80代の女性の自宅を訪ね、キャッシュカード2枚を盗んだとして、指定暴力団・神戸山口組系組員を窃盗の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、神戸山口組池田組傘下組員、鈴木知也容疑者(30)。

鈴木知也容疑者
鈴木知也容疑者

 警視庁によると鈴木容疑者は今年4月、仲間と共謀して、金融庁の職員を装って東京都狛江市の80代の女性の自宅を訪ね、キャッシュカード2枚をだまし取り、受け子の20代の男に指示し、女性の口座からはおよそ102万円が引き出した疑い。

 鈴木容疑者は調べに対し黙秘しているが、鈴木容疑者が特殊詐欺グループの指示役だったとみて調べている。

  

路上で因縁をつけ暴行 山口組系幹部ら人を逮捕

 福島県警は14日、福島県福島市陣場町の路上で男性に因縁をつけて脅したうえ暴行を加えた疑いで、指定暴力団・山口組系幹部、脇坂健二容疑者(50)と、同組員、重岡勇二容疑者(49)の2人を暴力行為処罰法違反で逮捕した。

 容疑者と被害者は面識がなく、今後の捜査に支障があるとして2人の認否について明らかにしていない。

  

マンション一室を賭博場 稲川会系組長ら男女5人を逮捕

 宮城県警暴力団対策課は14日、賭博場を開いて金銭を賭けた賭けマージャンをし、客から利益目的で場所代を徴収したなどとして、指定暴力団・稲川会山川一家傘下、川村組組長、川村公美容疑者(70)=仙台市青葉区=ら男女計5人を賭博場開帳等図利と賭博などの疑いで現行犯逮捕した。調べに対し、いずれも容疑を認めているという。

 ほかに逮捕されたのは、韓国籍の原農昌二こと姜昌二(51)=同区=、早坂登代子(73)=同区=、青木一勝(77)=同区=、佐藤圭(45)=福島県郡山市=の4容疑者。

 川村容疑者の逮捕容疑は14日午後3時20分ごろ、仙台市青葉区内のマンションの一室で賭博場を開き、客に賭けマージャンをさせ、利益目的で場所代として金銭を取ったなどとしている。姜、早坂の両容疑者は賭博が行われていることを知りながら客の接待をするなどし、青木、佐藤の両容疑者は客として賭けマージャンを行っていた。

 同課では集客方法などについても詳しく調べている。

  

神戸山口組系「古川組」元組長 殴られ負傷

>>関連記事
 12日午後、阪神尼崎駅近くにある飲食店付近で、指定暴力団・神戸山口組幹部で「古川組」の古川恵一元組長、尼崎市内で何者かに殴られるなどして負傷したことが分かった。

 殴ったのは指定暴力団・山口組系「弘道会」関係者とみられ、尼崎南署に名乗り出たという。元組長は軽傷とみられる。

 元組長は昨年3月にも、この付近で山口組系の2人に棒状の物で殴られるなどし、腕や脚に全治約1カ月のけがを負った。

  

生活保護受給後、暴力団再加入 神戸山口組系幹部を逮捕

 兵庫県警飾磨署は、暴力団員であることを隠して生活保護費を騙し取ったとして、指定暴力団・神戸山口組系幹部を詐欺の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは神戸山口組池田組幹部、森江光礼こと森江敏明容疑者(63)。

 森江容疑者は今年1月、暴力団に再加入したことを神戸市の福祉事務所に隠して生活保護費約48万円を騙しとった疑いがもたれている。

 森江容疑者が2年前に生活保護を申請した時は、暴力団から離脱していたが、今年1月に森江容疑者が暴力団に再加入したことが分かり、福祉事務所が被害届を提出した。

 調べに対し森江容疑者は容疑を認めていて、市は支給した生活保護の返還を求めるという。

  

歌舞伎町男性射殺事件 住吉会系元組員を逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策4課は11日、今年1月に東京都新宿区歌舞伎町のカラオケ店で、男性が拳銃で撃たれ死亡した事件で、殺人容疑などで指定暴力団・住吉会向後睦会傘下の元組員、阿部勝容疑者(56)=住所不詳=を逮捕した。 「心臓を狙って数発撃ち込んだ」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は1月21日午後6時半ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のカラオケ店5階個室で、住吉会系元組員の李興宗さん=当時(65)=の胸や腕を拳銃で撃ち、殺害した疑い。

 同課によると、阿部容疑者は事件当時、覚せい剤取締法違反罪に問われ保釈中で、事件後に所属暴力団を絶縁された。同課は同日夕、江戸川区内の駐車場に現れた阿部容疑者の身柄を確保。手提げバッグに複数の弾が入った拳銃1丁を所持しており、犯行に使用した可能性があるとみて調べを進める。捜査関係者によると、2人には女性をめぐるトラブルがあったとの情報があり、同課が動機を調べる。また、身柄確保時には軽自動車を使用しようとしており、逃走を手助けした人物がいるとみている。

  

飲食店からみかじめ料 住吉会傘下組長ら7人を逮捕

警視庁練馬署は11日、飲食店からみかじめ料を脅し取ったとして、指定暴力団・住吉会幸平一家傘下、「与那嶺組」組長、与那嶺政年與那嶺政年)容疑者(44)ら7人を逮捕した。7人はいずれも容疑を否認している。

与那嶺政年(與那嶺政年)容疑者
与那嶺政年容疑者

 逮捕容疑は2016年2月頃から、東京都練馬区の3つの飲食店の経営者に、「このへんは俺が面倒見ている。毎月2万円のつきあいは頼むぞ」などと迫り、2016年以降、みかじめ料として、あわせて62万円を脅し取った疑いが持たれている。

与那嶺容疑者らは、8年前から飲食店に対し、現金を要求していて、これまでに、この3店舗からあわせておよそ250万円を脅し取っていたとみられている。

警視庁は、ほかにも被害に遭った店がなかったか調べている。

  

保育園近くに組事務所 神戸山口組系組長ら2人逮捕

 宮崎県警延岡署と組織犯罪対策課は9日、保育園近くに組事務所を開設、運営したとして、指定暴力団・神戸山口組系組長、田中富士男容疑者(52)=延岡市瀬之口町=と、同組員の自称建設業、甲斐隼人容疑者(41)=同市大貫町=を県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。2011年の同条例施行後、同容疑での逮捕は初めて。

  

原状回復費払いたくないと恐喝 神戸山口組系会長ら逮捕

 兵庫県警長田署は9日、賃貸住宅の退去時に所有者の女性を脅して原状回復費の請求を断念させたとして、指定暴力団・神戸山口組山健組幹部で、「二代目健國会」会長、西野雅之容疑者(46)ら男3人を恐喝の疑いで逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成28年春から30年11月ごろの間、50代女性が所有する神戸市長田区の戸建て住宅を借り、解約する際には建物を借りたときの状態に戻すことに合意していたが、退去後に外壁などに穴が空いていたため、昨年12月に女性が原状回復費として約32万円を請求したところ、神戸山口組系組員2人に脅され、原状回復費の請求を断念させたとしている。

  

生活保護不正受給 住吉会系組員を逮捕

 警視庁竹の塚署は9日、暴力団組員であることを隠して生活保護費350万円あまりを不正に受け取ったとして、指定暴力団・住吉会系組員を詐欺の疑いで逮捕した。

 同署によると、住吉会系組員、清水和彦容疑者(51)は2017年11月、暴力団組員であることを隠して生活保護を申請し、今年4月までの1年半に80回にわたり合わせて約356万円を不正に受け取った疑いがもたれている。

 清水容疑者は交通事故で入院した際の検査で覚醒剤の陽性反応が出たため覚醒剤使用の疑いで逮捕され、その後の捜査で不正受給の疑いが浮上したという。

 調べに対し清水容疑者は、「暴力団の構成員ではない」と容疑を否認している。

  

銀行強盗未遂 道仁会系幹部が初公判で無罪主張

>>関連記事
 福岡地裁で8日、2015年に福岡県久留米市の筑邦銀行支店で拳銃を発砲し現金を奪おうとした罪に問われた指定暴力団・道仁会系「福田組」幹部、下川大被告の裁判が始まり、下川被告は「私はやっていません」と起訴内容を否認した。

 起訴状などによると、下川被告は2015年7月、久留米市の筑邦銀行東合川支店で「金を出せ」などと行員を脅し、天井に拳銃を3発発砲して現金を奪おうとした罪などに問われている。

 検察側は冒頭陳述で実家倉庫で見つかった拳銃やヘルメットなどの物的証拠や、「犯行に使われたけん銃などの燃えかすが、被告人の実家の倉庫から見つかった。」、「銀行内の防犯カメラ映像についても「犯人と被告の身長、体形が符合する」と指摘した。

 一方、弁護側は別の組員が被告に「強盗に失敗した」と犯行を打ち明けたと説明。この組員が倉庫に拳銃などを置いて逃げたと告げたため、被告が自分に疑いがかかると思って燃やして処分しただけ、「実家倉庫に拳銃やヘルメットを持ち込んでおらず人違いで起訴されている」と無罪を主張した。

 判決は7月18日に言い渡される予定。

  

偽名でゴルフ 「小桜一家」総長を不起訴処分

>>関連記事
 熊本地方検察庁は、熊本県内のゴルフ場で偽名を使いプレーした疑いで先月逮捕された指定暴力団「四代目小桜一家」総長(77)を不起訴処分とした。

 この総長は球磨郡のゴルフ場で、去年3回にわたって偽名でゴルフをプレーしたとして有印私文書偽造などの疑いで、先月24日に逮捕されていた。また、ゴルフ場で偽名を書いたとして一緒に逮捕されていた66歳の女性もあわせて不起訴処分となった。

 熊本地検は、不起訴の理由を「諸般の事情を考慮した結果」としている。

 熊本県内のゴルフ場は、2012年に「暴力団にはプレーさせない」という決議文を出していた。総長は、警察の調べに対し「ゴルフが出来ないので、嘘の名前を使った」と話し、容疑を認めていたという。

  

山口組系組長宅に保冷車 神戸山口組系幹部を逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は3日、指定暴力団・山口組系組長宅に盗んだ保冷車で突っ込んだなどとして、指定暴力団・神戸山口組系「太田興業」幹部で、「二代目平澤組」組長、北野利樹容疑者(57)=同府摂津市千里丘=を建造物損壊や窃盗などの疑いで逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は大阪市平野区の研磨工、杉原隆行被告(53)=同罪などで起訴=と共謀して2月7日、同市生野区の50代の組長宅に、盗んだ保冷車をバックで2回ぶつけ、外壁や玄関などを壊したなどとしている。同課は北野容疑者が指示役、杉原被告が実行役とみている。

  

警視庁:組抜け申し出の幹部脅迫 神戸山口組本部を捜索

>>関連記事
 警視庁は2日、暴力団を辞めようとした組幹部(54)を電話で脅したとして、指定暴力団・神戸山口組系組長が逮捕された事件で、神戸山口組本部を捜索した。

警視庁が神戸山口組を捜索
警視庁が神戸山口組を捜索

 神戸山口組幹部で「二代目英組」組長、藤田恭右容疑者(47)は今年5月、暴力団を辞めようとした幹部に「きっちりけじめ付けたるからな」と電話で怒鳴って脅迫した疑いが持たれている。神戸山口組は4年前に山口組から分裂後、組員の数が減り続けている。
 
 幹部は藤田容疑者の側近で、藤田容疑者の秘書務めていたが、「組を抜けたい」と申し出たという。取り調べに対し、藤田容疑者は容疑を否認している。

  

兵庫県警:神戸山口組系組員 路上で現金強奪 神戸山口組本部事務所を捜索

>>関連記事
 兵庫県警兵庫署などは1日、兵庫県明石市の路上で今年4月8日午後11時半ごろ、無職男性(54)を殴り現金を奪ったとして、強盗致傷容疑で指定暴力団・神戸山口組系組員(56)らが逮捕された事件で、関係先として神戸山口組本部事務所を捜索した。

 事件は4月に路上で男性が頭部を殴られ、現金310万円が入ったショルダーバッグを奪われた。同署などは6月25日、神戸山口組侠友会幹部で、前本組組長、前本義人容疑者ら男4人を逮捕している。

 捜査関係者によると、前本容疑者は男性と顔見知りで、男性の行動を把握した上で襲った可能性があるという。

 この日の捜索は午後1時15分ごろに始まり、捜査員約20人が段ボールなどを手に事務所に入った。組側との目立ったトラブルはなかった。

  

 | HOME |  »


究極のマッチングサービス
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
一般女性を大量集客★

最新記事

リンク

QRコード


QR