FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

福岡銃撃事件で「浪川会」本部を捜索

>>関連記事
 福岡県警は20日午前、福岡市の中洲地区で今年7月に発生した銃撃事件で、指定暴力団・浪川会が組織的に関与した疑いがあるとして、大牟田市にある浪川会本部事務所を捜査員計約30人態勢で家宅捜索した。

浪川会本部を捜索

「浪川会」本部を捜索

 この事件は今年7月、中洲地区を歩いていた任侠山口組系「二代目植木会」幹部(41)ら2人に拳銃を2発発射し、殺害しようとしたとしている。

 事件を巡り、道仁会系「松永組」幹部、阿比留将臣(55)=福岡市博多区上牟田1丁目=や同、大西洋輔(35)=同区元町2丁目、浪川会系組員・又田博之(50)=福岡県古賀市花鶴丘2丁目=ら6人が、殺人未遂の疑いで逮捕されている。

 県警は、道仁会浪川会が組織的に関与した疑いがあるとみていて、捜索の押収品を分析し、組織の上層部の指示がなかったかなどについて調べている。

  

兵庫県警:神戸射殺事件で神戸山口組を捜索

>>関連記事
 神戸市長田区の路上で「任侠山口組」の組員が射殺された事件で、兵庫県警長田署捜査本部は20日午前、殺人容疑で指名手配した男が所属する指定暴力団・神戸山口組の本拠地事務所と、同組傘下の「山健組」本部事務所を捜索した。捜査本部は神戸山口組のグループが組織的に関与したとの見方を強め、全容解明を進める。

 捜索はともに同日午前10時半ごろから捜査員計約60人態勢で始まった。両事務所の周辺では、防刃チョッキを着て盾を構えた機動隊員らが警戒した。

 事件を巡り、同本部は殺人容疑で「山健組」系組員、黒木こと菱川龍己容疑者(41)=住所不詳=を指名手配。同容疑者は他の数人と共謀して12日午前10時ごろ、任侠山口組織田絆誠代表(50)の護衛役だった楠本勇浩組員(44)を拳銃を使って殺害した疑いが持たれている。

 同容疑者は神戸市長田区五番町3の路上で、織田代表らの乗った3台の車を襲撃。現場周辺の防犯カメラには車列後方に現れた別の男も写っており、同本部はこの男も事件に関わっていたとみて、2人の行方を追っている。

  

半グレ使いみかじめ料 「山健組」傘下組事務所を捜索

>>関連記事
 大阪でアマチュア格闘技団体「強者」の元メンバーらで構成される「O7(アウトセブン)」いわゆる半グレと呼ばれるグループのリーダー格の男らが通行人を殴りけがをさせ逮捕された事件で、警察は関連先として指定暴力団・神戸山口組系の組事務所を捜索した。

兼一会の事務所捜索

 捜索を受けたのは大阪市中央区にある神戸山口組山健組傘下「二代目兼一会」の事務所。

 この事件では去年7月、大阪・ミナミの路上で通行トラブルになった男性2人を殴って大けがをさせたとして、相良正幸容疑者(33)や梶蓮容疑者(26)が傷害の疑いで逮捕されている。2人は暴力団に属さずに不良行為を行う半グレグループ「O7(アウトセブン)」のメンバーで相良容疑者はそのリーダー格とみられているが、その後の捜査でグループと兼一会との関わりが浮上した。

 警察は、暴力団が摘発を逃れるため「半グレ」グループを使って飲食店からみかじめ料を取るなどしていた可能性があるとみて、実態解明を進める方針。

  

殺人容疑で指名手配の容疑者 神戸山口組は「音信不通」と説明

>>関連記事
 9月12日に神戸市で「任侠山口組」組員が射殺された事件で、神戸山口組側が、殺人容疑で指名手配された同組直系「山健組」傘下組員、黒木こと菱川龍己容疑者(41)について「数カ月前から音信不通になった」と説明していることが分かった。

菱川龍己
菱川龍己容疑者

続きを読む »

拳銃2丁入りカバンから身分証 「任侠山口組」組員射殺事件 

>>関連記事
 神戸市長田区の路上で「任侠山口組」の、楠本勇浩組員(44)が射殺された事件で、殺人容疑で指名手配された指定暴力団・神戸山口組系「山健組」傘下組員、黒木こと菱川龍己容疑者(41)の身分証が、同市北区の路上で見つかった拳銃2丁と一緒にかばんの中に入っていたことが分かった。兵庫県警長田署捜査本部は、事件との関連を調べる。

菱川龍己
菱川龍己容疑者

 長田署捜査本部などによると、かばんは16日午前6時すぎ、同市北区山田町東下のバス停留所「丹生神社前」付近の歩道脇で見つかった。回転式拳銃2丁と一緒に、菱川容疑者の身分証も中に入っていたという。

丹生神社前

 かばんは発砲現場から北に約11キロ離れた場所で無造作に置かれ、同本部は逃走先を偽装する工作の可能性も含めて調べている。

  

下関の結婚式場で現金100万円強盗事件 男3人を起訴

>>関連記事
 2016年10月、下関市の結婚式場で現金100万円余りが盗まれた事件で、山口地検は強盗容疑で逮捕された男ら3人を、暴行と窃盗の罪で起訴した。

 暴行と窃盗の罪で起訴されたのは、下関市に拠点を置く指定暴力団「七代目合田一家」の二次団体組員、太田大輔容疑者(36)=下関市彦島塩浜町=と、無職、福吉一希容疑者=下関市在住=ら3人。

 起訴状などによると、3人は去年10月、市内一の宮町の結婚式場で男性支配人を呼び止めて転倒させ、売上金およそ107万円が入った夜間金庫用の袋を盗んで車で逃走したとされている。警察は逮捕時の3人の認否を明らかにしていない。

 また逃走に使った車を貸すなどして強盗ほう助の疑いで逮捕された加鹿達也容疑者(28)=下関市長門町=は処分保留で釈放された。

  

「任侠山口組」組員射殺  「山健組」傘下組員を指名手配

>>関連記事
 神戸市長田区で指定暴力団・神戸山口組から離脱した「任侠山口組」組員が射殺された事件で、兵庫県警は16日、神戸山口組系「山健組」傘下組員、黒木龍己こと菱川龍己容疑者(41)を殺人の疑いで指名手配し、顔写真を公開した。

菱川龍己
菱川龍己容疑者

 捜査本部によると、菱川容疑者は身長158センチ、中肉中背で短髪。事件当日はグレーのTシャツを着ていた。複数の人物が関わった計画的な犯行とみて捜査している。

 容疑は数人と共謀し、12日午前10時5分ごろ、同市長田区五番町3の路上で任侠山口組織田絆誠代表(50)の警護役、楠本勇浩組員(44)を拳銃で射殺した、としている。

 県警暴力団対策課によると、目撃情報や防犯カメラ映像などから特定したという。

  

神戸市の歩道で回転式拳銃2丁が入ったカバンを発見 

>>関連記事
 16日午前6時10分ごろ、神戸市北区山田町東下の歩道脇で「小さなかばんに拳銃が2丁入っている」と110番があった。兵庫県警が調べた結果、2丁は回転式の拳銃であることが判明。同市長田区で12日に発生した「任侠山口組」組員の射殺事件で使われた可能性があるとみて放置された経緯や銃の詳しい鑑定を急ぐ。

丹生神社前2

 事件では、指定暴力団・神戸山口組から離脱した「任侠山口組」の楠本勇浩組員(44)が拳銃で頭部を撃たれ死亡。神戸山口組傘下組織の関係者が関与した疑いがあり、同組と見つかった拳銃との関連も調べる。

 県警によると、かばんは、神戸市営バスの「丹生神社前」停留所近くにあった。見つけたのは通行人で、連絡を受けた知人が110番した。

  

貸倉庫に覚醒剤を隠し密売 神戸山口組系組員ら逮捕

 密売するための覚醒剤をレンタルコンテナの中に隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課は麻薬特例法違反の疑いで、指定暴力団・神戸山口組系組員の市村海容疑者(25)=さいたま市西区=と同組員、井上陵容疑者(25)=東京都練馬区大泉町=を逮捕した。2人は調べに否認している。

 逮捕容疑は平成28年8月15日、仲間と共謀し、無職男性(31)に覚醒剤約0・5グラムを2万3千円で譲り渡したとしている。

 組対5課によると、市村容疑者らは埼玉県内のレンタルコンテナに密売用の覚醒剤を隠匿。客の注文を受けるたびにバイクで運び出していた。市村容疑者が「指示役」として客からの注文を受け、井上容疑者が客に覚醒剤を届ける運搬役だった。同課はコンテナから小分けにされた覚醒剤62袋、約27グラム(末端価格176万円)を押収した。 

  

「任侠山口組」織田代表ら約30人が現場訪問

>>関連記事
 神戸市長田区の路上で「任侠山口組」の組員が射殺された事件で、「任侠山口組」の織田絆誠代表(50)ら約30人が15日、現場を訪れた。死亡した楠本勇浩組員(44)の慰霊が目的とみられ、現場は一時騒然となり、兵庫県警の捜査員らが警戒に当たった。

任侠山口組織田絆誠代表らが現場訪問1

任侠山口組織田絆誠代表らが現場訪問2

 織田代表は同日午後2時半ごろ、約十台の車に乗り込んだ組員を従えて現場に到着。現場付近の商店主らに「ご迷惑をおかけしました」と声をかけた。その後、ユリの花束が供えられた献花台の前で膝をつき、数珠を手に線香を上げて黙祷。約10分後に現場を後にした。

 関係者によると、この日は正午ごろから兵庫県尼崎市の同組傘下の組事務所でも「お別れ会」が開かれたという。

  

「住吉会」総裁 ''家族葬''の弔問客とは

>>関連記事
 関東最大の指定暴力団・住吉会のトップ、西口茂男総裁(享年88)の通夜が14日、東京都内の寺院で営まれた。西口総裁は12日未明、都内の病院で病死。多臓器不全とみられる。

 通夜は親交のあった一般人約160人、暴力団関係者約30人が訪れた。警察官は約20人で警戒したという。住吉会関係者はこう明かす。

「あくまで家族葬でやりたかったので、西口家の葬儀。組員の出席は絞れるだけ絞った」

続きを読む »

「池田組」若頭射殺事件 元「弘道会」系組員、二審も無期

>>関連記事
 岡山市で昨年5月、指定暴力団・山口組から分裂した指定暴力団・神戸山口組系の組幹部が射殺された事件で、殺人罪などに問われた山口組弘道会高山組傘下元組員、山本英之被告(33)の控訴審判決が15日、広島高裁岡山支部であった。

 長井秀典裁判長は一審の無期懲役判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 長井裁判長は「被害者が所属する組織のやり方が気に入らないなどの理由で殺害に及んでいる」と指摘し、極めて反社会的と非難。市民が巻き添えになる危険性は高く、自首したことを踏まえても「無期懲役が重過ぎるとは言えない」と述べた。

続きを読む »

あいさつ料受け取り 新たに山口組直系「名神会」会長を逮捕

>>関連記事
 名古屋の繁華街「錦三」の飲食店経営者らから用心棒代を得たとして、愛知県暴力団排除条例違反容疑で指定暴力団・六代目山口組系「弘道会」会長、竹内照明容疑者(57)らが逮捕された事件で、県警は15日、同容疑で新たに山口組の二次団体「二代目名神会」会長、田堀寛容疑者(59)=名古屋市中区栄=を逮捕した。逮捕者は計7人となった。

 田堀容疑者は今月初旬、東南アジアへ出国しており、タイから帰国した15日、愛知県常滑市の中部空港で逮捕された。「関係ない」と否認しているという。

 県警によると、用心棒代は飲食店が月3万円などと相場が決まっていて、田堀容疑者が会長を務める「二代目名神会」が店から徴収し、山口組中核組織の弘道会に上納され資金源になっているとみて、解明を進める。 

  

「任侠山口組」代表襲撃 不審な人物7分以上前から潜伏

>>関連記事
 神戸市長田区の路上で「任侠山口組」の組員が射殺された事件で、付近の防犯カメラには犯行グループの1人とみられる人物が事件の7分前から現場近くに潜んでいる様子が映っていた。

 12日、神戸市長田区の住宅街で任侠山口組織田絆誠代表が乗った車が襲撃され、警護役の楠本勇浩組員(44)が銃で撃たれて死亡。司法解剖の結果、死因は右目の下を撃たれたことによる脳挫滅で、頭部に1発の銃弾が残っていた。

 現場付近の防犯カメラには、事件が起きる約7分前、午前9時58分ごろ黄緑色の服を着た同じ人物がうろうろと歩き回る様子が映っていた。階段を上がり織田代表らの車を待ち、誰かと携帯電話で連絡を取り合いながら一度画面の外へ。再びカメラの前に姿を表した直後に事件は起きた。黄緑色の服を着た人物には手に自動小銃のようなものも見えた。

続きを読む »

モデルガンで「弘道会」系組長を脅した「山健組」傘下会長 貸倉庫めぐり再逮捕

>>関連記事
 愛知県警は、対立する「弘道会」系組長をモデルガンで脅したとして逮捕された「山健組」傘下の会長が、他人名義で貸倉庫を契約したとして詐欺の疑いで再逮捕した。

 指定暴力団・神戸山口組山健組健竜会傘下「一誠会」会長、吉田耀一被告(49)は、名古屋市港区で去年12月、対立する指定暴力団・山口組弘道会傘下「二代目野口興業」の中西新吾組長(46)に弾の出ないモデルガンを向けて脅したとして逮捕・起訴されている。

続きを読む »

元格闘技団体「強者」の半グレ集団「O7」 新たに1人を逮捕

>>関連記事
 大阪府警南署は路上でトラブル相手を殴りけがをさせたとして、すでに解散したアマチュア格闘技団体「強者」の元メンバーで「拳月(けんむん)」のリングネームで格闘技イベント「K-1」に出場歴がある、相良正幸容疑者(33)が逮捕された事件で、新たに14日、傷害の疑いで大阪市東成区玉津、飲食店従業員、梶蓮容疑者(26)を逮捕した。

梶蓮容疑者
梶蓮容疑者

 同署によると、梶容疑者はすでに逮捕されている相良容疑者と共謀。平成28年7月25日午前0時半ごろ、中央区東心斎橋の路上で通行をめぐりトラブルになった40代の男性の顔を殴るなどして1人に頭蓋骨骨折の重傷を負わせたほか、もう1人にも打撲などの軽いけがをさせた疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、梶容疑者は「強者」の元メンバーらで構成される「O7(アウトセブン)」という暴力団に属さずに不良行為を行う「半グレ」と呼ばれるグループに所属しているとみられ、相良容疑者はそのリーダー格。

続きを読む »

「強制性交等罪」容疑 自転車にぶつかり因縁 神戸山口組系組員を逮捕

 埼玉県警春日部署は12日、強制性交等の疑いで、自称春日部市緑町6丁目、指定暴力団・神戸山口組系組員、無職の男(25)を逮捕した。「強制性交等罪」は性犯罪の厳罰化を柱とした7月13日施行の改正刑法で「ごうかん罪」から罪名が変更された。

 逮捕容疑は8月31日午後8時40分ごろから午後9時10分ごろの間、春日部市の路上に駐車していた乗用車内で、同市の10代の女性会社員の体を触るなどのわいせつな行為をした疑い。

続きを読む »

「七代目会津小鉄会」会長を詐欺容疑で逮捕

 京都府警南署などは13日、詐欺の疑いで、指定暴力団・七代目「会津小鉄会」会長、金子利典こと金元(きんげん)容疑者(74)=京都市左京区一乗寺南大丸町=ら男2人を逮捕した。金容疑者は「会津小鉄会」分裂後に「七代目」を名乗っている1人。

 逮捕容疑は、高島市の自動車販売業の男(52)=同容疑で逮捕=と共謀し、1月、暴力団への販売を禁じている大津市の自動車販売会社から乗用車1台(販売価格約620万円)を男の名義で購入し、だまし取った疑い。金容疑者は「知らない」と容疑を否認している。

続きを読む »

神戸射殺 未登録の車に偽造ナンバー、車種を把握し周到に準備

>>関連記事
 神戸市長田区の路上で指定暴力団・神戸山口組から離脱した「任侠山口組」の組員が射殺された事件は、襲撃グループが任侠山口組織田絆誠代表(50)が乗る車の種類を把握するなど、計画的な犯行だった可能性が高いことがわかった。現場付近の防犯カメラに走り去る男の姿が映っており、兵庫県警は襲撃メンバーの可能性もあるとみて人物の特定を急いでいる。

 県警によると、事件は12日午前10時ごろ、織田代表らを乗せたとみられる車3台が現場北側の織田代表の自宅を出発した直後に発生。車列が脇道から幹線道路に入る際、襲撃グループの車が道を塞ぐように先頭車両に衝突。2台目の車から外に出た織田代表のボディーガード、楠本勇浩組員(44)が拳銃で頭を撃たれ死亡した。容疑者らはいずれも現場から逃走した。

続きを読む »

元格闘技団体「強者」 半グレ集団リーダー格を傷害で逮捕

 去年7月、大阪・心斎橋の路上で交通トラブルになった男性2人を殴ったとして、暴力団に属さない不良グループ、いわゆる「半グレ集団」のリーダー格の男が逮捕・送検された。

相良正幸容疑者
相良正幸容疑者

 警察によると、大阪市中央区の無職・相良正幸容疑者(33)は去年7月の未明、大阪市中央区東心斎橋の路上を男2人と歩いていた際、正面から来た乗用車とトラブルになり、車から降りてきた男性2人の顔面を殴るなど、1人に頭蓋骨骨折の重傷、もう1人に打撲のけがなどをさせた傷害の疑いがもたれている。警察は相良容疑者の認否について明らかにしていない。

 相良容疑者はすでに解散したアマチュア格闘技団体「強者」の元メンバーで「拳月)」のリングネームで格闘技イベント「K-1 」に出場歴があり、現在、元メンバーで構成される半グレ集団「O7(アウトセブン)」のリーダー格だという。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事