FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

ATM18億円不正引出 「関東連合」元メンバー逮捕

>>関連記事
 福岡県警は21日、2016年5月に全国17都府県のコンビニエンスストアの現金自動受払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件で、無職、斉藤祐輔容疑者(33)=東京都世田谷区梅丘2=を不正作出支払用カード電磁的記録供用と窃盗の容疑で逮捕した。

 県警は、斉藤容疑者が事件を首謀したグループの一人で、準暴力団「関東連合」の元メンバーとみている。

 県警によると、逮捕したのは今月20日。逮捕容疑は16年5月15日早朝、指定暴力団・神戸山口組系組員ら計10人と共謀し、福岡県内のコンビニ43店舗のATMで偽造クレジットカードを使って438回にわたり計4380万円を不正に引き出したなどとしている。県警は斉藤容疑者の認否を明らかにしていない。

続きを読む »

山健組傘下「長田総業」事務所 立ち退きで和解

 組員らがみかじめ料を徴収する拠点として使っていたとみられる神戸山口組系の事務所について、神戸山口組側が事務所を所有者に明け渡すことなどを条件に和解が成立した。

 神戸市中央区にある神戸山口組山健組傘下「長田総業」(旧二代目志闘会)の事務所は、組員らが三宮でみかじめ料を徴収する際の拠点として使われていた。去年12月、近隣住民ら約30人の委託を受けた暴追センターが事務所としての使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申し立てをしていた。

 21日、組員らが立ち退くことや所有者が新たに暴力団関係者との使用契約を結ばないことなどを条件に和解が成立した。

  

「任侠山口組」組員に暴行 「山健組」傘下組長3人に有罪判決

>>関連記事
 指定暴力団・神戸山口組を離脱した組員に暴行してけがを負わせたとして、傷害の罪に問われた神戸山口組山健組傘下「小林会」会長、小林茂被告(55)=神戸市中央区=ら計3人の判決公判が21日、神戸地裁であった。芦高源裁判長は同被告に懲役2年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

 山健組傘下「誠竜会」会長、山之内健三こと岩本武久被告(69)=埼玉県八潮市=と、同「橋本会」会長、橋本憲一こと橋本憲二被告(58)=神戸市中央区=は懲役1年6月(いずれも求刑懲役2年)とした。

 判決によると、3被告は共謀し、昨年5月6日午前3時半ごろ、神戸市中央区の路上で、神戸山口組から離脱して「任侠山口組」に移った組員(50)の頭を凶器で数回殴ったり腰などを蹴ったりし、全治約1カ月の重傷を負わせた。

 芦高裁判長は判決で、3被告が「任侠山口組」代表の警護をしていた組員に対し、「山健組から分裂したにも関わらず、同組の本部近くで公然と活動していた被害者を制裁する共通の目的があった」と判断。「犯行は危険で、一般市民に与えた影響も軽視できない」と述べた。

  

覚醒剤2.5キロ 約1億6千万円相当 密輸容疑で男逮捕

 覚醒剤約2.5キロ(末端価格約1億6千万円)を密輸したとして、神奈川県警は21日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、埼玉県所沢市狭山ケ丘、自称会社員、峰和之容疑者(61)を逮捕した。

 県警によると、「全く身に覚えがない」と否認している。県警は峰容疑者を指定暴力団・住吉会系3次団体関係者とみており、暴力団の資金源になっていたとみて調べている。

 逮捕容疑は米カリフォルニア州の郵便局から覚醒剤入りの小包を発送し、昨年12月8日、成田空港に輸入した疑い。

 県警によると、同12月10日、横浜税関が川崎外郵出張所(川崎市)で小包に隠された覚醒剤を見つけ、県警に通報した。宛先は埼玉県内の飲食店で、店の関係者が「峰容疑者から荷物の受け取りを頼まれた」と話したという。

  

山口組系「愛桜会」会長暴行死 無職男に懲役15年

>>関連記事
 津地裁(田中伸一裁判長)は21日、三重県四日市市で平成27年11月、指定暴力団・山口組系「愛桜会」会長を鈍器で殴って死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた住所不定、無職の横本武法被告(68)の裁判員裁判で懲役15年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。

 弁護側は暴力団からの絶縁処分を巡り「生き方を否定されるも同じで、処分を解除してもらおうとした」として懲役10~12年を求めたが、田中裁判長は「下見するなど計画性が高い。他に方法がないと思い詰めた側面はあるものの、短絡的に暴力を行使しており、相応の非難は免れない」と述べた。

 判決によると、横本被告は27年11月15日、愛桜会菱田達之会長=当時(59)=の別宅ビルに侵入し、会長の頭部を金属製の棒で殴打するなど暴行、外傷性ショックで死亡させた。

  

福井県警:神戸山口組系「正木組」事務所など家宅捜索

 福井県警は20日、指定暴力団・神戸山口組系「正木組」事務所と、正木組傘下「宮原組」の事務所を家宅捜索した。両事務所の捜索は、昨年10月に福井地裁が使用禁止の仮処分決定を出して以降初めて。

 正木組の捜索は、みかじめ料の支払いを断った飲食店経営者に暴行し、現金を奪った強盗傷害容疑事件。敦賀署などが18日に組員を逮捕していた。捜査員約15人が約2時間、事務所がある建物に入り関係資料を押収した。

 宮原組の捜索は、暴力団員であることを隠して金融機関に口座を開設した詐欺容疑事件。鯖江署などが19日に組員を逮捕しており、捜索は捜査員約10人が1時間余り行った。

 昨年10月に福井地裁が出した仮処分決定は、事務所で定例会や儀式を行ったり、構成員を立ち入らせたりすることを禁じている。県警によると決定後、両事務所で多数の暴力団員の出入りや集まりは確認していない。

  

知人女性から500万円詐取 山口組傘下幹部ら2人逮捕

 兵庫県警葺合署は20日、架空会社の運転資金名目で知人女性から500万円をだまし取ったとして、指定暴力団・山口組系組幹部、池勇次(50)=韓国籍、大阪市生野区=と、暴力団組員、三浦英夫(50)=大阪府豊中市=の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成28年12月、大阪市淀川区内で自営業の女性(46)に対し「自分の会社で助成金を受け取りたいが、信用を得るために口座内に資金がいる」などと持ちかけ、現金500万円を詐取したとしている。

  

「山健組」系幹部射殺 「弘道会」系幹部ら2人に懲役30年判決

>>関連記事
 一昨年、名古屋市中区で、指定暴力団・神戸山口組系幹部が射殺された事件で、殺人などの罪に問われた指定暴力団・山口組弘道会傘下幹部の男らに対し、名古屋地裁は、懲役30年の実刑判決を言い渡した。

 判決などによると、弘道会傘下幹部、片倉竜理被告(48)と、山口組系の元暴力団組員、三井樹被告(46)は、一昨年7月、中区新栄のビルで、神戸山口組山健組傘下「健仁会」の崔龍志こと斉木竜生幹部(当時64)を拳銃で撃って殺害した罪などに問われていた。

 これまでの裁判で、弁護側は、無罪を主張、一方、検察側は、2人に無期懲役を求刑していた。

 名古屋地裁で開かれた20日の判決公判で、奥山豪裁判長は、「至近距離からの発射は、明確な殺意に基づく冷酷な犯行」とする一方、「組織的な犯行だったとは言えない」として2人に対し、いずれも懲役30年の実刑判決を言い渡した。

  

金銭トラブルめぐり傷害致死疑い 双愛会系幹部ら逮捕

 神奈川県警は、金銭トラブルになっていた知人男性を監禁した上暴行して死亡させたとして、指定暴力団・双愛会系組幹部、舟橋国夫容疑者(51)=横浜市中区扇町=と、無職の平沢秀美容疑者(57)=東京都大田区本羽田=を逮捕監禁と傷害致死の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は昨年10月4日午後、舟橋容疑者と同じ雑居ビルに住んでいた無職、足内豊さん=当時(53)=を部屋に約9時間監禁し、顔を殴るなどして出血性ショックで死亡させたとしている。

 県警によると、舟橋容疑者は黙秘、平沢容疑者は容疑を否認している。

 足内さんは舟橋容疑者の管理するビルの一室に昨年9月から居住し、家賃の支払いをめぐってトラブルがあったという。

  

恐喝容疑で住吉会系組員逮捕

 宇都宮南署は20日、恐喝の疑いで指定暴力団・住吉会系組員(49)=宇都宮市=を逮捕した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は、自分の携帯電話が故障したと同市、建築作業員男性(63)に対して因縁をつけ、新規の電話機購入の名目で15日、男性宅で金品の交付を要求、脅迫してコンビニでATMを操作させ、交付された現金26万円を奪った疑い。

  

包丁2本持ち立てこもり 神戸山口組系組員を逮捕

 19日午後3時25分ごろ、登別市富浦町で、北海道警室蘭署の捜査員7人が暴力団員の男の自宅を覚醒剤取締法違反の疑いで捜索しようとしたところ、男が台所にあった包丁2本を持って窓から裸足のまま逃走した。

 その後、男は自宅からおよそ300メートル離れた知人宅に身を潜めているのが見つかり、警察が説得しておよそ2時間後に身柄を確保され、その場で銃刀法違反と住居侵入の疑いで逮捕された。

 逮捕されたのは、指定暴力団・神戸山口組系組員、中浜基弘容疑者(47歳)。

 中浜容疑者が隠れていた家には50代の知人の男性と未成年の息子の2人がいたが、いずれもけがはなかった。警察が逃走経緯などを詳しく調べている。

 今回の事案について、道警本部の広報担当者は、「捜索令状を執行する前の任意の捜査であり、現場の捜査員の対応に問題があったという認識はない」と話している。

 男が一時、身を潜めた住宅に住む女性によると、男は「かくまってくれ」とはだしのまま家を訪ね、女性の家族が一時、玄関先に上げたという。

 女性によると、男と女性の家族はかつて漁師仲間で、女性は「私は外に出ていたのでどういう状況だったかはわからないが、ニュースで逃げていたと知って驚きました。知っていれば家に入れることはなかったと思います」と話していた。

  

松戸発砲事件 稲川会系組長ら男女7人逮捕

>>関連記事
 警察は19日までに、去年5月に千葉県松戸市で車の後部座席にいた40代の男性がバイクに乗った何者かに頭を銃で撃たれて一時、意識不明の重体になった事件に絡み、事件に関わった稲川会系組長、伊澤隆志容疑者(47)ら、20歳から49歳の男女7人を逮捕した。

 伊澤容疑者は暴力団員であることを隠して、事件に使われたレンタカーを借りたほか、拳銃を所持した疑い。また、菅井みどり容疑者(21)ら6人は伊澤容疑者が事件に関わっていることを知りながら、逃走を手助けしたりかくまった疑いが持たれている。

 警察は、元稲川会系と稲川会系の暴力団同士のトラブルがあると見て調べるとともに発砲した実行犯がいるとみて特定を急いでいる。

  

わいせつDVD製造拠点摘発 神戸山口組系宅見組傘下事務所を捜索

>>関連記事
 大阪のわいせつDVDの製造拠点が摘発された事件で、通販サイトの売上の一部が暴力団に流れていた疑いがあるとして、警察が指定暴力団・神戸山口組系組事務所を捜索した。

 家宅捜索を受けたのは神戸山口組宅見組傘下「三代目勝心連合」の事務所。

 DVD通販サイトの経営者・午頭良介容疑者(37)と合田光作容疑者(41)ら4人は去年11月から12月にかけて、運営するインターネットのサイトで違法なわいせつDVDを客に販売した疑いがもたれている。

 警察は今月14日に製造拠点を家宅捜索したが、押収した資料などから午頭容疑者らが頻繁に勝心連合の関係者と連絡を取っていたことが確認されたという。売上は6500万円に上るとみられ、警察はその一部が暴力団に流れていた疑いがあるとみて調べている。

  

75歳女性から1400万円詐取 工藤会傘下組員ら2人逮捕

 福岡県警は19日、偽電話詐欺、窃盗容疑で特定危険指定暴力団工藤会傘下組員の男(32)=北九州市八幡西区=ら2人を逮捕した。

 逮捕容疑は、平成28年、仲間と共謀し、山口県光市の女性(当時75)に、ボランティア番号登録を口実にうそを並べ、女性から現金200万円とキャッシュカード1枚をだまし取り、カードを使ってATMから現金1200万円を引き出し、盗んだ疑い。

  

「大日本興行」事務所内の男性暴行死 暴力団関係者2人逮捕

>>関連記事
 去年12月、東京・港区の暴力団事務所で男性の遺体が見つかった事件で、男性を殺害したとして暴力団関係者の男2人が逮捕された。

 殺人の疑いで逮捕されたのは、暴力団関係者の本田千福(52)と佐々木寿夫(44)の2人。

 この事件は去年12月、港区赤坂にある指定暴力団・住吉会系「大日本興行」の事務所で、板橋区の職業不詳・並木亘さんが顔を殴られるなどして死亡しているのが見つかったもの。

 死因は、鈍器のようなもので殴られたことによる硬膜下血腫で、警視庁は殺人事件として捜査していたが、本田容疑者ら2人が並木さんを殺害した疑いが強まったとして、18日に逮捕した。

 警視庁は、普段から組事務所に出入りしていた並木さんが、本田容疑者らとトラブルになったとみて調べている。

  

「大日本興行」事務所内の殺人事件 組関係者2人に逮捕状

>>関連記事
 警視庁は、昨年12月に指定暴力団・住吉会系「大日本興行」の組事務所で、並木亙さん(54)が死亡しているのが見つかり、男性を殺害したとして暴力団関係者2人について殺人容疑で逮捕状を取った。2人は別の事件で逮捕、起訴されており、18日にも再逮捕する。

 捜査関係者によると、2人は本田千福(52)と佐々木寿夫(44)の両容疑者。昨年12月中旬ごろ、埼玉県内の路上や走行中の車内で、男性を殴るなどして殺害した疑いがある。

 2人は同月12~13日、埼玉県内の貴金属買い取り店で男性店主らを刃物で切りつけて現金約14万円やキャッシュカード、高級腕時計などを奪ったとして、強盗傷害容疑などで逮捕、起訴されている。

 同庁は、殺害された男性もこの事件に関与し、取り分などを巡って2人とトラブルになっていたとみている。男性の遺体は同月21日に見つかった。防犯カメラの映像などから2人が浮上したという。

  

自宅修理工事で因縁 神戸山口組系組員に中止命令

 秋田県警仙北署は15日、仙北市田沢湖生保内、指定暴力団・神戸山口組系の秋田広行組員(63)に暴力団対策法に基づき、因縁をつけての要求行為などの中止命令を出した。

 同署によると、秋田組員は先月19日、自宅の修理工事を請け負った同市の40代男性に対し、瑕疵がないにもかかわらず電話で「おめえのせいだ」などと因縁をつけ、不当に工事のやり直しを要求したとされる。

  

松戸発砲事件で6人目 新たに稲川会系組員を逮捕

>>関連記事
 昨年6月、千葉・松戸市内のアパートなどで相次いだ発砲事件で、千葉県警捜査4課と松戸署は15日、建造物損壊と銃刀法違反(所持、発射、加重所持)などの疑いで指定暴力団・稲川会系組員、石田研一容疑者(63)=群馬県桐生市=を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。一連の事件での逮捕者は6人目。

 逮捕容疑は共謀し、昨年6月7日午後10時10分ごろ、松戸市岩瀬のアパートに向け拳銃で発砲し、窓ガラスや壁などを損壊した疑い。

 同市では昨年5月、元稲川会系「六代目箱屋一家」の中村豪組長らの乗ったワゴン車がオートバイから銃撃され、男性が負傷する殺人未遂事件が発生しており県警で関連を調べる。

  

還付金詐欺 「神戸山口組」系組員ら3人を逮捕

 警視庁竹の塚署は、還付金を受け取ることができるとうそを言い、現金をだまし取ったとして、指定暴力団・神戸山口組系組員、岡本穣容疑者(26)ら男3人を電子計算機使用詐欺と窃盗の疑いで逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は共謀し、昨年3月、埼玉県川口市の無職の女性(74)に市職員や銀行員に成り済まして電話をかけ、還付金を受け取ることができるなどとうそを言い、現金約50万円を振り込ませるなどしたとしている。

 竹の塚署は、詐取した金が暴力団に渡った可能性があるとみて、背後関係を詳しく調べる。

  

京都乱闘 「神戸山口組」井上邦雄組長を不起訴処分

>>関連記事
 京都地検は15日、京都の暴力団事務所での乱闘事件に関与したとして逮捕されていた指定暴力団・神戸山口組井上邦雄組長(69)について、不起訴処分にした。理由は明らかにしていない。

 井上組長は、去年1月、京都市の指定暴力団・「六代目会津小鉄会」の馬場美次会長とともに傘下の組員らに指示し、会津小鉄会の事務所で対立する組員らを殴らせるなどした傷害の疑いなどで、去年6月に逮捕、同7月に処分保留で釈放されていた。

 事件当日、会津小鉄会では、会長の後継人事をめぐって、けが人が出る乱闘騒ぎが発生。その後、山口組派と神戸山口組派に分裂した。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事