FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

福岡県警:福岡県内の暴力団分布図を公式サイトに公開

 福岡県警は24日、昨年12月末時点での福岡県内の暴力団勢力分布図を公式サイトに公開した。それによると、福岡県内の暴力団勢力は約150。構成員と準構成員を合計すると2240人。公式サイトには、都市別に、暴力団名と構成員および準構成員の数が表示されている。

福岡県警察ホームページ

 県警によると、構成員は前年に比べ100人減少、準構成員も70人減っているという。

  

少女に淫行容疑 道仁会系組員2人を逮捕/佐賀

 佐賀県警鳥栖署は23日、福岡県久留米市小頭町の指定暴力団道仁会系組員(22)と同市三潴町早津崎の同組員(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年4月5日、佐賀県内に住む18歳未満の無職少女を県内のホテルに連れ込み、みだらな行為をした疑い。

 同署によると、1人は黙秘し、もう1人は「ホテルに行ったのは間違いないが、違う部分もある」と一部を否認している。

  

小学校近くに事務所開設 山口組系「一道会」会長ら逮捕

 福岡県警は、開設が禁じられた地域に組事務所を移したとして、指定暴力団山口組の2次団体「一道会」の一ノ宮敏哲会長(71)ら十数人を県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。他の組員らの逮捕状も取っており、逮捕者は計16人に上る見通し。

 捜査関係者によると、一ノ宮会長らは昨夏ごろ、小学校から200メートル以内にある福岡市博多区の建物に組事務所を開設、運営した疑いがある。条例は、学校などの200メートル以内で組事務所を新設したり運営したりするのを禁じている。

 この建物には2010年4月の条例施行前から別の山口組系暴力団が入っていたが、昨夏ごろに一道会が使うようになった。県警は、同じ山口組系ではあるものの別の団体が事務所を新たに設けたと判断した。

 一道会の事務所はもともと福岡市中央区にあった。昨年1月に事務所に火炎瓶が投げ込まれる事件があり、さらに県暴力追放運動推進センターが住民に代わって事務所使用の差し止めを求める仮処分を福岡地裁に申し立て、9月に使用禁止となった。一道会は事務所を撤去し、博多区に移っていたという。

  

山口組元最高幹部に懲役10年求刑 弁護側は無罪主張 銃刀法違反差し戻し審

>>関連記事
 大阪市内で平成9年、配下の組員に拳銃を持たせたとして、銃刀法違反(共同所持)の罪に問われた指定暴力団山口組の元最高幹部で「芳菱会」(現國領屋一家)会長、滝沢孝被告(79)の2回目の差し戻し審の論告求刑公判が23日、大阪地裁(芦高源裁判長)で開かれた。検察側は「組員が拳銃を持って警護に当たっていたことを認識していた」として懲役10年を求刑、弁護側は改めて無罪を主張して結審した。判決は3月24日に言い渡される。

 滝沢被告はこれまで大阪地・高裁で計3度の無罪判決を受けたが、上級審で破棄、差し戻しとなる異例の経過をたどっている。

 公判では組員の拳銃所持を滝沢被告が認識していたかどうかが争点。論告で検察側は「発砲事件が連日発生していた当時、被告も拳銃による襲撃の危険性を十分認識し厳重な警備態勢を取っていた」と指摘した。

 一方、弁護側は「拳銃で襲撃されるとは考えておらず、厳重な警護も行われていなかった。組員の拳銃所持や共謀を示す客観的証拠はない」と反論した。

 起訴状によると、滝沢被告は9年9月、大阪市北区のホテル付近で配下の組員と共謀し、拳銃と実弾を所持したとしている。

  

外国人女性不法就労・売春強要 暴力団が関与か/群馬

 就労資格のないカンボジア国籍の女性7人を雇用し売春を強要したとみられる不法就労助長事件で、暴力団関係者が関与していたことが20日、関係者らへの取材で分かった。この男は逮捕されたタイ国籍の女、チョンタパー・チュダーポン容疑者(44)が経営する飲食店「GOLD」の実質的経営者。同店が営業を開始する際、警察関係者が「暴力団関係者の店が開店するので何かあったら通報を」と注意喚起していた。

 関係者によると、事件に関与した数人が逃走中とみられ、その中に暴力団関係者が含まれるという。「GOLD」のある沼田市東倉内町周辺では売春が横行しており、「(彼らは売春を)やらないと商売にならない」(関係者)という。

 同容疑者ら3人が逮捕された19日、入管難民法違反(不法在留)容疑で逮捕されたタイ国籍の女性8人は、同店と渋川市伊香保の店舗名不詳の風俗店の間を行き来しており、県警は組織的な売春強要があったとみて、全容解明を進める。

  

交通トラブルで男性を殴る 神戸山口組系幹部ら逮捕

 警視庁昭島署などは20日までに、傷害と暴力行為法違反容疑で神戸山口組系3次団体幹部ら3人を逮捕した。

 逮捕されたのは神戸山口組系「山健組」傘下組幹部、山本孝博容疑者(54)、無職の三浦知由紀容疑者(45)ら3人。
 
 逮捕容疑は2015年10月17日午後9時50分ごろ、埼玉県三郷市の常磐自動車道下り線料金所で、茨城県の会社役員の男性(48)に対し、「誰にけんかを売っていると思っているんだ。さらうぞ」などと脅して男性の顔を殴り、全治10日間のけがをさせた疑いが持たれている。 

 昭島署によると、男性は常磐自動車道を走行中、三浦容疑者の運転する車から物が投げられたため追い越したが追走され、料金所を出たところで停車させられた。同容疑者が「どこの組や」と因縁を付け、山本容疑者らを呼び出したという。

 同署によると、三浦容疑者は否認し、山本容疑者は「対抗組織ともめていると思った」「素人ではない者ともめていると思った」と容疑を認めている。 

  

神戸山口組系組員を逮捕 生活保護費を不正受給

 暴力団組員であることを隠して生活保護費を不正受給したとして、京都府警南署は18日、詐欺容疑で指定暴力団神戸山口組系組員、柚本浩志容疑者(53)=大津市荒川=を逮捕した。「生活保護を受けていたときは組員ではなかった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年1~3月、組員であることを隠して京都市から生活保護費計約36万8千円をだまし取ったとしている。同署によると、この時期に組事務所に出入りしていたことなどから組員だったと判断した。

  

稲川会系山川一家幹部に実刑判決 金塊112キロ密輸事件

>>関連記事
 マカオから金塊112キロ(約4億5千万円相当)を密輸して消費税など約3800万円を免れようとしたとして、関税法違反などの罪に問われた指定暴力団稲川会山川一家幹部、松田登志幸被告(44)に対し、東京地裁は19日、懲役2年6カ月、罰金500万円(求刑懲役3年6カ月、罰金500万円)の判決を言い渡し、金塊を没収した。前田巌裁判長は「税関検査の盲点を突く悪質な犯行だ」と述べた。

 また、配下の組員(33)を懲役1年6カ月の実刑とし、ほかの2人を執行猶予付き有罪判決とした。

 判決によると、松田被告らは2015年12月、プライベートジェット機で那覇空港に到着した際、国内への持ち込みに消費税がかかる金塊を貨物室に隠して税関に申告せず、密輸しようとした。判決は、事件前に配下の組員らが同様の方法で40回以上出入国していたと指摘。「常習的な利殖の一環で、金塊はすべて没収するべきだ」と述べた。

  

福岡・立てこもり事件 飛び降り死の男は工藤会系元組員

 福岡市博多区のホテルで18日、7階の客室に立てこもった男(33)が飛び降りて死亡した事件で、男の尿から覚醒剤の陽性反応が出たことがわかった。県警は、一連の行動に覚醒剤が影響していた可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、男は指定暴力団工藤会系の元組員。18日朝、宿泊していた部屋にホテルの女性従業員2人を連れ込んで立てこもり、2人の顔を殴ったり、スタンガンを当てたりしたうえ、警察官の突入直後に窓から飛び降りた。県警は、名前を発表していない。

  

殺人容疑の工藤会組員12人逮捕 大半がトップ出身母体「田中組」組員

>>関連記事
 北九州市小倉北区で2011年、建設会社「博新建設」会長内納敏博さん=当時(72)=が射殺された事件で、福岡県警は19日、殺人などの疑いで、特定危険指定暴力団工藤会」理事長補佐、瓜田太(53)被告や工藤会傘下「田中組」若頭、田口義高(51)被告ら12人を逮捕したと発表した。大半は工藤会トップ、野村悟被告(70)=殺人罪などで起訴=の出身母体の2次団体「田中組」に所属しており、県警は野村被告の関与の有無を調べる。

 逮捕容疑は共謀し、11年11月26日午後9時すぎ、内納さんの自宅前で、内納さんの首を拳銃で撃ち、殺害した疑い。県警は認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、複数の容疑者が事件への関与を認めているという。

 知人によると、内納さんは大相撲ファンで、同年11月の九州場所もたびたび観戦していた。事件当日は14日目で、升席に座る姿がテレビに映っていた。

続きを読む »

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ