FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

韓国で覚醒剤90キロ押収 稲川会系幹部を指名手配

 韓国のソウル地方警察庁は15日、タイから韓国に覚醒剤112キロを密輸入し、うち22キロを売りさばいたとして、日本と韓国、台湾の密売業者計6人を麻薬類管理法違反などの疑いで逮捕し、残る8人に指名手配などの措置を取った。

 押収した覚醒剤90キロ(時価3千億ウォン=約300億円相当)は、約300万回分の使用量にあたり、韓国当局が押収した量として過去最大。

 同庁などによると、台湾の密売業者が今年7月、バンコク港から釜山港まで覚醒剤112キロをねじ製造機械の中に隠して密輸し、韓国を訪れた日本人や韓国人らに22キロを売却。日本人らは韓国の業者に11億ウォン(約1億1千万円)で転売し、韓国内に流通させた疑いがあるという。

 関係した疑いのある日本人の男2人のうち1人は逮捕されたが、34歳の男は既に韓国を離れて逮捕を免れた。韓国警察当局は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、この男と転売の指示を出していた指定暴力団・稲川会系幹部(58)をを含む4人を国際手配した。

 日韓台の密売業者は捜査から逃れるため、それぞれ別の人間から指示を受けていたという。また、特定の通し番号の紙幣を持った人間と取引するよう指示を受けた業者もいたという。

  
 

聴覚障害ある女性を手話で脅迫 住吉会系組長ら逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は12日までに、金銭をめぐるトラブルから耳の不自由な女性に書類を書くよう手話で強要し、謝罪の文章を書かせたとして、指定暴力団・住吉会系組長の阿部太(54)=仙台市泉区七北田=、妻の李蕙英(44)=東京都江戸川区春江町=両容疑者ら3人を強要容疑で逮捕した。両容疑者は容疑を認めているという。

 同隊によると、逮捕された3人もろうあ者。ろうあ者同士が生活を支援し合うグループに入り込み、年金などを管理、流用していた可能性があるという。

 逮捕容疑は昨年6月9日、東京都中央区の飲食店などで、ろうあ者の女性(65)に強い表現の手話で指示し、「男性(82)が所在不明になったのは私の責任です」などと紙に書かせた疑い。

 男性もろうあ者で、生活支援グループに入っていたが、李容疑者らと同居するようになり、障害者年金などを勝手に引き出されていたという。女性が不正に気付き、都内の区役所に申し出て男性を避難させていた。 

  
 

任侠山口組系事務所にトラック突入 神戸山口組系幹部らを逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は11日、指定暴力団・任侠山口組系「山本会」の事務所にトラックで突っ込み外壁などを壊したとして、指定暴力団・神戸山口組系「奥浦組」幹部で、「二代目清華連合」会長、菅原秀雄容疑者(58)=大阪市此花区酉島=ら4人を、建造物損壊容疑で逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2月8日午前2時25分ごろ、大阪市西区本田2丁目の任侠山口組山本会の事務所にトラックを衝突させ、外壁や玄関などを損壊させたとしている。山本会奥浦組の傘下だったが、事件直前に対立する任侠山口組に移籍しており制裁とみて捜査している。

  
 

稲川会系組幹部が口座を開設 詐欺容疑で逮捕

 神奈川県警暴力団対策課は11日、暴力団員であることを隠して金融機関に口座を開設したなどとして、建設会社社員の日向達之容疑者(42)=群馬県榛東村=を詐欺容疑で逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、平成25年2月22日、群馬県内の金融機関に対して、当時自身が指定暴力団・稲川会系組幹部であったにもかかわらず、身分を隠したうえで、反社会的勢力でないと表明し、同意事項が記載された申込書に押印するなどして口座開設を申し込み、通帳とキャッシュカードそれぞれ1点をだまし取ったとしている。

 同課によると、日向容疑者は「暴力団員であったことを隠して、口座を開設したことに間違いありません」などと容疑を認めている。そのうえで、「27年まで組に所属していたが、今は事務所に顔を出していない」などと説明しているといい、同課が裏付け捜査を進めている。

  
 

刃物で刺し現金強奪 指示役の稲川会系組長ら3人を逮捕

 警視庁組織犯罪対策2課は10日、昨年11月に東京都調布市で中古車販売店経営の男性が刃物で刺され現金が強奪された事件で、指示役とみられる指定暴力団・稲川会系組長ら3人を強盗傷害の容疑で逮捕した。

野々村永七こと金永七容疑者
野々村永七こと
金永七容疑者(71)

 逮捕されたのは韓国籍の稲川会系組長、野々村永七こと金永七容疑者(71)=川崎市高津区新作=と、息子の金宣繁容疑者(36)、下里春夫容疑者ら3人。金容疑者らはいずれも「一切関係ありません」などと容疑を否認している。

 容疑者の3人は、昨年11月、調布市深大寺北町の中古車販売店で経営者の男性(当時65歳)の腹を刃物で刺し、現金およそ50万円などを奪った疑いが持たれている。

 警視庁はこれまでに実行犯の暴力団員ら4人を逮捕・起訴し、携帯電話の通話履歴を解析するなどしたところ、金組長が事件を指示していたことがわかったという。

当時、押し入った組員らは「1億円があるだろう。わかっているから出せ」と脅していたという。警視庁は被害者に関する情報を提供した人物がいるとみて捜査している。

  
 

北九州繁華街を「夜回り」 主犯格の工藤会系組長らに有罪判決

>>関連記事
 福岡地裁で10日、北九州市の繁華街をスーツ姿で集団で歩き周囲を威圧したなどの罪に問われている特定危険指定暴力団工藤会系組長ら7人の裁判で、主犯格の男ら2人に有罪判決を言い渡した。その他5人の組員については既に罰金50万円から80万円の有罪判決が出ている。

 判決によると工藤会幹部で「二代目矢坂組」組長、山本和義被告(71)と、同会系「二代目常雪組」組長、藤岡勝幸被告(49)は、他の工藤会系組員5人と共謀し6月、北九州市の繁華街を「夜回り」と称して黒いスーツ姿でうろつき通行人や飲食店関係者を威圧した疑い。

 福岡地裁の松藤和博裁判官は、「一般市民に不安を抱かせた責任は重い」と指摘、「地域経済に与えた影響は著しい」として主犯格の山本被告に懲役6ヶ月と執行猶予3年、藤岡被告に罰金80万円の有罪判決を言い渡した。

  
 

警察官装い670万円強盗 暴力団関係者ら5人を逮捕

 警視庁町田署などは10日、警察官を装い現金およそ670万円を奪ったとして、暴力団関係者ら男5人を強盗致傷などの疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは暴力団関係者の長嶺弘仁容疑者(29)=埼玉県三郷市高州2=や、佐藤武尊容疑者(29)=千葉県市川市=、小林是朝容疑者(49)、早川貴宏容疑者(64)、阿部明容疑者(47)ら5人。

 逮捕された5人は、2017年11月、東京都町田市金森東4の会社役員宅に、逮捕された5人のうち2人が警察官を装ってインターホンを押し、「近くで事件があった。協力してほしい」と言って押し入り、住人男性(79)の手足を男性の手足を結束バンドと粘着テープで縛って暴行を加え、「金庫のカギはどこだ」などと脅して現金約670万円を奪った疑いなどが持たれている。

 調べに対し、5人とも容疑を否認しているが、運転役の佐藤容疑者は、「男たちが何か重そうなものをスライドドアをあけて乗せていた」などと供述、重さおよそ150キロの金庫ごと奪ったとみられている。

 被害者の男性は、手にけがをしたほか、事件後、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症していた。

 調べによると、長嶺容疑者らは、盗難ナンバーをつけ替えながら車で逃走していたということだが、防犯カメラに犯行に使われたとみられる車が映っており、長嶺容疑者らが浮上した。

  
 

犯人は逃走中 男性刺し複数の男が逃走

 10日午前1時50分ごろ、香川県高松市木太町のうどん店「黒田屋木太店」の駐車場で人がけがをしたと110番があった。

 香川県警高松北署員が駆け付けたところ、43歳の男性が男に小型ナイフで刺されて倒れており、複数の男が現場から2台の乗用車に乗り猛スピードで走り去ったという。逃走した1台は香川ナンバーでもう1台は県外ナンバー。現場には、血のついた小型ナイフが落ちていた。

 男性は背中やわき腹など10カ所を刺されて、肺に穴が開く大けがをしたが命に別状はないという。

 県警によると、うどん店の店員らが「7、8人の男がバットを持ってけんかをしている」と110番通報。目撃情報などから、被害者は知り合い4人と一緒にうどん店にいたところ、別の3、4人のグループと口論になったという。加害者側の男たちは暴力団関係者とみられている。

 警察は殺人未遂事件として捜査し、逃げた男たちの行方を追っている。

  
 

民事保全法違反容疑 「住吉会」ナンバー2を逮捕

 警視庁浅草署などは9日、虚偽の住民票を提出し東京都浅草の組事務所への強制執行を免れようとしたとして指定暴力団・住吉会ナンバー2の男ら3人を民事保全法違反などの容疑で逮捕した。

松広昭平容疑者
松広昭平容疑者

 逮捕されたのは、住吉会会長代行で、「武蔵屋一家十代目」総長、松広昭平容疑者ら3人。

 松広容疑者らは台東区浅草のビルの部屋を組事務所として使っていたにもかかわらず、ともに逮捕された内縁の妻が住んでいるように装ったうその住民票を区役所に提出し、裁判所の強制執行を免れようとした疑いが持たれている。

 組事務所ではボヤや家賃滞納などトラブルが相次いでいて、警視庁は組事務所の実態解明を進めている。

  
 

違法派遣容疑 極東会系会長ら6人逮捕

 警視庁組織犯罪対策4課などは10日、国の許可を得ずに作業員を建設会社に派遣したとして、指定暴力団・極東会系「二代目伊丹会」会長、広尾光信容疑者(69)=東京都新宿区北新宿2丁目=や、組員ら男女6人を職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)の疑いで逮捕した。広尾容疑者は「組の資金を得るために労働者を送り込んだことは間違いない」などと容疑を認めている。

 警視庁は、この組が以前から新宿区の西戸山公園に集まるホームレスなどを集め違法に派遣し、派遣先から月数万~数十万円の「みかじめ料」を徴収したり、日当から数千円を「ピンハネ」したりしていた疑いがあるとみている。2020年東京五輪・パラリンピック関連工事などに伴う労働者需要の増加を受け、さらに有力な資金源になっていたとみて調べる。

 組対4課によると、逮捕容疑は昨年10月~今年2月、厚生労働大臣の許可を得ずに、東京都葛飾区のJR新小岩駅の自由通路整備など二つの工事を請け負った建設会社に計59回、労働者のべ85人を派遣するなどしたというもの。同課は広尾容疑者らが昨年1月~今年3月、少なくとも約6千万円の利益を得ていたとみている。

  
 

詐欺グループ「かけ子」まとめ役を公開手配

>>関連記事
 特殊詐欺グループの主犯格とみられる山口組系幹部の男が逮捕された事件で、警視庁は新たにグループで電話の「かけ子」のまとめ役をしていたとみられる男を公開手配した。

鈴木裕弥こと伊藤裕弥容疑者
鈴木裕弥こと伊藤裕弥容疑者

 公開手配されたのは、鈴木裕弥こと伊藤裕弥容疑者(29)。

 伊藤容疑者は去年、金融庁の職員になりすまして埼玉県の当時79歳の女性からキャッシュカード3枚と現金700万円をだまし取った疑いなどが持たれている。

 警視庁は先週、この詐欺グループを統括していたとみられる指定暴力団・山口組系「二代目中島組」幹部、藤井幸治容疑者(56)を逮捕していて、伊藤容疑者はそのグループで電話を掛けるかけ子のまとめ役だったとみられている。

  
 

建設会社会長射殺 工藤会系組員に懲役19年 

>>関連記事
 福岡地裁は9日、北九州市で2011年に建設会社会長が射殺された事件など特定危険指定暴力団・工藤会が関与したとされる4件の一般人襲撃事件で、殺人罪などに問われた工藤会系組員、矢沢慶一(旧姓・松江慶一)被告(31)に対し、懲役19年(求刑・懲役20年)を言い渡した。

 足立勉裁判長は「動機は明らかになっていないが、工藤会の意に沿わない人物を排除する卑劣な目的と推察される」と指摘し、「結果はあまりに悲惨で重大だ」と述べた。建設会社会長射殺事件では8人が起訴されたが、判決が言い渡されるのは初めて。

 矢沢被告は事件前、組幹部の指示で被害者の内納(うちのう)敏博さん(死亡当時72歳)を繰り返し尾行したとされる。公判では「目的を知らなかった」と無罪を主張したが、足立裁判長は「襲撃や殺害は当然に想定できた」として殺人罪の成立を認めた。

 判決によると、矢沢被告は11年11月26日、北九州市小倉北区で内納さんを拳銃で射殺したほか、12年4月から9月にかけて、いずれも同市内で▽元福岡県警警部▽暴力団組員の立ち入りを禁じる「標章」を掲げたスナックの女性経営者▽同じく飲食店の経営会社役員の男性を殺害しようとしたり、けがをさせたりした。

  
 

特殊詐欺 山口組総本部を異例の強制捜査

>>関連記事
 警視庁など4都府県警の合同捜査本部は9日午前11時前、指定暴力団・山口組系「二代目中島組」幹部が主導したとされる特殊詐欺事件で、電子計算機使用詐欺の容疑で「山口組総本部」を捜査員ら約70人体制で家宅捜索した。

 警視庁によると、特殊詐欺事件では主導的立場とされる有力暴力団幹部の立件に至る例は少なく、警察が山口組総本部を捜索するのは極めて異例。同庁は詐取した金が上納金として山口組に渡ったとみて、実態解明を進める。

 捜査本部はこれまで、中島組幹部、藤井幸治容疑者(56)や組員ら7人を含む詐欺グループ28人を逮捕し、9日には共犯の疑いで住所、職業不詳の伊藤裕弥容疑者(29)を公開手配した。少なくとも85件に関与し計約1億円の被害を把握している。詐取金の流れを調べたところ、一部が上部組織の山口組に渡った疑いが浮上したという。 

  
 

酒気帯び運転でパトカーから逃走 山口組系組長を逮捕

 愛知県警は8日、職務質問を逃れるためパトカーから逃走し、事故を起こした指定暴力団・山口組系組長を酒気帯び運転の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは山口組系組長・味岡秀典容疑者(44)。

 味岡容疑者は9月9日、豊橋市内で乗用車を運転し職務質問しようとしたパトカーから逃走。信号無視をするなどしたため警察は危険と判断、追跡を中止したが、その後ガードレールや電柱に衝突、およそ2キロ離れた田んぼで転落しているのが見つかった。味岡容疑者は酒気帯び状態で運転した疑いなどが持たれている。

 味岡容疑者は首の骨を折る大けがをして入院していたが、10月8日に退院したため県警は酒気帯び運転など容疑で逮捕した。味岡容疑者は黙秘している。

  
 

みかじめ料名目で飲食店恐喝 会津小鉄会会長ら再逮捕

>>関連記事
 京都府警は8日、京都・祇園や木屋町地区の飲食店などからみかじめ料名目で現金を脅し取ったとして、指定暴力団・会津小鉄会会長、金子利典こと金元容疑者(75)=京都市左京区=ら男7人を恐喝容疑で再逮捕し、新たに会津小鉄会系幹部、仙頭弘好容疑者(53)=大津市=を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 府警によると、金容疑者らは、同地区で20~30店舗から「組合費」として少なくとも1千万円以上を取り立てていたとみられる。

 逮捕容疑は共謀し、平成29年9月~今年9月、同地区の飲食店や風俗店に「営業したいんやったら金払え」などと金銭を要求し、2店舗から計102万円を脅し取ったとしている。

  
 

仙台・国分町 客引き組織トップ逮捕

 宮城県警大和署と生活環境課などは5日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、知念洋文容疑者(36)=仙台市青葉区上杉1=を逮捕した。県警によると知念容疑者は暴力団関係者とみられ、客引き組織のトップだった。県警がこうした組織のリーダー格を摘発するのは初めてという。

 逮捕容疑は9月27日、20代の飲食店従業員の男=同条例違反で逮捕=と共謀して、同区国分町2丁目の路上で客引き行為をしたとしている。「分からない」と容疑を否認している。

 この組織は主にキャバクラや風俗店の斡旋を中心とした数十人規模のもので、店から紹介料を得ていたとみている。沖縄県の出身者が複数いるため国分町の他の客引きから「沖縄グループ」と呼ばれていた。

 県警は知念容疑者の自宅と拠点とみられる事務所を捜索し、関係資料を押収。組織の実態や背景などを慎重に調べる。

  
 

山口組系幹部射殺 懲役18年求刑

>>関連記事
 津地裁で5日、指定暴力団・山口組系幹部を射殺した殺人などの罪に問われている、元山口組弘道会傘下組員、白井繁治被告(75)の裁判が開かれ、検察側は「重要で不可欠な役割を果たした」とし、懲役18年を求刑した。

 5日の裁判員裁判で、検察側は「被告は拳銃が入った紙袋を運ぶなど事件で重要な役割を果たした」と指摘し懲役18年を求刑。これに対し弁護側は「被告は紙袋の中身を知らなかった」などと無罪を主張した。

 白井被告は事件後、タイに逃亡していたが、フェイスブックに投稿した写真がきっかけで今年1月に現地警察に逮捕され、日本に身柄が移送されていた。

 判決は今月18日に言い渡される予定。

  
 

山口組系幹部射殺でタイ逃亡犯 殺害計画への関与否定

>>関連記事
 平成15年7月、指定暴力団・山口組弘道会傘下「十代目伊勢紙谷一家」の乙部和彦若頭=当時(42)=が三重県津市の自宅で射殺された事件に加担していたとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた元組員の住所不定で無職、白井繁治被告(75)の裁判員裁判は4日、津地裁(田中伸一裁判長)で被告人質問があった。

 白井被告は事件後にタイに逃亡した理由について、「組を破門となり、妻のいるタイに骨を埋めようと思った」と説明。殺害の計画には加わっていなかったとしてあらためて関与を否定した。

続きを読む »

暴力団員を隠し生活保護受給 稲川会系組員逮捕

 神奈川県警南署は4日、暴力団員であることを隠して生活保護費などを不正に受給したとして、指定暴力団・稲川会系組員で自称会社員、前島健二容疑者(38)=横浜市南区二葉町=を詐欺容疑で逮捕した。「暴力団組織に所属しているつもりはありません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成29年11月から30年7月までの間、暴力団員であることを隠して、横浜市南福祉保健センターから生活保護費など現金約150万円を不正受給したとしている。

 同署によると、前島容疑者は一時的に暴力団から離脱していた28年9月から、通院を理由として生活保護の受給を開始していたが、少なくとも29年11月から、暴力団に再加入していたとみられるという。

 今年5月、道路交通法違反(飲酒検知拒否)容疑で同署が前島容疑者を逮捕した際、前島容疑者の生活実態を調べたところ、不正受給の疑いが浮上したという。

  
 

「ヤクザと憲法」出演の東組幹部逮捕 東組事務所を捜索

>>関連記事
 大阪府警は4日午前11時すぎ、ドキュメンタリー映画「ヤクザと憲法」に出演していた指定暴力団・二代目東組系幹部らが逮捕された事件で、大阪市西成区の二代目東組総本部を家宅捜索した。

二代目東組を捜索
二代目東組総本部を捜索

 この事件をめぐっては、東組幹部で「二代目清勇会」若頭、大野大介容疑者(50)ら2人が、ホテルの工事代金の一部の約500万円の支払いを免れるため、下請けの建設会社の男性(40代)を脅したとして暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されている。

 府警は大野容疑者らが同様の手口で、下請け業者らから約1億5千万円の支払いを免れようとしていた可能性があるとみて調べている。

  
 

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事